20190218-00010001-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




 就任時の年齢がクラブ史上で最年長となる新キャプテンと、拝命時のそれが対照的に最年少となる初々しい「10番」――。Jリーグを代表する常勝軍団、鹿島アントラーズが過去にない体制で2019シーズンに臨む。

 昨年末に電撃引退したレジェンド、MF小笠原満男からチームキャプテンを受け継いだのは、アントラーズへ復帰して2シーズン目になる元日本代表のDF内田篤人。小学生時代に幕を開けたサッカー人生で、大役を託されたのは意外にも初めてだった。

 アントラーズのチームキャプテンは、実は歴代で5人しかいない。Jリーグが産声をあげた1993シーズンのMF石井正忠を初代に、1994シーズンから2代目のMF本田泰人が13年間も務めた。2007シーズンのFW柳沢敦をへて、2008シーズンからは小笠原が11年間担ってきた。

 しかも、チームキャプテンに就任したときの年齢を見れば、石井の26歳に始まり、本田が25歳、柳沢が29歳、そして小笠原が28歳。3月で31歳になる内田は最年長であり、加えてドイツから帰国して再びアントラーズのユニフォームに袖を通すまで、実に7年半もの空白期間があった。

 実際、復帰した直後の昨年1月には、ちょっぴり戸惑い気味にこんな言葉を残している。

「若手がかなりオレにビビっているみたいだね。ランニングしていて周りをみたら誰もいなかったこともあったし、何か距離感があって寂しい感じがしたけど、そんなにベタベタする必要もない。ある程度のチームワークやコミュニケーションは大事ですけど、ここは仲良しこよしのチームじゃないから」

 小笠原の引退を受けて、内田をチームキャプテンに推したのは大岩剛監督だった。現役時代は当時の二強を形成していた、ジュビロ磐田とアントラーズでプレーした経験をもつ46歳の指揮官は、チームキャプテンという肩書きがもつ重さをこう表現する。

「ジュビロで言えば、チームキャプテンは中山雅史さんでした。強いクラブではキャプテンの存在感も大きい。それなりの重さというものが必要となれば、必然的に(歴代のチームキャプテンの)人数は少なくなっていくんじゃないかな、と」

 ドイツの地でプレーしていても、内田はプロ人生のスタートを切ったアントラーズの動向を注視していた。インターネットを介して古巣の負けを知ると「鹿島は常に勝たなければいけないクラブ。一人のファンとして『何をしているのか』という気持ちになる」と語ったこともある。

 選手生命すら危ぶまれる右ひざの大けがからの復活を期した昨シーズン。リバウンドとも言える筋肉系の小さなトラブルで幾度となく戦線離脱を強いられ、もどかしさを募らせたなかでも見せ続けたチーム愛は、重みと存在感を感じさせるのに十分だった。大岩監督が期待を込める。

「内田には昨シーズンのもどかしさを吹き飛ばすようなパワーを見せてほしいし、若い選手たちには内田の言葉や立ち居振る舞い、経験を含めたパーソナリティーのすべてを感じてほしい。そのうえで、どのように表現していくのか。そうやって伝統というものが引き継がれていくと思うので」

 FW金崎夢生がサガン鳥栖へ電撃移籍した昨夏を境に、持ち主不在の状態となっていた「10」番は、昨シーズンのベストヤングプレーヤー賞に輝いたFW安部裕葵に託された。今シーズンの背番号が発表された1月16日の段階で、安部は20歳になる直前だった。

 固定背番号制が採用された1997シーズン以降で、安部はMFビスマルク、MF本山雅志、MF柴崎岳、そして金崎に続く5代目の「10番」となった。1996シーズン以前の変動背番号制時代に「10番」を背負った神様ジーコやレオナルドを含めて、十代で拝命した選手は安部だけとなる。

「年齢という部分に対する不安は、僕のなかではないです。彼自身がプレッシャーを感じるかもしれないけど、それをしっかりと受け止められるパーソナリティーももっているので」

 広島・瀬戸内高から加入して3シーズン目。中学時代に所属した帝京FCジュニアユースが、途中から本田圭佑のマネジメント事務所HONDA ESTILOの傘下となり、チーム名称もS.T. FOOTBALL CLUBへと変わったなかで、本田の生き様や哲学に触れた安部はこんな言葉を残したことがある。

「夢をもって、それを周囲に言って、自分の逃げ道をなくす。素晴らしい考え方だと思いましたし、同時に強い人間じゃなければできないことだと思いました」

 20歳とは思えない思考回路は、託された「10番」に対する思いからも伝わってくる。安部は「別に何も感じていない。チームが勝てばそれでいい」と不敵な言葉を紡いでいる。

「ジーコさんから金崎選手までさまざまな方がいたなかで、誰のことも思い浮かべることなく、僕は僕らしく『10番』像を作っていけばいいだけなので」

 栄光の「10番」の変遷を見れば、2代目の本山が14年間にわたって背負ったのに対し、3代目の柴崎は拝命からわずか1年でスペインへ新天地を求めた。海外移籍が加速するなかで、非凡なセンスをもつ安部にもいつラブコールが届くかわからない。再び大岩監督が言う。

「もしかすると彼も短いスパンかもしれないけど、それでも重みのある『10番』にしてほしい。シーズンが進んでいくなかで、彼やチームの調子が悪くなったときにどのように振る舞えるか。そこで本当の部分が見えてくるし、僕としては若い彼を引っ張りあげるのではなく、しっかりと支えてあげたい。鹿島アントラーズの日常に流れている、緊張感や勝利へのこだわりという空気を感じて、思い切り吸い込みながら受け継いでいってほしい」

 ワールドカップ・ロシア大会直後にDF植田直通がベルギーへ、オフにはDF昌子源がフランスへ移籍。DF西大伍もヴィッセル神戸へ新天地を求めたなかで、内田と安部を中心に大きく生まれ変わろうとしている常勝軍団は、ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)をホームに迎えるACLプレーオフから、連覇がかかったACLを含めた四冠独占へ向けた大航海へ出航する。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00010001-wordleafs-socc



3 2019/02/18(月)
主将も10番も五人目
ということに驚き

毎年変わるチームが
大半の中、凄いと思う


2019/02/18(月)
年齢ではなく、その時に相応しいと思う選手に託しているだけだと思う。
今のメンバーの中ではベストな選択だと思います。


2019/02/18(月)
キャプテンと10番が全試合出れるわけではないので、他の選手こそ本気で頑張らないと、今シーズンの鹿島はやばいと思う。
夏にFWとCBとGKの補強を希望する。


2019/02/18(月)
セレッソの8番も重いものだったのに、良くも悪くも今は少し名を上げれば海外だからな。
10番も背負ったはいいが、それが足枷にならないように祈る。。
ファンやサポからしたら長くチームにいて欲しいが、海外で成長出来るのも若い頃だけだから難しいよな。
内田の鹿島ブランクや怪我、年齢など多少ネックがあるが今の状況だと致し方ないかも。


2019/02/18(月)
川崎サポだけど鹿島に関してはどのクラブとも比較できない歴史的な重さみたいなのはある。


2019/02/18(月)
柳沢がキャプテンだった事に意外。そういうタイプじゃない様に見えたから。本田泰人は納得だけど。小さい体でチームを鼓舞する姿が印象的だった。走らない元セレソンのベベットを怒鳴り突き飛ばしていたのを見た事あった。内田も寡黙なタイプだけど経験を生かしてチームを引っ張って欲しい。でも今シーズンの鹿島はちょっと厳しいかもね。抜けた穴デカイ。


11 2019/02/18(月)
ジェフサポで、アントラーズは遥か仰ぎ見る存在だが、常にJ理想のクラブであり、最強を争うチームであって欲しいとは思う。


12 2019/02/18(月)
監督が役割と背番号の意味を
選手に伝えるのはいいことだと思う。


13 2019/02/18(月)
内田選手は日本代表でも長谷部選手の次にキャプテンに向いてると思ってた。


15 2019/02/18(月)
この2人以外考えられないけどね


16 2019/02/18(月)
柴崎岳の場合は本山が長く10番を付けすぎた影響があるから1年間しかいなかったわけで、実力なら10代で10番をつけてもおかしくないよ。


17 2019/02/18(月)
最年長には見えないほど若々しいけどね。


18 2019/02/18(月)
キャプテンも10番も異論はない。去年ACLを獲ったからACLの連覇と国内無冠だったからリーグ戦とカップ戦を狙うと言うチームとしての目標もいい。ただ、今の選手層で果たして目標に向かえるのか…レギュラーメンバーが出られない試合やケガ人が増えた時点でどうなるのかが心配でならない。


20 2019/02/18(月)
ウッチーのキャプテンについては、実績からしても納得だけど、安部くんの『10番』は、予想もしなくはなかったけど実際に任せるとなると
『思い切ったなぁ!』感はありますね!

二人とも頑張って!


21 2019/02/18(月)
鹿島のキャプテンと背番号10はどのクラブよりも重みがあるんです。


22 2019/02/18(月)
優磨と安部が怪我なくフル稼働出来ればリーグ優勝も狙えなくはないと思ってる
ACLとの両立はきつそうやけど


23 2019/02/18(月)
見出し見て、え?と思ったけど、内田がというよりは他の選手がかなり若いんじゃないかと思う


25 2019/02/18(月)
2人ともイケメン。


26 2019/02/18(月)
大岩もちゃんとチームを見てるんだね。後は采配がハマるといいんだけど。


27 2019/02/18(月)
正直4冠は無理だと思うけど、新生鹿島の船出の年として注目している。


28 2019/02/18(月)
去年開幕時に監督だったレッズの堀の二の舞を演じなければいいのだが…


30 2019/02/18(月)
相応の選手なら年令なんて関係ないでしょ?
監督やフロントが相応の選手だと思ったからキャプテンと言う役職や10番を与えただけ


31 2019/02/18(月)
内田篤人の主将は当然と言うか、他に誰も居ないと思うけどね。


32 2019/02/18(月)
伝統ある鹿島の10番だが、金崎から以前の重みというイメージはなくなった。


33 2019/02/18(月)
裕葵は、今のアントラーズで10番をつけるのにふさわしい


35 2019/02/18(月)
ヨーロッパに持って行かれ過ぎて他にいないからな
三竿は代表に取られる日も多そうだし


36 2019/02/18(月)
何も問題ないんじゃない?


37 2019/02/18(月)
内田が最年長かぁ、、、時が経つのは早いねぇ。
それにつけても俺たちゃ何なの〜♫
人生の荒波にきりきり舞いさぁ〜♪


38 2019/02/18(月)
貧弱な補強に不安しかないシーズン


40 2019/02/18(月)
背番号ってそんな重要か?
ただわかりやすくするための番号やん、











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ