20190316-00010009-goal-000-1-view[1]

スポンサード リンク




2月27日、リヴァプールは本拠地アンフィールドでワトフォードを5-0で粉砕した。しかしこのスコア以上に注目すべきなのは、プレミアリーグ史上初めてディフェンダーが5回のアシストを記録するという快挙を成し遂げたことだ。

アシストしたのはすべて両サイドバック。トレント・アレクサンダー=アーノルドが3アシスト、そしてアンドリュー・ロバートソンが2アシストだ。昨シーズンの躍進を支えたのは間違いなくモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノからなる自慢の3トップだが、今季のタイトルはこの二人のサイドバックにかかっていると言えるだろう。

リヴァプールでは、長らく攻撃の起点として創造性を見せるサイドバックの台頭が待ち望まれてきた。2008年のヨン・アルネ・リーセ退団以降、攻撃面で優位性をもたらすサイドバックはなかなか現れず、2015年に就任したユルゲン・クロップは、しばらくジェームズ・ミルナーに頼るほかなかったのだ。

そんな中、プレミアリーグ初優勝を目指す今シーズン、ついに最高のペアを手に入れたのだ。彼らのように果敢なオーバーラップと精度の高い配給をこなすコンビは、他にいないだろう。

今シーズンのマンチェスター・シティとのアウェイ戦(第21節、1-2)。リヴァプールのゴールを思い出してほしい。アーノルドが逆足から繰り出したパスをシティのペナルティエリア内で受けたロバートソンが折り返すと、フィルミーノが同点弾を決めた。サイドバックからサイドバックへという大きな展開から、貴重なゴールをもたらしたのだ。フットボール史上でもなかなか見ることはない形だった。

◆モダンフットボールに求められるSBの役割

昨シーズンまで、プレミアリーグで1試合3アシストを記録したディフェンダーはいなかった。しかし、この70日間ですでに2回も達成されている(もう1つは12/26の第19節、対ボーンマス戦でトッテナムのカイル・ウォーカー=ピータースが達成)。

ロバートソンは、今季ここまでリーグ戦計8アシストをマークしている。これは、ディフェンダーとしては1996-97シーズンのスティグ・インゲ・ビョルンビーが達成したクラブ記録に匹敵する数字だ。またチーム全体でのシーズン合計41アシストは、プレミアリーグ設立以降のクラブ記録をすでに塗り替えている。そのうち14アシストが、サイドバックから生まれているのだ。

特筆すべきは、この数字がシーズン毎に増えていることだ。つまり、これは偶然ではない。確かなアプローチにより着実に進歩している証である。

「これは本当に重要な事なんだ」。マージーサイド・ダービーを前にサイドバックのアシストについて聞かれると、クロップは語った。

「これが現代フットボールだ。少年に『好きなポジションは?』と聞いたら『サイドバック!』っていう子は少ないだろう」

「でもフットボールは変わったんだ。サイドバックは本当に大事なんだよ。私自身、選手として長くサイドバックをやってきた。今彼らがやっていることは、昔とはまったく違う。それでも、私は少なくとも何をすべきかは知っている。しっかり守備をすること。それと同時にウイングとして攻撃に参加することが求められるようになったんだ」

「豊かな創造性を持ち、頭をクリアにして、ペナルティエリア内のチームメイトを見つけるんだ。それだけでまったく変わる。5-0でワトフォードに勝った試合は格別だったよ」

「誰かがアシストでハットトリックした試合なんて見たことがない。本当に特別なことだ。(アーノルドは)マッチボールを欲しがって、見事に手に入れた! 実にクールだね」

1月にナサニエル・クラインがボーンマスへ放出されたことを覚えているだろうか? 彼は確かに頼りになるディフェンダーだ。だが、リヴァプールで77試合に出場してアシストは2回のみ。このことが物語っているように、攻撃面でうまくフィットできなかった。

レッズ(リヴァプールの愛称)は彼らをどれほど評価するべきか。答えは“とても”高くだ。今季のトップ5リーグにおいて、リヴァプールは6回以上アシストをマークした両サイドバックを擁する唯一のクラブである。

◆現代最高のサイドバックコンビ

今季のディフェンス登録の選手でのアシスト&チャンスクリエイト数は、バイエルンDFヨシュア・キミッヒがリードしている(アシスト:10、チャンスクリエイト:52)。だが、彼は複数の試合で一列前に入っている。バルセロナDFジョルディ・アルバも当然のように上位に入っているが、彼は今月末には30歳となる(アシスト:7、チャンスクリエイト:35)。一方ロバートソンは24歳、アーノルドは20歳であり、まだまだ先は長い(アーノルドに関しては中盤でプレーする可能性も十分に期待されているが……)
(※上記データは3月3日時点)

サイドバックの位置を攻撃の起点として目論んでいるのは、リヴァプールに限ったことではない。プレミアリーグの至る所でその傾向が見られる。その最たる例がトッテナムであり、ウォーカー=ピータース、キーラン・トリッピアー、ダニー・ローズ、セルジュ・オーリエ、ベン・デイヴィスらサイドバックにより80回以上ものチャンスを生み出し、12アシストを記録している。だが、彼らはリヴァプールのペアほど一貫したパフォーマンスは今のところ見せてはいない。

残り10試合となった今、プレミアリーグのタイトル争いは完全にリヴァプールとマンチェスター・Cの一騎打ちとなった(※シティが勝ち点74で首位、リヴァプールが同73で続く。3位トッテナムは同61)。リヴァプールがイングランドトップリーグで優勝したのは、1989-90シーズンが最後だ。およそ30年ぶりのタイトル獲得へ向け、アーノルド&ロバートソンのコンビがカギを握ることは間違いない。

「ヨーロッパで最強のサイドバックコンビは?」。もしあなたがアンフィールドで訪ねたとしよう。答えは決まっている――。コップ(リヴァプールファンの愛称)はさも当たり前のように、誇らしげに2人の名前を出すであろう。

文=ダンカン・アレクサンダー/Duncan Alexander



1 2019/03/16(土)
ちょっと前まではアラバキミッヒが最高のコンビと言われてたけど、バイエルンにも力の差を見せる形になったし、世界最高と言っても過言ではないなぁ、、特にロバートソンの貢献度は半端じゃない。アーノルドはまだ若いし調子の波があるけど、良い時は守備でサネを完封できるし、スリーアシストするしで手がつけられない。クロップサッカーにおいて重要な選手たち。


2 2019/03/16(土)
右からのクロスで魅せるアーノルドと、
左から爆発的なスピードで走るロバートソンのこのサイドバックコンビは破壊力もそうだが守備も渾身的で手を抜かず走り続けることができる。
なんせアーノルドが怪我をして出れてない時期は引き分けが多かったのがデータとして物語っている、
この2人はリバプールで変えが効かない選手と言っても過言ではないとおもう。


3 2019/03/16(土)
右サイドの方はシーズン前半には守備に重点を置く感じの時は
先発にゴメスが起用される事もあったし
TAAの怪我やローテでミルナーにヘンダーソンも起用されてるけど
左のロバートソンはTAAに比べるとちょっと酷使され気味かなぁ~
プレミアの出場時間だけでもTAAより800分近く長いだけに
契約が切れるモレノの後には守備で計算出来る選手が欲しいねぇ~


5 2019/03/16(土)
ロバートソンは本当に成長した!
個人的には今プレミアで1番のレフトバックと思う!
メンタル的にも熱いものを持ってるし、このままレッズにい続けてくれたら、ヘンドの後のキャプテン候補にもなれるなもしれない!
英国系出身だし。
このまま走り続けてほしいな!


6 2019/03/16(土)
特にロバートソンは世界最高の左SBの一人と呼んでもいいくらいのプレーを見せてる。
右はキミッヒ、カルバハル、カイル・ウォーカーとかいるからさすがにアーノルドが一番とは言えないけど、かなりの高水準であることは疑いない。
中盤は黒子タイプが多いから評価が難しいけど、GKのアリソン、CBのファンダイクも世界最高峰だし、前の弾丸トリオといい、クロップは本当にいいチームを作ったと痛感するわ。


7 2019/03/16(土)
アーノルドは守備を改善しないとこの先スタメンを守るのは安泰じゃない
簡単に抜かれたり、攻撃で高い位置を取る分裏に広大なスペースを空けることが多々あり戻りも遅いのでそのスペースを使われることが多い
ラッシュフォードやザハにやられまくったのが典型例
相手もわかってるからアーノルド側を攻める傾向が高い、ファンダイクとアリソンのおかげでなんとかなってるが
ただ言われてるようにキックの精度は高いし種類も豊富な点も捨てがたい


9 2019/03/16(土)
この2人で4アシストした試合もあったね笑 でも最近はロボの圧倒的スプリントを見せる回数が減った気がする。まぁあんだけ走ってて疲労が蓄積しないほうがおかしいが笑笑


10 2019/03/16(土)
だからこそ、彼らのバックアッパーが重要。
この2人に引けを取らないパフォーマンスを望むのは難しいなんて分かり切ってるが、せめて負担を減らしうる存在を…


11 2019/03/16(土)
リバプールの多彩な攻撃力は間違いなくSBの活躍があってこそだと思う!
悲願達成へのカギはマンCの勝ち点の積立具合‥。リバプール優勝してほしいけど、マンC強いからなぁ〜


13 2019/03/16(土)
2人とも失敗を怖がらない強いメンタルがあるし、クロップの元またまだこれから伸びるだろうね。


14 2019/03/16(土)
両SBが積極的に攻撃参加できるのは
アンカーとCBとGKの頑張りがデカイよね!
つまりファンダイク、アリソンは神
ヘンダーソン、マティプも頑張ってるけどね


15 2019/03/16(土)
クラインやモレノだって、はまればしっかりとした選手。しかし、アーノルドとロボが優秀すぎる。特に安定感の面ではロバートソン。


17 2019/03/16(土)
ロバートソンはニャブリ相手に1試合とも苦戦してたけど、基本的に抜かれることはないし、アーノルドもたまにラッシュフォードとかにやられるけどそれ以上に攻撃面でのプラスが大きい


18 2019/03/16(土)
ロバートソンはマルセロのような派手さは無いけど、攻撃時も守備時も必ず左サイドでボールの近くにいてハードワークを厭わない。現代最高の左SBといっても過言では無いと思う。
最近少しお疲れ気味だから休ませて欲しい。


19 2019/03/16(土)
SBが安心して攻撃参加できるのは、CBのフォローがあってこそ。
ダイクが後ろに控えてるから、2人が輝けるんだよね。


20 2019/03/16(土)
コスパも最高だった


22 2019/03/16(土)
アーノルドは確かに軽い時もあるけど走力があるしどんどん伸びるよ


23 2019/03/16(土)
最高のコスパが両サイドバックにいるのは大変心強い。
リバプールの優勝の鍵を握るプレーヤー達であるのは間違いない。


25 2019/03/16(土)
アーノルドは若さかあるような気もするけど
ロバートソンは世界最高と言っていいような気がする


26 2019/03/16(土)
守備も攻撃も一流を求められるんだから、大変なポジションだわ。


28 2019/03/16(土)
良いサイドバックは攻撃も守備も同じスピードで対応出来ると戸田さんが言ってた。


29 2019/03/16(土)
数年前のトッテナムのように左右2人ずつでローテーションできれば最高だ。


30 2019/03/16(土)
セレソンのカフーとロベカルは印象的だった


32 2019/03/16(土)
クラインも悪くなかったが
この両サイドバックは抜群
ただ、控えが居ない


33 2019/03/16(土)
いやいやアラバキミヒで間違いないと思います。
キミヒとアーノルド比較してアーノルドが上回ってる
項目一つでもありますかね?


35 2019/03/16(土)
レアルのマルセロやSBやってた頃のラモス。遡ったらロベカルやカフーやマイコンとSBも華がある選手がけっこういると思う。あ、ブラジル率高いな…


36 2019/03/16(土)
数年前のマルセロ&カルバハルが好きでした。


37 2019/03/16(土)
モレノがね…

 
40 2019/03/16(土)
いやいやDFレギュラー4人が最高レベルに達している。
ファンダイクにマティプ、ロバートソンにアーノルド。
リーグ制覇したい!


41 2019/03/16(土)
アーノルドのあの守備で現代最高はないね












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ