20190221-00171627-soccermzw-000-5-view

スポンサード リンク




◆昨季得点王ジョーを筆頭に個性的な陣容の名古屋、得点力に限れた王者・川崎をも凌駕

 2019シーズンのJ1リーグが2月22日に開幕する。J1リーグ全18クラブの戦力分析企画第2回目(全5回)は「FW」をテーマに展望。各クラブのFW陣を比較し、その戦力を10点満点(10点が最高)で分析していく。

   ◇   ◇   ◇

 名古屋グランパス(10点)は、昨シーズン24ゴールでJ1得点王に輝いた元ブラジル代表ジョーを筆頭に、ガブリエル・シャビエル、前田直輝、さらにマテウスと実力者が揃う。さらに赤﨑秀平と昨年は特別指定選手として残留に貢献した相馬勇紀も加わり、個性のある陣容が整った。前線の得点力に限れば、リーグ2連覇の川崎フロンターレを凌駕しても不思議ではない。

 昨季最多得点、最少失点の川崎(9点)は、元ブラジル代表レアンドロ・ダミアンの加入で前線に確固たる起点ができたなか、昨季15ゴールの小林悠は右サイド起用が増えそうな気配で、セカンドアタッカー的な役割を担いながら違う輝きを放ちそうだ。FW登録の選手は身体能力の高い知念慶と下部組織出身の宮代大聖の4人だけだが、MF中村憲剛やMF家長昭博もフィニッシュにも顔を出すなど、多彩な攻撃から得点を狙えるのが強みだ。

 今季、攻撃で最も注目を集めるクラブの一つがヴィッセル神戸(9点)だろう。鳴りも入りで加入した元スペイン代表ダビド・ビジャが早期にフィットするかが最大の鍵だ。さらに元ドイツ代表ポドルスキ、古橋亨悟らに加え、元スペイン代表MFイニエスタらを擁する中盤がフアン・マヌエル・リージョ監督のスタイルで噛み合えば爆発的な得点力を発揮する可能性も秘めている。

 一方、浦和レッズ(8点)は新戦力の杉本健勇と興梠慎三の2トップがハマれば、揃って得点王争いに加わるような流れも期待できる。オーストラリア代表アンドリュー・ナバウト、シャドー気味の役割を得意とする武藤雄樹、現在は怪我から回復途上のファブリシオなど実力者がおり、オズワルド・オリヴェイラ監督の柔軟な起用法がポイントになりそうだ。

◆鳥栖はトーレスの爆発に期待、昨季リーグ2位の得点数を超える可能性があるのは?

 昨季リーグ2位に食い込んだサンフレッチェ広島(8点)は、昨季20得点のパトリックが健在で、J2東京ヴェルディからドウグラス・ヴィエイラ、さらに長身の皆川祐介が熊本から復帰。3-4-2-1を採用すれば、シャドー起用が予想されるMF野津田岳人などにも得点の期待が懸かるが、前線をどこまで援護できるかも見どころになりそうだ。

 昨季シーズン途中から宮本恒靖監督の下で巻き返したガンバ大阪(8点)は、スピードと力強さを兼備する韓国代表ファン・ウィジョとアデミウソンが主力を担うが、シーズンを考えれば万能型の渡邉千真に続くオプションが欲しいところ。呉屋大翔がブレイクの筆頭候補だ。

 鹿島アントラーズ(8点)は、セルジーニョと鈴木優磨が得点王争いの上位に食い込めればリーグ奪還も見える。移籍後最初の公式戦となるACLプレーオフで先制点を決めた伊藤翔の活躍も注目される。

 ポテンシャルで言えばサガン鳥栖(8点)も引けを取らない。Jリーグ2年目を迎える元スペイン代表トーレスの爆発に期待が懸かるが、そのためには金崎夢生や豊田陽平のサポートが不可欠。またMF登録ながら、かつてバルセロナに在籍したイサック・クエンカのチャンスメークもポイントになりそうだ。

 FC東京(8点)はディエゴ・オリベイラと永井謙佑の2トップに新加入のU-20代表FW田川亨介が挑む構図に思われたが、開幕直前に豊富な経験を持つ30歳のブラジル人ジャエルが加わり、ハマれば得点力は間違いなくアップしそうだ。

 横浜F・マリノス(7点)は、チーム得点王だったウーゴ・ヴィエイラが去った前線にマルコス・ジュニオールとエジガル・ジェニオのブラジル人コンビ、巧みな動き出しが光る李忠成が加わった。競争が活性化すれば昨季リーグ2位の56得点を超える可能性も十分にある。

◆6点評価で4チームが横並び、ポテンシャルの高いアタッカー陣はきっかけ次第で爆発も…

 一方、清水エスパルス(7点)は昨季の後半戦にゴールを量産したドウグラスが不静脈で治療中。昨シーズンは強力2トップで話題を集めた日本代表の北川航也が1トップに入り、石毛秀樹と金子翔太が2シャドーでフォローする形がメインになりそうだ。

 北海道コンサドーレ札幌(7点)は都倉賢がセレッソ大阪に移籍したものの、2017年に広島で10得点のアンデルソン・ロペス、身体能力の高い鈴木武蔵、サイドもこなす岩崎悠人など多彩なタレントを獲得。中盤から後ろは昨年のベースがあるだけに、前線のフィットが躍進の鍵になりそうだ。

 松本山雅FC(7点)は、190センチの長身でブラジル全国選手権11得点のレアンドロ・ペレイラの活躍次第で得点数に大きな影響が出そう。U-22代表の前田大然はJ1でどこまで活躍できるか期待される。基本的に3-4-2-1を崩さない反町康治監督だが、長いシーズンで流れによっては2トップの採用もあるか。

 C大阪、ジュビロ磐田、大分トリニータ、ベガルタ仙台は、上記チームとの兼ね合いで評価を「6」にしたが、C大阪は新加入の都倉と柿谷曜一朗、新加入のブルーノ・メンデス、磐田は川又堅碁と大久保嘉人、大分はJ2得点王オナイウ阿道と抜け目なく得点を狙える三平和司、仙台は長沢駿と飛躍が期待されるジャーメイン良などを擁する。どのチームにもポテンシャルの高いアタッカー陣が揃っており、良いきっかけをつかめば爆発の可能性は十分だ。

 湘南ベルマーレ(5点)は全員で点を取りに行くスタイルで、そのまま得点力の評価ではない。ただ昨季途中加入で存在感を見せた山崎凌吾は個人でも得点王争いの上位争いに加わる可能性を秘めている。

◆【評価一覧】J1全18クラブ戦力分析「FW」編

※10点満点評価(10が最高)

名古屋 10点
川崎 9点
神戸 9点
浦和 8点
広島 8点
G大阪 8点
鹿島 8点
鳥栖 8点
FC東京 8点
横浜FM 7点
清水 7点
札幌 7点
松本 7点
C大阪 6点
仙台 6点
磐田 6点
大分 6点
湘南 5点

(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190221-00171627-soccermzw-socc



1 2019/02/21(木)
名古屋は凄い補強。失点が減れば上位も間違いないね。
風間監督は昨年、失点が多い時でもブレずに攻撃の練習ばかりしてたそうだw


2019/02/21(木)
名古屋はボランチもDFも要所要所に補強したから昨年ほど酷くはならない!と、思いたい


2019/02/21(木)
昨シーズンの後半戦からすると、ガンバがかなり強いと思う。内容が良くなくても、決めるところ決めて、攻め込まれ続けても守りきる。迫力は劣るかもしれないが、一番したたかなチーム。


2019/02/21(木)
毎シーズン戦力予想は出るが大体は当たらない

とにかく面白いシーズンになってくれることを願うばかり


2019/02/21(木)
名古屋は1にも2にも守備だろ。

ジョーが凄いことはわかってるし、外人の質が高いこともわかってる。

あとは、失点をどれだけ減らせるか。


2019/02/21(木)
名古屋は3失点しても4得点して勝つ
サッカーを繰り広げてくれればいい。
こんなサッカーを続けてたら、観戦したら楽しいが優勝争いは厳しそうだな。


2019/02/21(木)
MFの選手の評価も入れるんなら攻撃編、守備編にした方が違和感ないと思う


10 2019/02/21(木)
グランパスはここ数年、シーズン終盤が崖っぷち過ぎて心臓に悪い。今年は上位争いしてほしい!ジョーの爆発に期待!


11 2019/02/21(木)
名古屋の昨年終盤失速の原因は攻撃
攻撃サッカー掲げて流れでの複数得点はたった1試合のみ
守備は吉田千葉の加入もあるし去年の後半通り(リーグ8位)であれば全く問題ない


12 2019/02/21(木)
ガンバはスペインのユース代表FWが楽しみ。


13 2019/02/21(木)
浦和の補強は小粒な感じするな〜。これだというインパクトが欲しい


15 2019/02/21(木)
まだ選手一覧には載ってないが昨日ガンバ大阪がレアル・ソシエダからレンタル獲得したスペイン人FWのダビド・コンカとか、ガンバのようなチームなら生きるはず。
ガンバはスペイン人のフィジカルコーチも入れたから。(去年J2ヴェルディのスペイン人監督がセレッソに行き、スペイン人コーチがガンバへ行った)


16 2019/02/21(木)
名古屋も凄い補強ですが!鳥栖には間もなく怪我から復帰してくる怪物イバルボが居ることを忘れてはならない。トーレス、クエンカ、イバルボ、金崎、豊田、チョドンゴン、島屋、今期台風の目になってくる気がします!


18 2019/02/21(木)
グランパスは課題のディフェンスが改善されなければ、上位どころか昨シーズンの様に降格争いをする可能性もあるかと。


19 2019/02/21(木)
鯱は矛は昨シーズンも良いもの持ってたんだけどね

今シーズンは盾も期待してます


20 2019/02/21(木)
ディフェンスさえ確立すれば残留争いなんて無用のチーム。監督の采配も良くなって行くかな。


21 2019/02/21(木)
名古屋の攻撃陣が機能すれば失点は減る
攻守一体
それがサッカー


23 2019/02/21(木)
名古屋、神戸は得点多いけど失点も多そう。


25 2019/02/21(木)
川崎はレアンドロ・ダミアンの加入影響が未知数というところかな?

レアンドロ・ダミアン個人もそうだが、小林悠、家長のポジション変更がどう働くか…。

ただ、川崎はポジションがあって無いようなものだし…なんだかんだ言っても、レアンドロ・ダミアンの下は直近のMVP3人な訳で…。


26 2019/02/21(木)
このタイトルで記事を書くんなら
クラブごとの方針の違いはあれど
しっかりFW登録の括りでやってほしい

個人的には贔屓の手前味噌だけども
ジュビロのロドリゲスに期待


27 2019/02/21(木)
名古屋はシャビエルが出れなくなった時どーなるか。シャビエルいないと攻撃が全く機能しないからなぁ


28 2019/02/21(木)
残留争いするチームじゃないな。


30 2019/02/21(木)
鹿島のセルジーニョはいい外国人だね。

クラブワールドカップや、つい最近のACLでも2ゴールしてました!今年も優勝候補間違い無し!(なにしろオリジナル10で、J2に未だに落ちてないからね。私が応援するグランパスでも一度落ちて、去年も勝つことさえ出来ない時期がありました…。)


31 2019/02/21(木)
最高得点、最小失点の川崎(9点)にマジで焦った。9失点しかしてなかったっけ!?ってなった


32 2019/02/21(木)
『FW編』なのに川崎みたいにMFも含めての採点にしたら意味なくない?


33 2019/02/21(木)
名古屋は本当に守備次第、攻撃もシャビエル次第!問題が実はかなりある。


35 2019/02/21(木)
広島の皆川は0点だろ


36 2019/02/21(木)
広島の評価高いな!
ACL はたまたま無得点だっただけ?


38 2019/02/21(木)
名古屋は本当に監督の気分次第(笑)
守備にどれぐらい時間をかけたかにかかってるw


40 2019/02/21(木)
2016 得失点差で降格
2017 勝ち点差1、引き分けで昇格
2018 試合終了後他会場で点が動き得失点差で残留
2019 ?










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ