20190226-00010019-goal-000-1-view

スポンサード リンク





クリスタル・パレスに所属するフランス代表DFママドゥ・サコーが、自身の過去について語った。


パリ・サンジェルマン(PSG)ユースで育ったサコーは、同クラブでのトップデビューから7シーズン過ごした後、2013年にリヴァプール移籍。2016-17シーズンにレンタル移籍したクリスタル・パレスでは、翌シーズンから完全移籍した。

フランス代表の各世代で招集され続け、2010年にフル代表でもデビューしたサコー。これまで29キャップを記録する屈強なセンターバックは、『デイリー・メール』のインタビューで貧困にあえいでいた過去を振り返った。その経験から自身のルーツであるセネガルに孤児院を建設するサコーは、幼少期について以下のように話している。

「僕は小銭を恵んでもらおうと路上に立っていた。一人の女性が、僕から守るようにバックを隠したこともあった」

「ショックだったよ。僕はただ、少しの小銭を恵んでもらってパンを買いたかっただけなんだ。でも彼女は、僕がバッグを奪うと思ったみたいだね。僕は自分自身に約束したよ。『見てほしい。今日の僕はお腹がすいている。でも彼女は僕が悪いことをすると思ったみたいだよ。だけど僕は、僕自身が何かを与えられるようになった時、それを与えることができる人間になりたい』と」

「僕は飢餓が何かを知っている。凍えるような寒さがどのようなものかを知っている。食べ物を得るために、小銭を恵んでもらおうとした。幼い頃の話だ。これは僕の人生の一部だよ。僕はこれについて話すことが好きじゃない。誇りに思っているからだ。わかってくれる?」

「誰もがそれぞれの物語をもっている。自分自身の人生の物語によって今の僕がいる。少しだけ人気者になれれば、それをポジティブな道へつなげることができる。還元したいんだ。それは僕の挑戦していることだ」

「父を亡くした13歳の時、フットボーラーになることを決意した。家族を守る責任が僕の肩にのしかかった。男になったよ。プロ選手になるのは目標ではなかった。義務だった」

「昨日、ある人から17歳でパリ・サンジェルマンのキャプテンになることは難しいことかどうか僕に尋ねられた。僕はこう言った」

「僕の人生で最も困難だったことは、13歳で家族のキャプテンになったことです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00010019-goal-socc



1 2019/02/26(火)
欧州、南米に限った事ではないが、恵まれない環境から抜け出す為に命懸けでプロに這い上がってきた選手が多い。日本では想像を遥かに越えた厳しいリアルがそこにはある。
空腹を満たす為、そして親兄弟に良い思いをさせてやりたいという使命感が、難しい状況を乗り越えていく原動力になっているのかな。背負ってるものが大きくて重い。
自分がこんな環境に生まれ育ったとしたら、まともでいられる自信は無い。


2019/02/26(火)
胸が熱くなった


2019/02/26(火)
すごい人生。
よくプロサッカー選手まで成長してくれたと思う。
PSGもメンバーが癖の強そうだけど、子供の頃からこなしていたキャプテンシーを発揮して欲しい。


2019/02/26(火)
日本の選手とのメンタルの差はこういうところだと思う。もちろん、日本だって命懸けでやってるとは思うんだけど、こういう人達の命懸けってやっぱり重みというか覚悟とか凄み、いろいろなもののレベルや次元が違うと思う。
中学の頃、南米の国の人達と対戦した経験があるけど、彼らはその時からもう既に家族のためにプロになる、なるしかないんだ。僕がプロにならなければみんな飢えて死んでしまうからって言ってた。
少なくとも、日本の中学生でそこまでの覚悟をもってサッカーしてる人なんてほぼいない。


2019/02/26(火)
この時代の日本に産まれて文句を言っている自分が情けなくなります。
日本では培われないほどのハングリー精神。
海外の選手のメンタルのすごさが分かる記事ですね。
孤児院も建てて人間性も素晴らしい。
こういう人間になりたいものだと思いました。
日々精進していこうおもいます。
これからも応援しています!


2019/02/26(火)
最後のキャプテンの話のくだり、グッとくるものがあった!
環境に言い訳せず成功した人は本当に強く人間として立派な人が多いと思います。


2019/02/26(火)
お金を恵んで欲しいって 子供でそうするしかない環境だっただけでサコーが悪い訳じゃない。それでも悪い道に行かず家族を背負って戦ってるのは本当に尊敬します。


10 2019/02/26(火)
裕福な人がする万引きと全くお金がなくて食べ物を盗む人の罪の重さは全然違うと思う。
何かしてあげたいけど、一歩踏み出せない自分と悪い奴が寄付した金をネコババするかもしれないと思う汚れた人間になってしまったm(_ _)m


12 2019/02/26(火)
壮絶な話だ。
そのまま腐らずに純粋に成り上がってやると決めた彼の心は美しいな。

まあ、その女性も過去に強盗にあってたりする可能性もあるから一概に非難はできないな。怖くなるかもしれない。


13 2019/02/26(火)
本人がそのように話したんだろうけど、日本語の訳しかたが上手いですね。


14 2019/02/26(火)
すごい話だな、今度自分の子供にこの話をしてあげよう!作り話のような本当のお話!映画にもできそうだ。


16 2019/02/26(火)
この話を読むと自分の置かれた状況なんて大したことないなと思う。
自分もっと頑張ろう!


17 2019/02/26(火)
「昨日、ある人から17歳でパリ・サンジェルマンのキャプテンになることは難しいことかどうか僕に尋ねられた。僕はこう言った」

「僕の人生で最も困難だったことは、13歳で家族のキャプテンになったことです」

すさまじいまでのパワーワード


19 2019/02/26(火)
日本の選手からしたら想像を絶する世界観だな。
本当にサッカーで成功して良かったって思った。


20 2019/02/26(火)
厳しい環境でも諦めることなく代表選手までなった。
その精神力が素晴らしい。


21 2019/02/26(火)
凄いなぁ… そんな環境からあんな凄い選手に…
いや、そんな環境を経験したからこそなれたのか…


22 2019/02/26(火)
黒人は貧乏のイメージが無くなるのは何年後だろうね


23 2019/02/26(火)
単純に一言だけ。
本当に素晴らしい!
私は彼を尊敬します。


25 2019/02/26(火)
泣ける話だ…

これからも頑張って欲しい!


28 2019/02/26(火)
生きるためにプロになる。命を守るためにサッカーをやる。それが良いか悪いかは別として、それがリアル。日本では絶対に味わえないハングリーさがそこにあるんだな。

そりゃあと一歩、1m、球際に勝てないわけだ。


30 2019/02/26(火)
良い話なんですが、その後プロになり幼少期には考えられない大金を手にし緩んでしまったのか、リバプール時代には遅刻をしすぎて放出されてしまった。。


31 2019/02/26(火)
これからも頑張って!


32 2019/02/26(火)
ウイイレでこの選手にボールが渡り即奪われるとき「このママドゥーザコ!(怒)」と言いますが、本当のザコは私だったようです。
素晴らしい人生ですね。
自分の何か人の役にたればいいな…


33 2019/02/26(火)
最後の言葉かっこよすぎだろ。
それはともかくパレスはほんといやらしいチーム。あのドン引き守備はすごいと思う。


34 2019/02/26(火)
13才で家族のキャプテンか、想像を絶するな。


36 2019/02/26(火)
何がってわけではないのだけれど、涙が出た


37 2019/02/26(火)
こうやって遠く離れた日本でも貴方の言葉が我々の心を打つんだから、もう立派な与えることが出来る人だ。


39 2019/02/26(火)
すっげ。


40 2019/02/26(火)
最後のセリフ カッコいい


42 2019/02/26(火)
フランスがW杯をとれるのがわかるわ










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ