20190320-00010014-goal-000-3-view[1]

スポンサード リンク




気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ」の第4回が、19日にDAZNで先行配信された。

今回は、JFAトップレフェリーグループの扇谷健司マネージャーを招き、Jリーグ原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんとともにSNSでつぶやきが多かったシーンを解説した。

『Goal』では同コンテンツの中から、注目のジャッジを1つピックアップ。第4回は、3月17日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第4節のモンテディオ山形vs大宮アルディージャより、ジェフェルソン・バイアーノ(山形)の得点後のパフォーマンスにフォーカス。Jリーグにおけるゴールセレブレーションについて取り上げる。

◆コーナーフラッグを使ったゴールパフォ

スコアレスで迎えた20分、ホームの山形がPKを獲得すると、キッカーはジェフェルソン・バイアーノ。これをきっちり決めて、山形が先制した。この後、J・バイアーノがコーナーフラッグに向かっていき、フラッグを抜いて、銃を撃つようなパフォーマンスを見せた。

これに対して主審はイエローカードを提示。ユニフォームを脱いだ場合は警告が与えられることは認知されつつあるが、この行為が遅延によるものでイエローが提示されたのか、それとも反スポーツ的行為による警告なのかは定かではなかった。

ツイッターでは「あのパフォーマンスは、なぜイエローになったのか。遅延というほど時間を取っていないと思うし、威嚇でもないような気がするので、ぜひとも教えてください」という声があがっていた。

まず平畠さんは個人的見解として「本当にこういうのには寛容にしてほしいなという気がします。(J・バイアーノ)もすごく満足そうな顔をしていましたし、一個のセレブレーションの形としては、いいのかなというか。このパフォーマンスが2分も、3分も、となるとダメだと思いますよ。でも、これくらいだったらいいんじゃないかな」と、警告の対象とするには厳しすぎると述べた。

一方で原副理事長は、このパフォーマンスを「あまり子供たちに真似してほしくない」と、子供に悪影響をもたらす可能性を懸念。その理由として「これはJリーグのいいやつを使っているけど、普通は刺さるようなやつだったりする。万が一、周りの人がケガしちゃったとかいろいろするんですよね」と話した。

扇谷氏は「ピストルのように、銃なんですかね、これはイエローを出されてもしょうがない」と、主審の判定を支持。「やはりこれ(コーナーフラッグ)はサッカー競技のためのものですし、リスクがあるんだろうなというふうに思います」と続けた。

しかしながら、ゴールパフォーマンスにおけるどこまでが警告の対象であるかという明確な判断基準は「ない」と扇谷氏。「ゴールは最大の喜びじゃないですか。だからなんでかんでも取り締まるとか、そういうのは全然ない」としつつ、主審の裁量によって決まる部分が「多少、それはあるかもしれない」と述べた。

◆Jではバロテッリの自撮りパフォもダメ?

開幕したばかりのJリーグだが、ゴールパフォーマンスにおける議論は今回の件に始まったことではない。3月10日に行われたJ2第3節のジェフユナイテッド千葉vsレノファ山口FCでも、64分に山口の田中パウロ淳一がゴールを決めたあとに、ベンチに向かっていき、スマートフォンを取り出して撮影しようとする場面があった。

このパフォーマンスは、フランスのリーグ・アンでマルセイユのマリオ・バロテッリがゴールを決めた際に、自身のインスタグラムのストーリーズ昨日ですぐさまその時の模様を配信したことで話題となった。

結局田中は警告を受けなかったものの、Jリーグの競技規則第4条「競技者の用具 4.その他の用具 電子通信」にある「チーム役員によるあらゆる形式の電子通信機器の使用は、競技者の保護や安全に直接関係する場合、あるいは、戦術的またはコーチングの目的であれば用いることが認められる」部分に抵触すると判明。

クラブは「選手に確認したところ、この規則を十分認識していなかったとのことであり、ひとえに、クラブから選手・スタッフへの競技規則の順守徹底が不足していたものと重く受け止めております」とし、「この試合に関わる皆様へ不快な思いを抱かせてしまったこと、誠に申し訳ございません。クラブから選手・スタッフ全員に規則の徹底を計り、再発防止に努めてまいります」と謝罪していた。

これについて扇谷氏は「やはり八百長の危険性もありますし、非常にリスクの高い行為だと思います。それ(スマホ)を使って撮る。隠し持っていたのか分からないですが、やるというのは、やっぱり良くない」という見解を述べた。

原副理事長も「これは、ダメだね。例えば、彼自身の携帯じゃなくて、誰がスタッフが撮るというのも試合中だから、やっぱり試合に集中してほしい。自分だけが喜んでいる。その瞬間にツイートでもしたりしたら、やっぱり良くないよね」と、扇谷氏と同じ意見を述べた。

一方で平畠さんは「やらないほうがいい」と話したうえで、「パウロ選手って、こういう面白いキャラクターのところもある。Jリーグに色々な選手がいて、こういう面白い選手もいるよというところをちょっと理解していただければ」とフォローしていた。

「Jリーグジャッジリプレイ」は、今季より毎週火曜日にDAZNで先行配信されており、次回は4月2日に配信予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010014-goal-socc&p=1



1 2019/03/20(水)
バイアーノ選手のパフォーマンスの問題点は、警告かどうかもそうですが何よりJリーグで判定が一貫していないことです。
 記事には書いていないですが、このパフォーマンスは昨シーズンも2回やっていて、ホームの試合で1度目に警告にならなかったから、別のアウエー試合でも同じ事したら警告になったことです。そして今回、本人はホームなら大丈夫だろうと思ってしたら警告になったそうです。ルール解釈の難しい事例は、Jの審判部がきちんと統一した見解を示すべきです。
 
2 2019/03/20(水)
去年のJ1昇格プレーオフ横浜FC対東京ヴェルディのドウグラスのも客席まで飛び込んでるほどのパフォーマンスな上にほぼラストプレーだから、遅延行為としてイエローが出ても不思議ではなかった。
しかし、松尾一主審はイエローは出さず、キックオフ再開とほぼ同時に試合終了のホイッスルという判定をしたのはナイスジャッジだったと思う。
なぜなら、ドウグラスはゴール前に既にイエローを貰ってたので2枚目になってしまい、次のジュビロ戦に出場停止になって、アウェーだけでなく出場停止の更なる不利を与えかねなかったから。
あれだけの劇的な決勝点に水を差すような判定をしなかったことがナイスジャッジだったと言える。
今回のジェエルソンバイアーノに関しても今までの判例がブレているのが問題。ホームでホームサポに向けて、かつコーナーフラッグを蹴って破壊するような行為ではないのなら寛容に認めた方がいいだろう。
 
3 2019/03/20(水)
リーグとして統一の基準やルール設定がなく、主審の裁量次第になっているのが問題なのではないでしょうか。
どういったセレブレーションがNGで警告対象となるのかしっかり決まっていれば、選手はそれに抵触しないようにすればいいだけですから。
主審としても判定基準がしっかり決まっていた方が対処しやすいと思います。

4 2019/03/20(水)
野球でもピッチャーが三振とって叫ぶのを良くないとする意見があるけど、そういうのをあまりに厳しくされると盛り上がりに欠ける部分もあると思う

6 2019/03/20(水)
カード出る出ないを主審の裁量で決めてしまっていいんだ・・・。そりゃあ毎回どの試合でも審判の判断で問題になるわな。今回ので言うとスマホのは論外だけど、フラッグのは銃のパフォーマンスは駄目よとかではなく、ただフラッグに触ったり抜いたりして駄目と基準を作れば良いだけなのにね。確か去年からこのパフォーマンス警告受けた時と受けない時があるって選手が言って問題になってたよね。

7 2019/03/20(水)
もちろんJリーグ側が統一した基準をつくって審判がそれを実行することだと思います。
それがなされない以上、今バイアーノ選手ができる最大のことは、試合前に審判にOKか確認することだろうとは思います。
あと、平ちゃんのパウロ選手に対するコメントが素敵ですね。

8 2019/03/20(水)
こういうのはその場で審判個人がジャッジするのも難しいので個別に後でリーグが見解を示してくれれば良いかな
Jリーグとしては銃はダメだよとか、フラッグ抜くのはなしねとか

10 2019/03/20(水)
時間決めて、範囲内であれば、視聴者も楽しみの1つやから、寛容にお願いしたいな
 
11 2019/03/20(水)
審判によって判断が変わるのが一番良くない。
リーグで基準を作り、それに従ってジャッジして欲しい。

13 2019/03/20(水)
パウロのは良くないと思うけどバイアーノのは良いと思う

14 2019/03/20(水)
毎試合同じ人が審判するわけじゃないからねぇ、試合によって多少差が出るのも仕方ないんじゃないかな。
それにバロテッリはフランスリーグだけど、レノファ山口はJリーグなわけで、国によって文化とかマナーも違うから、その辺はサッカーにも影響してくると思うよ。

16 2019/03/20(水)
コーナーフラッグを使ってのパフォはよく海外でも見かけますね。でも自撮りは完全アウトだと思う。

17 2019/03/20(水)
全然良いと思うけどな
昔は相手ファンに中指立てる奴とかいたけど
不快にならない 試合時間を大幅に中断しない
なら良いと思うぞ

18 2019/03/20(水)
線引きは必要だとは思う。けど曖昧なのも確か。
そう考えると、カズダンスというのは秀逸なパフォーマンス

20 2019/03/20(水)
日本の武道、武士道の精神から見ればどれもダメ、でも、ある程度の規定の範囲ならいいと思うけどね

21 2019/03/20(水)
サッカーの情報メディアって、
雑誌、テレビ、配信、ネット記事などがあるけど、
DAZNが入ってから面白くなったのは間違いない。
商売だから、DAZNも必死にアイデアを搾って頑張るし、
こういうことの積み重ねがサッカーを
もっと多くの人に身近にして、盛り上げて欲しい。

23 2019/03/20(水)
この番組めっちゃいいよね

24 2019/03/20(水)
逆に緩めたらいいんじゃないですかね。
さすがにあからさまに挑発や差別に繋がるパフォーマンスは警告対象でいいですが、ユニフォーム脱いで振り回したりするのとか別に良くないですかね。

25 2019/03/20(水)
バロテッリは斬新で笑った。日本も寛容になって欲しいな。

27 2019/03/20(水)
差別的政治的意味がなければ体を使ってのパフォーマンスはいいけど何か道具使うとか破壊するとかは情報流出・器物破損の意味でダメでしょ

28 2019/03/20(水)
サッカーのプレーの中でもハンドの判定とか曖昧なのに、ゴールパフォーマンスで何はいい、何はダメと規定することは非常に難しい。結局は審判の裁量になってしまうかなと思います。

31 2019/03/20(水)
ベンチからわざわざ携帯端末を持ち出しての記念撮影はダメでしょう
これこそ主審は警告を発するべきじゃあなかったのかと
リーグの規約にも戦術表示するためならOKとはいえ、あの時間のかけようは無しですね
今時のなんとかばえじゃあないんだし
あと、コーナーフラッグを抜いてのパフォーマンスもある意味「器物破壊」と同様だ
昔、ゴールの嬉しさからコーナーフラッグを蹴って壊したのを思い出したが、この件は壊したまでではないけど競技において必要な設備を意図的にはずした段階でアウト!
こういうパフォーマンスは寛容で何て言っているのが居たけど的外れだね
 
32 2019/03/20(水)
自分の応援するチームにはアウェーでやって欲しくはないかな。
ホームチームへのリスペクトは忘れないで欲しい。

33 2019/03/20(水)
バイアーノは去年、ダービーマッチのアウェイ栃木戦で同じパフォーマンスしてイエローもらってる。栃木サポーターの前でやったから、挑発的と考えられるし、妥当だと思った。専用スタジアムでサポーター近いし。
今年は一発目で出てるので、ホーム・アウェイ関係なしにカード出す基準になっただけなんじゃないかなと。もしくは、アウェイ側ではやるなということか。
正直、コーナーフラッグを抜くって行為はイエロー出てもしょうがないなって思う。

35 2019/03/20(水)
スマホパフォは規則うんぬんの前に純粋にうざい。

36 2019/03/20(水)
とにかく日本の規則は古過ぎるんだよ

38 2019/03/20(水)
ストーリーズ昨日?
機能?

40 2019/03/20(水)
セレブレーションくらいよくねぇ!?って思うんだけど。バスケみたいなハイスコアのスポーツじゃないんだし、

41 2019/03/20(水)
全部ダメだとは思わないけど、寒いのはやめてもらいたい。ゆりかごパフォーマンスとか。

42 2019/03/20(水)
スマホ持ち込みは完全にアウトだけど、サポや記者に協力してもらってそのスマホやカメラで〜ならセーフにしてあげてもいいんじゃないかね。
もちろん手間取って時間食ったなら遅延行為でイエローで。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ