20190210-00010005-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク





 どんなふうに日本を褒め讃えよう?

 私の一番の心配事は、日本が優勝するかどうかではなく、優勝後にインタビューする人選だった。日本サッカーとつながりの深いブラジル人の少なくとも10人に意見を聞くことができたが、その全員のコメントを載せることはできない。そこで私は厳選し、試合の後に彼らの批評を聞くアポもとりつけた。準備は万端だった。


 ただ……日本の優勝だけが足りなかった。

 アジアカップの試合をすべて見たが、あの決勝はあり得なかった。そもそもカタールが決勝にたどり着くなど、普通に考えたらとうてい無理なことだ。この大会にはオーストラリア、韓国、イラン、サウジアラビアといったカタールよりずっとサッカーに長けたチームが数多く参加していた。

 ブラジルではいつになく多くの人が、この決勝を興味を持って観戦していた。なぜなら、決勝に残った2チームは、偶然にも6月にブラジルで行なわれるコパ・アメリカに参加することになっているからだ。

 日本はアジアカップを戦ったチームのなかでも、抜きん出たいいチームだったと私は思う。決勝で敗れたとはいえ、話を聞いたエキスパートたちも、日本は大会のベストチームで、戦術も、才能も、聡明さも、そしてパスワークの速さもピカイチだったと意見が一致している。

 しかし、それでも日本は決勝で負けた。

 それはカタールが、この日にかぎって最高のプレーを見せたからだけではない。カタールが称賛に値するチームであったことは確かだ。しかし彼らが勝てたのは、決して自分たちの力だけではない。日本が自滅してくれたからだ。

 決勝を見ながら、私はドゥンガに電話をした。彼も試合を見ていた。かつてのジュビロ磐田のキャプテンは、私に興味深いことを言った。

「試合はまだ終わっちゃいないが、結果はわかる。日本はこのままじゃ勝つのは無理だ。まるで試合に勝つと信じることを恐れているみたいだ。プロサッカーの世界では、時に”勝つ”という強い気持ちが試合を左右する。スコア、サポーター、ジャッジ、すべてにおいて逆風の吹く中にあっても、プロの選手なら決して希望を捨ててはいけない。

 カタールは自分たちが奇跡を起こすと信じている。日本はそれを許してしまった。アジアカップの決勝で勝つことは、カタールにとっては普通のことではない。にもかかわらず、日本は彼らにその力があると信じさせてしまった。これはあってはならない恥ずべき行為だ」

 試合後にも私はドゥンガと話をし、彼はあらためてコメントを補足した。

「後半15分過ぎから、私は日本の敗戦を予想した。選手たちからは”勝たなくてはいけない”という重圧が感じられた。しかし、本来プレッシャーを感じなければいけないのはカタールのほうだったと思う。

 カタールは開催国UAEと微妙な関係にあるが、それでも同じ中東の国。ホームでプレーしているのも同じだし、次回のW杯の開催国でもある。彼らには勝利が求められていた。一方、日本はリラックスして、今までどおり自分たちのサッカーをしていればよかった。

 しかし試合の前に何かがあったのか、ピッチに降りた日本の選手たちは皆一様に自信のない様子だった。自信のない者は勝つことはできない。これはサッカーに限らず、すべてにおいての鉄則だ」

 日本サッカーはここ20年で目を見張るほど大きく前進した。しかし、サッカーの神髄にはいまだ到達していないように思える。巧みなテクニック、組織立った動き、戦術、こういったものは非常に大事だが、最後の最後に勝敗を決めるのはメンタルだ。Jリーグ発足当時から、私は個人的に日本サッカーを見続けてきたが、いまだに感じるのが、ジーコが何年も前に指摘した”マリーシア(狡猾さ)”の欠如だ。

 Jリーグで長くプレーしたビスマルクもその点を強く感じているようだ。

「日本の敗戦は残念だった。決勝の相手がカタールに決まった時、私は日本の5度目の優勝を確信した。たぶん決勝戦のカタールは、この国のサッカー史上、唯一無二の最高のプレーをしたのだと思う。今後日本とカタールが10回対戦しても、日本は10回勝つはずだ。日本の方がカタールよりもずっとプロらしく、戦術も駆使していたし、ボールポセッションも日本の方が上で、リズムもあり、試合を支配していた。

 しかしそれでも負けてしまったのは、他でもないメンタルによるものだ。思うに、日本にはピッチに真のリーダーが欠けていたのではないだろうか。何が何でも勝つという気持ちとマリーシアを持ち、皆を落ち着かせ、ネガティブな状況もポジティブに変えられると先頭きって皆にわからせる存在が……。

 ただ、敗戦は残念だったが、決勝の舞台にたどり着けたということは、監督や選手の顔ぶれが代わっても日本の強さは変わらないということだ」

 日本と関わりあるブラジル人のなかでも、最も偉大なレジェンドのひとり、トニーニョ・セレーゾにも話を聞いてみることにした。彼は日本と中東で監督をした経験がある。ある意味で、この決勝の話を聞くには最適の人物だろう。

「開始すぐの失点は、日本の選手たちにとって驚きだったに違いない。こんな形でリードされるとは思ってもみなかったはずだ。そのショックから、彼らはうまく立ち直ることができなかった。これは日本サッカーでよくみられる精神的な特徴で、私も常に(監督として)その点を克服させようとしていた。

 一方で日本の選手は、最後まで手を抜かず戦い続ける闘士の心を持っている。イラン戦を見ればそのことはよくわかる。アジアで一番難しく、強い相手に、日本は3-0と完勝した。イラン戦の日本は完璧だったと言ってもいい。日本がたった30分でも、イラン戦のようなプレーを決勝でしていたなら、今頃は5度目のカップ獲得を祝っていたかもしれない。

 しかし、日本サッカー協会は、監督やコーチ、選手たちの働きを正しく評価してほしい。優勝こそしなかったものの、アジアカップでの日本はすばらしかった。日本のサポーターにもこれだけは言っておきたい。『日本のサッカーはダイナミックで、情熱的で、感動的で、何より現代的で、年を追うごとに進化している』と。日本が負けたのは、この日のカタールが最高にツイていたからだけでなく、日本がとんでもなく不運だったからだ。日本は決して悪くないチームだった」

 ドゥンガ、ビスマルク、トニーニョ・セレーゾと同様、私も、今後はメンタル面での強化に力を入れるべきだと感じる。少なくとも外から日本のサッカーを見る者の目にはそう映る。森保一監督を私は高く評価している。しかし、外からの声を聞くのも、より成長し、いい結果を出すためには大事なことであると私は思う。

 ブラジルには日系人も多く、またサッカーでも古くから日本と交流があり、日本を応援する者も多い。だからこそ日本があと少しメンタルを強化してくれたら、カタールに負けるようなことはなかったのにと、残念で仕方ないのだ。

 この敗戦を糧に、より強く成長したサムライブルーを、6月にブラジルで見られることを期待している。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon  利根川晶子●翻訳
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00010005-sportiva-socc&p=1



1 2019/02/10(日)
同じ事を感じていたのでブラジルのレジェンドの言葉は本当に納得した。

この大会は若い選手が沢山いたので成長を期待してこうした激励の言葉を今後どう受け止めるかで未来は変わると思います。

過去には三浦カズ選手、中山選手、中田選手、闘莉王選手など熱い選手がいてロシアまでは長谷部選手、本田選手のような存在が如何に大きな存在かをこの大会では特に感じた。

コパアメリカでは良い意味でこのブラジルのレジェンド達を驚かせて欲しいと切に思います。


2019/02/10(日)
多少の運の無さもあったけど、カタールは個人能力高いFWを中心に組織としてもしっかり仕上げてた。試合を通して「迷い」が無かったこともカタールの勝因の一つだろうね。日本の自滅っていうのはごもっともな指摘だね、日本は序盤の入り方が良くなかった、何だかおどおどしてて迷いなくプレーしてるカタールと対照的であった。
多分、10回試合したら8回は日本が勝つくらい実力の差はあっただろうけど、一発勝負の試合では何が起こるか分からん。迷いの無いチームがアップセットを生むことは往々にしてあるね。ロシアW杯予選でホームでUAEに負けた試合でも同じような感じだったな。
この敗戦を次のW杯に生かして欲しい、アジアカップはあくまで通過点に過ぎないからね。。コパアメリカも頑張ってくれ、ポイチさんと選手たち!


2019/02/10(日)
未完成のチームで、あれだけ可能性と希望を見出だせば、アジアの頂点に立てなかったのは残念だけど、良かったと思います。

今までは、日本に足りない狡猾さを求めてましたが、VARが浸透すれば狡猾さが足を引っ張りかねないので、世界やWC予選の中で見極めねば…

まだまだトライする時間はあるので、色々試しつつ目先の結果を追わず、強豪と戦う機会を増やして爪を研いでいきましょう。

頑張れ蒼き侍達で。


2019/02/10(日)
メンタルの問題は確かに大きい。
しかし、カタールの方が普通に強かった。うまいは入り方をして、そして、うまく逃げ切った。
少ないチャンスを確実に得点に繋げたカタールと何度もあったチャンスを得点にできなかった日本。それだけだ。
元々カタールとの戦績も5分だったし。相性もあるだろうけど。
大会通しても良い試合をしたと思ったのはイラン戦だけかな。
カタールはずっと良い試合をしていた。
力負けですよ。


2019/02/10(日)
シンプルに言うと「相手をなめていた」のが一番の敗因でしょう。しかも、力の差が特にあるわけじゃないのに(むしろカタールのほうが今は
実際に上かも)。
W杯で日本にまさかの完敗を喫したデンマークや、日本にあわや敗戦の危機に追い込まれたベルギーと似た状態だったのが、この間の日本。ただ試合中の修正力や、効果的な交代による流れの変化が無かったのが、ベルギーみたいな強豪との差だろうなと思う。


2019/02/10(日)
日本にはドゥンガのようなキャプテンシーを持っている選手はいない。
チームが苦しい時、調子がイマイチの時、頼れるキャプテンがいれば心強いでしょうね。
吉田は頑張ったと思うが、まだまだ足りないところが沢山ある。


2019/02/10(日)
コメントをする面々が余りにも鹿島と縁がある方ばかりで、特にセレーゾのコメントは喋り方まで想像できてしまってちょっと笑ってしまいました。
基本的な部分はJリーグはもちろん、高校世代のサッカーもかなり向上しているとは感じますが、インターネットの発達もあって世界的に平均値は上がっている。でも絶対的に得られないものは自信とそれを裏付ける経験。わかってても出来ない。
天才って技術だけじゃなくメンタルや頭の良さなんだなぁって改めて思いますよね。


10 2019/02/10(日)
狡猾さじゃないんだよな。
それはブラジルの選手であれば狡猾になれると思う。
でも日本代表が結果を出す時って、必ず大きな挫折を味わい、監督が更迭されるなりして後がなくなってようやくチームが一つにまとまる時ぐらい。
それまで何故か浮き足立っちゃう。地に足が付くまでいつも時間がかかるんだよね。
W杯までは、個性を尊重する今の様なチームでも良いのかもしれない。
でも結果を出したければ、とにかく軍隊のように厳しく、一つの油断も許さなかったトルシエの様な組織的サッカーがなんだかんだ良いのかもしれない。


11 2019/02/10(日)
負けて良かったと思う。内容的に良かったのはイラン戦だけ。優勝していたら内容が悪くても勝てばいいんだっていう雰囲気になっても困る。欧州南米は内容が悪くても勝てる相手じゃない。カタールもそう。今回の敗戦を起爆剤としてさらなる上達をして欲しい。応援します。


13 2019/02/10(日)
>>今後日本とカタールが10回対戦しても、日本は10回勝つはずだ。日本の方がカタールよりもずっとプロらしく、戦術も駆使していたし、ボールポセッションも日本の方が上で、リズムもあり、試合を支配していた。

ビスマルクが言ってることはちょっと違う意見だな。
カタールの方が戦術的に優れてた。
誰も指摘しないけど、日本は初戦のトルクメニスタン戦の前半と同じことしてた。
後半は日本が主導権を握ってたがそれほど決定的なチャンスを作れたわけじゃない。
むしろカタールのカウンターを全然止められずシュートまで持ち込まれて、それでFKを与えて吉田のPKに至った。

これをメンタル云々って話を持っていくのはどうかと思う。
ブラジル代表もメンタルの差でロシアW杯でベルギーに負けたって言われて納得するブラジル人っているのか?
ベルギーにしっかりブラジル対策をした守備をされて封じ込められてた。


14 2019/02/10(日)
前線に中島翔哉的な選手がいない以上、同クラスのチームと相対する場合、このチームでは柴崎の出来に左右されるような気がします。

正直、リードされた展開で今の前線を生かし局面を打開する力はそもそも柴崎にはありません。(もちろん柴崎に求めているものもちがうと思いますが。)

少し前の遠藤保と長谷部の組合せと比較すると、ゴールをこじ開ける流れをつかむ中盤ではないと思います。

あと単純にスペシャルなキッカーが不在であることも現状マイナス面です。

ただ以前の代表に比べてトータルとしての総合力が極端に落ちているとも思えません。

まだまだ大きな国際大会はあるわけですから、選手選考も含めて変われる可能性は十分にあると思います。


15 2019/02/10(日)
仲良し軍団と言われて槙野が反論してたけど最近の代表には少しピリピリしたムードにするようなリーダーは確かに必要だと思う
ラモス瑠偉と中田はゲーム中でも仲間に厳しく言ってたし、本田はゲーム外でのビックマウスで結果的にチームのモチベーションを上げてたと思う
堂安はもっとビックマウス発言連発するようなキャラになってもいいと思うんだよね


16 2019/02/10(日)
なので「日本代表には必死さが足りない」
中田英寿氏も自身のWC三回出場経験を総括して同じ様な事を指摘している。
この「成長」が最も時間が掛かり難しいはず。

今どきの玄人ファンなら采配、戦術、組織論等、いっぱしの事は言える。
しかし専門家のみならずJFAまでも、それに振り回されているのか、しているのか?

あのハリルホジッチ監督解任劇はそんな風潮の中でなされた。
たった二ヶ月で「強者」になれるのは、ヴィデオゲームに毒された脳内だけ。
彼らは「成長」ではなく、その場しのぎの快楽を選択した。
これはサッカーに限らず<いたる所で蔓延している風潮>ではあるけれども。

「玄人」がレベルを嘲笑する、女子サッカーを見習ったら?
男子とは背負う重さが違う。

一方のDFBはJFAとは真逆の選択をした...
結局、何らかの快楽はごまかせても、成長はごまかせない、
それはどんな場所でも嵌まるわけだけれども。


18 2019/02/10(日)
メンタルの問題は実は一番難しいでしょ。海外に出て個人のメンタルは鍛えられてもチームになると日本らしさ、民族に流れる血が出てしまう。
どの国も一生懸命にやるとそこそこは強くなってもそれ以上になると、歴史ではなく人の文化が良くも悪くも出てしまう気がする。


19 2019/02/10(日)
あのゲーム、ドゥンガがもしピッチにいたら怒鳴り散らしてたろうなと思う。
さわやかヤクザの福西が「ドゥンガは本当に怖かった」と言うし。。。
鹿島もジーコの勝負に対する気持ちが凄かったのが代々語り継がれてるし、
魂のミーティングと言われるオリベイラとか、
日本人が王国ブラジルの人達から学ぶべきは単にテクニックだけじゃないよなと思う。


21 2019/02/10(日)
カタールの気持ちの入り方がやばかったからな。めちゃくちゃ周辺国から総スカンでいじめられてて、しかも理由も理不尽。

そんな中、敵地中の敵地であるUAEでだからそら気合いも入るわな。カタールの方の気持ちになったらほんとに優勝して嬉しいだろうし感動的だったと思うよ。日本は優勝しても感動も無いだろう。その差が出たと思う。


22 2019/02/10(日)
ブラジルからの好意的な見方だと思うが、じゃ何が問題だったのだろうか?キャプテンやピッチ上のリーダーの問題なのか?試合前に監督やスタッフの指示した戦術か?かけた言葉の問題か?準決からの準備が悪かったのか?その辺のもう一歩踏み込んだ分析も読みたい。


23 2019/02/10(日)
メンタルの問題だけではないけどね。ただ事前のゲームプランやこちらの想定内に動いてる試合は良くても(例えばイラン戦のように)、それが崩れた時に立て直す術が今回の代表にはなかった。
すべてが思い通りに行かない状況でも、なおかつチームを鼓舞し、チームに方向性を与えられる存在が不可欠だということなんだろうな。

槙野の反論記事の時からメンタルじゃない、戦術負けだ、という意見を多く見るけど、別に相反するものじゃない。戦術で上回れるなら何よりだが、上手くいかない時の立て直し方も重要で、どっちも足りなかっただけ。


25 2019/02/10(日)
準決勝までは森保監督が欲した選手がうまくハマったが、決勝だけは歴代の外国人監督が必要と感じたピース(選手)が一つ抜けていた、というところでしょうか?

なるほど、と思いました。


26 2019/02/10(日)
そろそろ、苫米地コーチングをいれないと
日本サッカーは、アジアでもダメになる。
日本サッカー協会さん、苫米地コーチングを導入するべき。メンタルと何年言われてる?海外組の活躍が始まってるからこそ、いまだ。海外で活躍しててもチームとしてメンタルと指摘があるぐらい、日本代表チームとして苫米地コーチングを入れるべき。技術や才能はあるんだ。あとはエフェカシー。世界一というエフェカシー。日本とベルギーの差はそこだ。そこが全て


28 2019/02/10(日)
確かにメンタル面の影響も無かった訳ではないだろうけど、あの試合の敗因をメンタル面に求めるのは危険だよ。カタールの方がチームとしていいサッカーしてたんだから。


29 2019/02/10(日)
カタール戦の前半は酷かった。0-2のハーフタイムで私は思った。サッカーでは0-2はセーフティーリードではない、後半45分があると。ほら、1-2となってようやく勢いが出てきた。これはいけると思った。
その時だった。イルマトフ主審が吉田のハンドを取った、PKだ。1-3これでゲームは終わった。
低調なパフォーマンスだった。本来なら10回やって9回勝てる相手だ。ツキも無かった。メンタルだったと思う。長友の言うとおり親善試合もアウェイでやらなければ強くならない。
コパ・アメリカも3試合だけで帰ってくるな。
そう強く思い知らされたアジアカップだった。


31 2019/02/10(日)
オシムがウォーミングアップを見ればその日の試合で良い入りをするかどうかが分かるらしいが、その日の日本は相当ダメだったらしい。
イラン戦のような勝利に執着する気持ちが足りなかったと思う。


32 2019/02/10(日)
1つしっくり来たのは、最初の失点に吉田が絡んでいたこと。
鼓舞しなければならない立場の吉田が自分のミスと捉えて声が出せなくなっていたのかと。
そういうことはどんな世界でも時々起こるね。


33 2019/02/10(日)
去年で既に昔の事で忘れている人もいるかもしれないが、WCで日本があのコロンビアに勝てた試合も全く同じ事が言えるのではないだろうか。今回は立場が逆になっただけで。


35 2019/02/10(日)
狡猾さを出すとか選手より、応援する側が意識変えない限り無理でしょうね。
勝負に関して何をしてでも勝つよりも、正々堂々と戦って負けるほうがいいという層が多すぎる。
負けても感動したといってフィーバーしてるしね。


36 2019/02/10(日)
まともな守備的なボランチが遠藤しかいなくて、ケガで出られなかったのが痛かったと思う。柴崎や塩谷では荷が重かった。せめて三竿あたりがいてくれたらなあ。あとGK。権田じゃ不安しかないもん。


37 2019/02/10(日)
別にこの人達の言っている事が100点の内容だとは思わないけど、でも外からはそう見えてるって話だけでも成る程なとなる。メンタル面の強化か、具体的なトレーニング方法とかブラジルにあったりするなら聞いてみたいな。


40 2019/02/10(日)
日本のサッカーは波が激しすぎる。イラン戦のように頑張って成績を上げるときがあれば,ベトナム戦のように力んでギリギリで勝つ時もある。またカタール戦のように恥ずかしい負け方もする。このままではアジアのトップにはなれない。今回は運良く韓国とオーストラリアは途中で敗退して良かったが,このままでは追い越されるね。


42 2019/02/10(日)
実力的に有利な試合の時にどう気持ちを持っていいか
試合運びしていいのかわからないって感じでしょうか?

ブラジルワールドカップでの
実力を測るのは難しいですが
前評判のいいケースでのプレー運び

ロシアワールドカップでの挑戦者として挑みGL突破して
ベルギー戦で2点リードしてからの試合運び

これは国民性とも取れますが
悪いばかりじゃないと視野を変えるとか・・・

悪い結果にばかり目がいってしまいがちですが・・・










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ