20190207-00000008-sasahi-000-2-view

スポンサード リンク





 2022年ワールドカップ開催国・カタールの初戴冠という形で終わった19年アジアカップ(UAE)。ベスト4の3つを占めた中東勢、史上初の8強入りを果たしたベトナムなど東南アジア勢の躍進が目立った大会だったが、東アジア勢は停滞感が否めなかった。若い世代を積極起用してファイナル進出を果たした日本は、辛うじてプライドを保ったものの、韓国と中国が揃って8強止まり。北朝鮮は3戦全敗で大会を去った。

 15年オーストラリア大会ベスト8の中国は、イタリア代表を率いて06年ドイツワールドカップ制覇を果たしたマルチェロ・リッピ監督が指揮を執るチームだっただけに期待も少なからずあったが、前回超えは叶わなかった。名将は、16年10月から2年以上に渡ってチーム作りを進めてきたものの、18年ロシアワールドカップアジア最終予選ではイラン・韓国と同組の5位に低迷。今大会も同グループだった韓国に敗れたが、何とか16強進出。ラウンド16で成長著しいタイを2-1で撃破するも、準々決勝でイランに0-3と完膚なきまでに叩きのめされた。

 中国国内では「ベスト8」という結果を「やっぱりそうか」と受け止める向きが多いという。UAEで取材していた中国人記者は、中国代表について、こう話す。

「前回大会でベスト8だったので、今回の中国代表には4強入りが期待されていました。タイに勝って準々決勝に進んだ時は多少なりとも希望を持ったサポーターもいましたが、イラン戦の内容には失望感が大きすぎた。リッピはタイムアップの笛が鳴る前にベンチを立つ始末で、試合後の記者会見で選手を称える言葉の1つも出せなかった。それほど内容が乏しかったのは確かです」

 その要因を分析すると、リッピの戦術を中国代表選手たちが十分に把握・実践できなかったことが大きいようだ。

 前出の記者が続ける。

「イタリア代表のリッピは多様な戦術を選手に植え付けていたと聞きますが、中国の選手たちには、そこまでの理解力や器がなかった。リッピも妥協して約束事をできるだけシンプルにし、選手たちに徹底させようとしました。それでロシアの最終予選ではチーム状態が上向き、結果的にも改善が見られたのですが、今回は成果が出なかった。12月には海南島で長期合宿を組み、チームの一体感や熟成度を高める時間は十分あったはずなのに、結果にはつながらなかったんです」

 さらに、指揮官への批判も高まっているようだ。

「リッピの推定年俸は年間13億円で、2年3カ月の間に35億円くらいはもらっていたはず。『高額サラリーに見合った成績を残していない』という見方をする人は少なくない。ただ、中国サッカー界の重鎮にはイタリアの黄金期を作った名将を崇拝する傾向があって、彼のやり方に誰も口を出さなかった。いわば『丸投げ』です。そういう中国サッカー界の体質も問題だと感じます」(前出の記者)

 金満体質は、中国代表チームに限った話ではなく、中国スーパーリーグを含めたサッカー界全体に言えることだ。経済発展で巨額マネーを手にした中国企業は、習近平国家主席のサッカー熱もあいまってサッカークラブへの投資を競ってきた。その結果、クラブは潤沢な資金を持つようになり、選手たちの年俸も飛躍的に向上した。高年俸を得る選手はプライドが高くなり、人の話に耳を傾けなくなった者もいるという。

 北京在住のサッカー記者はこんな危惧を口にする。

「中国史上最強と言われる02年日韓ワールドカップの頃の中国代表は謙虚な姿勢を示す選手が多かったんです。イングランド・エバートンなどで長くプレーした李鉄、2008年の東アジア選手権で日本代表の鈴木啓太に『のど輪』を食らわせたことで有名になった李偉峰らは、メディアに対しても紳士的な振る舞いを見せてくれました。ですが、今はメディアより選手の方がはるかにリッチで、社会的地位も上なので、われわれを見下してロクに話をしようともしません。選手の意識がガラリと変わったと痛感させられます。国際的には大した実績もないのにリッピに尊大な態度を取った選手もいたでしょうから、監督側もやりづらかったと思います」

 巨額マネーが選手育成やサッカー環境の整備に活用されればよかったが、企業の投資の行く先は選手や監督の年俸など目に見える部分に偏ってしまった。それも近年の中国サッカーの失敗だと、前出の北京在住記者はズバリ指摘する。

「中国は政治家もスポーツ界のリーダーも3~4年単位でコロコロ変わる傾向が強い。そうなると長期的ビジョンを持つのが難しくなります。サッカーに関しては特にそうで、『知名度のある指導者を連れて来ればいい』とだけ考えて、サポート体制を構築するのを二の次にしてしまう。2010年代の監督を見ると、元スペイン代表監督のホセ・アントニオ・カマーチョ、マルセイユやリヨンで成功したアラン・ペラン、リッピと名前だけを見ればそうそうたる面々が来ていますが、内容はむしろ後退しているといった方がいいかもしれない。『金が毒になった』という指摘は的を射ていると思います」

 選手育成や指導者養成、環境整備が遅れているという意見が中国サッカー協会に響いただろうか。アジアカップ敗退直後の1月31日には、中国協会とブラジルサッカー連盟の提携が発表され、10万人の育成カテゴリーのブラジル人コーチを受け入れる計画も明らかにされた。今後15年以内にブラジル人コーチを継続的に派遣して、中国の学校でサッカーの先生として働いてもらい、ブラジル流のコーチングシステムを丸ごと導入するということだが、中国とブラジルのサッカー環境や特徴には差があるのに、いきなり異国のやり方を受け入れるのは難しい。「ブラジル人指導者の雇用の受け入れ先になるだけ」といった冷めた目線で見るメディアもあるようだ。

「ブラジル人コーチを招聘する前に、中国協会はクラブライセンス制度を導入し、各クラブにアカデミーを設置することを義務づけることが必要だと思います。12~14年までリッピが率いた広州恒大、かつて岡田武史氏が指揮を執った杭州緑城、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)常連の山東魯能泰山などはしっかりしたアカデミーがあり、選手を育てていますが、そういう組織がないクラブも少なくない。育成環境がまちまちでは、世界で戦える選手も出てきませんし、中国代表として統一感のある戦いもできない。日本を見習って、そういうところから改善していくべきでしょう」

 親日家のサッカー記者が言うように、お金の使い方を見直し、有効な投資にできるように仕向けていくことが、中国サッカー発展の最重要テーマだ。「眠れる獅子」が「暴れる獅子」になるためには、まだまだ時間がかかるのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00000008-sasahi-socc&p=1



1 2019/02/07(木)
正直サッカーはこれからも強くなることはない気がする。ここ最近どころか強くなるとは昔から言われてけどいつまで経っても変わらない。金があるのがダメになってる。これは中東の国にも言えるけど。選手が外に出ようとしないから個が育たない。組織としては国内の方がやりやすいけどね。なんだかんだ代表もW杯出た頃が一番強かったし、クラブもリッピのコンカムリキエウケソンの広州以上のチームが出てきてない。


2019/02/07(木)
とりあえずネームバリューだけで監督候補を決める→必要以上に年俸額を上げる→ダメなときに切るに切れなくなる→どっちも得せず終了
選手が超一流だからこそ真価を発揮する監督もいる。中国は折角優秀な外国人がいる間に彼らを掌握して勝てる自国の監督を育てるべきでは?


2019/02/07(木)
中国がカタールの様な一貫した育成システムに優れた指導者の元に着手したとしたら怖い存在になると思う。

その前に日本も一層磨きをかけて行く必要があるし、フィジカルを何とかしないといけないと思う。


2019/02/07(木)
文革をやらなければもっと素晴らしい国家になったはず。
毛沢東が孫文に負けた方が良いことはったはずだと思う。


2019/02/07(木)
日本だってJリーグが出来てすぐに強くなったわけではないし、少しづつW杯に近づいていった。
お金かけたからといってすぐには強くならん。
あとは国民性だね。
監督の指示を理解する頭。
指示を守ろうとする勤勉さ。
この2つが1番大きな違いだな。


2019/02/07(木)
名将が監督でも結果が出るかは分からない。記事の通り選手が理解できなければ高度な戦術も機能しないでしょうね。
日本は森保監督で批判する人は多いが、私は悪くないと思います。


10 2019/02/07(木)
攻撃陣に助っ人を取りすぎて、国内選手が育たないよね。
かといって守備が良い訳でもないが。


11 2019/02/07(木)
原因はいろいろあるだろうけど中国は個人種目に比べれば団体競技は苦手に感じる。


12 2019/02/07(木)
ビックネームを呼ぶだけでは育成にはならない。


14 2019/02/07(木)
誇りばかりが高くて、長期展望も謙虚さもチームワークもダメでしゅね。


15 2019/02/07(木)
「決めつけ」がいかに無駄かを教えてくれるのがサッカー。

今後、どんなマジックでアジアの強豪国に名を連ねる日が来るか、

はたまた、そうはならないか。

見守ろうではないか。

少なくとも、昔の「カンフーサッカー」ではなくなってきたのだから。


16 2019/02/07(木)
強いのは個人競技だけで、しかもドーピングができない競技はイマイチだよね。


18 2019/02/07(木)
中国人はチームスポーツに向かないように思う。


19 2019/02/07(木)
今のままじゃいつまで経ってもいい成績は出ないだろ


20 2019/02/07(木)
少林寺の師範に監督になってもらった方が強くなれると思うよ


22 2019/02/07(木)
朝日の記事だけに中国の代表チームについては
実情を詳しく書いてますが
日本代表のときほど辛口ではないのが
あからさまによくわかります。


23 2019/02/07(木)
中国のチームプレー競技は弱い。
卓球やバドミントンのような個人競技の
方が強い。


24 2019/02/07(木)
未だ中国史上最高の選手が、
00年代前半にマンCでプレーした孫継海だからねぇ


26 2019/02/07(木)
映画みたいにカンフーは使えないからね。


27 2019/02/07(木)
誰が眠れる獅子なのか知りたい。


28 2019/02/07(木)
誰が眠れる獅子なのか知りたい。


30 2019/02/07(木)
サッカーに似たカンフーサッカーをやれば良い。


31 2019/02/07(木)
金の使い方が間違ってる
実力に合わないサラリーを貰った選手が自尊心だったり、勘違いしているのが間違いかもね


32 2019/02/07(木)
個人競技に比べるとチーム競技はそこまで……って印象あるな、中国は。

で大金もらって選手内に変な序列みたいなのができたら、
すんなりいくまい。そういうメンツは変にこだわる国民性だから。


35 2019/02/07(木)
若旦那が経営して駄目な会社と
同じレベルだよ。


36 2019/02/07(木)
得意のパクリも通用しないかな。


37 2019/02/07(木)
自陣の完全セフティなエリアですらパス交換できてなかったし
ほとんど2タッチ以上(しかも不用意なとこにトラップ)だったし
なでしことか青森山田でも勝てそう


38 2019/02/07(木)
チームプレーが無理っしょ!


39 2019/02/07(木)
どうでもいい
卓球だけやってろ


40 2019/02/07(木)
中国は永遠に眠れる獅子










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ