20190304-00010018-goal-000-2-view

スポンサード リンク




北海道コンサドーレ札幌が、3月2日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節の浦和レッズ戦に2-0で勝利。今季リーグ戦初白星を手にした。ミハイロ・ペトロヴィッチ体制2年目を迎えた札幌が、今季も快進撃の予感を漂わせている。チームとしてオーガナイズされた“人とボールが連動するサッカー”に新鮮力が融合したミシャサッカーの新たな可能性とは。


◆可変スタイルで浦和を翻弄

まさに会心の勝利だった。攻めては鈴木武蔵ら新戦力が躍動し、守っては通算対戦成績6勝3分け9敗と負け越す浦和レッズを零封。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督も試合後に選手へ「今日のようなゲームを見られたら死んでも良い」と伝えたほどだ。

開幕戦では湘南ベルマーレに0-2と敗れて黒星スタートとなった札幌。「(相手が)ハイプレスになって自分たちがビビってしまってた部分があった」と宮澤裕樹が振り返るように、走り切るサッカーを遂行する湘南の流れに飲み込まれてしまった感はある。さらに、新戦力がアンデルソン・ロペスしか起用されなかったことを考慮すれば、まだ本領発揮という状況ではなかったのかもしれない。

しかし浦和との一戦では、目指す攻撃的スタイルの進化の一端を見た。浦和戦では基本布陣である[3-4-2-1]ではなく、鈴木武蔵とA・ロペスが2トップを組み、チャナティップがトップ下に入る[3-4-1-2]を形成。

2トップの鈴木とA・ロペスが、落ちてボールを受けにいくことで、2人のチェックに入る浦和のマウリシオ、槙野智章、岩波拓也の最終ラインが何度も釣り出され、裏に出来た広大なスペースを突く攻めで決定機を何度も呼び込んだ。

そもそも札幌は、GKからのビルドアップを攻撃の軸としており、ビルドアップ時にボランチ2枚が最終ラインに落ちてパス回しに参加し、CBが前傾姿勢をとる形を主流にしている。

浦和戦で言えば、深井一希と荒野拓馬のダブルボランチが最終ラインに下がり、左右のCBに入る進藤亮佑と福森晃斗がウイングバックに近いポジションに入り、元々ウイングバックを務める菅大輝とルーカス・フェルナンデスは、鈴木武蔵とA・ロペスと同じ最前線まで上がり、攻撃時には[3-3-4]のような超アグレッシブなシステムに変化。「よりビルドアップに人数かけつつ、前に出ていくというのができた」と宮澤裕樹が振り返るように、札幌は常に数的優位の状況を作り出していた。

◆新ビッグスリーが見せた可能性

その中でも鈴木とA・ロペスにチャナティップが絡む“新ビッグスリー”は、絶妙な距離感とホットラインを見せた。窮屈な中盤をダイレクトパスで崩して、裏への飛び出しを徹底。そこに両翼の菅とルーカスが高い位置で積極的に絡んで仕掛けつつ、進藤と福森も攻撃に参加する。人とボールが連動した攻撃を展開する札幌に対して、「相手の型にハマってしまった」とエヴェルトンが振り返るように、浦和を機能不全に追い込んだ。

とりわけ、鈴木の存在が浦和をより苦しめた。爆発的なスピードで裏へ飛び出して奪った2点目が物語るように、鈴木の持ち味である“速さ”がいかんなく発揮された。

「武蔵に関して言えば、裏に抜け出すタイミングとスピードが持ち味。ボールを持って顔を上げた時に動き出してくれるので、そこはやりやすい」と福森が語るように、鈴木の加入でチームとして裏を狙う姿勢がより強まった。

昨季はどちらかといえば都倉賢(→C大阪)かジェイの高さを生かした空中戦に持ち込むことが多かったが、「新しい札幌のサッカーを見せることができた」と福森が言うように、今季は地上戦でも得点機会は増えそうだ。

2ゴールを挙げてチームを今季リーグ戦初勝利に導いた鈴木だが、本人は得点はもとより、素早い守備の意識を90分を通して崩さなかったという。

「チーム全員がハードワークできていたし、切り替えの部分でも、ボールを失った瞬間に3人がプレスに行って相手に隙を与えない守備を繰り返していた」

攻守両面でチーム全体がオーガナイズされていた札幌。ミシャは「レベルでいえばマンチェスター・シティに近いものがあった。ボールと人の関係、4人目、5人目が関わるスムーズなゲームだった」と、プレミアリーグ王者を引き合いに出すほど完璧な試合運びだったと強調。指揮官の表情からは、どことなく“やってやった”感がうかがえた。

とはいえ、まだリーグは2試合を終えただけ。今季はACL出場権獲得という高い目標を掲げる札幌だけに、新戦力と既存戦力のさらなる融合が必至となってくる。この会心の勝利を今後にどうつなげるか。ミシャ札幌の挑戦は始まったばかりだ。

大西勇輝(Goal編集部)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00010018-goal-socc&p=1



1 2019/03/04(月)
この記事の記者さん、ゲームを言語化するのが上手くていいですねスタジアムで観戦しましたが、札幌すごいチームですね。3人目の動きどころじゃなくて4人目、5人目までイメージが共有されてました。足元の技術があって取られない自信があるから、攻撃時にあれだけポジティブなポジションを取れるのだなと。浦和にとっては武蔵よりジェイのほうが良かった。裏のスペースを存分に使われました、完敗︎


2019/03/04(月)
スピード感溢れる攻撃にポンポン綺麗に繋がるパス交換というのがコンサドーレのカラーになるなんて数年前なら想像付かなかったよ。

今朝STVのどさんこワイド朝でコメンテーターの白井一幸さん(ファイターズの元ヘッドコーチ)が鈴木武蔵を評して「もう何年もこのクラブに居るかのようにフィットしてる」とコメントしてたけどまさにこの試合の鈴木武蔵はそんな感じだったな。
また鈴木武蔵は今までのコンサドーレにはなかなか居ないタイプの日本人FWというのも新しい味を産み出してる要因でもあるのかなと。

ただでもまだ一つ勝っただけなのでこれからも一戦一戦着実に勝ち点積み重ねていけるようにしていきたい。


2019/03/04(月)
偶然、開幕、2戦目と札幌を現地で見ることになったが、浦和戦のスタイルは脅威。
浦和がだらしないのを差し引いても前線の破壊力は脅威。駒井の長期離脱は誤算も今年もしっかり戦えるチームが出来上がってるな。


2019/03/04(月)
アンデルソンがパスが上手いのが大きいと思う。一点目の菅へのパス、直後の動き、鈴木武蔵へのパス。素晴らしいプレーでした。ボールキープ力の高いチャナティップ、裏へのスピードがある鈴木武蔵。3人の異なる特徴がかなりのゴールを期待させますね。


2019/03/04(月)
選手層の厚くない札幌にとって、昨季ACLを逃したのは逆に良かったかもしれない。もしACLに出てたら駒井の離脱もあったし、やり繰りがかなり大変だったかも。。


2019/03/04(月)
三好と都倉が抜けて今年はヤバいかと思ったが武蔵とロペスのコンビが素晴らしいね。でも一番はチャナティップのトップ下での役割が秀逸ですね。今年も期待してます。


2019/03/04(月)
コンサの練習を見に行くとパス練習を徹底してやっている。つながるって楽しんだろうな。
真剣だけど楽しみながらいつも笑顔に溢れてる。
これからも勝ち続けて、戸倉選手と三好選手をがっかりさせてほしいな。


10 2019/03/04(月)
この3人だけで戦い抜けるわけではない
ジェイ岩崎というハイレベルな選手が虎視眈々とスタメンの座を狙い切磋琢磨することで更に上を目指せるはず
ミシャも相手や状況によって選べるわけだし特徴のある選手が増えるのは嬉しい悲鳴でしょう


12 2019/03/04(月)
チャナティップは素晴らしい選手ですね。柏木とエベルトンの間のスペースが彼に制圧されてました。レッズは早い失点のせいか、守りたいDFと攻めたいFWの意思統一が常にバラバラな印象。完敗です。


13 2019/03/04(月)
三好と都倉(途中出場が多かったけど)が抜けて攻撃が不安だったが武蔵もAロペスもフィットするのが早かったようで安心。
開幕戦は勝てなかったけど2節目で勝ててよかった、週末はいよいよホーム開幕戦、絶対勝ってくれ!


14 2019/03/04(月)
武蔵はこのまま得点王を争う位置に行きそうだ。
加えて、トップ下のチャナティップがボールを失わないのが大きい。


15 2019/03/04(月)
今さらながらにチャナティップを獲得したコンサドーレの目利きの良さよ。

他のクラブのフロントは確かに上手いけどJでは通用しないって思ってただろう。

強力な戦力になりながら、ビジネス的にも相当な貢献をするチャナティップ。


16 2019/03/04(月)
鈴木の走るフォームは、まさしくアフリカ系の選手に似てた。

日本も国際化の波とは無縁でいることはできなから、こういった多様な特徴を持った選手が活躍すると、日本のサッカーの幅が広がって、イイ方向に向かうと思う


18 2019/03/04(月)
昨年、ラジオでミシャ監督が素晴らしいと選手ほぼ全員話してました。
信頼が結果に結ばれるんですね。
道民の私は毎年上と下を行き来していたチームを昨年4位まで押し上げる力があるのだから
日本代表の監督になったら?どうなの?
と妄想しました!


19 2019/03/04(月)
カード覚悟のラフプレーのようなパワープレイで決定力がない都倉より
スピード勝負の武蔵が相手がカード覚悟のタックルで止めにきて、決定力が高い武蔵の方が、ミシャサッカーは合うと思う。
都倉が出て行って、武蔵が入って強い札幌になりそう、なんせ都倉は相変わらず決定力がない。


21 2019/03/04(月)
ミシャが浦和を率いていた期間、チャナのような選手がいればね。
でも、中央に君臨してたのは今のキャプテン。
負けてるのに、交代時にノロノロと時間稼ぎしてた人。


22 2019/03/04(月)
今年も楽しみですね!
札幌での神戸戦応援に行きます!


24 2019/03/04(月)
このスタイルだとジェイがスタメンは難しい
その反面高さのあるジェイが控えてるという怖さもある


25 2019/03/04(月)
スピード、キープ力が三人とも長けているから色んな攻撃のバリエーションが出来る。
まだ二試合だが、期待の持てる試合内容だった。


26 2019/03/04(月)
札幌側の中央に上手い金髪がいるなと思ったらチャナティップだった。
ピッチ幅を広げられて中央の3人に自由にやらせると生半可な守備と強度ではあのスピードに付いてけない!


28 2019/03/04(月)
あと少しで、ハットだったのに!残念!
武蔵は、札幌で多化けする。日本代表近いね!


31 2019/03/04(月)
武蔵を獲得できたのは、ある意味浦和のお陰、感謝しなくては


32 2019/03/04(月)
武蔵は走り方もすごくきれいだよね
2点目の抜け方は惚れ惚れするようなフォームだった


33 2019/03/04(月)
結構期待してます。中島や南野らとも一緒にやっていたし、連携面は不安ないですね。


35 2019/03/04(月)
札幌は強いが、やはり浦和はだらしない。


36 2019/03/04(月)
土曜のホーム開幕戦も頼むよ!


38 2019/03/04(月)
チャナテップの存在が大きいね。


39 2019/03/04(月)
上の写真は武蔵と兄弟に見えた!


41 2019/03/04(月)
武蔵はもっと評価されてもよい


42 2019/03/04(月)
CMLとかMLCって言われる位、活躍が続けば良いけどなぁ…(*´∇`*)











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ