fukuda0203main-thumb-495xauto-179217




1: Egg ★ 2019/02/26(火) 20:20:53.11 ID:CuIOzhvx9
■ロングボールを放り込むか、ショートパスをつないで攻めるか。そうしたスタイルや戦い方が議論の的になることも多いのが、サッカーというスポーツ。今回は、ロングボールの是非について、福田正博氏が自らの考えを述べた。

5人の識者が渾身の大予想。今シーズンの「J1全順位」はこうなる

 日本代表でもJリーグでも、対戦相手にリードを奪われ追いかける展開になる試合では、終盤になると、『ゴール前にロングボールを入れろ』という意見がある。もちろん、実際にそうした戦術を採るチームは少なくない。先日のアジアカップ準決勝で日本が対戦したイラン代表をはじめ、終盤にロングボールを前線に放り込む戦術を採ったチームもある。

 今回は「ロングボール」や「放り込み」とも言われる戦術について検証したい。まずはその意図と効果について考えてみたい。

 言うまでもなくサッカーの目的は「勝つこと」で、そのためにはゴールを決めなければならない。チャンスをつくるには、「ボールをどうやって相手ゴール前に運ぶか」が重要だ。”ロングボール”“ポゼッション”“ドリブル突破”などは、そのための手段に過ぎない。

 どの手段を採るかの判断は、より高い確率で相手ゴール付近にボールを運べるかどうか。また、終盤にリードを奪われている展開では、ロングボールを狙った場所へピンポイントに蹴る能力の高い選手と、高さと強さを持つ選手がいれば、もっとも確率の高い手段になるだろう。

 わかりやすいケースが、W杯ロシア大会で日本代表が敗れたベルギー代表だ。ベルギーのスタメンで180cm以下だったのはエデン・アザール173cmと、ドリース・メルテンス169cmのふたりだけ。ベルギーは2点を追う展開になると、空中戦を仕掛けるためにロングボールを多用し、ヤン・フェルトンゲン(189cm)の1点目と、マルアン・フェライニ(194cm)の同点弾を生み出した。

 ベルギー代表はやみくもにゴール前に蹴っていたわけではなく、高さで劣る日本に対して、自分たちのアドバンテージを最大限に活かすために、ロングボールを素早くゴール前に入れることを選択したのであり、非常に理に適った判断だった。

総務省発表によれば26歳から29歳の日本人男性の平均身長は170cmで、これは180cm以上のオランダやドイツと比べるべくもない。日本人選手の弱点は”高さ”にあり、海外の強豪相手に空中戦で競り勝つのは容易ではない。この点で考えると、W杯で対戦した時のベルギーのようなロングボール戦術は日本代表には向いていないと考えるべきだろう。

 Jリーグであれば、日本人のこの弱点を突くための選手補強をした編成で優勝に近づくことができる。2006年の浦和レッズ、2010年の名古屋グランパスがその好例で、センターフォワードとセンターバックに”高さと強さ”で圧倒できる選手を置き、栄冠を手にした。1トップには、浦和は元ブラジル代表で190cmのワシントン、名古屋は当時オーストラリア代表の194cmのジョシュア・ケネディを据え、センターバックには185cmある田中マルクス闘莉王(現京都サンガ)がいた。ただし、こうした高さと強さは国内リーグ戦では”ストロングポイント”になるものの、世界を見据えた場合にはアドバンテージになりにくいという課題は残る。

 現在のJリーグでは、川崎フロンターレを始め、ヴィッセル神戸や名古屋、横浜F・マリノスなど、「ポゼッション」を志向するクラブが増えている。その理由は、「高い技術を生かしたパスワーク」という日本人が得意なことを生かしながら、強豪国ほど高さがなく、フィジカルも強くないという日本人の弱点をカバーできるからだ。

 選手たちの足元の技術の高さを生かして主導権を握り、ボールを保持する時間が長くなれば、それだけ守備の時間が短くなる。つまり、攻守は表裏一体で、ポゼッションして攻撃時間が長くなることで守備のリスクが軽減するという狙いもある。これは、ボール保持率の高いバルセロナにもあてはまることだ。

 一方で、日本のサッカーファンは、ゴール前に放り込むロングボールの「好きか嫌い」と、「効果的か否か」を混同している人が多いようにも感じる。もしかするとヨハン・クライフの『美しく勝利せよ』に影響を受けていることもあるのかもしれない。

 私自身、クライフの唱えたトータルフットボールや、バルサのスタイルはすばらしいと考えているし、日本サッカーが目指す方向だと思っている。同時に、元プロ選手として、勝たなければ何も残らないことを知っているからこそ、ときとして美しさが犠牲になることがあっても仕方ないとも思う。

つづきはこちら

2/25(月) 6:42配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00010001-sportiva-socc&p=1


スポンサード リンク

3: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:22:22.09 ID:yONnbyZK0
>>1
悩むまでもなく多様化しろよ
だから戦術が一辺倒になるんだっての

22: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:33:36.12 ID:Kq6sEtzf0
>>1
いや、今でもやってるんじゃないか?柴崎とか昌子など深い所からロングボール蹴ってるし、相手がゴール前固めたらパス回しで攻めてるし、今の日本は多彩なバリエーションでやってるよ

133: 名無しさん@恐縮です 2019/02/27(水) 03:00:29.93 ID:/nnaLDNY0
>>1
ワールドカップに出られなかったやつは黙ってろ

4: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:23:01.86 ID:udMZ2oK10
なんでロングボールかショートパスかの2択になってんの?
相手の守備陣形みて両方使い分けるのが当たり前だろ
記事を書いた奴はニワカか

87: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 21:54:30.31 ID:7mD/2YM90
>>4
レベル上げは平均的か、極振りか
平均的に上げると器用貧乏になるんだよ

106: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 23:15:07.72 ID:CMOsP4L80
>>87
極振りだと弱点を突かれて負ける
器用に戦えるのがバランス型の良さ

129: 名無しさん@恐縮です 2019/02/27(水) 01:41:43.88 ID:tZVy+Qjm0
>>87
なんでスタメン固定しようとするの?
相手みて今日は背の高い選手使おう。その次の試合は足元上手くてスピードで勝負しよう。みたいにすればいいじゃん

142: 名無しさん@恐縮です 2019/02/27(水) 09:36:58.16 ID:rw6YWNQZ0
>>4
福田はアホだが今回書いてることはまとも
最後まで読みもせず上から叩いてるお前の方がゴミだわ

5: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:23:53.40 ID:dkr6UHgX0
ロングボールするとなったら、そればっかりだからなw
アホやろw

6: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:24:18.09 ID:5CteN0OQ0
どっちでも良いけどバックパスばかりのサッカーは観たくない

7: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:24:36.81 ID:JqGt+GAy0
速くて正確なロングフィード蹴れる筋力が無い

110: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 23:29:53.48 ID:s0gaz9jQ0
>>7
かつてのオランダ人DFフランクデブールのリバウドやベルカンプへの
フィードは素晴らしかった

9: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:25:23.10 ID:d/rbS1Ag0
考えてこれかい

10: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:28:06.55 ID:1wHTCBNi0
「日本人男性の平均身長」なんて関係ない。バカだろ、こいつ
国民の平均低くても、チームに高くて強いのがいたら、相手チームより高くて強かったら、放り込みをしたらいいだけ

11: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:28:36.69 ID:EjnYSm6G0
誰が蹴って誰が受けるのかという問題が

12: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:28:52.82 ID:rKRVIbe+0
J2以下は、今も昔もロングボールを多用する

109: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 23:23:46.64 ID:KqzcJ8Qf0
>>12
先週のJ2見た?
俺もそう思ってたけど全然違ってびっくりした
もちろんポゼッション思考ってことはないんだけどな

14: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:30:30.62 ID:+GvIQCRb0
いや状況によって使い分けようってだけだから

15: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:30:57.42 ID:cremXvLE0
必要なのはロングボールじゃなくてカウンターに直結する高精度なロングフィードだろ。あと日本はサイドチェンジも少ない。

16: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:31:00.05 ID:tvN+4ivQ0
セカンドボール拾えるならロングボールもありだわな

18: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:31:29.77 ID:scrSh6vU0
どっちでも良いが、
一辺倒だと読まれやすいよ

19: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:31:54.21 ID:o1emTs/z0
おまいら記事全部読んでないだろ

20: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:32:25.26 ID:s6e/o2fi0
極端に偏るなよ
相手によって自在に戦術変えたらいい

21: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:33:25.70 ID:u7oiXw3X0
トラップできないから無理でしょ

23: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:33:57.24 ID:vOswTAp/0
今の世界のトレンドは、フィジカル重視になってるだろ

ジャッジの流行で変わる。

24: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:35:05.37 ID:d/rbS1Ag0
>私自身、クライフの唱えたトータルフットボールや、バルサのスタイルはすばらしいと考えているし、日本サッカーが目指す方向だと思っている。

いつのサッカー観やねん。今どきクライフのサッカーってのもな。バルサだってペップ時代ならともかく、今ボール保持率が高いのは
あくまでも相手が引いてくるから結果的に高くなってるだけだろ

25: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:35:15.23 ID:+h8qSaO+0
超速低空ロングボールでええやん

26: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:36:10.57 ID:QSlSxS3E0
何で頭の引き出しが一つなんだ?
そのときどきで対応しろよって思ってしまうが

27: 名無しさん@恐縮です 2019/02/26(火) 20:36:44.36 ID:cremXvLE0
ベルギーみたいなカウンター出来ればロングボールも生きてくる。

引用元: ・【サッカー】<福田正博は考える>日本人はロングボール戦術を採用すべきか?







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ