20190214-00010001-wordleafs-000-1-view

スポンサード リンク




 2019シーズンのJリーグ開幕が、いよいよ今月22日に迫ってきた。各チームともキャンプでの調整に余念がないなかで、ほぼ固まった陣容を見ると、特にJ1である傾向が顕著なことに気がつく。それは5人のストライカーが、シャッフルされるように移籍したことだ。
 口火を切ったのは元日本代表の杉本健勇(26)だ。育成年代を含めて10年以上所属したセレッソ大阪から、浦和レッズへの移籍が発表されたのが12月18日。この補強に連動するように、同28日までに4人のフォワードが完全移籍で新天地を求めた。

 まずはエースストライカーを失ったセレッソが、北海道コンサドーレ札幌から都倉賢(32)を獲得。コンサドーレは都倉へのオファーが届いた時点で、J2へ降格したV・ファーレン長崎の成長株で、リオデジャネイロ五輪代表の鈴木武蔵(25)に白羽の矢を立てて獲得に成功した。

 また、ACL連覇を含めたタイトル独占を目指して選手層を厚くしたい鹿島アントラーズは、横浜F・マリノスから伊藤翔(30)を獲得。昨シーズンの公式戦で17ゴールをあげた点取り屋を失ったマリノスは、レッズから元日本代表の李忠成(33)を獲得している。5チームのなかで、最も戦力アップに成功したのはどこになるのだろうか。

 昨シーズンのレッズは、開幕直後の4月から指揮を執ったオズワルド・オリヴェイラ監督のもと、主に[3-1-4-2]システムで戦った。2トップは興梠慎三(32)と武藤雄樹(30)のベテランでほぼ固定され、2人で合計22ゴールをあげている。

 ただ、興梠は175cm、武藤は170cmと高さがなく、4年間在籍した186cmのズラタン(35)も退団した。その意味でも187cmの長身を武器とし、ハリルジャパンと森保ジャパンにも招集された杉本の加入は高さというオプションをもたらす。

 2017シーズンに得点ランク2位の22ゴールをマークした杉本だが、故障続きだった昨シーズンはわずか5ゴールに終わった。危機感を募らせていたのか。不退転の覚悟を抱き、レギュラーが約束された愛着深いセレッソを飛び出した思いを、杉本はレッズの公式ホームページ上でこう綴っている。

「ここで活躍できなければ次はない、という思いで戦うことを決めています」

 長身の割にポストプレーを不得手としているだけに、2シーズンぶりにACLを戦う過密日程のなかで、興梠の代役を務めることは難しい。ただ、味方を生かす術にも長けた興梠と前線に並ぶことで、相手の最終ラインの裏へ抜け出すスピードを併せ持つ杉本の特長が生かされるケースは確実に増える。その場合は武藤を一列下げて、インサイドハーフで起用する形も可能になる。青写真が具現化されるかどうかは、絶好調時のコンディションを杉本が取り戻せるかどうかにかかってくる。

 今年6月には33歳になる都倉にとっては、セレッソが5つ目の所属チームとなる。昨シーズンは自己最多の12ゴールをマーク。187cm、80kgの恵まれたボディに宿る稀有な潜在能力は、サンフレッチェ広島およびレッズの監督をへて、昨シーズンからコンサドーレの指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督の指導によって大きく解き放たれた。
 
 しかし、2014シーズンから所属するコンサドーレでJ1昇格と残留、クラブ最高位となる4位躍進を経験してきた過程で、都倉が残り少ない現役生活へ思いを馳せる機会も増えた。そうしたタイミングで届いたセレッソからのオファーに抱いた率直な思いを、コンサドーレの公式ホームページを介してファンやサポーターへこう伝えている。

「今回の移籍に関しては、決断でした。(中略)未来を約束することが年々難しくなるなかで、僕を信じ挑戦させてくれる評価でした。自分の人生について考えに考えて、挑戦したいと思いました」

 セレッソの新監督に東京ヴェルディを2年連続でJ1昇格および参入プレーオフに導いた、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が就任したのも大きい。緻密なポジショニングを要求するスペインの名将のもと、ポストプレーにも長けた都倉が30歳を超えて右肩上がりに転じさせた成長曲線が、さらに継続されていく可能性は十分にある。

 そして、ペトロヴィッチ監督と都倉の間で生じた化学反応の再現が、鈴木との間でも期待される。ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれ、2012シーズンにアルビレックス新潟へ加入した鈴木は、驚異的と形容される高い身体能力を長くもて余してきた。

 アルビレックス時代にJ1であげたゴールはわずか7。その間に水戸ホーリーホック、松本山雅FCへ期限付き移籍し、J2の舞台で武者修行を積むも才能が開花するには至らない。しかし、J1へ初めて臨むV・ファーレンへ完全移籍した昨シーズンは、11ゴールを量産してブレークを果たした。

 背景には現役時代に「アジアの大砲」と呼ばれたストライカーの大先輩、高木琢也前監督(現大宮アルディージャ監督)の指導があった。相手との駆け引きやシュートを外した後でも強気を貫くメンタルなど、それまでの鈴木に欠けていた要素が注入されたことが覚醒を導いた。

 もっとも、桐生第一高校(群馬)時代から期待されてきた能力のすべてが反映されていたわけではない。50mを5秒9で走破するスピードと185cm、74kgのボディに搭載された高さと強さが、ペトロヴィッチ監督の指導を介してさらに融合されれば、J1通算33ゴールをあげているベテランのジェイ(36)とのポジション争いに勝つ、あるいは1トップとシャドーで共存する形も十分に期待できる。

 伊藤は新天地アントラーズで、森保ジャパンに招集されながら故障で無念の辞退を強いられた鈴木優磨(22)、昨夏に加入して救世主的な活躍を演じたセルジーニョ(23)が築く牙城に挑む。

 J1通算で70ゴールをあげている李だが、昨シーズンはわずか3ゴールにとどまり、レッズから契約を更新しない旨を告げられた。新加入した杉本に押し出された部分もあるが、出場20試合中で唯一の先発を果たしたFC東京との最終節では2ゴールをゲット。勝負強さと得点感覚の高さを証明しただけに、2人のブラジル人FWが加わったマリノスでまずは先発の座を目指す。
 杉本を引き金に起こったストライカーたちの移籍シャッフル。それぞれの立ち位置などを考えれば、24歳と年齢が最も若く、まだまだ粗削りであるがゆえに伸びしろもあり、活躍次第では森保ジャパン入りも現実味を帯びてくる鈴木を獲得したコンサドーレが、開幕前の時点においては最も戦力アップに成功したクラブと言えそうだ。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010001-wordleafs-socc



1 2019/02/14(木)
コンサは結果的に若い武蔵を獲得できて良かったと思う。都倉には今までのことを考えると感謝しかないが年齢的にそろそろ限界かも。


2019/02/14(木)
V長サポですが、武蔵には更に開花してもらい是非、代表入りして欲しいです。
長崎では1対1では抜群のスピードで抜き去る事ができますが、二列目の起用だと、スペースをうまく利用できず、パスの選択肢(アイデアと周りのフォロー)が少なく、せっかくのスピードを活かせない場面が多い印象でした。
札幌では長崎よりも個の能力も高く、武蔵が孤立する事も無くなると思うので、絶対に活躍できると思います。


2019/02/14(木)
杉本は大柄だけどポストプレーのイメージがあまりない。興梠という手本が目の前にいるわけだから見習ってその辺の殻を破ってほしい。そうすれば大きな成長になると思う。
鈴木武蔵はリオ五輪予選のころからそのポテンシャルは目を引くものがあったけどこの移籍を機にさらに飛躍をして代表を脅かす存在になってほしいね。


2019/02/14(木)
チーム事情によりますよね。
あとはケガなど無いといいですが
チャンスは各選手にあります。


2019/02/14(木)
コンサドーレはいい補強をした。ペトロビッチ監督は若手育成やメンタル面での管理が上手い。今のJリーグで一番いい監督の下で学ぶことが出来ると思う。
問題はペトロビッチ監督の勝負弱さくらいでしょうね。


2019/02/14(木)
武蔵は確かに能力高いのだろうけど、そろそろ若いとも言ってられない年齢なので、期待に応えて欲しいです。

あの体格とスピードですから、適正はツートップの一角やサイドですかね?あまりサイドで機能するイメージはないですが。


2019/02/14(木)
杉本は興梠と共にプレーすることで、新しいスタイルを身につけることができるかどうか
武藤が故障で出遅れている分、序盤からガンガンやってもらわなければ


10 2019/02/14(木)
シャッフルFW選手のそれぞれのストーリーと、
チームの狙いや意図がバッチリわかる良記事でした。
今季のJリーグ開幕が一段と楽しみになりました。

個人的には、鈴木武蔵選手の大化け(覚醒か?)が見てみたいところ。


11 2019/02/14(木)
唯一鹿島だけがプラスマイナスでは無く純粋なプラスの戦力。それだけにフィットするまで焦る必要はないかもね。
浦和は興梠が杉本を生かそうとした結果共倒れにならなきゃいいけど。。
個人的には武蔵がミシャの元でどんな成長をするかな楽しみ。


12 2019/02/14(木)
移籍してそのままレギュラーは都倉一人だけだろう。ただ一人で得点できるタイプではない。他は競争の中から勝ち抜かねばならないだろうが、年齢の若い伸び盛りの鈴木武蔵を手に入れたコンサドーレが一番の成功だと思う。


13 2019/02/14(木)
この中では、浦和に加入する杉本が一番疑問符かなぁ。

能力どうこうより、チームとの相性として。
李を出して獲得する選手ではない気がする。
タイプ的に近いし、慣れた李と比較して未知数要素が大きすぎる。

浦和に必要なのは、FWで言うなら武藤や李の代役ではなく興梠の代役。
代表の大迫依存と同じ状態だから。


15 2019/02/14(木)
各チームともFWシャッフルにはなったが、きっちり補強ポイントに合致する選手を引っ張ってきてる。あとは、ハマるかどうか・・・。武蔵は期待してるんだが・・・。


16 2019/02/14(木)
逆に、ポストプレーが得意じゃないのなら、何で浦和は杉本を取ったんだろう、シャドーで入れるのかな?興梠も、まだ老け込む年じゃないけど、リーグ戦、カップ戦、ACLとフル稼働はきついのでは。
案外、鹿島に移籍した伊藤翔が一番活躍したりして。鈴木がトップ下、伊藤とファブリシオ(だったっけ?)との2トップはかなり怖いな


18 2019/02/14(木)
全体的にそこまで変わらなそうなシャッフルになったな、取り敢えず玉突き移籍のスタートの杉本は浦和で埋もれるタイプな気もする、、、
川崎でも埋もれたし、浦和は日本人フォワードの鬼門的なイメージ、高原、李、オナイウ、石原など。
浦和では今までのセレッソや代表でのパフォーマンスではレギュラー無理、ファブリシオが復帰するまでに結果だせるかだね。


19 2019/02/14(木)
都倉はミシャ就任前から良かったよ。
むしろ、
ミシャが就任してからの方が出場時間減ったし。


21 2019/02/14(木)
鈴木武蔵には開花してもらいたいけど、彼を穫ったチームが最も成功とは今のところ思えないなぁ


22 2019/02/14(木)
杉本の絶好調時の得点は柿谷や清武等からのプレゼントゴールが多かった。セレッソとして彼をcfに育てたかったから。レッズでそれが出来るかな?彼はパサーではないよ。


23 2019/02/14(木)
都倉より鈴木武蔵選手を獲得できてよかった。
都倉より鈴木武蔵選手の方が決定力やスピードは確実に上であり
年齢的にも若い鈴木武蔵選手の方がいい
何よりラフプレーや際どい体あたりが多くレッドカードの危険や、短気な性格の都倉は使いにくい、結果的に鈴木武蔵選手が活躍することを願う。


25 2019/02/14(木)
興梠と連携深まったら杉本期待しちゃうなー。興梠がポストとかdが引っ張って、杉本がフィニッシュ…杉本が決め切れるかはあるけど…期待しちゃうなー。


26 2019/02/14(木)
興梠が杉本を活かしてくれそう。
2人の連係から杉本が早めに1点とれると乗っていけると思う。


27 2019/02/14(木)
杉本健勇に、興梠と武藤のような運動量は発揮できない。


29 2019/02/14(木)
伊藤の記事短すぎだろw


30 2019/02/14(木)
活躍予想順
鈴木→都倉、李→伊藤→杉本
って感じ?
伊藤は求められる役割が違うから同列に扱うのは難しいけど、過密日程になれば非常に助かる存在になりそう。杉本は近い将来、セレッソに戻ると思うな(笑)


31 2019/02/14(木)
全員成功してくれ、と思うのはダメなのか。


32 2019/02/14(木)
杉本は川崎に行った時も覚悟がとか言ってたような


33 2019/02/14(木)
とにかく今シーズンのJは楽しみだ。


35 2019/02/14(木)
正直、杉本はないかな。武蔵には覚醒してもらって、代表まで登りつめてもらいたい。


36 2019/02/14(木)
「長身の割にポストプレーを不得手としているだけに…」←杉本さんがんばって…


37 2019/02/14(木)
興梠を代表で
もっと見たかった


38 2019/02/14(木)
ここから大化けは無いとしても、一定程度の働きを安心して計算できるのは李かなぁ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ