20190228-00010004-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀が苦境に立たされている。

 2月26日に行なわれたプレミアリーグ第28節バーンリー戦で、日本代表FWはメンバー外となった。アジアカップからチームに復帰後、これで3試合連続のベンチ外。シーズン前半戦はコンスタントに出番を掴み、出場時間もゆっくりと延ばしていた武藤だが、ここにきて大きな壁にぶちあたってしまった。

 では、なぜ状況が一変したのか──。簡単に経緯を振り返ってみたい。

 武藤は1月2日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッド戦で81分から途中出場し、6分間のアディショナルタイムと合わせ15分間プレーした。ポジションは2トップの一角。このマンチェスター・U戦を最後に、アジアカップの開催地であるUAEへ飛び立った。それ以降、アジアカップ期間中のリーグ戦4試合を欠場した。

 そして、アジアカップ決勝で日本代表が敗れると、武藤もニューカッスルに復帰した。しかし復帰後、18名の登録メンバーに入ることすらできなくなった。気がつけば、武藤は約2カ月にわたりニューカッスルでプレーしていないことになる。

 そんな武藤の苦戦の理由は、3つあるように思う。

 ひとつは、ラファエル・ベニテス監督が戦い方を1トップシステムに固定したこと。スペイン人指揮官は武藤を「2トップ一角のセカンドストライカー」として捉えており、1トップを採用すると構想から外れてしまうのだ。

 この1トップシステムで戦術上のキーマンになっているのが、ベネズエラ代表FWのサロモン・ロンドン。189cmの長身で接触プレーにもめっぽう強いロンドンは、前線のターゲットマンとして機能しており、チームの絶対的な存在になっている。

 もっとも、ロンドンの存在価値は、ニューカッスルの戦い方と密接に関係している。

 ベニテス監督の狙いは「堅守速攻」。基本フォーメーションを「3-4-2-1」とし、守備時には5バックに変形して守備を固め、攻撃はクロスボールとロングボールの大味なアタックでゴールを狙うのだ。あくまでもニューカッスルの目標は「プレミア残留」であり、守備に重きを置いた手堅い戦い方で、着実に勝ち点を積み上げていきたいのだろう。

 この戦術のなかで、ポイントになるのがロンドンなのだ。ベネズエラ代表FWは強い身体を使ってクロスやロングボールを上手に収め、シュートやポストプレーでチャンスを生み出すことができる。最終ラインから闇雲にボールを放り込まれても、フィジカルを利して好機に変えてしまうのだから、これほど頼りになる存在もいない。

 一方の武藤は、プレースタイルが違う。当たりの激しいプレミアリーグで、日本代表FWを「1トップのCF」として起用する考えは、そもそも指揮官の頭の中にないのかもしれない。それゆえ、現在の1トップシステムではポジションがなく、「ベンチ外」が続いているのだ。

 もうひとつの理由は、ベニテス監督が3-4-2-1の「2」の位置、つまり攻撃的MFのポジションでも、武藤の起用に積極的でないことだ。序列でいえば、新戦力のミゲル・アルミロン→アジョセ・ペレス→クリスティアン・アツに次ぐ、4番手以下の扱いだろう。あるいは、武藤が「2」のポジションに向いていないと思っているフシもある。

 このポジションでは、周囲とパスをつなぎながら連係する動きが強く求められる。ボールを保持して前線にスルーパスを供給したり、機を見てゴール前に飛び出したりする場面も多い。さらに、相手ボール時には自陣深くまで敵を追いかける必要もある。つまり、攻守のバランス感覚が重要になるのだ。そのせいか、ベニテス監督は攻撃色の強い武藤を同位置で起用したことがない。

 最後の理由は、今冬の移籍市場で加入したアルミロンの存在だ。監督とサポーターの期待の大きさは、クラブ史上最高額となる2000万ポンド(約29億4000万円)の移籍金でも明らかである。そんな周囲の期待に応えようと、パラグアイ代表MFも加入直後から大きなインパクトを放っている。

 とくに目を奪われるのが、攻撃時にガツガツと仕掛ける積極的な姿勢だ。スペースがあればパスを要求しながら突っ走り、スルーパスを引き出そうとチャレンジする。ボールテクニックと俊敏性、スピードにも優れ、ボールを受ければ危険なプレーでチャンスを生み出している。

 これまで、どこかのっぺりとした攻撃しか繰り出せなかったニューカッスルだが、アルミロンの加入で「攻撃のスイッチ」が入るようになり、迫力と勢いが格段に増すようになった。

 加えて、守備意識も高く、プレス&カバーのタスクも黙々とこなしている。そのせいだろう、デビューから3試合をこなしただけで、サポーターの心をがっちり掴んだ。ホームで行なわれた前節ハダースフィールド・タウン戦と今節バーンリー戦の2試合で、アルミロンの交代時に盛大なスタンディングオベーションが起きた。ロンドン同様に不可欠な存在になりつつある、といっても過言ではないだろう。

 このアルミロンの加入が、武藤にとって決定打となった。パラグアイ代表MFの補強で前線の駒数がひとつ増え、武藤は18人で構成される「メンバー枠」から押し出されたからだ。

 当然だが、ベンチ入りできなければ、試合には出場できない。ベンチに入ることができれば、試合中にシステムが変わり、途中交代で投入されることもあっただろう。しかし現状、18人の選手枠に入ることすらできない。上記した3つの理由から、武藤の苦境は、もうしばらく続くのではないか。

 2月23日に行なわれたハダースフィールド戦後、ベニテス監督は武藤について次のように語った。

「練習でよくやっているし、私は非常に満足している。だが、18人の登録枠を考えると、我々にはサロモン(・ロンドン)がいる。武藤は、セカンドストライカーとしてプレーする試合で必要だった(=実際には1トップでプレーした)。彼に必要なのは、チームに入るために今後もハードワークをこなしていくこと。チャンスを待つ必要がある」

 チームは2連勝を飾り、順位を13位まで押し上げた。好調を維持しているため、先発メンバーの大幅な入れ替えは当面なさそうだが、ベンチメンバーについてはローテーション制が組み込まれる可能性はある。そのなかで、いかに自分をアピールしていくか──。

 まず武藤は、そこで手がかりを見つけたい。

田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190228-00010004-sportiva-socc&p=1



1 2019/02/28(木)
武藤は味方がフリーでも周りが見れず、自分で強引にいってカットされることがよく見られた。ストライカーに必要なエゴを持ってるけど、それに値する得点力があるわけでもないし、使い辛いよね。


2019/02/28(木)
武藤にはこれからも期待してるけど、自信溢れるコメント出す割には結果が伴わないから、何か必死に自分を鼓舞してるだけのように見えるな。

きっと自分の年齢と立ち位置を冷静に客観視した上で焦ってるんだろうけど、スピードorフィジカルのどちらもプレミアで秀でてるわけでは無いから、あとは戦術理解度を高めるしか出場機会を増やせそうにないね。

本田もビッグマウスで自分を鼓舞してたけど、どの監督からも練習への姿勢や戦術理解度は称賛されてたからね。


2019/02/28(木)
プレミアで通用してないからといって、他のリーグでもダメってわけではないだろうし、特に武藤はドイツではそれなりの活躍をしていたから、ここで心機一転、リーグアンなどへの移籍も個人的には見てみたいと思う。またそこで結果を残せれば、代表でも替えのきかないストライカーにもなれそうだし、なんせプレミアでベンチ外という状況よりはずっといい。
オファーが来ればの話ですが。


2019/02/28(木)
単純にゴール前での怖さがない。
またFWタイプとして、守備面も含めてどんなプレーも出来る万能型ではあるが、『悪い意味』で、武器がない万能型。

スペースの作り方とか走り方は上手いが、その後にパスが来ても、武器がない武藤は、ストッパー型のCBが多くいるプレミアでは、簡単に弾かれてしまう。

期待してるだけに、バランスが良いフランスか、縦に速く繋ぐスペインの下位チーム辺りが合ってると思う。

同じ日本人として、頑張ってもらいたい!!


2019/02/28(木)
セカンドトップとしてもっとチャンスメイクしてほしい、といった要求があるんでしょうか。
新加入のアルミロンの方が評価が高いですね。
前半戦で一定の評価を得られなかったのが辛いところです。

あと以前、監督が指摘していた武藤の英語力の方はどうなったのかな?


2019/02/28(木)
まぁ、妥当ですよね。

CFとしては得点以外のポストプレーは期待薄で、その得点もここまで一点だけ。

二列目としてはやや利己的な印象もあるし、守備の貢献も平均程度。

才能ある選手だと思うけど、使い方が難しいのではないかと。


2019/02/28(木)
得点に絡もうという意識が強いのは分かるけど、普通にプレミアにおいて一人で勝負するだけのスキルは伴ってないと思う。アジア大会ではそりゃそれなりに通用しただろうけど。
冷静に自己分析して、自分がプレミアで通用するプレーと通用しないプレーを見極めて欲しい


10 2019/02/28(木)
絶対的ストライカーてしても多彩な攻撃を組み立てるMFとしても今の武藤では厳しいだろうね。あと一つ武器が欲しい所。やはり日本人で絶対的ストライカーは厳しいかなと思う。


11 2019/02/28(木)
前線の選手が累積とかケガした時にチャンスが回ってくると思うからそのときにインパクト残せないと監督が変わらない限り厳しいかもね。


13 2019/02/28(木)
試合に出れなければ、海外にいく意味はほぼないと思う。試合に出ていないで代表に呼ばれた他の選手の試合勘、動きを見れば明らかだと思う。
海外に行くことはプラスだけど、行くチームをよく考えないといけない。


14 2019/02/28(木)
勉強はできるかもしれないが、サッカー脳が優れてないんだと思う。
自分の凄くピーキーなスタイルにはまったときだけしか活躍できない。
そのピーキーなスタイルも特別、ほかの選手よりも優れてるわけでもない。
勉強できない子が、何をどうやって勉強すれば、勉強がわかるようになるか
わからないのと同じで、状況に応じて、何が必要なプレイかがわからないんだと思う。
言葉は悪いけど、サッカー脳的に頭が悪いんだと思う。


15 2019/02/28(木)
FWにしては、視野が狭いと思います。
すぐに倒されるし。。腰が高いのが要因だけど
クッションが効かないので倒れちゃう。柔道や合気道を体験して見たら良いと思います。


17 2019/02/28(木)
武藤は万能さに欠けるもんなぁ
エースとしての立場を失うと一気に苦しくなる選手
身体能力が高い猪突猛進型だけど、ゴール狙う以外のプレーが微妙だから、今のニューカッスルではポジションがないのね


18 2019/02/28(木)
スタメンの吉田ですら、アジアカップ後1ヶ月でチームの状況が変わり、ベンチが続いている。本人もその覚悟で代表になったと言ってるが、これは問題だ。確固たる地位をクラブ内で築いてないと、誰にでも起こりうる。つらいですね。


19 2019/02/28(木)
たらればだけどアジア杯の前もイマイチでアジア杯が最後のチャンスだった
アジア杯で活躍できなかったから烙印を押されてしまった
fc東京にいたときはもう少し視野が広かったから残念
奮起して活躍してほしい
おれは武藤を応援する


22 2019/02/28(木)
特にスゴイという物を持ってない、平均よりはいいくらいの
FWは中途半端で常時使うわけにはいかんーという事かな。
まあ日本人プレイヤーは皆そういう位置にあり、それはFIFAランクでも現わされてる。
まあ後10年程度はかかるかもね、その間に少子化が影響しなければいいんだがー僥倖をいのるのみだな!!


23 2019/02/28(木)
退団を勧めます。 他の欧州のクラブに移籍するか、もしくは日本に戻ったほうがいい。 欧州もレベルを下げたリーグの上位クラブ辺りのほうがいいかもな? それならCLやELに出場する可能性がある。 例えばザルツブルグやラピッドウィーン、ベルギーの上位とか… それかニューカッスルからスコットランドのセルティックやレンジャーズがあるグラスゴーは近いから、スコットランドプレミアでもいいんじゃないかぁ?


24 2019/02/28(木)
アルミロンは加入1ヶ月でもうチームの中心になっている
もう武藤はベンチ入りすら厳しいと思う
アジア杯が致命的だった


25 2019/02/28(木)
ヨーロッパの4大リーグくらいのスタメン勝ち取るには圧倒的な特徴が何かないと難しいな。。

武藤の良さと聞かれて他のメンバーには絶対これは負けないというものがすぐ思い付くようにならないとだね


26 2019/02/28(木)
ってかあれだな
武藤は状況判断が抜群に悪い!

人を使うところは使いパスを出してリターンを要求すればいいのに何が何でも自力で行こうとし過ぎるし

じゃあ、その強引さがチャンスメイクに繋がっているのかと言えばそうでもなく

ボールロストしたり、シューベルトが明後日の方向に打ち上げたりと散々

これは代表でもそう


28 2019/02/28(木)
モラタを見ても思ったが、プレミアの1トップは厳しいね。
リーグに合う合わないはやっぱりあるので、
サクッと移籍する決断があってもいいんじゃないかな


30 2019/02/28(木)
最初のマンU戦の後ぐらいに3試合程先発出場したが全く良くない。点も取れない。このじゃ使ってくれない。結果を出さないと。


31 2019/02/28(木)
武藤は典型的な他リーグで活躍したけどプレミアでは通用しなかった例。
プレミアに限らず武藤のような選手はいくらでもいる。
サッカー選手で大事なのは試合に出続けること。
移籍したほうがいい


32 2019/02/28(木)
チェルシーに興味を持たれたのが選手としての
ピークにならないことだけを祈る。


33 2019/02/28(木)
ワントップの控えを狙う方がマシかな?
セカンドトップの適正は全くないと思う。


35 2019/02/28(木)
ホッフェンハイムから長身FWを獲得する噂もあるし厳しいね


36 2019/02/28(木)
もったいねーな〜、チームスタイルに合わないのならしょうがないけどこの年代の選手はみんな苦労してんな〜、夏にチーム変えれるならアリだと思うけどな、


38 2019/02/28(木)
武藤に関しては、実力が足りないとハッキリ言える。
戦術が合わないとか、コミニュケーションが足りないとかの話ではない気がする。
浅野と同じく、身体能力はあるがサッカーセンスが無いタイプかな。


39 2019/02/28(木)
武藤はいい選手だけど決してクレバーな選手じゃないし、ベニテスの好むタイプじゃない。
クラブがただアジアマネー欲しさに獲得したのだとしたらかわいそうだね。


40 2019/02/28(木)
プレーを見ても何がしたいのかよくわからない











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ