20190228-00000108-sasahi-000-2-view

スポンサード リンク




 日本は2019年アジアカップ(UAE)で8年ぶり5度目の優勝を目標に掲げながら、決勝でカタールに完敗し、王座奪還を逃す失意を味わった。ただ、20歳の堂安律と冨安健洋がA代表初の国際大会でスタメンとして戦い続けたことは1つの成果だった。彼らは18歳で海外移籍し、欧州クラブで積み重ねた実績を武器に一気にA代表レギュラーの座をつかんだ選手という意味で、過去の代表選手たちとは異なる道を歩んでいる。

 日本は92年広島、2000年レバノン、2004年中国、2011年カタールと過去4度のアジアカップ優勝経験があるが、最初の広島大会はまだJリーグ発足前。カズ(三浦知良)のようなブラジルでプロになって帰国した「逆輸入選手」はいても、日本で育ったプロ選手が海外に買われていくというのは夢のまた夢だった。

 それが2000年レバノン大会の頃になると、そういう例がポツポツ出始める。98年フランスワールドカップ直後に中田英寿がペルージャ(イタリア)へ移籍。名波浩も99~2000年にかけてベネチアへのレンタルで赴いた。希代のレフティの挑戦は失敗に終わり、わずか1シーズンで古巣復帰することになったが、中田を呼べなかったこの大会でエースナンバー10はMVPに輝いた。それも貴重な国際経験がもたらしたものに違いない。

 ただ、この頃は「海外へ行くのはA代表の中心選手」という価値観がまだまだ根強く、20歳そこそこの若手がいきなり外へ出ることが認められる時代ではなかった。それを如実に示したのが、99年ワールドユース(ナイジェリア)準優勝のいわゆる「黄金世代」。日本攻撃陣の中心だった小野伸二、ベストイレブンに入った本山雅志、エースFW高原直泰らには欧州スカウトが殺到してもおかしくない状況だった。実際に食指を伸ばそうとしたクラブもあったという。

 だが、日本人代理人(現在の仲介人)が数人しかおらず、選手が代理人をつけるというシステムも確立していなかったため、コンタクト先はJクラブになる。Jクラブとしては「新人選手はじっくり育てて24、25歳で中心になってもらう」という常識だったから、移籍を容認するはずがない。結果的にナイジェリア大会の後、誰1人として海外に出なかった。

 その後、小野と稲本潤一は2001年にフェイエノールト(オランダ)とアーセナル(イングランド)にそれぞれ赴き、高原もボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)に行ったが、当時21~22歳。「非常に早い段階の海外移籍の例」という見方をされた。これは今の価値観から考えると驚き以外の何物でもないだろう。

 2002年日韓ワールドカップの後になると少しずつ海外挑戦者が増え、中村俊輔が24歳、柳沢敦で26歳でイタリアへ渡り、松井大輔も23歳でフランスへ移籍している。松井の場合は2002年 トゥーロン国際大会でベストエレガント賞に輝き、2003年コンフェデレーションズカップ(フランス)でA代表デビューと、フランス繋がりがいくつかあった。加えて2004年アテネ五輪でも活躍したことで高評価を受け、ルマンからのオファーにつながった。

 2000年代半ばまでは代理人が作成したビデオで選手売り込みをするのが一般的だったから、日本人の場合は一部の特定選手しか欧州移籍市場には引っかからなかった。こうした環境も「A代表入りして知名度を上げてから海外に行くもの」という考え方に拍車をかけていたのかもしれない。

 それでも、ジーコジャパンは海外組が急増したチームだった。ただ、2004年中国大会の時は中田と稲本がケガ、小野と高原はアテネ五輪優先となって招集免除となり、欧州組は中村俊輔と川口能活(当時ノアシャラン=デンマーク)、鈴木隆行(当時ヒューステン・ゾルダー=ベルギー)だけ。数こそ少なかったが、3人はそれぞれに存在感を発揮する。

 中村はMVPに輝き、川口は絶体絶命の危機に瀕した準々決勝・ヨルダン戦でのPK戦連続セーブで日本を救った。鈴木もゴールは1点のみだったものの、2トップの一角で奮闘した。海外組偏重のチーム作りを進めたジーコには批判が高まったが、今となれば、その基準は普通だったのかもしれないと感じさせられる。

 それから7年が経った2011年カタール大会は「欧州組中心のチーム」と言うべきスター軍団だった。当時のスタメン11人を振り返ると、MVPを獲得した本田圭佑がCSKAモスクワ(ロシア)、香川真司がドルトムント(ドイツ)、内田篤人がシャルケ(ドイツ)、長友佑都がチェゼーナ(イタリア)と、総勢7人が欧州クラブに所属。大会後には岡崎慎司もシュツットガルト(ドイツ)へ移籍し、長友もインテルにステップアップした。

 この大会で1トップを務めた当時29歳の前田遼一が「本田たちは世界トップレベルに行けると思っている。自分は気付くのが遅すぎた」と悔恨の念を口にし、30歳を過ぎてからイングランドのウエストハム入りにチャレンジしたように、多くの国内組が「海外へ行かなければ乗り遅れる」という危機感にかられるようになったのは間違いない。

 前田と同い年でカタールでの優勝を経験している岩政大樹も「『世界トップに挑んでいくのは当たり前だ』という感覚でやっていた。そこは僕らとは感覚が全然違った。代表に行くたびにそれを感じて、大きな刺激を受けた」と神妙な面持ちで語ったことがある。彼は2013年限りで鹿島アントラーズを退団し、タイのBECテロ・サーサナ移籍に踏み切ったが、それも本田世代から触発された部分が大きかったからだという。その後、アジア各国へ赴く者も増えたが、岩政がそのけん引役になったと言えるのではないか。

 そして今、時代はさらに進み、堂安や冨安のように18~19歳で欧州の扉を叩き、A代表の主力になるケースが出てきた。堂安と冨安は2017年にはU-20ワールドカップ(韓国)に出ていた選手。これまでの感覚ならば、そこから数年Jリーグで活躍して海外に行き、2020年東京五輪を経て、A代表の大黒柱になるというのが順当な筋道だったが、2人はその既成概念を打ち破った。過去には19歳でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)へレンタル移籍した宇佐美貴史のように、20歳以下で海外挑戦する選手もいるにはいたが、クラブで出場機会を得られず苦しむことが多く、いきなりA代表に飛躍することはなかった。

 堂安と冨安は自国開催の東京五輪を控えた存在ということで、日本サッカー協会や森保監督から多少は特別視されている部分はあるかもしれないが、アジアカップのパフォーマンスを見る限りではロシアワールドカップ16強戦士に混ざっても見劣りすることはなかった。むしろ、堂安などは苦しんだ初戦・トルクメニスタン戦で決勝点となる華麗な反転左足ゴールを決めるなど、堂々としたパフォーマンスを随所に見せていた。冨安にしても190cm近い高さを誇り、センターバックとボランチを両方こなせるマルチプレーヤーで、使い勝手が非常にいい。今大会ではMVP級の活躍ぶりで、キャプテン・吉田麻也をしのぐ存在感を示したとも言っていい。そこは大いに評価すべきだろう。

 その2人と同じ東京五輪世代の中山雄太がオランダのズウォレ、板倉滉がマンチェスター・シティ(イングランド)経由で堂安と同じフローニンゲン(オランダ)にレンタルされることが、アジアカップ期間中に決まった。板倉のマンチェスターC行きは日本サッカー関係者に衝撃を与えるビッグニュースに他ならない。これまでアーセン・ベンゲル氏の存在によって稲本、宮市亮、浅野拓磨がアーセナルに赴いた例はあったが、今のマンチェスターCはプレミアリーグ・ナンバーワンクラブと言ってもいい位置づけ。そこに未知数の日本人若手選手が引き抜かれるとは想像をはるかに超えた出来事だった。

 彼らが欧州でコンスタントに試合に出るようになれば、瞬く間にA代表に入ってくるだろう。現在のユース代表の安部裕葵や久保建英なども海外移籍予備軍と位置付けられていて、今後はそういう流れがどんどん増えるのではないか。むしろ、これからは「海外で実績を積んでいないとA代表に入れない」という時代が訪れそうだ。となれば、代表合宿を欧州で実施したり、日本とは異なる拠点を現地に設けるなどの工夫も必要になってくるかもしれない。

 まさに新時代を迎えつつある日本代表。森保監督がJリーグ開幕戦を視察せずに渡欧した通り、アジアカップを終えた今後はさらなる海外組の若手抜擢に踏み切る可能性も高い。カタール戦のようにスタメン全員が海外組という状況も当たり前になるかもしれない。日本人有力選手の海外行きが当たり前になった今、代表強化をどう進めていくのか。その術を本気で模索すべき時期に来ているのは間違いないだろう。(文・元川悦子)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190228-00000108-sasahi-socc&p=1



1 2019/03/01(金)
これからは「海外で実績を積んでいないとA代表に入れない」という時代が訪れそうだ。となれば、代表合宿を欧州で実施するなど工夫が必要。

この記述には共感ですね。
なかなか協会としては興行収入などもあるので、日本で開催したいのは分かりますが、海外組のコンディション面もあるので欧州アウェーで親善試合を2ヶ月に1回でも行って欲しいです。


2019/03/01(金)
代表と自国リーグが薄い関係性になっても、それはそれでいいんじゃないかって感じよな。
ベルギーもブラジルもリーグは大した事ないけど、代表はトップレベルな訳やし。
それもJリーグが成長してる証拠。
ゆくゆくは、世界中の若手が経験の為に選び、ビックネームがキャリアの幕引きに選び、アジア全体の若手がのし上がる為に選ぶ。
そんなリーグになっていけたらね、。


2019/03/01(金)
Jリーグの日程を欧州に合わせる必要があると思う。代表のためにもJリーグのためにもできるだけ早く実現すべき課題。
Jリーグが世界の中でどういう位置付けになっていくのか、あるいはなっていきたいのか。これは日本のサッカーの未来と密接に関係すると思う。代表が欧州組中心になっても、Jリーグの在り方は代表と無関係ではない。欧州との親和性を高めることは絶対にメリットになる。
日本人だけじゃなくアジア全体の若手がステップアップするステージ、ワールドクラスの選手のキャリア終盤の選択肢として、欧州の中堅リーグと並べるようなレベルになってほしい。


2019/03/01(金)
まぁそれはそうだが、今の時代にここまでになったのはもちろん海外移籍で成功した選手のおかげでもあるけど、何よりはJのクラブが惜しまずに日本サッカーのために若手選手の移籍を後押しした点にある。
今でこそ若手でも移籍金が付くから割り切って選手を出せるけど、2000年当時だって中田あたりにしか移籍金はつかなかった。あとはレンタル。そこの礎があって今があると思うと日本のJクラブが志の高さは賞賛されるべきですね。


2019/03/01(金)
今の常識なんて、これからもっと変わると思う。
今の常識は、5年後には通じない。
Jリーグにイニエスタが来るなんて、5年前、
誰が予想できただろう?

10代で海を渡る日本人選手の誰かがブレイクすれば、その流れは一気に加速するのは明らか。
(香川がブンデスでブレイクした後のように)

なってほしいのは、アジア版プレミア化。
タイ、マレーシア、、ベトナム、インドネシアなどの有望な若手がどんどん集まって鎬を削るリーグ。
Jで活躍した選手が、欧州ですぐに結果を出すような怪物リーグ。

そんなの無理に決まってる!
と言う人も、先の事なんてわからない。

「まさかJリーグがこんなに凄いことになるなんて…」

っていう日がいつか来るかもしれない。

来てほしい。


2019/03/01(金)
岩政の頃から、代表入りの為にでなく、海外へ行く選手が増えた気がする。

検索すると知らない選手が、地味なリーグでプレーしてたり。

こういう選手から海外で監督する人も出て来て、まだまだ日本のサッカー環境は変わってくと思う。


2019/03/01(金)
欧州の中堅クラブが経営戦略的にも、とくにアジアに目を向けだし、その中の一つに日本がある。ワールドカップでの快進撃が起爆剤となっているのは間違いないでしょうが。

日本のトップレベルが海外でプレイすることで、その次のレベル・年齢層がJの出場機会を得られてレベルアップすることで、日本人選手層を厚くする効果をもたらしている。


10 2019/03/01(金)
Jリーグのレベルが上がっていること、海外移籍した選手たちがある程度結果を残していること、ロシアで善戦したことなどが日本選手の海外移籍を増やしている要因と思う。

中でもDFが続々と海外移籍していることは、日本のレベルが上がってきていることを実感するし、代表にも大きなプラスになると思う。


11 2019/03/01(金)
海外行く際に所属元に何を残すのか。
ここを蔑ろにしてポンポン放出してたらJリーグが枯れて代表も先細りになる。
他にも海外組だらけになれば、Jサポは代表に興味を無くしていく。馴染みの選手がいなかろうが日本代表なら熱狂的に応援するかと言ったらそんなことは無い。
デメリットの方も目を向けていかないと気がついたら青田も枯れていた、という結末になりかねない。


12 2019/03/01(金)
「代表強化のためのJリーグ」の考え方は変えた方が良い。育成強化を進めつつ、クラブとして強くなる、アジア版のプレミアを目指すべき。海外移籍するにしても、選手思いでなくてしっかり契約して移籍金取ることが、大事。


14 2019/03/01(金)
オファーがあれば海外に行きたいのが普通だと思います。Jリーグもレベルは上がってきているけど、まだ世界のトップレベルになるのは時間がかかるだろう。プロになるような選手が上を目指すのは当然なこと。


15 2019/03/01(金)
中でも特に小野伸二には夢を見たなー。テクニックもそうだけど、止める蹴るの基本技術が日本人では飛び抜けていたな。しかも両足遜色なく。幼い頃からどれだけの時間ボールを蹴ったのか想像を絶する。しかし生まれた時代が惜しい。当時の日本は過剰なトップ下偏重、あともう少し生まれるのが遅ければ世界的なインテリオールになれたかも。


16 2019/03/01(金)
代表の試合、過去は中田位しか海外組はいなかったが小野稲本俊輔らが続いて、今はスタメンほとんどが海外組。時代は変わった。


18 2019/03/01(金)
日本のレベルも上がっているが世界のレベルも上がっているんだよね。ユースでもベネゼエラ?やエクアドルだって日本よりも、かなり結果出してるからな。WCの日本の対戦相手はほぼ化け物クラスの選手がいるしね。中東がカタールみたいに欧州模倣アフリカ系帰化戦略が増えれば、枠が増えてもWC出場さえも危うくなるしね。


19 2019/03/01(金)
サッカー記事は愛好者に売れないとイカンから8分賞賛で2分批判という構成だが、それはそれとして。
日本人海外組進出はある程度は認められるようにはなってきた証拠ではある。 しかし現実はレギュラー張ってるのは数人もいない。ほとんどが1軍半的存在で、出たり出なかったり
これはそのまんま彼らが主体のオールジャパンの位置づけに当てはまる。FIFAランクは合っている。 しかも語学ができなくて意思疎通できなくて試合で使われないなぞ、論外の事もある。
英語くらいは高校卒業までは習得しとかんと、あかんわ!!


20 2019/03/01(金)
昔はジーコに10点位とられるレベルだったのが、今はイニエスタやトーレスにジーコほどの得点をとられていない。チームのレベルや戦術もあるかもしれないけど、Jリーグができて半世紀で日本人選手のレベルは上がっている。
問題はそのレベルに付いていってないサッカー協会じゃないの。放映権料の関係なのかどうか分からないけど、海外に選手が行っているのだから、アウェーでどんどん日本代表戦をすればいいのに。


22 2019/03/01(金)
Jリーグも将来は海外の若手が来てくれるようになるといいと思いつつ、もう25年経ったんだよね。リーグとして世界的にはまだまだなんだろうけど、海外移籍も含めて日本代表を強くするために何かできることはないんだろうか。


23 2019/03/01(金)
国内リーグが盛り上がり代表も強いことが望ましいこと。
それはサッカーの文化があるということだから。
野球など代表軽視でプロ野球のほうが全然大事という人もいるし。
代表の時だけ盛り上がり普段は全然サッカーに興味ない
そういうのはどうかと思いますよ。


24 2019/03/01(金)
記事では触れられてなかったが、長友がインテルに移籍というニュースはマジで衝撃的だった。


25 2019/03/01(金)
年々日々日本人選手の見られ方は変わっている。それこそ20年前に比べたら段違いに。
レンタルから戻った板倉がどう飛躍するのかを楽しみにしたい。
ビッグクラブにびびって、どうせ先人と同じ轍だから四大中位クラブにーなんて言う人は、ダメだったとき自分ががっかりしないための予防線張りたいだけの臆病者であって、挑戦してる若者を応援する資格などない。


27 2019/03/01(金)
記事を書いた記者の方は非常に勉強されているのですが、少し追記させていただくと、冨安と堂安はJFAエリートプログラムを受けたエリートです
JFAが、今後の日本代表候補として特別に育成していた選手の中から、18歳で海外移籍した選手が出たのは、育成プログラムが機能している証です
今後も、逸材が現れると思いますよ


28 2019/03/01(金)
選手個人のためにも代表チームのためにもどんどん海外挑戦する選手が増えていくのはいいこと
でも日本代表クラスの選手が一人もいないJリーグは寂しい気もする
我ながら矛盾してるんだけどねえ


29 2019/03/01(金)
サッカーを通じて、世界との関わりを持つ選手が増えた、と見ても面白いかも。


30 2019/03/01(金)
アジア組増えたのは岩政は関係ないな。
アジア各国の経済力が上がって、プレーはJ2J3レベルでも資金力はJ1級みたいなところが増えたのと、何人も移籍して日本人同士のコミュニティみたいなものができてきたからではないだろうか。
プレーレベルもどんどん上がってるしね。


31 2019/03/01(金)
次に来るべき流れは、海外の現役トッププレーヤー等が複数のJクラブに所属してリーグを盛り上げることかな?


33 2019/03/01(金)
バイエルンやアーセナルでレギュラーのハードルを越える若手が出て来たら本当の強豪国になれるかもね。。今はまだまだ


34 2019/03/01(金)
いや、堂安はそのトルクメニスタン戦でのゴールくらいだろう、活躍したのは。
仕掛けない、仕掛けてもボールを取られるなど、全くと言っていいほど活躍はしてないよ。
南野も空気な時間があったりと、決勝まで行けたのが不思議なチームだった。
ウルグアイ戦で見せたプレイはなんだったのか。


35 2019/03/01(金)
単にボスマン裁定で国籍関係なくトップリーグのチームに選手が集まるようになっただけ。

ヒデの頃とは全然違う。


37 2019/03/01(金)
やはりワールドカップなどの世界的な大会では、レベルの高い海外のチームにはいり、厳しい戦いにもまれてレベルアップした選手しか活躍できないと思います。


38 2019/03/01(金)
本山はワールドユースで見たとき凄かった。海外に挑戦して技を磨けばワールドカップに行ったかもな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ