20190215-00010000-sportiva-000-2-view

スポンサード リンク





 アジアカップからドイツに戻ってきた大迫勇也のケガの状態があまり芳しくなく、ブレーメン側は驚きと怒りを露にしたという。


 アジアカップ後にチームに合流し、最初のブンデスリーガの試合となった2月10日のアウクスブルク戦。大迫は負傷のためにメンバー外となった。その試合後の記者会見で、大迫について質問されたフロリアン・コーフェルト監督が答え、それをビルト紙が大きくニュースにした。

 ビルト紙は「コーフェルト監督が日本サッカー協会に怒り」というタイトルで記事を掲載している。

「(フロリアン・)カインツは売ってしまった。(マルティン・)ハルニクもケガをしている。(ミロト・)ラシカもケガだ。今、大迫が重要な存在だ。だが、アジアカップから戻ってきた彼は背中を負傷している」という書き出しで始まり、コーフェルト監督の「彼がプレーできない状態で戻ってきたことに驚いている。近いうちに日本サッカー協会と話し合わなくてはいけない」というコメントを載せている。

 ただ、大迫はアジアカップで全7試合に出場したわけではない。フル出場したのは初戦のトルクメニスタン戦と、準決勝イラン戦、決勝カタール戦の3試合のみ。オマーン戦、ウズベキスタン戦、サウジアラビア戦の3試合はまったくプレーせず、準々決勝ベトナム戦では72分から出場している。本当に必要な試合で起用されたということだろう。また、アジアカップ中は、ケガは右臀部痛と説明されていた。ブレーメン側が言っている背中ではなかった。

 12日になり、ブレーメンからは、フランク・バウマンSD(スポーツディレクター)の話が公式サイトであらためて発表された。

「大迫はアジアカップ準決勝、決勝とプレーできており、その試合で負傷が悪化したわけではないのに、戻ってきてから(ドイツ杯とリーグ戦で)プレーできていないことに驚いている。もちろん我々はこの状況に満足していない」

 さらに、「昨年のロシアW杯とアジアカップに参加したことで、コンディションを整える機会を逸した」「コパ・アメリカへの参加を拒否することをサッカー協会に伝えた」としている。

 選手本人の立場からすれば、もちろんブレーメンでの試合に出たいし、日本代表に呼ばれれば、それにも出たいと思うだろう。大迫は、森保ジャパンがスタートした昨年9月の合宿に招集されなかった際も、「呼ばれれば行きました」と、前向きだった。普段欧州で戦っているからこそ、日本代表で仲間と会うのは楽しみでもある。

 一方、クラブからすれば、給料を払っているのは自分たちだという思いは強い。選手の動向に関して主導権があるのはクラブだと主張するのは自然なことだ。代表の活動中にケガをされてはたまったものではない。

 ルール上は、代表側には選手を招集し、プレーさせる権利がある。選手がプレーしたいと望む以上、メディカルスタッフはなんとか試合にコンディションを合わせようと努力するのが当然だ。また、海外組の代表選手の場合、日本で手術やリハビリを行なうとなれば、面倒を見るのは日本協会となる。

 それぞれの立場があるし、誰が悪いというわけではない。力関係で決まる部分もあるだろう。ただし、その結果、選手が無用なプレッシャーにさらされたり、負傷からの回復に影響が出たりすることには、胸が痛む。

 クラブと日本協会の関係が悪化した例といえば、内田篤人(鹿島アントラーズ)のことが思い浮かぶ。ブラジルW杯で膝のケガが悪化した後、治療方針などをめぐって、所属していたシャルケと日本協会の主張は平行線をたどり、難しい時間が続いた。結局、内田は自身の判断で日本での手術を選択した。

 そこまでクラブと日本協会の関係が悪化しないよう早期に解決するにはどうすればいいのか。本人の希望と、クラブの利益と、代表への貢献。海外組が増えれば、こうした問題は増えていく一方だろう。

 綱引きをするのではなく、こうした軋轢が生まれないような関係性を構築することが、今後の課題ではないだろうか。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00010000-sportiva-socc



1 2019/02/15(金)
内田はシャルケに本当に愛されていた。今回の件で内田を引っ張り出すのは違うと思うけどな


2019/02/15(金)
内田は本人が手術を決断したって言ってて誰のせいにもしてない。いまは低調だけど、まだ復活する可能性は全然あるし、わざわざ「内田篤人の轍を踏まないように」ってタイトルにつけるのはリスペクトを欠いてる感じがします。


2019/02/15(金)
内田の件は解らないけど結局駆け引きだよ。クラブは選手のモチベーションや元々拒否権無かったりで不満抱えてて、数少ない拒否の機会をいかに最大限利用するか考えてる。今回は壊してしまった上に拘束力の無い大会だから選手も協会もクラブに気を使わざるを得ない。ただでさえ移動距離がかさむ事多いし補償はしっかりしないと。あとスポンサーにおもねって何でもかんでもベストメンバーっていうのは止めていいと思う。


2019/02/15(金)
クラブにはクラブの立場がある。
代表には代表の立場がある。
有能な選手を使いたいのはどちらも同じ。
しかし選手は求められればどちらにも全力で応えようとする。

だからこそクラブや代表が選手を大切に扱っていく必要がある。
率先してブレーキを掛ける役目にならなければならない。
内田の場合は真面目にどちらにも全力で応えた結果、体がもたなかった。
大迫やこれからスターになる若い選手達に同じ事が起こらない事を願う。


2019/02/15(金)
サッカーにけがは付き物。選手だって常に万全の体調では無いけど多少の無理は無理と思わずに試合に出てると思う。
ただ、故障明けだった上にリードしているような展開だったイラン戦での大迫は交代させるべきだった。もし得点王のタイトルを狙わせるのなら3点目のPKは大迫が蹴るべきだった。そのどちらもせずフルタイム使ってしまったことがブレーメンの不信感を買ってるんじゃないの?申し訳ないがこれはJFAと言うか森保監督やコーチ陣のミスだと思うよ。大迫本人は全く悪くない。
ケガが長引いて損するのは結局は選手。その辺はちゃんとして行かないと今後の招集にも大きな影響が出て来ちゃうだろうね。
ところで、遠藤は大丈夫だったんだろうか。体調不良の選手を招集し、最後はケガさせて返したらそれはそれでもめそうだよね。


2019/02/15(金)
香川も代表で足首の怪我を悪化させて クラブに戻ってきた事がある。 その頃は代表でも不調で叩かれたが足首の影響もあっただろう。選手は代表では無理してしまう傾向がある。協会はコンディション管理をきっちりすべきだ。


10 2019/02/15(金)
所属クラブの場所で手術するか自国で手術するかは選手に任せるのが一番いいよね。
契約している選手だから故障に関しても関わりは持つだろうが身体のことだから最後は自分で決められるようにならないと嫌だよね。


11 2019/02/15(金)
内田に関してはわざわざ怪我を押して、無理に親善試合にフル出場させたことに違和感を覚えた。今回の大迫に関しては監督も可能な限り配慮したとは思うけど。


12 2019/02/15(金)
大島は代表でもリーグ戦でも怪我するので、代表とクラブの関係は悪くない。
ボランチは怪我と隣り合わせのポジションなので、大変だと思う。

その意味では、長谷部は凄かったと思うよ。


13 2019/02/15(金)
思い返しても内田凄い選手だったな。トップレベルの復活に期待しています。


15 2019/02/15(金)
一年中トップギアに入れっぱなしにしてるとぶっ壊れるよねって話で

こんなこと続けてると貴重な選手がボロバロになって使い物にならなくなりますけどそれでいいんですか!?

っていう話だと思うので上位団体がルール作るなり対策が必要ですねって話につながってくといいですね。


16 2019/02/15(金)
まず選手の身体を第一に考えよう。代わりがいない大迫勇也なら尚更のこと。
一番ダメなのはスポンサーがしゃしゃり出てきて選手に無理させる事だね。


17 2019/02/15(金)
さすがに大迫は休ませないと、Wカップ、ウィンターブレイクとまともに休みが取れてないだろうし、まだ先の長い選手なのにここで休ませないと壊れてしまうよ。 選手は呼ばれたら試合に使ってほしいだろうけど、今無理させることもないでしょう。


18 2019/02/15(金)
アギーレくらいの時に、テープ巻きながら試合に出してたのは疑問だった。その後はシャルケでも離脱して、移籍、結局ワールドカップには選ばれず。
とはいっても、やっぱりそれだけの熱意があったからコンフェデや南アフリカで活躍したんだなと思う。
トレーナーはじめコーチ陣は何をしてたんだろうか。


20 2019/02/15(金)
今の会長以下協会関係者の在り方が古過ぎる。一つは代表の収入が無いとjも存続出来ないと言うのが一番の間違いで代表選手にかかる負担が大き過ぎる。根本的な改革が必要かと思う。


21 2019/02/15(金)
まあ記事にはいろいろあるが、
代表チームはクラブから選手を借りてるわけで、借りた以上は借りた時と同じ状態で返すのが当然だと思う。
人に物を借りて壊して返したら怒られるし弁償しなきゃいけないしね、でも人も物も壊れる時は壊れるし、壊れない時は壊れないんだけどね。


22 2019/02/15(金)
代表側には選手を招集し、プレーさせる権利がある
国際Aマッチでもクラブに拒否権がないことが問題
普通の社会に置き換えれば、常軌を逸した制度


23 2019/02/15(金)
残念ながら内田は代表での酷使の結果、選手生命をも左右しかねない怪我を負うことなり、その後は全盛期のパフォーマンスに戻っているとは言い難い。大迫を巡ってクラブが慎重になるのも無理はない。


24 2019/02/15(金)
今までもあったよね。代表戦するなら国内は通常の試合が多すぎ。海外の強豪はローテーション。中堅は途中敗退でリーグ戦のみ。


25 2019/02/15(金)
ブレーメン側の言い分の方がはるかに正しい。ましてや拘束力のない大会なんで新たな選手の活躍に期待しましょう。代表も無理させてしまったツケはきっちり払わないといけないね


27 2019/02/15(金)
そもそも大迫はブレーメンで絶対的な先発ではない。最近ブレーメンは大迫抜きで調子がいいから実際はこまっていない。ただ、自分らが金払ってる商品だから壊されて返されたからムカついただけだろう。この後の転売にも影響するし。


28 2019/02/15(金)
いっそ代表戦に招集する際は日本協会からクラブ側に選手を借りるという事で 派遣費か何かクラブのメリット、クラブが派遣し易い環境を作っていく等すれば選手達も堂々と代表活動出来るのではないのかな…


30 2019/02/15(金)
イラン戦までは調子が良かったように見えたし、カタール戦でビハインドになって無理せざるを得なくなったことが原因じゃないかな。
やはりあの試合は悪いところ尽くしだった。


31 2019/02/15(金)
100歩譲って全世界が知るW杯での怪我ならクラブも納得するのかも知れない・・・。アジアを舐めてる訳じゃないが一地域の大会で怪我されるのが納得出来ないのかも・・・?


32 2019/02/15(金)
どんなスポーツもそうだろうけどチーム>代表だと思うよ。もちろん本人の意志は大事だけどチームとしては代表戦でケガして帰ってこられたって何の得もない。なお、内田の件は全くの筋違い。


33 2019/02/15(金)
内田の場合はクラブでの怪我だったはずでは?
しかも選手生命に関わる様な大怪我を数回やってしまった。
大迫は軽症なのか重いのかよく分からないけど、状況が違うと思う。
例えば怪我した選手がブラジルだったり世界でも強豪の代表選手だったら、今回と同じように対応するのかな?


35 2019/02/15(金)
これは憶測の記事ではないのか。
ホントにシャルケとの関係が悪化してたのか疑問が残る。


36 2019/02/15(金)
10年前にサカつくやってた時は
問答無用で代表行くから
各国代表揃えると期間中は
クラブのスタメンが酷い事になってたなあ

最新版はどうかしらんけど拒否できるならしたいわ


38 2019/02/15(金)
親善試合ならともかくアジアカップだからなぁ・・

白人の顔色をうかがう事に命懸けな日本人には気の毒だけど
その姿勢がこう言った事態を招いてる要因でもある。
このクラブもこれが同じ欧州の国になら言わない。
物を言えば勝手にパニックに陥り、自分達(外国側)に
都合の良いように改善する日本人だから言われる。

中国の交換曰く「日本は石を投げれとけば、あとは勝手に動く」だそうだ。
実は憧れの欧米人にだけでなく、アジア人にも見下されているという現実。


40 2019/02/15(金)
アジア杯でフル出場した訳でも無いし、送り出す直前まで怪我するかギリギリな所まで酷使したクラブ側の起用もあるから、日本代表側だけが悪いとも言えない状況なんだけどなぁ…

相互の信頼関係が出来ていないね。










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ