20190207-00010001-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク



 ベルギーリーグ第23節のアンデルレヒト戦で、オイペンの豊川雄太は相手のCBに封じ込まれ、ほとんどボールに触ることなく試合を終えてしまった(結果は1-2でオイペンの敗戦)。「試合のなかで孤立している。悔しいです」。何もできなかった自分の不甲斐なさを、豊川は素直に語ってくれた。


 しかし、2月3日に行なわれた第24節シント・トロイデン戦での豊川は、アンデルレヒト戦とは別人のようにフリーとなってパスを受け続け、9分には先制ゴールを記録した。この1週間、しっかり課題と向き合ってきたことが、ひと目でわかるパフォーマンスだった。

 ただ、シント・トロイデンの鎌田大地に同点弾を許すと守備陣が崩壊し、オイペンは1-4で大敗を喫してしまう。これで6位ゲント(勝ち点38)と10位オイペン(勝ち点28)の勝ち点差は10と広がり、事実上、プレーオフ1出場の夢は断たれてしまった。

「ダメだなあ……。1点獲っただけじゃ足りないということですよ。でも個人的には、今日の自分はよかったと思います。たくさんボールに触ることができました。今週、(クロード・)マケレレ監督やコーチとボールの引き出し方について個人トレーニングをしたんです。1週間でこれだけいい感じにできたので、手応えはあります。これから、徹底的に身体に染み込ませたい」

 マケレレ監督から豊川は、「今のオイペンでは、君がしっかり起点にならないといけない」と言われているという。相手のMFとDFの間に生まれるスペースに降り、味方のパスを引き出し、相手CBを釣り出して裏を狙う……そんなイメージだ。

「自分の得点シーンが、そういう形でした」

 CBシーベ・ブロンデッレからフィードを引き出した豊川は、左サイドハーフのシェイク・ケイタにパスをすると、すぐさま相手DFラインの裏へと走り込んだ。そして、ケイタのシュートがバーに当たったときには、豊川はシント・トロイデンのゴール前で完全にフリーになっていたのだ。一見”ごっつぁんゴール”のようだが、この一連の流れには1週間の積み重ねが凝縮されていた。

 そんな豊川のもとへ、彼と同じ1994年生まれの木下康介が「久しぶりだね」と挨拶に来た。ふたりはU-19日本代表で一緒にプレーした間柄だ。

「監督、”あの”マケレレだよね。自分のチームの監督がマケレレだなんて、ビックリしたでしょう」「うん、ビックリした」などと、ふたりは話し始めた。

 実は私にとって、木下は密かにスウェーデンに行って取材してみたいと思っていた選手だった。

 堂安律のいるフローニンゲンに、シモン・ティブリング(現ブレンビー/デンマーク)というスウェーデン人MFがいた。フローニンゲンの番記者のひとりは今も親交が深く、スウェーデンまで試合を観に行って現地でティブリングに会っている。そこで木下のことを知り、「すごい日本人ストライカーがスウェーデン2部リーグにいるぞ」と、私に教えてくれたのだ。

 木下がフライブルク(ドイツ)のセカンドチームに移籍したことは、ニュースになったので知っていた。しかしその後、彼がスウェーデンのハルムスタッズに移籍し、2年目の昨季、13ゴールを決めていたとは知らなかった。

 1月18日、シント・トロイデンは木下の獲得を発表した。だが、ベルギーでは「木下の選手登録は2月半ばまでかかる」と報道されていたため、公式戦に出るのはまだ先と思われていた。

 ところが2月1日の記者会見で、シント・トロイデンのマーク・ブレイス監督が「急に状況が変わり、うまくすると今日にも選手登録ができそうだ。さもなければ、来週のベフェレン戦になるだろう」と明かした。結局、木下は出場機会こそなかったものの、オイペン戦のベンチに座ることができた。

「スウェーデンで結果を出したので、ステップアップできるチームを探していました。シント・トロイデンは今、注目されているチームなので、ここで活躍できたらチャンスだなと思いました。話もうまくまとまったので、即決でした」

 木下はシント・トロイデンへの移籍の経緯を語ってくれた。しかし同時に、なぜスウェーデンでプレーしていたのかも知りたいところ。その事情を、木下はこう説明した。

「フライブルクではケガもあり、いろいろあってうまくいかなかった(その後、ドイツ4部のホンブルグでもプレー)。そこで、どこへ移籍しようかと考えた時に、日本という選択肢もあったんですが、ヨーロッパで結果を残してなかったので、こっちでチャンスがあるならと思っていました。

 今、清水エスパルスの監督をしているヤン・ヨンソンさんが、当時ハルムスタッズの監督だった。彼は広島、神戸でもプレーしていて、日本の関係者とのコネクションがあったので、そこから話がまとまりました」

 スウェーデンでは、どのようなプレーをしていたのか。

「いちおう、点は獲っていました。なおかつ、チャンスメークや守備でのハードワーク……結局、全部やらないといけなかったんですが、そのなかで点を獲ることができました。スウェーデンに行ったのは、結果を残せたという意味では正解でしたね」

 ただ、スウェーデンで活躍したとはいえ、ここまでの歩みは本人が思い描いていたものとは違っている。

「成長はしているけれど、結果がともなっていない。今の自分は、結果がこう(と言って、手を下げながら)落ちている。それを、V字回復のように上げていきたい。いいプレーをしているだけじゃダメ。ここで点を獲らないといけない」

 ブレイス監督は、木下の印象をこう語る。

「190cmという長身で、ハードワークができ、得点能力の高いストライカーだ。英語も上手に話す。まだチームに来て間もないが、社交性の高い若者なので、すでにチームに馴染んでいる」

 シント・トロイデンにとって6人目、ベルギーリーグ全体で見ると10人目の日本人選手――木下康介にも今後、注目したい。

中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00010001-sportiva-socc



1 2019/02/07(木)
身長があるっていうのはそれだけで武器だよな。
スウェーデン2部じゃ点とってもネットニュースにもならないし、少しでも注目度の高いリーグにいけたのはよかったね。
得点感覚をさらに磨いて、A代表にぜひ!


2019/02/07(木)
「相手のMFとDFの間に生まれるスペースに降り、味方のパスを引き出し、相手CBを釣り出して裏を狙う」豊川のプレーの説明でさらっと書いてあったけど、このようなパスの受けてになれるFWって大切。日本人だと大迫がこれに加えてポストから味方を使うことができるから代表で替えが利かない。豊川や木下が目に見える結果を出したときは是非代表に招集してほしい。


2019/02/07(木)
頑張って日本代表に選ばれるようになって欲しい。


2019/02/07(木)
木下にマンCからオファー来た時はビックリしたけど、ちゃんと考えて、フライブルクに行ったのは良かったと思う。上手くはいかなかったけど、腐らずに海外でトライアウト受けてスウェーデンのチームに合格して結果出せたのは凄い。高さもあるし足元の技術もあるからチームで結果を出して代表に選ばれるように頑張れ。応援してるよ。


2019/02/07(木)
シント・トロイデンが日本人の欧州通過門になっている事感謝。結果で報いて欲しいね。


2019/02/07(木)
横浜FCユース時代の木下選手を見た事ありますが、本当に凄かった!!背が高くて、スピードもあって、ドリブルでも持ち込めて、シュートは弾丸のようだった。本当に日本版のズラタンになれる器だと思ってました。海外ではケガもあって苦しんだけど、まだ24歳。日本代表でも大迫選手の次のFWのポジションはまだ空いてるし、まだまだ欧州で活躍すれば充分可能性はあります。今いるFWの中で一番大迫選手に似ているタイプは木下選手だと思うので、ぜひベルギーで大暴れして欲しいなぁ〜


2019/02/07(木)
やはり中田さんの記事は読みやすいし読み応えがある。取材力って大事だと思う。
それよりも長身でハードワークが出来るFWは増えてはきているが「得点が取れる」長身FWが出てきて欲しい!


10 2019/02/07(木)
平山や指宿も大型FWとして、期待はされていたけど大成に至らず、彼には是非大成してもらいたい


11 2019/02/07(木)
マケレレから信頼されているというのはすごい!


13 2019/02/07(木)
木下ももちろんすごいけど、豊川もすごい。劇的ハットトリックなんかもあったけど、加入当初はサブだった。今季はしっかり監督の信頼を得て、チームの主軸として活躍している。素晴らしいことだと思います。


14 2019/02/07(木)
今の日本代表に足りない点の取れる長身FW。こういう選手が1人いるだけでも攻撃面での選択肢が増える。是非とも活躍して代表入りしてもらいたいものだ。


15 2019/02/07(木)
アジア杯ではベルギールーグ組は安定したパフォーマンスを見せた。オーストリアやオランダの若手にチャンスを与えるのであれば、ベルギーの鎌田や豊川にチャンスを与えても良いと思う。


17 2019/02/07(木)
こんな有望なFWがいたとは驚きです。大迫選手と同じ動きを求めるのは難しいとは思うけど、早く代表に呼んでほかの選手となじませてほしい。一度代表で出場すれば自分にないができるか、何が足りないか
身をもって知ることができるでしょう。


18 2019/02/07(木)
これからの活躍次第だが、代表に定着出来るようになると新たなオプションになる。

日本にとっては、長身選手は貴重なので、頑張って活躍してほしい。

また、海外のリーグで日本人ツートップとアベック弾が見れる日が早く訪れることを楽しみにしています。


19 2019/02/07(木)
ビアホフやクローゼがヘディングからの得点を得意としたように、ブラジルのロナウドが裏への抜け出しでディフェンスを振り返り得点するのを得意としたように、彼ほどの身長があるならヘディングなど得意な形を作れば良いと思う。


21 2019/02/07(木)
こう言う選手のマネジメント、コーディネートは誰がどのようにやっているんだろう。言葉の問題もあるし、もちろん金も必要。

それにしても日本人も逞しくなったね。それだけで頼もしい。頑張ってほしい。


22 2019/02/07(木)
シントトロイデンは日本人が多く、どうなんだという意見も見かけるが、海外で経験を積める環境なのは間違いない。レベルとしては主要リーグと比べると下がるかもしれないが、ここから羽ばたいていく選手も出てくるはず。DMMには感謝。


23 2019/02/07(木)
ベルギーにいる日本人選手、なかなか期待大だな。富安もそうだが身長が高くて語学が出来るなんて願っても無い選手じゃないか。
それにしてもオイペンの監督はあのマケレレなんだ?マケレレのチームでプレイしてる豊川も凄いな!


25 2019/02/07(木)
日本人の長身FWは貴重だから上手く大成して欲しいな。ハーフナーのように海外でも点取れるのに代表じゃ活躍出来なかったケースもあるけど。


26 2019/02/07(木)
代表の事でいえば大迫のように欧米選手のコンタクトを受けながらでも起点になれると2列目が一気に生きてくるから是が非でも代表レベルまでのし上がって欲しい。


27 2019/02/07(木)
今の代表にとって高さがあるFWってだけで魅力的。
プレーを見た事がないしどんな選手かもわからないけどシントで結果を残して代表に入って欲しい。


28 2019/02/07(木)
木下は高校から直接海外に移籍、その時は期待したけど、話題を聞かなくなった。久しぶりに名前を聞くようになり、190センチのFWと聞くと、また、期待してしまう。鎌田も木下も一度、日本代表に呼んで欲しい。


31 2019/02/07(木)
もっともっと成長して更に上のクラブを目指せ。だから今を頑張って!


32 2019/02/07(木)
フライブルグ時代は、松平家の末裔の方にお世話になってたな

いい環境だったんだが、怪我がなあ

また南ドイツで活躍して貰いたい


33 2019/02/07(木)
鎌田とボリが絶好調やから、そこに割って入るのは中々厳しいな


35 2019/02/07(木)
レベルの低いリーグでも沢山点を取るのは難しいもの。しかも190身長あっても北欧なんて平均身長が185あるから大変だよ。


36 2019/02/07(木)
木下は名前聞かなくなったけど、欧州2部で二桁取ってたのか。すごいな。全然ここから代表ある。


38 2019/02/07(木)
もうベテランの域に入ってきている。とにかく、結果にこだわって頑張ってくれ。代表にも絡んできてほしい。


39 2019/02/07(木)
コパは若手の発掘の場にしてほしいな♪
ベテランはもちろん呼ばないで、更に若くても堂安とかアジアカップでテストを受けた組も呼ばないで欲しい!


40 2019/02/07(木)
カタールW杯までには代表のFW争いを勝ち抜くくらいの飛躍を遂げて欲しい。










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ