20190205-00010007-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 アジアカップの決勝直後、スタンドの記者席から偶然目にした光景が興味深い。

 表彰式がまもなく始まろうかというときだった。試合後の後片づけに追われる、日本のチームスタッフが目に入った。彼らは大きなビニール袋を片手に、ベンチ前やピッチ脇に転がっていた水のペットボトルを拾い集めていた。


 すると、何かに気づいたスタッフがピッチ内に入り、ペットボトルだけではなく、遠目からはよく見えない、小さなものをいくつも拾っていたのだ。

 双眼鏡を使って”ゴミ”の正体を見てみると、それは小さなビニール袋。その何分か前、歓喜に沸くカタールの選手たちには、表彰式で着用するためのマフラーが配られていたのだが、選手たちは包みの袋を破ってマフラーを取り出すと、袋はピッチ上に”ポイ捨て”していたのである。

 昨年のワールドカップ同様、今回のアジアカップでも、日本が試合後のロッカールームをきれいに掃除して帰ったことが話題となった。だが、日本のチームスタッフがきれいにしたのは、ロッカールームだけではなかったわけだ。

 その一方、ほぼ時を同じくして、日本のベンチ脇では、テレビ中継用の選手のインタビューが行なわれていた。

 テレビカメラの前に立っていたのは、大会MVPに選ばれたカタールのFWアルモエズ・アリ。インタビューが終わり、背番号19が仲間たちのところに走り出そうとすると、中継スタッフのひとり(おそらく、地元カタールか、開催国UAEのテレビ局だろう)がスマホ片手に声をかけ、一緒にセルフィーを撮ろうとせがむ姿が目に入ってきた。

 結果的に、彼の企みはAFC(アジアサッカー連盟)のスタッフによって阻止され、未遂に終わるのだが、日本でなら、まずお目にかかることのない光景だった。

 たまたま目にした、微笑ましくも、ある意味で対照的なふたつの行為を取り上げて、事の是非を問おうというのではない。国が違えば、習慣や文化も違い、物事の考え方がまったく違う。それがふたつの行為によく表れていたことが、とても面白く、興味深かかったのだ。

 さて、話は変わって、ピッチ内の日本代表である。

 今回のアジアカップでの日本の成績は準優勝。優勝を逃しはしたが、結果だけなら、十分及第点と言っていいだろう。

 とはいえ、内容的には酷いものだった。ウズベキスタン戦、イラン戦を除けば、試合を重ねるごとに、内容が悪化していたのではないかと感じるほどだ。

 とりわけ物足りなさを感じたのは、本来、日本の武器であるはずの組織や連係の部分である。

 守備では、誰がボールに寄せて、誰がカバーするのか、そうした基本的な連係がうまくいかずに、余計なピンチを招いてしまう。また、攻撃では、選手同士の動きが重なったり、呼吸が合わなかったりして、せっかくチャンスになりかけた状況をフイにしてしまう。攻守両面において、組織的な連係はままならず、チームがチームになっていないシーンが、大会を通じてかなり目立った。

 日本は近年、若くして海を渡る選手が増え、今大会では、ついに先発メンバー11人全員が海外組という編成が実現した。選手個々の能力は着実に向上しており、よく言えば、それが決勝進出の大きな要因になったと言ってもいい。

 しかし、悪い言い方をすれば、組織の拙(つたな)さを個人能力の違いで押し切っていただけ。ひと言で言うなら、大味なサッカーだった。

 決勝でカタールに完敗を喫したのも、戦術や戦略も含めて、組織の部分でカタールに上回られていたからだ。日本がアジア勢(なかでも中東勢)相手に、”突出した個の一発”で不覚を取ることはあっても、こうした負け方をするのはあまり記憶にない。

 もちろん、選手個々の能力を高めることは必要だ。能力が高いに越したことはない。

 だが、ヨーロッパや南米の強豪国と比べて、選手個々の能力で劣っているから、そこを伸ばさなければならない、というだけの発想なら、相手の土俵に立ち、自ら不利な戦いを望むようなものだ。

 そうではなく、自分たちの武器が何かを理解し、自分たちの土俵で勝負すること。そして、その武器は無理やり身に着けようとする必要はなく、自分たちがそもそも備えているものを伸ばすことで手にできるということ。その発想なくして、ワールドカップでのベスト8進出はないと思う。

 ストライカーは、周りにフリーの味方がいても、自分でシュートを打つくらいのエゴイストのほうがいい――。そんな話をよく見聞きする。そこが日本の選手に足りないところだ。だから、日本にはストライカーが育たないのだ、と。

 しかし、何もかもヨーロッパや南米のものさしで測る必要はない。自分のエゴを押しつけるのではなく、周りのことを考え、チーム全体にとって何が最善かを判断できるのは、日本のいいところでもあるからだ。

 ワールドカップ直前の監督解任という、ヨーロッパや南米の常識に照らせば、その時点でチームが崩壊してもおかしくないような事態に陥りながら、ロシアで望外の好成績を残せたことは、まさにその好例だろう。

 日本と対戦したチームの監督が、日本のよさとして「組織」や「規律」を挙げることがよくあるが、日本の選手たちは、それを特別に意識しているわけではない。個人によって多少の差こそあれ、持って生まれた気質として自然にできる。裏を返せば、日本人にとってはごく当たり前にできることが、どうしてもできない国がたくさんあるということだ。

 選手と一緒に写真を撮りたいからといって、ひとりで勝手なことはしないし、敵が捨てたゴミだからといって、見て見ぬふりはしない。それが、日本人の気質である。

 見方を変えれば、お人よしだとか、勇気がないとも言えるだろう。だが、それがよくも悪くも特性なのだから、簡単には変われない。自分たちにしか持ちえないものがあるならば、それを短所と考えるより、長所と考えるほうがずっと前向きだ。

 もちろん、代表チームはクラブチームと違い、十分な時間をかけてチームを形作っていくことが難しい。森保一監督のここまでのチーム作りを見ていると、最低限の決め事だけを落とし込み、あとは選手個々の即興に任せているように見える。

 それがいい方向に出たのが、昨年行なわれたいくつかの親善試合ということになるのだろう。「個」か「組織」かの大まかな二択で言えば、「個」を重視。代表チームが置かれた状況を考えれば、ある意味で当然の手法ではある。

 しかしながら、個人の能力を高めないと世界とは戦えないと気が急くあまり、せっかくの日本のよさを見失い始めてはいないだろうか。

 アジア勢が相手でさえ、「日本らしさ」が発揮されなかった様子を見て、日本代表の先行きに、少なからず不安を感じている。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00010007-sportiva-socc



1 2019/02/05(火)
一昔前(10年ぐらい前)、日本は個の力を高めなければならないと言われていたところから、個の力をある程度高めた段階に行ったのだから、まずは良いのでは?と思う。
ロシアワールドカップの直前に見られたように、日本人が組織力を短期間で作れる素地があるとすれば、組織力は今後チームを作っていく中で強化すれば良いわけで、このアジアカップだけで判断するのは早計だと思う。


2019/02/05(火)
逆に個の力が足りないのが課題だったのに今度はそれ任せの限界?
てことは個人の力はある程度伸びたってこと?
ならばもう少し伸ばしていくべきかなと思う(特に攻撃陣)
組織力は底上げするのはもう少し後でいいし、組織的なサッカーを早めの段階で仕上げると対策されやすい
複数のオプションが用意できるのならそれでも構わないけどおそらくそれらを準備できるだけの選手層と監督コーチの能力が現時点でないと思われる
だからまずは選手各々が個のレベルを上げていくしかない
そうすれば選手層は厚くなる


2019/02/05(火)
南米や欧州のチーム相手に内容的に完敗というのは普通にある話なので、特に驚きもしないけど、カタール戦の惨敗は正直ショックだった。
内容でも個でも戦術でもボロ負けなんて、アジアチーム相手では長い間なかったから。

ただ、アジアにカタールのような洗練された戦術を持つチームが現れたというのは喜ぶべきことともいえると思う。
アジア予選とW杯本選で、別の戦い方を強いられる日本にとって、チーム強化が困難な側面があったから。


2019/02/05(火)
この手のアジアカップ関連の記事に言いたいことがあるとすれば、ジーコやザックもワールドカップでは一勝もあげられなかった。苦しみながら決勝にたどり着いたと言う点では一緒であるのに。他の記事のオシムの言葉を借りれば日本はアジアにおけるドイツやブラジルになったから、常に1番で無くてはならないかもしれないが、だからと言ってここまで批判するのは如何なものかと思う。今の現状を伝えるのがメディアの役目であることに違いはないが、現状=未来の結果に安易に結びつけるのような報道していればメディア側の成長もないと思う。


2019/02/05(火)
わかってない。大体、同様の問題をアフリカのチームや南米・欧州中堅だって抱えている。国外で戦う選手が増えたからこその、日本サッカーが1段階進んだが故に生じる課題なんだから、喜びつつ解決策を見出していくべきだ。
なんだ?今さら昔見たいに国内で徹底的に合宿してチームを作り上げる日本代表に戻したいのか?連携は向上するかもしれないが、それはただの後退だ。


2019/02/05(火)
監督もキャプテンも変わって1から作り上げてるチームなんだから現時点である程度即興性がでてくるのは仕方ない事。
あれだけ押し込まれて上手くいかない試合が続く中で組織的な部分や規律をいかにも日本らしく最低限維持して決勝まで残ったのは評価に値すると思う。
いろんな事情で呼べなかったり離脱したりするメンバーが多数いてさらに鹿島勢も呼べなかったのだから判断を下すのはまだまだ早すぎると思う。


2019/02/05(火)
今回の敗戦や、まずい試合の勝利は偏に戦術レベルの低さにある。
発足間もなく、故障者の続出によるスクランブル状態でもあったので、これが代表の最終形ではないと思うが、戦術的なアプローチが全く垣間見られないことに不安を感じなくはない。
日本人監督は総じて選手からの人望があり、チームを良く纏めるが、戦術やシステムのメリットをもたらせた人は未だいない。
森保監督は果たしてどうなんだろうな。


10 2019/02/05(火)
とりあえずアジアカップでの成長はあまり見られなかった。3月、コパ・アメリカでもチームとしての成長がないのだとしたら監督交代も考えた方がいいのかもしれないね。

アギーレ以降はアジアの格下相手にも圧倒できなくなってるから。


11 2019/02/05(火)
ピッチ上の日本代表のサッカーだけがFIFAランク50位ってわけではないと思っています。

負けた瞬間待ってましたとばかりに、手のひら返しのこういう中身スカスカな上から目線記事が飛び交ってしまう日本のサッカーマスコミもまた、FIFAランク50位の低レベルなものなのですよ、きっと。

実際、世界のサッカーマスコミからは相手にされない内容でしょう。サッカー弱い日本人っていうひとくくりの中に日本のサッカーマスコミも入れられているということを自覚していきましょう。

強豪国のサッカーを取り巻くマスコミは試合、大会前からしっかりと主張をもった厳しい意見を記事にして述べ、大会後、述べたことが正しかったか間違っていたかの総括を正直に記事にして述べます。ただの売名なんじゃないか、これ?と思うような記事を書く記者が驚くほど少ない現実が強いサッカー国にはありますよ。

一緒に強くなっていきましょう。


13 2019/02/05(火)
作戦も選手もフォーメーションもあれで良かったけど、システム変更やターンノーバーが無かったから選手が疲れて動けなかったから負けた!ボランチを2枚にし続けた事で最後に居なくなってしまった。システム変更すればワンボランチでボランチではなくリベロを起用して0ボランチで消耗回避もできた。監督がもっとヨーロッパのサッカーと堅守の国のサッカーを勉強しなきゃダメだ


14 2019/02/05(火)
いや、いまの代表は日本人の良いとこを活かしてると思いますよ。

マスコミの批判ほど悲観的になることもないと思います。

ただ、優等生ばかりという感じがします。

圧倒的個性を持った存在というか……。

劣勢でも「それでも○○なら何とかしてくれる」てな期待を寄せる選手がいないようにも感じます。


15 2019/02/05(火)
>日本と対戦したチームの監督が、日本のよさとして「組織」や「規律」を挙げることがよくあるが、日本の選手たちは、それを特別に意識しているわけではない。個人によって多少の差こそあれ、持って生まれた気質として自然にできる。裏を返せば、日本人にとってはごく当たり前にできることが、どうしてもできない国がたくさんあるということだ。

持って生まれた気質ではないぞ。
幼児期から社会全体で出る杭を繰り返し叩いてきた成果だ。
バントのサインを無視して二塁打打ったのを咎める道徳教育する国だぞ。


16 2019/02/05(火)
森保監督は、無理。辞退しろ。
世界の強豪国だって、他国リーグの選手の寄せ集めなんだよ。
日本の海外組で、スタメンに定着している選手って何人いるか考えよう。
個人ではテクニックが上だと言っても、ワールドクラスはいない。投入して流れを変えられる選手もいない。

じゃあ、何で勝つか?監督の力量でしょ。
選手を適材適所で使う。
選手の能力を瞬時に把握する。

昔、バイエルンで宇佐美が途中出場して、ミスして速攻でベンチに戻されたでしょ?

明らかに出来の悪い選手を、いつまでもピッチに立たせてる監督なんて必要ない。
北川とかさ。チャンスは、1戦だけ与えればいいんだよ。

香川、本田、長谷部の時代だって海外組中心だったけれど上手くいってたよ。

オリンピックも絶望だな。
いい監督来ないかな。。


18 2019/02/05(火)
少なくてもモリポさんは短期間にチームを作るのは苦手なタイプに見える。今回のアジアカップもそうだが、U23も決して良いサッカーはしてなかったような。特に攻撃面の策が少ない印象。


19 2019/02/05(火)
優勝できなかったけど、未完成のチームだしその方が良かったんじゃないかと思ってきた。イランに勝ってから選手の発言もメディアも自惚れてたように感じたしな。負けて大迫が「W杯で借りを返すしかない」っていってたけど、やっぱりあくまでワールドカップが目標で森保Jにとってはアジアカップは壮大な実践練習になったことだろう。コパ・アメリカもそんな感じで注目してまっせ。


20 2019/02/05(火)
では、記事で言う組織力のあるチームは現実的に可能なのか?海外組がほとんどになると長期の合宿は望めない。個を尊重し、基本的な決め事や戦術に落とし込みしていくしかないと思う。その為にコミュニケーションが取りやすい日本人監督にしたわけだし、とりあえず森保さんは及第点以上の結果は出してる。


21 2019/02/05(火)
中島選手の離脱をはじめ、アジアカップで戦ったメンバーは
当初のベストメンバーではない。
最近台頭し始めたばかりの若手も多いし、チームが
出来上がってくるのはこれからだと思う。


23 2019/02/05(火)
結論ですが、結局、日本人には、サッカーは、向かないんですよ。悲しいですが、どんなに頑張っても、日本人のフィジカルでは、欧米人やアフリカ人などのフィジカルには、対抗できない。だから、あまり期待し過ぎたらいけません。これから先はアジアでさえ、勝てなくなるかもしれません。ワールドカップに、出られたら上出来だと思って応援しましょう!


24 2019/02/05(火)
アサダさん、記事を書かなければいけないお立場は分かりますが、核心には貴方の信念、サムライブルーを世界の頂点に押し上げようという燃え上がる情熱がなければいけません。その根底の火がないとロジックがグラつき説得力を失うのです。
もし森保ジャパンがアジア杯を制していたらアサダさんは、どんな記事をお書きになったのでしょうか。コレクティブに闘った結果だと言い募ったのではありませんか。
修正、改善点は10も20もありますが、腹を据えてコメントをおねがいします。


25 2019/02/05(火)
個人技で勝負は必要、しかし当然限界あるし、
出来たら個人と連動の融合に期待したいですね。


27 2019/02/05(火)
まあ監督も成長過程。
アジアカップだけ見たら
準優勝は監督の手腕ではない。選手達の日々の努力の形ではあったね。
これから先は…まあ様子を見てみよう。


28 2019/02/05(火)
1ヶ月ほどあった大会期間で連携含めた組織力が構築されていなかったのが残念であり、謎だと思っています。


29 2019/02/05(火)
個を重視してるなら乾使ってると思うけどなぁ


31 2019/02/05(火)
根本的な話として今回のアジアカップに関しては
・結果としてアジアカップを優勝するのに足りなかったこと
・3年後のW杯でベスト8を狙う上で、それに足る伸びしろがあるのかどうか
の区別をして総括されるべき。
前者のみの視点での記事はよく見かけるが、後者に関してはまともに分析している記事はほぼ見かけない。


32 2019/02/05(火)
昨年のワールドカップで、ベルギーに3失点の逆転負けをした教訓が、生かされていなかった。
あの時は、西野監督でしたが…。


33 2019/02/05(火)
戦術的には 日本は遅れてるかもね

決勝を見てよくわかった 

はまればいいけど はまらなかった時の対処 

戦術だよね


35 2019/02/05(火)
森保監督の引き出しの無さに限界を感じる。
毎回メモ取ってるけど大会通して何も改善されてない。笑


36 2019/02/05(火)
個の力任せに戦って準優勝なら、これから少しずつ日本らしい組織的なチームに成長していけばいい!これからの日本代表に期待!監督の力量がためされるのはこれから!


37 2019/02/05(火)
限界になるほど個を出してはいないと思います。。もう少しサッカーファンに分かるように具体的にプレーについてどこが個を出しすぎていてるのか教えて下さい。


93 2019/02/05(火)
個の力で劣るからチーム力で勝負するしかないって散々言われてきて、個人技持つ選手がポツポツ出てきたら日本らしくないって何なの
 









スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ