20190205-00010002-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 那覇空港からクルマを北へ2時間ほど走らせると、沖縄本島最北端の国頭(くにがみ)村に到着する。自治体の公式サイトには、「ヤンバルクイナやノグチゲラといった貴重な動物が生息し、東洋のガラパゴスとも呼ばれています」とある。そんな自然あふれるのどかな場所で、FC東京が新シーズンに向けて1次キャンプを張っていた。

 燦々(さんさん)と陽差しが降り注ぐピッチでは、和やかなムードで軽めの練習が行なわれていた。この日の前日にFC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎と強化試合をしたチームは、円陣で移動しながらリフティングをしたり、ヘディングでボールをつないだりしながら、たびたび大きな笑い声を上げていた。気温は20度近く。トレーニングを引き上げる選手たちは口々に「暑いですね」と言いながら笑顔を見せた。

 チームを率いて2年目のシーズンを迎える長谷川健太監督は「順調にきていると思います」と話す。

「ここまでの3試合(1月22日には大宮アルディージャと対戦)では、いい部分とそうでない部分が見えました。当然、コンディションの面はまだまだで、(試合では)疲れによるミスも多かった。プレーのクオリティ、技術面、戦術面を高めていくのはこれからです。

 ただ、1次キャンプの試合では点が入らないことが多いのですが、町田戦で3点、大宮戦(45分を3本)でも2点取れた。この時期に、J2上位のチームと試合をしてゴールを奪えたのは大きな収穫だと思います」

 その町田戦で終盤に決勝点を決めたのは、横浜F・マリノスへの期限付き移籍を終えて復帰した久保建英だ。指揮官に17歳のアタッカーについて質問を投げかけると、もともと柔和な長谷川監督の表情がさらにほころんだ。

「一年経って、だいぶ逞しくなってきましたね。(新シーズンは)本当の意味で、(ファーストチームのレギュラー)競争のスタートラインに立てるでしょう。もともと技術的にはいいものを持っているのですが、(去年は)それをJ1の舞台で発揮するだけのフィジカルが少し物足りなかった。昨日の試合でも、スプリントや球際がだいぶ強くなっていたので、今シーズンの飛躍に期待しています」

 町田戦で4-4-2の右MFでフル出場した久保本人は、「引き分け濃厚のなか、苦しい時間帯に(決勝)点を取れたのは、個人としてもチームとしてもプラスだったと思います」と振り返っている。横浜へのローンでいかに成長できたかについては、「あまり自分ではわかりませんが、一度環境を変えた身としては、それがプラスだったとピッチ上で証明していきたいです」と語った。

 1次キャンプでの3試合は2勝1敗(大宮と町田に勝利、長崎に敗北)。勝敗そのものが重要ではない時期だが、選手会長を務める太田宏介は次のように見解を述べた。

「自分の経験的に、キャンプやプレシーズンの試合ではあまり結果が出ないほうが、実際のシーズンにはうまく入れるような気がします。去年もプレシーズンは1敗もせず、ほぼ完璧な内容と結果だったのですが、シーズン序盤戦はつまずきましたから。何が正解かはわからないですね。今の時期に勝つに越したことはないと思う一方で、負けから学ぶこともあるし、課題が明確になったほうがいいとも思います」

 2018シーズンの副キャプテン(今季は未定)は新シーズンの目標について、「もちろん優勝を目指して戦うけれど、現実的にはACL出場権獲得(3位以内)ですかね。挑戦者であることは間違いないので。去年は6位でしたが、夏以降勝てなくなったし、内容には満足していない。得点も、攻撃のバリエーションも少なかった」と語った。

 大田自身は昨シーズン、小川諒也とのポジション争いに晒されたが、「(若手の突き上げは)もっともっとほしい。年上の選手がそれに負けずに、みんなが競争をするようになればいい」と激化する定位置争いを喜ぶ。

 31歳となり、「(年齢順では)上から数えた方が早くなった」太田は、2015-16シーズンの途中から約1年間、オランダのフィテッセでプレーした。その経験を若手に伝えることもあるのかと聞くと、「今の若手は、びっくりするぐらい、何も聞いてこない(笑)。自分が若い頃は年上の選手にいっぱい話しかけて、たくさん吸収したいと思っていたけれど。試合に出たいとか、活躍したいとか、そういう気持ちを態度や姿勢で示してほしい。(若手は)もっと尖ってほしい」と願う。

 これは、チーム全体の成長を考えてこその言葉だろう。日焼けした顔に汗が光るベテランは最後に、「自分は去年、FKから1点しか取れなかったので、今年は2点取ります」と言ってバスに乗り込んでいった。

 かつてエールディビジで武者修行した31歳と、バルセロナの下部組織に所属した経験を持つ17歳。首都のクラブが3度目のACL出場権を手にするには、彼らの活躍が欠かせない。

井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi



1 2019/02/05(火)
久保には体の強さを求められるFC東京よりももっと活躍できるJ1のクラブがある気がしてならない。去年のレンタル先だった横浜とか、イニエスタから色々と吸収できそうな神戸とか、2列目が自由にできるミシャサッカーの札幌とか。
バルサに本気で戻るつもりならそろそろJ1でスタメンになってほしい。


2019/02/05(火)
FC東京は中島を何年も持て余していたし、若手の良い所活かして伸ばすことには長けていないクラブのイメージ。
久保くんは今シーズンで結果残せなかったら、脱出した方がいいかも。


2019/02/05(火)
長谷川監督は、やはり久保君にフィジカルを求めてたのか。残念です。
中~高校生くらいは身体の成長に個人差がある。長谷川さんはジュニアユース監督経験ないのかな。
急に背が伸びた中井君が良い例でしょう。
しかも中井君は、ガチガチフィジカルではなく、サッカーレベルが最高のスペインユースの環境で日々技術、判断を磨いている。
16~17歳の久保君に求めるものがナンセンス。成長が止まりやしないか心配です。


2019/02/05(火)
特に太田に聞きたいことがないだけだったりして笑


2019/02/05(火)
太田宏介先発試合、勝率2割2分。小川先発試合、勝率7割5分。なんで昨シーズンは小川をレギュラーにしなかったんだろう?小川は日本代表に呼ばれてもいい存在だし、札幌が欲しがった理由もよくわかる。守備の強度、攻撃の多様性、ボール保持技術のうまさ代表クラスだと思うぞ!!長友の後釜になってほしい。長谷川監督、決断の時だぞ!。


2019/02/05(火)
全世代が久保建英に聞きたい事は山ほどあると思うけど

久保建英ってボール受けるまでのフェイント量が多いんだよな

フリーで受ける為に常に頭使ってる10代って 凄いよな


10 2019/02/05(火)
太田選手より久保選手の方が海外でのキャリア長いし若手は久保選手に聞きに行ってるんじゃないかな(笑) 年齢近い分話しやすいだろうし


11 2019/02/05(火)
育成って難しいと思うけど、久保くんが成長して活躍できることを願う。


12 2019/02/05(火)
確かに今年が本当の意味での競争スタートなのかな、そう考えると同じ歳で普通にJ1でやれてた宇佐美はやっぱ凄かったんだなあ。


14 2019/02/05(火)
まぁ先輩に聞いた所で得るものがないのでしょう。
これがイニエスタなど世界的プレーヤーであればまた違うのでしょうが。
たかだか1年海外の下位クラブでやってただけじゃ仕方ないですよ。
久保選手は早くスペインに戻れると良いですね!


15 2019/02/05(火)
中島、武藤、長友のフィジカルモンスターを育ててきたFC東京だからなぁ
久保くんも成長期でなければマッチョ化できるものを


16 2019/02/05(火)
先輩に色々聞くこと=尖ってるになるのか?
必要だと感じたら聞きに行くんじゃないかな。


18 2019/02/05(火)
東京はぬるい 競争環境がゆるい
久保くんは東京を出るべき
自我が弱すぎる もっと厳しい環境でやった方がいい
東京には自我が強い北川の方が合っている


19 2019/02/05(火)
久保選手がどうっていうより、『元バルサ』とかそういうブランドを妙に持ち上げているようにしか見えない。確かに実力が認めらての上ではあるけども、全員が全員輝いているわけでもない。

そういうメディアの報道のしかたに違和感を覚える。


20 2019/02/05(火)
いや、1年で帰ってきた人に聞きには行かないと思う。


22 2019/02/05(火)
太田はもっと落ち着いた方が良い。


23 2019/02/05(火)
若手だけじゃなく、太田選手も尖って行きましょう。


24 2019/02/05(火)
今時の若いもんは、、という言葉は古代からあるそうです。


25 2019/02/05(火)
類稀なスキルも相手のプレッシャーがある中で発揮できなければ意味が無い。それにはフィジカルが必須。


27 2019/02/05(火)
もっと聞きたくなる選手になって下さい。


28 2019/02/05(火)
体の線が細く小さいから。
それを理解してくれるJ1クラブがいいかな


31 2019/02/05(火)
久保くんには早くスペインに戻ってほしい️


32 2019/02/05(火)
太田が日本代表入ってくれよ。

クロスの質は長友とくらべたら精度桁違いだし、どあんの本田並みに期待出来ないFKも太田なら決めれる!って期待感もある


33 2019/02/05(火)
今の時代、インターネットで調べれば大抵の事は知ることが出来るし、それぞれのプロフェッショナルと繋がって直接聞く事も出来る。
狭いコミュニティの中でやり取りする時代は終わったんだよ。
若手が聞きに来てくれるのなんて、先輩のエゴと満足感でしかない。
若い選手にフィジカルを求める監督もエゴでしかない。


35 2019/02/05(火)
聞く価値がないから聞かないんじゃね?それに”尖るのが意識高い”がだいぶ時代遅れなんじゃ?


36 2019/02/05(火)
太田の、今の若手は聞いてこないっていう発言
これってサッカーの世界だけじゃないよね
世間でもそういう子達が多い
自分の世界を広げたくないのかなんなのか
環境や教育の結果なのかは判らないけど
ちょっと不安になる


38 2019/02/05(火)
フィジカル、スピードがないと
技術だけじゃ厳しい。
まだ17歳、慌てる必要はない。


39 2019/02/05(火)
せっかくの才能が埋もれていっている感じが。


40 2019/02/05(火)
バレンシアのイガンインと同い年ですね


42 2019/02/05(火)
なんかこのまま埋もれていきそうで怖い











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ