20190206-00010000-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 先日、「スーペル・デポル」(90年代、無名だったデポルティーボ・ラ・コルーニャがリーグ優勝を争い、敬意を込めてそう呼ばれた)の当時の主力選手のひとりで、引退後は指導者に転身した人物から、SNS通信アプリで連絡が入った。


「指導者は今、休業中なんだ。でも、他の監督と組んで、エージェント業を始めている。そこでJリーグでの働き口を広げたいのだが……」

 Jリーグに多くのスペイン人指導者がいることは、今やスペイン国内でも知れ渡っている。J1ではミゲル・アンヘル・ロティーナ(セレッソ大阪)、フアン・マヌエル(ファンマ)・リージョ(ヴィッセル神戸)、ルイス・カレーラス(サガン鳥栖)。そしてJ2にはリカルド・ロドリゲス(徳島ヴォルティス)がいる。

 わずか4名と括るのは正しくない。4人の監督は、それぞれスペイン人スタッフを複数引き連れ、チームを組んで仕事をしている。つまり、すでに十数名のスペイン人指導者が来日しているのだ。

 言うまでもないが、アンドレス・イニエスタを始め、多くのスペイン人選手も日本の地を踏んでいる。

「日本はマーケットとして魅力的。ぜひ仕事をしたい、と思っている監督や選手は多いんだよ」

 かつてスーペル・デポルで伝説を打ち立てた男は、新米エージェントとしてかなり本気だった。

 では、なぜスペイン人指導者たちは極東の島国に針路を向けつつあるのか?

 スペイン国内に、指導者の働き場所は少なくはない。なぜなら、2部Bといわれる実質3部リーグは4つあって、4部リーグは18ある。3部は80チーム、4部は約360チームも存在しているのだ。

 日本のJ3、JFLとはわけが違う。スペインの新米監督は、こうした下部リーグで経験を積み、競争するなかで頭角を現し、監督として台頭する。これが、スペインに名将が多く出るメカニズムだ。

 神戸のリージョ監督も、4部や3部で実績を積んでいる。そしてサラマンカを2部、1部と昇格させ、当時史上最年少の29歳で1部チームの監督になった。下部カテゴリーで培った監督力は本物だ。

 もっとも、下部リーグのサラリーは限られる。にもかかわらず、成績不振だと真っ先に責任を取らされる。厳しい労働環境と言えるだろう。若手監督にとっては場数を踏めるだけに悪くはないが、キャリアを積んだ監督が再起を図るには覚悟がいる。

 そこで近年は、スペイン人指導者が外貨を求めて海外に進出するようになった。中国、カタール、インド、インドネシアなどアジア各国のクラブだけでなく、代表監督も増えつつある。ユース年代の指導者も含めると、その数を正確に把握することはできない。

「スペイン人監督というだけで保証書付き」

 そういう時代だ。

 スペイン人指導者の名声は、今や世界を席巻している。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラは最高の名将だし、ロシアW杯で日本を撃破したベルギー代表を率いているのも、スペイン人監督ロベルト・マルティネスだった。他にも、プレミアリーグではラファ・ベニテス(ニューカッスル)、ウナイ・エメリ(アーセナル)などが采配を振るう。

 事実、スペイン人指導者は質の高い仕事をしている。

 たとえば、ロティーナ監督は、J2で残留争いをしていた東京ヴェルディを率いるようになり、2シーズン連続で昇格プレーオフに進出。その指導によって、ブラジル人FWたちはいちじるしく得点を増やすようになった。日本人選手も成長を示し、多くがJ1のクラブへ移籍していった。

 リージョ監督も、昨シーズン途中で神戸を率いた途端、「グアルディオラの師匠」の面目躍如だった。すぐさま選手の心をつかみ、目に余るほど士気が低下していたルーカス・ポドルスキを蘇生させた。そして控え選手までもが、「リージョのもとで練習することで確実にサッカーがうまくなっている」と、高いモチベーションを見せているのだ。

 一方、スペイン人指導者たちも日本での生活に満足している。
 
 中国のクラブでは、法外なサラリーを約束したにもかかわらず、不払いの騒動になっているケースが少なくない。練習設備が整っていなかったり、運営面の拙さも見られる。実際、イニエスタも中国のクラブとの話を打ち切って、日本を選んだ。

「日本人は礼儀正しく、教養がある。生活は便利だし、食べ物もおいしい。さまざまないいところを受け入れて進化してきた国なのだろう」

 神戸のリージョ監督は、日本へのリスペクトを込めて語っていた。こうした話はスペイン国内に広がる。こうして今や、両者は相思相愛の関係になりつつある。

 フリーの実力派スペイン人監督はまだまだいる。

 たとえば、1部レアル・ソシエダの監督を解任されたばかりのアシエル・ガリターノなども”悪い物件”ではない。3部にいたレガネスを率いて2部に昇格させたあと、クラブ史上初の1部にも導いた。昨シーズンはスペイン国王杯でレアル・マドリードを撃破し、準決勝進出。2部のミゲル・ムニョス賞(最優秀監督賞)、1部のミゲル・ムニョス賞を、2016、17年と、たて続けに受賞している。

 今後もJリーグのスペイン人指導者は増える可能性が高い。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190206-00010000-sportiva-socc



1 20102/06(水)
できたら日本人の選手だけでなく監督も育ててほしい。


20102/06(水)
間違いなく高レベルのリーガの血が、Jに投入されるのは、ポジティブに捉えて良い事だと思う。
Jもチーム数が増えて、ある意味レベルが落ちて。
トップ選手は欧州に出ていっているし。
そこにリーガのスターが加入して、更にコーチングスタッフまで加われば、レベル停滞の懸念が外れると思う。


20102/06(水)
日本人の指導者が競争出来るように外国人監督ともっと競わした方がいい


20102/06(水)
選手は世界にでて活躍してるけど、監督は全くだよね。海外には選手として結果が残せなくても名監督になった人は沢山いる。
日本も若いうちに海外に渡って勉強して欲しいと思うけど厳しいのかな。
スペインとかイギリスに行く日本監督も見て見たいけど。


20102/06(水)
日本のサッカーは、外部の優秀な指導者や選手を受け入れ、そのエキスを吸収し、日本人の特性を活かして成長して来た。
その流れは今後も変わらないでしょう。
より多くのスペイン人の選手や指導者が日本で活躍してくれるのは、歓迎すべき事だと思う。
別に意味でも、彼等が日本での生活を広報してくれるのは、有り難い事です。


20102/06(水)
微妙なポジショニングのズレなどは良い指導者の元でしか学べない。
そこで学んだ選手達が将来良い指導者となり、選手や子供達を教えるようになった時に、初めて日本のサッカー文化は育つと思う


10 20102/06(水)
監督の影響は大きいですよね。カレーラス監督にならなかったらクエンカ選手は来てなかった気がしますからね。クエンカ選手も頑張っているようですし、それだけを考えても外国人監督はある意味メリットがあるのだろうと思いました。


11 20102/06(水)
選手にはフィジカルよりも、そこそこの技術があり、かつ監督の戦術を実行しようとする忠誠心やチームとしての秩序もある。監督としても、そこそこ楽しいかもね。


12 20102/06(水)
スペイン人監督がJリーグ監督にチャレンジするのは望ましい事だし、それを斡旋するのも応援するのも構わない。

が、この小宮某は常に誇大表現をするよね。
ロティーナは確かに騒がれたけどJ2も獲ってなければ、調子のおかしかったジュビロに歯が立たず負けたクラブを率いてたわけで、大袈裟にも程がある。リージョ?関しては論外。ポドルスキーがやる気を取り戻したとも思わなければ失っていたとも思わないし、あったとすればイニエスタが来たからってだけだろ。戦績も示してる。
そしてかの某はよく謎のスペイン人識者の名前を語って代表戦後、その識者の意を翻訳した体で槙野だけをディスってみたりと、やっていることが幼稚り記者としての適性が決定的に欠けてると感じる。
客観的に書きつつ、個人的にはってスタンスでは書けないもんかの。


14 20102/06(水)
目指したというより日本が招聘したんだろう。
単にスペインの2部、3部よりJリーグがいいと言うあたりまでレベル来たんだろ。
スペインは指揮官が多いから働き場所から溢れれば優秀な指揮官でも海外に出る。
日本に限らず海外で活躍してるスペイン人監督は多いよ。


15 20102/06(水)
セレッソが海外経験の選手が3人もいながらだらしのないサッカーしてたのを思い出すと、
監督が代われば駄目になるのは想像できる。 

詰まる所育成世代から必要な気もするが


16 20102/06(水)
J創成期の資金力で選手や監督を集めた時代と違い、いまはJリーグの実力で世界から注目されている。たった四半世紀でよくここまで発展したと思う。
これからはアジア全体が憧れるリーグに進化してほしい。


18 20102/06(水)
正直Jリーグに海外の実績ある監督が来たら、代表監督はやりづらいだろうな。選手に比べられてしまう。森保がいい監督なら意見を聞いているだろうが、それでもマネジメントはやりづらい。代表スタッフ達もJリーグレベルでしょうし、選手達も自分より海外の経験値が上の選手もいっぱいいる。森保監督大丈夫だろうか。


19 20102/06(水)
DAZNマネーで潤い出したjリーグ、アジアでは一二を争うリーグはこれからの期待値は高い。何シーズンか出来れば辞めてからも解説者で活躍出来たりするし、結果出せば高額なサラリーで中国や中東に引き抜かれるかも知れない。
お互いメリットがしっかりあるのは良いこと。


21 20102/06(水)
スペイン人の監督には戦術家が多いから、日本の選手には色んな事を学んで欲しい。
中村憲剛の様なピッチ内の戦術家が若手のなかに育ってくれば、カタール戦の様な敗戦は無くなるし、Jのレベルは格段に増す。


22 20102/06(水)
指導者としてのニーズがあるのだろうし、本人達も安全な日本がいいと思うのもあるのかな?


23 20102/06(水)
この頃の日本サッカーを見ていると 昔に比べ随分と立派になったもんだと思う
クラマー氏が土台を作った日本サッカーは 選手を世界に行けるところまで育てたが 指導者となると育成させるシステムはまだまだだと感じる


25 20102/06(水)
監督がコロコロ代わるクラブに、強いイメージはない。しかも、外国人監督ばかり招聘するクラブは、なおさらだ。
外国人監督を招聘するなら、ある一定期間以上の政権時間を与えてあげないと。戦術なんかが浸透するまでに結果が伴わず、すぐに更迭なんか繰り返してたら、全くもって無意味。
あと、新しい監督にありがちな、戦術に合わないからといって、既存の選手を全く使わないってのが、非常にもったいない。


26 20102/06(水)
やっぱり、W杯で目に見える結果を残したのは大きいですね、それにあのイニエスタが日本を選んだのも背中を押しましたね。


27 20102/06(水)
スペインは指導者が多すぎる。

若くて経験ないのに何故かUEFAプロライセンスだけは持ってる連中も多くいる。

対してスペインのクラブはお金が無い。だから海外に職を探しに行くのだが通用するのは一部実績を出した指導者レベル。


28 20102/06(水)
Jで頭角を現した選手は欧州へ挑戦という流れの中、Jリーグのレベル低下が懸念されてから早数年。

欧州の一線を退いた名手がJに来るのはその補填として最適ですね。

監督にしても同じく補填になるでしょうね。


31 20102/06(水)
多くのDNAが交配してこその進化。素晴らしいね。


32 20102/06(水)
これ、地味にJリーグとラ・リーガの提携もいい影響を与えてると思う
監督だけじゃなくバラルやモリージャスといったスペイン選手の移籍も増えたからね


33 20102/06(水)
こないだのカタールの監督も素晴らしかった。スペイン人はサッカーへの理解が凄いと感心させられる。日本人選手ももっとスペインに移籍してほしいが、なかなかハードル高いようだ。香川無理かな〜


35 20102/06(水)
日本人監督も負けてられないな。
外国人監督と競って、そこから代表監督を選んだら良いと思うよ。


36 20102/06(水)
今後の実績次第で、スペイン人の日本代表監督誕生は大いにありうると思う。


37 20102/06(水)
先進国の良いところは貪欲に吸収して自分のものに
それが日本の良さだよね、今も昔も。
サッカーも同じ!


38 20102/06(水)
特に神戸と鳥栖のスペイン化はすごいな


41 20102/06(水)
ミケル・エチャリ氏の分析記事とかを読んでも、スペインのサッカーの考え方はとても勉強になる。また、すんなりと受け入れることができるのは、根本的な部分で価値観が同じだから。

著名な方の分析やアドバイスでも「そうかな?」と思うことがあるのは、そこが違うから。


42 20102/06(水)
スペインサッカーは戦術的で組織的だから、日本人にも合ってるよ。
世界的な潮流でもあるしね。
DAZNのおかげで指導者のサラリーも良くなっているだろうから、クラブレベルでレベルの高い外国人指導者が来てくれると、日本サッカーの底上げになるから大歓迎。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ