20190228-00010012-goal-000-2-view

スポンサード リンク





気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ」の2019シーズンが、J開幕に合わせてスタートした。


レフェリングに関する疑問やルールをわかりやすく解説し、審判についての理解や関心を深めてもらうことを目的とした同企画。おなじみのJリーグ原博実副理事長、JFAトップレフェリーグループの上川徹シニアマネージャー、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんに加えて、今季より桑原学さんがメインMCを務める。

『Goal』では同コンテンツの中から、注目のジャッジを1つピックアップ。記念すべき今シーズンの第1回は、2月23日にパナソニックスタジアム吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第1節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスより、仲川輝人のゴールについて紹介する。

◆仲川(横浜FM)の同点弾はノーゴール?

開幕ゲームをアウェイで迎えた横浜FMは、開始早々にG大阪に先制されてしまうが、直後の3分、三好康児のスルーパスに抜け出したエジガル・ジュニオが粘ってPA内左から折り返すと、藤春廣輝のクリアが中途半端になり、天野純に当たってしまう。このこぼれ球に素早く反応した仲川が最後は押し込んで、すぐさま同点に追いついた。

このシーンについて「仲川がオフサイドポジションにいたのでは?」という声が多くあがり、番組でも取り上げられることになった。

上川氏はゴールが認められたことについて「結論とすれば、オフサイドとして得点を認めるべきではなかった」と主審の判定を指示せず。その理由として「最後にシュートをした選手(仲川)は、跳ね返ってきたボールが自分のチームの味方(天野)から返ってきて、そのボールをプレーをした。その味方からボールが返ってきた瞬間はオフサイドポジションに位置している」ことを指摘。「非常に難しいケース」と前置きしつつも、天野に当たった時点で仲川は、オフサイドポジションにいたことを説明した。

この試合を現地で視察していた原副理事長は「上から見ていて、確かに仲川(輝人)が得点した時に、藤春(廣輝)と入れ替わった。でも、アシスタントレフェリー(副審)は旗をあげていなかった。ただ奥にエジガル(ジュニオ)に対応していた選手もいたので、その辺の出入りがよくわからなかったから、(アシスタントレフェリーが)旗をあげていないからゴールなんだろうなと。ただ、あれ?という感じはあった」と率直な意見を述べた。

◆ゴールが認められた理由

原副理事長も疑問を持った得点シーン。なぜゴールは認められたのか。上川氏は主審と副審が「アイコンタクトを取りながら」確認を取り合っていたことを挙げ、「レフェリーからは(仲川が)オフサイドポジションにいるかわからないです。そのまま副審のほうで得点の合図をしているので、オフサイドポジションではなかったと判断した」と、主審がゴールの判断に至った意図を説いた。

また「副審もまずオフサイドポジションにいたのかどうかがわかっているか」は、難しいシチュエーションだったこともあり、「跳ね返ってきてシュートを打つときにはG大阪の選手が帰ってきているので、オフサイドポジションではなかったという風に見ることもあると思います」と付け加えた。

VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があった場合は「ノーゴールです」と上川氏。原副理事長も「ボールが跳ね返った時に、G大阪のディフェンスも帰ってきている。これは人間の目だけではわからないよね。これこそVARを入れていなかったら、わからないと思う。VARがあったらノーゴールだね」と同意見を投じていた。

Jリーグは今季より一部試合(JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ全13試合、J1参入プレーオフ決定戦の計14試合)で、VARの導入を決定している。昨年のロシアW杯、今年1月に行われたアジアカップでも導入された最先端のテクノロジーがいよいよ日本に上陸する。

「Jリーグジャッジリプレイ」は、今季より毎週火曜日にDAZNで先行配信されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010012-goal-socc



1 2019/02/28(木)
この番組は毎回見てます。
間違った判定はどのように間違ってるか、審判がどう見たかということも説明してくれます。

昨年の配信開始時に比べて上川さんの説明が歯切れ悪くなってるような気がしますが、これはコメント欄なんかに審判に対する厳しい意見が書き込まれるからかなと思いました。

確かに自分が応援するチームが間違った判定で負けると怒りたくなる気持ちがありますが、こうした検証番組は続けて欲しいと思います。


2019/02/28(木)
判定の是非はともかく、試合後に検証が行われるようになったのはとても良いこと。
サポも感情的に批判するだけでなく、見る目を養っていきたいね。


2019/02/28(木)
後から映像で確認しないとわからない微妙な判定だったみたいなので
しょうがないとは思うけど、このゴールがノーゴールなら
ガンバは開幕戦を引き分けに出来た可能性もあるよね。
去年の例を見ても、勝ち点1の差が残留と降格の明暗を
わけたりもするわけだから、出来たらVARをJリーグでも
早めに導入したほうが、スッキリはすると思うけどな。


2019/02/28(木)
この番組は面白いと思います。
毎回見ています。
自分の考えやこういうプロの方の考え方はそこが違うのか!と思うところもあり勉強になります。
これで少しでもサポーターのモヤモヤが解消し、見る目を養ってくれればいいと思います。


2019/02/28(木)
結果を変える必要はないけど、全試合について、各審判団のコメントを公開してはと思う。今後改めていきたい、の一言があれば色々と救われるものがある。
うーん、でも火に油になるかな。


2019/02/28(木)
パスの意図が……、というコメントが見られましたので、別の記事で他の方へのコメントで書いたものですが、せっかく丁寧に書けたので再掲させていただきます。
ちなみに、この記事のケースは下記ルールとは関係がありませんのであしからず。上川氏の指摘の通りです。
以下は豆知識的に読んでください。

オフェンスAの前方へのパス(①)に対して、ディフェンスBが【意図的にクリアやパスを試み】、それがミスになってこぼれた場合、①の瞬間にオフサイドラインを超えていたオフェンスCがそのこぼれたボールに関与してもオフサイドにはなりません。

※①が意図的であるかどうかは関係がありません。偶然に触れて前方に出た場合も含みます。
※【意図的なクリアやパス】が、意図的なセーブと見なされればオフサイドになります。

ややこしいですが、「パス?セーブ?はぁ??」と思った方、気になった方、面白いのでぜひ調べてみてください。


10 2019/02/28(木)
誰だってVTRで見ればわかる。
その一瞬を瞬時に判断して判定をする審判には、見てる方ももう少し敬意を払ってもいいと思う。
いつも誤審だなんだで騒がれるけど、ファウルを流してそれが点につながったりとかの良かった判定もどんどん取り上げてほしい。


11 2019/02/28(木)
オフサイドとは思いますが、藤春がちゃんと外にクリアするなり、プレーを切っていれば、問題なかった。
オフサイドではなかったが、2失点目のクリアミスもしかり。


12 2019/02/28(木)
こういう番組がある事で審判団もより緊張感をもってジャッジするでしょうからいいと思います
可能なら該当審判のコメントがあってもいい
そしてミスジャッジばかりでなくいいジャッジも積極的に取り上げて欲しい

見ている我々がブーイングより拍手を送りたくなるような審判団になって欲しいと思います


14 2019/02/28(木)
これはいい企画だよね。この記事を読むだけでも勉強になる。
 
該当の試合は、ダイジェストでゴールシーンを見た時に『あれ?オフサイドじゃないの?』って思ったんだけど特に選手たちは何も言ってないから仲川に渡る前にはガンバの選手がボールに触ったもんだと思ってた。でも、実際はマリノスの天野だったんだね?
まぁでも一瞬ですべての判断は難しい。VARが無い以上その場での主審の判断がすべて。それでもこうやって検証する意味は大きいのでこの企画は是非続けてください。


15 2019/02/28(木)
今年から試合後両クラブから審判の判定について
100点満点の点数をつけて提出する制度が生まれたことで
今年はしっかり審判の裁量が数字として残るわけだから
これまでと違って誤審を頻発するような審判が淘汰され
そうならないよう審判も今よりレベルを上げようという
心持ちに変わることを願うばかり


17 2019/02/28(木)
去年から観てるけどめっちゃ面白い。試合を観るのが楽しみになるよ。


19 2019/02/28(木)
良い判定の際はそれをピックアップして審判を褒める機会も作るべき。
批判ばかりじゃ人は育たない


20 2019/02/28(木)
リーグ戦にも早急にVARを導入して頂きたいですね。これまで判定で落とした試合がどれだけあったか…
一方で逆に救われたケースもあったのは事実ですけどそれで勝ててもすっきりはしないですしね。


21 2019/02/28(木)
混戦のJリーグなので、勝ち点3を得る結果となったマリノス、勝ち点1喪う結果となったガンバにとって、最後に効いてくるんしゃやいいかと思う。
まあ誤審もサッカーの一部ではあると思うけど。


22 2019/02/28(木)
こういう番組いいですね。
今までの黒に近いグレーな判定など角度を変えて検証したり、解説があれば判定に対する理解もしやすくなる。
ただ、こういう番組での意見などを審判員サイドも参考にしてレベルを上げて欲しい。


24 2019/02/28(木)
原さんが監督、選手、ファン・サポーター目線でコメントするのがとてもよい。結構サポーターの気持ちを代弁して聞いてくれているように感じる。


25 2019/02/28(木)
ガンバは負けたが仕方ない。
グチグチ言い続けてもなにもならないし誤審で勝つ事だってあるからな。


27 2019/02/28(木)
これは現場レベルでは仕方ない範囲でない?

主審はゆっくりリプレーを見れるわけでもないんだし。

ほんとこれこそVARの案件だよね。


28 2019/02/28(木)
副審は誰が触ったか見えてない可能性もあるし非常に難しい場面でした。


29 2019/02/28(木)
ボコボコに攻められていたからあれがノーゴールでもガンバが負けてたと思う。


32 2019/02/28(木)
VARの登場によって試合自体の検証も
なされるようになった。この二つは
やはりセットなのだろう。

全然関係ないが、1966年W杯決勝
イングランドVS西ドイツのゴール、
・・・気になってしまう。


33 2019/02/28(木)
諸々含めて試合だと思うけど。


35 2019/02/28(木)
てっきり藤春のクリアはガンバの選手に当たったのかと思っていた。それならオフサイドだよね。


36 2019/02/28(木)
おかげでガンバは、負けました


37 2019/02/28(木)
この番組面白かったわ

審判の人の歯切れの悪さに対して
原の視聴者目線というか歯切れの良さが凄い


38 2019/02/28(木)
都度検証を繰り返してJリーグを成熟させて欲しい。


40 2019/02/28(木)
審判にも警告、イエローカードのようなものを導入して欲しい。
累積貯まれば出場停止、とかになれば、より精度が上がると思う。


42 2019/02/28(木)
VARがあったらノーゴール、無かったのでゴール。これでOK


43 2019/02/28(木)
そのくせガンバのオフサイドだけはしっかり取って仕事していた副審










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ