20190223-00010000-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




 ボールポゼッション率の勝負では、ヴィッセル神戸に大差で凱歌があがった。しかし、試合終了を告げる主審のホイッスルが鳴り響いた瞬間に、ヤンマースタジアム長居の夜空へ勝利の雄叫びをとどろかせたのは、ホームのセレッソ大阪の選手たちだった。

 これでもかとヴィッセルが上手さを見せつけ、スタンドのため息や歓声を誘っても、相手を畏怖させることはできない。スペイン代表で歴代最多となる、通算59ゴールの実績を引っさげて加入した3人目のビッグネーム、FWダビド・ビジャは3本のシュートを放つも不発に終わった。
 1-0の完封勝利の余韻が残る試合後の取材エリア。セレッソの守護神、キム・ジンヒョンが残した言葉が、日本中が注目した一戦のすべてを物語っていた。

「相手はほぼ横パスばかりになっていたので、そこまで危ないシーンはなかった。縦パスみたいなものがもっと入ってきていたら、もうちょっと怖かったかな、と思いますけど」
 
 フライデーナイトJリーグとして、他会場に先駆けて22日に開催された2019シーズンの開幕戦。元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタに元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ、さらに今シーズンからビジャが加わった新生ヴィッセルがついにベールを脱いだ。

 3人のファミリーネームの頭文字を取って“VIPトリオ”なる異名を頂戴した、年俸総額約41億円のワールドカップ優勝経験者のそろい踏み効果もあって、平日のナイトゲーム開催にもかかわらずチケットは前売り段階で完売。スタンドは4万2221人で埋め尽くされた。

 指揮を執って2年目となるヴィッセルのフアン・マヌエル・リージョ監督は、稀代のプレーメイカーであるイニエスタを3トップの真ん中、いわゆる「偽9番」に配置。左をビジャ、右をポドルスキにはさまれた状況で、変幻自在にプレーさせた意図を試合後の公式会見でこう説明している。

「チーム全体として目指していたのは、ビジャとポドルスキで相手の5人を引きつけるプランだ。そうなれば、イニエスタが相手のセンターバックから離れてプレーすることができる。ビジャはバルセロナでもスペイン代表でも、元々はあのポジションでプレーすることを得意としていた」

 ビジャはポドルスキとともに、タッチライン沿いに左右対でポジションを取る。ボールを受けるとドリブル、あるいは味方との短いパス交換を駆使しながらゴール前へ平行移動。前半17分にはわずかな隙を突き、体を捻りながら右足を一閃したが、シュートはキム・ジンヒョンの真正面へ飛んだ。

「僕たちは多くの時間でゲームをコントロールする展開を前提として、チームを構築している。前半にあったいくつかのチャンスを生かせなかったことが、上手くいかなかった大きな要因だが、自分たちのアイデンティティーやサッカーの姿勢はこのまま信じるべきだと思う」

 フル出場した37歳の点取り屋は、前半に幾度となく華麗なテクニックを披露。ビッグネームの片鱗をのぞかせた。後半32分に喫した決勝点は右CKのこぼれ球を、DF山下達也に押し込まれたもの。崩されてはいないだけに、ビジャに続いてイニエスタも「全体的にはいい試合ができた」と努めて前を向いた。

 しかし、リオネル・メッシを「偽9番」あるいは「ゼロトップ」にすえ、ヨーロッパを席巻したFCバルセロナをダブらせるヴィッセルの選手配置と戦いぶりは、残念ながらセレッソの想定内だった。

「ゴールにつながることが多いので、真ん中で動かれるとやっぱり怖い。今日はサイドに張って、ドリブルで仕掛けてくるプレーがけっこう多かったけど、僕たちもそう簡単には侵入させなかったので」

 ビジャの脅威をほとんど感じなかったと振り返ったキム・ジンヒョンは、今シーズンから指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督による、守備陣へのアプローチをこう明かす。

「いまは監督とコーチが、僕たちがなるべく2対1の(数的優位な)状況を作れるポジションを取らせている。その部分でビジャ選手に一人が外されても、もう一人がすぐにつくことができていた。攻撃面はあまりよくなかったけど、守備だけは監督の求める戦術を実践してくれたと思う」

 東京ヴェルディを2017シーズンはJ1昇格、昨シーズンにはJ1参入プレーオフ決定戦に導いたスペインの知将は、昨シーズンまで4バックで戦ってきたセレッソの最終ラインを3枚に変えた。連日の非公開練習で現実的な戦い方を磨きあげ、注文通りにヴィッセルの攻撃陣を封じ込めた。

 長い指導者人生でリージョ監督は常に理想を追い求め、ロティーナ監督は対戦相手の長所を緻密なポジショニングで打ち消す戦い方を積み上げてきた。舞台を日本に変えたスペインの同胞対決はまずは後者に軍配があがり、ビジャの不発も導かれたことになる。

 昨夏にイニエスタが加入し、昨秋にはリージョ監督が就任。さらに今オフにビジャが加入し、さらに加速化された感のあるヴィッセルの「バルセロナ化」を、ロティーナ監督はこう看破していた。

「世界の超一流と呼べる素晴らしい選手たちがそろっていて、そのうえでリオネル・メッシが違いを作っていた。プレー内容に関しても結果に関しても、ほとんどの試合で彼が決定的な選手になっていた」

 昨シーズンのリーグ戦におけるヴィッセルのチーム得点王は、5ゴールで並んだポドルスキ、FWウェリントン、夏場にFC岐阜から移籍したFW古橋亨梧の5ゴール。当然ながら物足りない数字だし、アメリカのニューヨーク・シティFCからビジャを獲得した狙いも、言うまでもなく得点力不足の解消にある。

 しかし、ふたを開けてみれば真ん中ではなく、左サイドを主戦場とする起用だった。思い描いていた光景と違ったからか。試合後にはヴィッセルのオーナーで、親会社の楽天株式会社代表取締役会長および社長の三木谷浩史氏がロッカールームのリージョ監督のもとへ直行している。

「この試合のために多くの時間をかけて準備してきた。結果的には上手くいかなかったが、シーズンはまだ始まったばかりだし、我々が目指しているものは必ず高いところへたどり着くと信じている」

 ビジャは心配無用を強調し、スペイン代表時代の盟友、フェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖と対峙する3月2日のホーム開幕戦を見すえた。しかし、上手さと怖さを融合できず、ゴールと勝利を奪えない状況が続けば、やがてはビジャのポジション論争が勃発するかもしれない。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010000-wordleafs-socc&p=1


1 2019/02/23(土)
清水英斗 サッカーライター オーサー報告
この試合で神戸が無得点に終わったことは、課題であり、フォーカスされるのは当然です。

ただし、より難しい課題は後方でしょう。
ビルドアップが手探りで、迷いながらパスを出している感が否めません。技術面でミスが起きたり、ドリブルで運ぶ勇気が欠ける場面が見られるのは、”迷い”が原因に思えます。
守備でもDF間、特にサイドバッ...もっと見る


2019/02/23(土)
てゆーか、ビジャって1人で点とれる選手じゃないしさ


2019/02/23(土)
結果早すぎる


2019/02/23(土)
ただの普通のオッサンだったな もっと動けスペイン


2019/02/23(土)
ポドルスキーのサイドはどうもしっくりこない。運動量とスピードで劣るなら、体格を生かせるセンターFWの方がいいのかと。。


2019/02/23(土)
古橋を早めに使った方が脅威だったかもね。


2019/02/23(土)
あれ?
東京ヴェルディって、2017シーズンj1だったっけ?


2019/02/23(土)
野球もサッカーも金だけで勝てない。
周りを固める選手の質が問われる。


10 2019/02/23(土)
神戸ね〜。毎度評判だけはね〜。


11 2019/02/23(土)
アマチュアで例えると…

街の社会人1部リーグは走ったもの勝ちのところがあって。30代でも昔は選手権にでたとか有名な高校のレギュラーだったとか通用しない。

Jリーグ自体チームで走らないと勝てないと思う。

昔だったらピクシーがサイドはってて守備には参加せず守備してとりあえずピクシーにパスを出すという事ができたけど、現代サッカーではそれができない。

ただ何だかんだでお金だして見にいきたいネームバリューなんだよな。。


13 2019/02/23(土)
どんだけいい選手集めても、それが機能しないと意味がない。


2019/02/23(土)
サッカーの国スペインの、その空気を吸うだけで三木谷は高く跳べると思っていたのかなあ…


15 2019/02/23(土)
ヴィッセルのサッカースタイルは想定内でしたが、セレッソがパスつなぐのはびっくり。相手に合わせちゃったのか、新監督のスタイルなのか、次戦ではっきりするな。


16 2019/02/23(土)
キム・ジンヒョンが言うことは、自分も思った。神戸はズバッと縦パスが入ることがなくて、縦への推進力がなかったし、だからといって、横パスで揺さぶって、セレッソの陣形が崩れることもほとんどなかった。セレッソにボールが渡っても、VIPはプレスバックをあまりしていなくて、その点もセレッソにとっては楽だったかも知れない。


18 2019/02/23(土)
だからわざわざ日本まで来てプレーしているのです。


19 2019/02/23(土)
>「チーム全体として目指していたのは、ビジャとポドルスキで
>相手の5人を引きつけるプランだ。」

これが失敗だったね。
さすがに5人は引き付けられないし、仮にひきつけられたとしても、
あと少し中央で競り合える選手がいなければ効果が出ない。
ひょっとしたら古橋使ってたらよかったかもしれない?


21 2019/02/23(土)
もともと大した選手じゃないじゃん
とっくに終わった選手


22 2019/02/23(土)
ヴィッセルがどこまで我慢して継続できるかですね。


23 2019/02/23(土)
とうがたちすぎ


24 2019/02/23(土)
つまりメッシが凄いということやな。
つまりビジャたちは日本代表での香川みたいなもの。周りが輝かせてくれていたことに気付かないといけない。


26 2019/02/23(土)
3人がスペシャルでも簡単には勝てないよね。


27 2019/02/23(土)
だってあーた、もう歳よ。


28 2019/02/23(土)
かなりいい試合だった.
仙台対マリノス戦のハイプレス ノーガードの撃ち合いよりもイタリアぽい試合が好み.
セレッソの監督の戦術がいい結果に繋がった.
攻勢掛けられた時の対ヴィッセル神戸戦用にCFWを一人残し、9人でブロックつくったのでスペースを埋めて功をそうした.
スパレッティ監督で有名のゼロトップをヴィッセル神戸で観たのは意外だった.


30 2019/02/23(土)
戦術の違いはあれど確率論、楽しめるサッカーを追い求めるならポゼッション志向、ショートパス主体のサッカーをと私は思う。
故に神戸の戦術は間違ってないと思うし後は精度を高めれば問題なし!


31 2019/02/23(土)
1戦だけで結論づけるのは時期尚早では?
ワールドクラスの3人の共演は、神戸に違う効果をチームにもたらすと思う。

各対戦チームにとっては守備陣の対応力を求められるから、厄介になるのは間違いない。今後も楽しみです。


32 2019/02/23(土)
確かに得点場面のセレッソは相手を崩して点を取ったわけではないけど、得点場面以外でも相手崩して決定機作った数はセレッソの方が多かったわけで・・・
神戸のシステムや戦術を実現するには、まず選手の編成から見直さないと厳しいように思う。


33 2019/02/23(土)
V・I・Pだけではサッカーはできない。他の選手と上手く機能しないと。ただ実戦を重ねていくうちに機能していくでしょうね。今後の工場には注目ですね。


34 2019/02/23(土)
現代サッカーはポゼッションではなく堅守速攻、縦に早くのサッカーだと思うけど?


35 2019/02/23(土)
Jリーグ元年のジーコみたいなハットでも期待してたの?www


36 2019/02/23(土)
たった1試合では何も分からない。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ