20190302-03020397-nksports-000-7-view

スポンサード リンク




国際サッカー連盟(FIFA)が導入したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)。18年W杯ロシア大会で、サッカー界に登場した“新たな審判”が多くの人々に知られることになった。


誤審をなくす新たなテクノロジーとして期待される一方、メリットだけではなかった。実際に試合を裁く主審は、この新技術をどう見ているのか?

日本人の主審として国際大会でVARを使用したのは現在わずか2人。その1人で、昨年12月のクラブW杯UAE大会の開幕戦などで主審を務めた佐藤隆治国際審判員(41)に、VARについて聞いた。

■判定するのは4つ

まず、VARが判定するのは以下の4つの場合のみだ。

<1>ゴール判定 ゴールラインを割ったかなど、得点に直結する場面が不明確だったとき

<2>PK判定 ペナルティーエリア内でのプレーが、PKを与えるべき反則だったかが不明確なとき

<3>一発退場 レッドカードが妥当な反則だったかが不明確なとき

<4>選手への処分 主審が選手を退場処分になどにした際、人違いなどが起きていないか不明確なとき

そしてVARを使用するのはいずれも「明白な判定ミス」が疑われる場合のみとされている。つまり、映像で試合を監視するVAR審判にとっても、確認を勧める際にはそれだけの根拠が必要になる。

佐藤氏は「技術を入れて(信頼性が)100%になるのはゴールラインテクノロジーだけだと僕は思う」と話す。ゴールか否かの判定はラインを超えたかどうかの事実だけなので、明白化される。ただ、反則はそうはいかない。

佐藤氏によると、特に難しい判断を迫られるのがハンドだという。

FIFAが定めるハンドの反則の規約はこうある。

「ボールを意図的に手または腕で扱う(ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内にあるボールを扱う場合を除く)」。

この「意図的」という判断基準には、どうしてもグレーゾーンが残るものだという。

最近、わかりやすい例があった。アジア杯決勝のカタール戦で日本代表DF吉田麻也主将(30)がPKを取られたハンドである。相手CKからDFハサンと競り合い、ハサンがヘディングしたボールが左腕に当たった。これがVARを利用した判定でPKとされ、決められて1-3と2点差に。勝負を決定づける瞬間になった。

このシーンは海外でも物議をかもした。米FOXスポーツでは、故意的なものではないからPK判定はおかしいとする海外ファン批判や疑問の声が紹介された。テレビ中継で解説をしていた松木安太郎氏は「(競り合い時に)目をつぶっているのに意図なんかねえだろう」と声を大にしていた。

試合後、吉田はハンドについてこうコメントしている。

「どうですかね。どうしたらいいんでしょうか。ハンドが起きたこと自体、僕自身は正直どうしようもない」

判定を受け入れつつも、わざとではないがゆえの歯がゆさがにじんだ。

ここに“意図的”という基準のグレーゾーンがある。

佐藤氏は決勝を自宅で観戦していたという。もし佐藤氏があの試合の主審だったらどうしていたか。

「僕が主審でもPKにしていました」

一方で、吉田の心情も察する。

「あそこで吉田選手が手に当てようとするわけはないですよね」

そして、誤解を恐れない言葉で説明を続けた。

「意図って、場合によっては本人にだってわからない。無意識に反応することだってあるじゃないですか。そうすると、意図があるかないかって、誰にもわからないんです」

■客観的事実をつかむ

かつてはルールにある文言のもとで「予測できたか」「ボールがきたのか、手がボールに向かったのか」などのざっくりとした見方で判定されていた。判定にその場では不満が出ても、なんとなく受け入れられ、流されるのが自然だった。「意図的」という言葉が持つあいまいな部分が“うまく残っていた”とも言える。それがVARの登場により、変わっていない現行ルールの文言では判定しきれない領域まで、ジャッジを求められるような環境になったと言っていい。

それでも、主審は決定を下さなければならない。

「じゃあなにをもって判断するかというと、客観的事実をつかんでいくしかない」

吉田の例における客観的事実はこうだ。

<1>吉田はボールにチャレンジしている

<2>競り合いには若干遅れている

<3>ヘディングはできなかった

<4>ジャンプするときには手は自然と上がるもの

<5>相手との距離は非常に近い

さらに、当時の状況を見極めるための解釈が加わる。佐藤氏の場合は以下のとおりだという。

<1>シュートを狙っていることは分かっている

<2>相手が競り勝った場合、どこにボールがいくかは予測ができる

<3>手がシュートコース上にある

<4>左右の手のバランスが悪く、余計にコースに手を出しているように見える

意図の存在が明白にわからない以上、意図があった(またはなかった)といえる根拠を論理立てて見つけることが要になる。その部分で、事実と解釈に頼らざるを得ないのが現状だ。佐藤氏は説明の最後に付け加えた。

「ハンドにしないといけないつらさはあります」

吉田のプレーはハンドではないという意見を持つ主審もいるという。主審それぞれの解釈が加わるため、同じ現象でも判定が変わってしまう可能性があるのが現状なのだ。佐藤氏は話す。

「選手にとっては、この主審で損した、得したという感覚にもなると思う。主審のさじ加減と言われてしまうと苦しいのですが、少なくとも主審は、こういう事実があるから判断した、という解釈がちゃんとある。どちらも受け入れてもらわないと、誰も決められなくなってしまうのです」

VARは優れたテクノロジーである一方、使うのはあくまで人間なのだ。

主審によって判定が変わるものをルールと言っていいのか。「サッカーにあいまいさはあっていい」というのが持論だが、ならばどこまでのあいまいさを良しとするか。そもそも、そんなものを定義できるのか-。佐藤氏の言葉を聞きながら、さまざまな思考を巡らせた。

W杯ロシア大会ではPK数が過去最多の29回に。前回大会より16も増えた背景にはVARの存在が大きい。アジア杯では日本にも大きな影響を与えた。今季は国内でも、ルヴァン杯の決勝トーナメントなどで導入が決まっている。

だが佐藤氏の話を聞く限り、VARを違和感なく見られるようになるのはまだ先になりそうだ。【岡崎悠利】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-03020397-nksports-socc



1 2019/03/02(土)
あのハンドはむしろ、VARのせいでハンドになったというより、、、
VARのおかげでハンド判定を免れる可能性があった方が高い案件だと思う。
あれだけ手振り回してボール弾いて違う方向に飛んで行ってたんだから、最初の時点で普通ならハンド取られるのが普通だと思う。
それを見逃した主審がまずNG。
ハンド判定をして、VARで故意か故意じゃないかを検討するのが正しい流れだったと思う。


2019/03/02(土)
吉田のハンドは取られてもしょうがない。

主審はVARを見に走るが、当たったかあ当たってないかを確認しに行っているだけで、選手の表情を見てわざとかどうかを判断しに行っているわけではないだろうから。

お互いさまだと思う。


2019/03/02(土)
W杯の決勝のシーンもそうだけど、VARで審議になってるのに、「手には当たってますが、意図的ではないので、ハンドではありません」なんて、数万人の観衆を前にして言えないのが人間ではないでしょうか。


2019/03/02(土)
とてもじゃないけど手を伸ばさない限り届かないようなボールに明らかに手を出して止めた。これが故意に手を出した事だと思いますが、それ以外の故意って本当にグレーゾーンだと思います。そもそもの手を出してまで止めようなんて思ってる選手なんて殆どいないと思います。


2019/03/02(土)
ハンドと判定するのに、相応の説得力のある見解だと思う。


2019/03/02(土)
VTRを確認しながら、ハンドを故意か故意でないかで判断する事は不可能だと思う。もっと明確な判断基準が必要でしょ。例えば両手でボール持ったらハンドとか、バレーのスパイクの様に振りかぶってゴールしたとか、レシーブの様に肘が90度以上伸びてたらハンドとか・・・例えばね!個人的にはVAR導入は良いかもな〜?と思っています。ハンド以外は。


2019/03/02(土)
VARで誤審がなくなるわけではない。
しかし明らかな誤審は減るから早く導入してほしい。
選手もサポーターも審判もみんな願っているだろう。
審判だって誤審したいわけじゃないだろうから。


11 2019/03/02(土)
意見は別れるだろうけど、一貫性はあったと思う。吉田のがハンドじゃないならイラン戦のあれもハンドじゃないね。


12 2019/03/02(土)
意図的かどうかとVARは別問題。VARは、導入すべき。進行に影響がない程度に、選手の権利として導入し、審判に拒否権がないように。乱発しない。
ハンドは、w杯のコロンビア選のハンドだって意図的には、思えないけど、PK相当。意図的なのは当然で、シュート性のボールは、当たればハンドで良いんじゃない?


13 2019/03/02(土)
吉田はアジアカップで自身のゴールも取り消されてるから少し気をつけるところではあると思う。


14 2019/03/02(土)
ハンドのほとんどは意図的ではなく偶然当たっただけです。

サッカー経験者ならわかると思います。

でも実際は手に当たればハンドをとられてしまう。


16 2019/03/02(土)
多分吉田のは、PKを取る人もいれば取らない人もいるんだろう。
けど、まあ手には間違いなく当たっているわけだから、もしあの時PKが取られずに日本が逆転優勝でもしていたら、それはそれでもっととんでもない騒動になっていた気がする。


17 2019/03/02(土)
ペナルティエリア内のハンドに関しては複数人の審判の検討結果判断とする、という規約をつくればいいと思う。


18 2019/03/02(土)
ハンド以外にもエリア内では大なり小なりユニフォーム引っ張ったり軽い小競り合いはあるもの。
それをスローで見るとすべてファールに見えてしまい、サッカーの醍醐味が半減すると思う。
ゴールラインテクノロジーは必要だけど、それ以外の判定は曖昧で時には誤審もあるのがサッカーのいいところだと思う。
あまりにデジタルになりすぎると、今度はバスケみたいに試合時間もピッチ外にボールがある間はすべて時計を止めて、その代わりロスタイムは無くなったりしたら興ざめ


20 2019/03/02(土)
そもそもVARがある試合でペナルティエリア内で故意に手でボール止めようとする選手はよっぽど居ないはず
抑止にもなっているはずだからよっぽど怪しいハンド以外はPKにするべきではない


21 2019/03/02(土)
どんな状況であれ、手に当たればハンド、こうすればそんな議論が無くなると思うけど。
サッカーした事ほとんどないから、素人では1番の解決策はそこかなと思う。


22 2019/03/02(土)
この問題が時間が経っても記事になるのは日本人だからでしょ。プレイヤーは意図していても素直に手を上げないわけだから審判が独自に判断したものに異議を唱えるものでは無い。これが選手が意図的に触ったのを全員が手をあげるならば異議はあっても良い。


24 2019/03/02(土)
サッカーはホーム有利な判定が通常
現代はVAR判定でマシになったけど
悪しき習慣はまだまだ続くだろう
早くAIが審判になればいいのにと思う


25 2019/03/02(土)
これ、UEFAの審判がオフサイドではないと言っていたんだよなぁ

AFCは今回のアジアカップでは明らかにUEFAとは異なる基準でハンドリングの反則を取っていた

イラン戦のも含めて


26 2019/03/02(土)
>シュートを狙っていることは分かっている
>相手が競り勝った場合、どこにボールがいくかは予測ができる
>競り合いには若干遅れている
>ジャンプするときには手は自然と上がるもの

こういうのを意図的と解釈するのです。

ただ、ルールの原文は英語なんだから、
日本語での単語の解釈を話しても無意味だと思うんだけどね。


28 2019/03/02(土)
一番良いのは「ペナルティエリア内でのファールにはPK」というルールを撤廃すればいいと思いますよ? エリア内での故意のファールは警告対象とはしても そもそもペナルティキックというものを無くせば良いのでは?


29 2019/03/02(土)
守備の選手の演技に騙されたり、PA外のファールをPKにする
オフサイドの場面でビデオ確認後オンサイドという逆転誤審
副審がオフサイド判定するかプレーを流すかどうかという基準が不明瞭
現状このシステムは審判の邪魔をしている。審判を信頼していない
VARには問題点が山積み。導入するのは早すぎた


30 2019/03/02(土)
野球とかテニスとか明確なターン制の競技なら機械導入すれば誤審は減りそうだけど、サッカーとかバスケとか流動的なスポーツは難しいですよね。
でもこんな議論が生まれるならいっそルールから意図的って表記無くせばいいのに。


32 2019/03/02(土)
もし、あれがカタールゴール前で、立場を全部替えたときも、同じ疑問が「それはハンドではない!」といえるのであれば、続けたらいいけど・・・
「ハンドだ!ハンドだ!同点だ!・・・」と大騒ぎになっていたんじゃない??
だったら、そんな不確かなものにうつつを抜かしている暇は無くて、あれは「ハンド」で、手に当たったものは「ハンド」で、故意か故意でないかなんて分けの判らないものはどうでもよろしいということ。
それより、そんなことが起こる以前に、勝負が決していて、それは日本にとって、”お遊びの延長のような”個人技で木端微塵にされていて・・・
その問題の方が問題なのだと思うよ。
ハンドは世界の共通の理解がされ易いルール解釈でないと意味が無い。


33 2019/03/02(土)
意図的じゃなくてもハンドの判定でいいと思う。意図的かどうかなんて判断できない。
明らかに意図的ならレッドにすればいい。


34 2019/03/02(土)
結局使うかどうかは主審に任されている訳だから、まだ買収は残るだろうが、やりにくくなったから買収の金額は上がるかもね
審判の買収が不可能なシステムを考えないと、日本の公営ギャンブルみたいに隔離もひつようだと思うぞ?金かけてる人間が数億人いるようなスポーツなんだから


36 2019/03/02(土)
おかしなコメントが多いがそもそも明確な誤審の際にVARは使われるべきなのだからあの場面で使うことがそもそもどうなのという話。もしくはハンドの基準を明確にすべきということ。


37 2019/03/02(土)
結局ゴール以外は完璧な判定は出来ないのだから、有利不利が出るのは致し方ない。

明らかにおかしな判定を減らす為のものと考えている。


39 2019/03/02(土)
もうVARあるんだから、試合の勝敗に直結するPK自体を無くせば良いのにと個人的に思ってる。


40 2019/03/02(土)
なんにしてもイルマトフは信用できない。
準決勝(UAEvsカタール)でメキシコ人審判が担当してた。
決勝でも他大陸の人が担当するべきだった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ