20190219-00010021-goal-000-5-view

スポンサード リンク





2019シーズンの明治安田生命J1リーグが2月22日に開幕する。昨季は新時代の突入を予感させる1年だった。川崎フロンターレが、王者の底力を見せつけて史上5クラブ目の連覇を達成。さらに、アンドレス・イニエスタ、フェルナンド・トーレスといった世界的プレーヤーが海を渡り、Jリーグでの挑戦を選択。大きな盛り上がりを見せた。

今季も各クラブが積極補強を行い、昨季以上に混戦が予想されるJ1。3連覇を目論む王者・川崎Fに待ったをかけるのはどのクラブなのか。各クラブの“補強具合”から今季のJ1を展望する。【文=原山裕平】

◆王者・川崎Fの対抗馬はやはり…

「打倒・川崎フロンターレ」

2019シーズンのJ1のテーマは、この一点に集約されるのではないか。

リーグ2連覇中の王者の独走を、他チームがいかに食い止めるのか。王者と挑戦者の構図は、長き渡るシーズンにおける不変の焦点となるはずだ。

もっともディフェンディングチャンピオンは、盤石の態勢を整えている。2月16日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2019(ゼロックス杯)では、天皇杯覇者の浦和レッズに1-0と勝利。多くの時間帯でボールを支配し、相手に打たれたシュートはわずかに1本。スコアは1点差ながら、攻守両面において相手を圧倒する戦いを示した。

なかでも圧巻のパフォーマンスを見せたのは新戦力のレアンドロ・ダミアンだ。元セレソンの肩書を持つ長身ストライカーは、試合を決めるゴールを奪っただけでなく、前線からの献身的なプレスでも貢献。利己的ではなくチームプレーに徹することができる生真面目さを示しており、川崎Fの組織的なスタイルに速やかにフィットしそうなタレントであることを証明した。L・ダミアンだけでなく、各ポジションに補強を実現した川崎Fが、今季も優勝争いの牽引車となることは間違いないだろう。

その川崎Fの対抗馬となりそうなのが、浦和だ。ゼロックス杯では完敗に終わったものの、2年目を迎えるオズワルド・オリヴェイラ監督のもとで、組織のさらなる熟成が期待できるからだ。また杉本健勇、山中亮輔ら日本代表クラスのタレントを迎え入れ、戦力アップにも成功。今季最初の公式戦ではチーム作りの遅れを露呈したとはいえ、シーズンが進むにつれ、状態を上げていくだろう。

戦力補強の観点では、今オフの主役となったのはヴィッセル神戸だった。スペイン代表最多得点記録保持者であるダビド・ビジャの獲得に成功したのをはじめ、山口蛍、西大伍ら日本人の実力者も迎え入れた。すでにアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキとワールドクラスが在籍するチームは、Jリーグ史上でも屈指のタレント集団となった。

この豪華な戦力を、スペイン出身の知将、フアン・マヌエル・リージョ監督がいかにしてまとめ上げるのか。守備面にやや不安を抱くものの、スペイン仕込みのポゼッションスタイルが機能すれば、今季の主役に上り詰めたとしてもおかしくはない。

◆優勝戦線をかき乱すダークホースは?

今季のJリーグにおけるもう一つのポイントは、外国籍選手枠の拡大だろう。川崎F、神戸以外にも、各チームは多くの“助っ人”を迎え入れている。

なかでも精力的なのがサガン鳥栖だ。新監督にスペイン人のルイス・カレーラスを迎えたチームは、バルサ育ちのMFイサック・クエンカをはじめ、クロアチアから2人のDF、ニノ・ガロヴィッチとカルロ・ブルシッチを補強。すでにフェルナンド・トーレス、ビクトル・イバルボと強力なタレントを備えているなかで、まさに多国籍軍団と呼べる陣容を手にしている。

もちろん、すべての選手がJリーグのスタイルや環境にフィットできるかは不透明な部分もあるが、彼らが額面通りの力を発揮できれば、優勝戦線をかき乱すダークホースになれる可能性も秘めている。

また、米本拓司、千葉和彦、吉田豊ら国内の実力者を迎え入れた名古屋グランパスも面白い存在となりそうだ。都倉賢、三好康児が抜けたものの、鈴木武蔵、岩崎悠人、アンデルソン・ロペスらを獲得し、前線の戦力を拡充させた北海道コンサドーレ札幌も、昨季以上の快進撃を実現できるだけのポテンシャルを秘めているだろう。

◆鹿島、C大阪、横浜FMは主力が挙って移籍

一方、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、FC東京の昨季の上位陣は、静かなシーズンオフを過ごした。既存の戦力でも十分に戦える見立てがあるだろうし、若手の台頭への期待もあるだろう。しかし他の優勝候補が戦力アップに向けて動くなかで、大きな変化は見られない。とりわけ昌子源、西大伍が移籍し、小笠原満男が引退した鹿島は、ACLに参戦することを踏まえれば、戦力面に心許ない印象を与えている。

伊藤翔、ウーゴ・ヴィエイラ、山中亮輔と昨季の攻撃を支えたタレントが抜けた横浜F・マリノスも不安が付きまとう。エジガル・ジュニオら新外国籍選手が機能しないようだと、苦戦を強いられるかもしれない。昨季9位のガンバ大阪、11位のベガルタ仙台、16位のジュビロ磐田も少数精鋭の補強に留まり、大幅な上積みを実現できなかった。

清水エスパルスは、川崎Fの優勝に貢献したエウシーニョの獲得がヒットだろう。エースのドウグラスが不整脈で離脱したのは痛手だが、北川航也ら成長著しい若手が今季の躍進のカギを握る。

セレッソ大阪は杉本、山口ら主力が抜けたものの、都倉賢、藤田直之らを補い、戦力を維持した。東京ヴェルディで安定した戦いを実現したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の手腕が、最大のポイントとなる。湘南ベルマーレは外国籍選手を積極的に補強し、武富孝介、中川寛斗とかつて所属した選手を再び獲得。湘南スタイルをさらに高められる選手層を手にしている。

昇格組の2チームの戦いも、今季の注目ポイントだ。昨季のJ2を制した松本山雅FCは堅守が備わる一方で、攻撃面が課題となる。レアンドロ・ペレイラ、町田也真人ら新たな攻撃陣のパフォーマンスが残留のカギを握るだろう

大分トリニータは昨季のJ2で最多得点(76)を記録した攻撃力が売り。レノファ山口FCで22ゴールを挙げたオナイウ阿道、モンテディオ山形で12ゴールを記録した小林成豪ら、昨季のJ2で活躍した選手を次々に獲得し、攻撃スタイルをさらに高める姿勢を示している。

4年目を迎える片野坂知宏監督のスタイルはすでに浸透しているだけに、新戦力が上手く融合できれば、大躍進の可能性も秘めている。

原山裕平
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010021-goal-socc



1 2019/02/20(水)
神戸が残留争いに巻き込まれたら笑う。
Jのレベルの高さを示す時。
昨年終盤に勝点積み上げたガンバも今年は最初から勢いあれば上位もあるのではないか。


2019/02/20(水)
去年以上の大混戦、みる側はハラハラドキドキ見て楽しいサッカーを期待してます!
海外スターも多い中、その相手となり切磋琢磨して日本人プレーヤーも良い刺激になって将来Jリーグのレベルをどんどん上げてほしい!


2019/02/20(水)
確かに戦力補強の成果とスタイルの成熟がはまれば、川崎本命でも今年も上下で混戦は激しいでしょう
最終節で数字上で5チームが降格の可能性ありで、勝ち点41で13位から降格プレーオフへ
ほどではないにしても、、、

西選手は
ボランチもサイドもできるし、山口選手も加わるのでイニエスタ選手の守備負担も減るので期待はしますが、やはり神戸にタイトルはピンと来ないです


2019/02/20(水)
昨年は勝ち点40でジュビロ磐田がプレーオフ。それまで勝ち点40は安全圏だったが、今年は危険とみているチームががほとんどだろう。特に磐田は身にしみているのではないか。優勝争いは川崎が安定していると思うが、鹿島も怖い。ガンバも宮本体制に変わってからいつの間にか降格圏から抜け出していた。昨年の後半の調子を最初から出していくと優勝争いに絡んでいくかも知れない。広島は息切れしないように。いずれにしても、アグレッシブで面白いシーズンであって欲しいと思う。


2019/02/20(水)
シーズン前はこういう企画が多いが、決定的に欠けてる視点がある。
それは、もともと所属している20歳前後の選手の成長、という要素だ。
複数の若手選手が成長をとげたら、大物を補強するより大きなチーム力のアップになる。
それから、また別の視点では、昨年までJの中で唯一鹿島だけはACLを最優先していたが、今年は昨年よりリーグ戦に力を入れてくるのは間違いない。
川崎は、連覇といっても、一昨年は鹿島の、昨年は広島の終盤の失速に助けられての連覇。3年連続でそういう幸運はないだろう。


2019/02/20(水)
打倒王者川崎。
伊藤翔の補強がピタッと当てはまった感じの鹿島は一番怖い。
外人が揃っているグランパスは怖い。
ファブリシオが戻ってきたらレッズも怖い。
良さそうな外人FWを獲得したガンバは怖い。
後はなぜか上にいるサンフレッチェ。
今年もJリーグは面白そうです。


2019/02/20(水)
開幕前の予想ほど当たるものってないけど、フロンターレのトップ3は固いでしょう。
ヴィッセルはイニエスタとビジャとポドルスキ次第でしょうけど、3人とも運動量少なめでアンカーの蛍に負担がかかり過ぎたら崩れて勝てないと思います。
セレッソに移籍した藤田の大切さがわかるシーズンになりそう。
個人的にはグランパスの評価が低めなのが気になってます。
各ポジションに計算できる戦力揃ってるのになんでやろ。
あとはセレサポなので1年目は大きく期待しないので、チームを成熟させつつ5位〜10位以内で終わってくれたら十分です。


10 2019/02/20(水)
川崎のパスサッカーの成熟度、高いよね。それにもってきてレアンドロダミアンの個の力。隙があまり無さそうで強いなあ。
派手なスター軍団ヴィッセル神戸も気になるけど、トーレスとイバルボに加え地味に良さそうな外国人が新加入したサガン鳥栖が、台風の目になったら面白い。
トリニータは片野坂マジック次第では、普通に残留できそうな気がする。


11 2019/02/20(水)
ゼロックス杯を見る限りだと川崎はさらに強くなった感じもする。
でもどのチームも補強して強くなってそうだし、今年もどこが優勝するのか楽しみだ。


12 2019/02/20(水)
Jリーグ観るのが楽しみと感じれる雰囲気になったのが良いね。
どこのサポでもないので、本当にどのチームも楽しみだ。

個人的には鳥栖が気になる


13 2019/02/20(水)
Jリーグが発足して26年経ちましたが、もうと取るかまだと取るか意見は分かれるところかと思います。ただプレミアとかUEFAのチャンピオンズリーグとか観ちゃうと正直まだまだだと思います。歴史の違いと言っちゃあそれまでですが、粋の良い若手もどんどん出て来ていますし、全盛期は過ぎたとはいえ、海外のビッククラブからも大物達が多く参戦しているのになぜかなぁと思います。代表を観てもあの程度ですし、早急にレベルアップを図るにはどうしたら良いのでしょうね。もうアジアではなんとかW杯の常連国になりつつある日本、GL敗退はもう見飽きたからなんとかベスト16は当たり前で、常にベスト8くらいにいるチームになってもらいたいものです。やはり歴史なのかなぁ。。。


15 2019/02/20(水)
川崎の一強時代が今年も続くかもしれないが、各チームも十分に対策するだろうから、昨シーズンよりは差が縮まるだろうね。
あと鍵になるのはACLかな。
去年の川崎みたいに予選敗退した方が逆にリーグに専念できてしまうし。


16 2019/02/20(水)
川崎F、鹿島、広島、浦和はACLとの兼ね合いで前半は苦しむこともなくはない。ACL敗退すればJに専念できるだろうが、勝ち抜いていくとJの優勝争いも厳しくなるかもしれない。ターンオーバー制を使って選手層の厚さを出せればいいが…。


17 2019/02/20(水)
外国籍枠に関してはJで活躍しやすいブラジル国籍5人(うち昨年の得点王1人)にアジア枠でオーストラリア代表GKの名古屋が頭1つぬけているかなと思う。
日本人選手も元日本代表2人に2016年優秀選手2人に年代別代表常連1人に昨年プチブレイクした前田と悪くない。
ただ風間監督は守備には興味がないから安定した戦いは難しいかな。


19 2019/02/20(水)
川崎が強いのはスーパーカップ見ても間違いないが、あとは始まってみないとわからない。昨シーズン前半独走した広島も正直シーズン前はノーマークでしたし、補強で注目されてた名古屋も結局ギリギリ残留でしたよね。


20 2019/02/20(水)
神戸はハマったらすごいが、ハマらなかったら凡走しそう…w まだまだ地固めには時間がかかるかな? 凄く楽しみだ!


21 2019/02/20(水)
少し歯車が狂えば降格も、上位進出もあり得る。怪我人続出では、やはり厳しい!後人の出入りが余り無いチームどうなるの?去年半分くらい働いて無い選手は、今年は期待して良いのかね?
まあ磐田の話何ですがね!優勝とは言わないけど、中盤より上で今年は行きたい。勝ち点55くらい取れたら、そう言う終わりかと思う?頑張れ!


22 2019/02/20(水)
開幕楽しみです!
個人的には広島、ガンバのコーチとして優勝経験があり、監督として大分をJ1に上げてきた片野坂さんの手腕に注目したいな!!


24 2019/02/20(水)
記事とは関係ないが、選手のメジャー流出で国内のプロ野球がつまらなくなると指摘している人はJリーグを見てほしい。
日本人選手がどんどん海外へ移籍している一方で魅力ある外国人選手を連れてきたり、国内でも選手がシャッフルされることでいろんなケミストリーが起こり停滞感は感じない。
NPBももっと選手の入れ替わり、トレードが活発になれば観てる方も面白いと思う。


25 2019/02/20(水)
先日のスーパーカップで川崎が
どっしりしたサッカーやったので
まさに王者の風格かな。
対抗ならレッズより鹿島辺りで
攻守が安定してる。
不気味なのが宮本ガンバで
采配や戦術が昨年後半から
浸透して来てるから今年も更に
噛み合ったら脅威と思う。


26 2019/02/20(水)
勢力図では川崎一強なのは疑う余地がないものの、攻略のカギがないわけでは決してない。
かといって川崎が大量失点するとも考えにくいから、結局攻略には堅守であることが大前提になる。つくづく難敵だと思う。


28 2019/02/20(水)
余談ですが川崎フロンターレU-12も優勝してましたね!
育成からトップまでレベルが高いと感じました。
板倉選手、三好選手も抜けましたが風間監督時代の育成が関係していると思います。
個人的に小川航基選手、中村俊輔選手、大久保嘉人選手のジュビロが上位に行ってほしいですが…


29 2019/02/20(水)
川崎フロンターレの対抗馬には際立って
見られないが突出して抜けてくるのも予測
できない。シーズン通して確実に取りこぼし
なく勝ち点ポイントを重ねていけばです。
開幕戦からダッシュ出来れば実力が
あるだけに固いでしょう。


30 2019/02/20(水)
名古屋は個の力で行くだけ。松本と大分は正直かなり苦しいと思う。残留出来れば大成功ってとこでは…。


31 2019/02/20(水)
神戸の補強が派手に見えるけど、意外と主力日本人選手が抜けていたりしますね。
三木谷マネーで直ぐに自分のポジションに外国人選手を持ってくる状態だと、いくらプロの選手でもチームへのロイヤリティが保てるかには?がつきます。
蛍クラスでもいい選手とれたら、すぐに控え行きになりますからね。


32 2019/02/20(水)
エウシーニョは移籍して果たしてフィットするかどうかだなぁ?合えば大きいけど。
既存の戦力で見るなら川崎は強いな。特に中盤。
中村憲剛が目に見えて衰えない限り強いと思う。


33 2019/02/20(水)
ガンバはスペインからコンカも取っているし、サイドにスピードある選手の補強など、どのポジションも怪我人が出た時のバックアップメンバーがしっかりしているから、かなり期待出来ると思いますよ。


35 2019/02/20(水)
ストップザフロンターレになるのは間違いなさそうかなー
ネット、次いでエウシーニョが抜け
今季は負担が増える選手が出てくるなーと思ってたら
誰が休んでもやりようのあるクラブになってた。驚き
風間さんが、選手に色んなポジションと役割背負わせたことが
結実し、強い土台になった感ある


36 2019/02/20(水)
神戸がポゼッションサッカーって歌ってるけど
選手集めただけじゃポゼッションできないぜ?

DFは絶対穴だし川崎と神戸が楽しみだなぁ


38 2019/02/20(水)
レッズは柏木の代わりがいないのが最大の不安要素。攻撃が淡白になり、違いを産めない。










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ