20190204-00010000-wordleafs-000-1-view

スポンサード リンク




 大迫勇也が出場できないときにどうするか――。5度目の優勝を逃したアジアカップで見えた今後のテーマのひとつが、これだろう。
 今大会の日本は1-0の勝利が3試合あった。
「今までは自分たちのサッカーができなかったり、相手にボールを持たれると、みんながナーバスになってネガティブな状況が生まれていたけど、今はその状況でも大丈夫」と長友佑都が語ったように、勝負強さを身に着けたのは確かだろう。

 だが一方で、1-0での勝利が続いたのは、右臀部を痛めた大迫の欠場と無関係でもないはずだ。中盤に落ちてきた大迫に縦パスが入った瞬間に、森保ジャパンの攻撃のスイッチは入る。大迫がパスをさばき、2列目の選手たちが大迫の空けたスペースに飛び出すことで、攻撃のコンビネーションが発動するのだ。その絶対的な存在を欠き、攻め筋を見つけられなくなったのも事実だろう。

 なにも代わりになり得なかった武藤嘉紀や北川航也を責めているわけではない。武藤は裏へのベクトルの強さが魅力のストライカーで、北川はセカンドトップが適正のオールラウンダー。大迫が“周りを生かす”タイプなら、武藤や北川は“周りに生かされる”タイプと、そもそもタイプが違うのだ。

 武藤や北川の生かし方は引き続き模索するとして、大迫のほかに“周りを生かす”タイプのストライカーは、いないのか。

 そこで試してみてほしい選手がいる。ストライカーと言ってしまうのは気が引けるが、ベルギーのシント=トロイデンでプレーする鎌田大地だ。

 サガン鳥栖からドイツのフランクフルトに移籍したのが17年の夏。フランクフルトでは結果を残せなかったが、昨夏に期限付き移籍したシント=トロイデンで現在、ゴールを量産中だ。ここまで17試合に出場して10ゴール。得点ランキングで5位につけている。

 鎌田の魅力はなんと言ってもシュートのうまさ。右足でも左足でも正確にコースを居抜き、ペナルティエリア内での落ち着きもある。「ペナルティエリア付近でボールを持たせてもらえれば、決められる自信がある」と鎌田自身も豪語するほどだ。

もともとシュートのうまさはサガン鳥栖時代から定評があった。フランクフルトでも「練習ではトップ3に入るくらい点を取っていた」と話すが、サイドアタッカーと見なされ、持ち味をなかなか発揮できなかった。

 だが、シント=トロイデンでは主にシャドーやトップ下、2トップの一角とピッチの中央やゴール近くで起用され、ペナルティエリア内に入る機会が増えた。

 加えて、危機感がより一層、結果へのこだわりを強めている。鎌田が言う。

「ベルギーで1年間活躍した選手の中で、わずか数人だけが4大リーグにステップアップできるレベルだと思うんですよ。その中で僕は、言い方は悪いですけど、4大リーグから下に落ちてきた。そうした人間が再び上に行くには、結果が必要になってくる。僕は4大リーグに戻りたい。これ以上もう、下はない。ここでダメだったら、Jリーグに戻るしかなくなる。それくらいの覚悟でいる」

 力強いドリブル突破と柔らかいボールキープも魅力で、剛柔両方を併せ持っている点も大迫と共通するものがある。

 一方、決定的に違うのは、大迫がストライカーとしてのこだわりが強いのに対し、鎌田は「僕の魅力は“中盤の選手の割に”得点力があること」、「インサイドハーフを極めたい」と語っている点だ。

 それゆえ、1トップでの起用は鎌田にとって不本意かもしれないが、そもそも大迫は最前線でどっしり構えているわけではない。イラン戦を思い出してほしい。中盤まで降りてきてボールを受けて、2列目が飛び出すためのスペースやサイドバックが攻撃参加するために時間を作る。こうして今度はゴール前に入っていく――。

 さながら、かつてローマが中盤の王様だったフランチェスコ・トッティを最前線で起用した「ゼロトップ」のようだ。奪ったボールをトッティに預け、2列目がトッティを追い越してゴール前になだれこむ。トッティが大迫であり、まさに鎌田というわけだ。

 試してほしいと書いたが、おそらく森保一監督もそのつもりでいるはずだ。実は、ベネズエラ、キルギスと対戦した昨年11月シリーズで招集レターをクラブに送っている。最終的には招集は見送られたが、森保監督が考えるラージグループの中には、すでに鎌田は入っているのだ。

 あとは、いつ呼ぶか。カタール・ワールドカップに向けた最初のステップであるアジアカップを終えた今こそ、最高のタイミングだろう。コロンビア、ボリビアと対戦する3月のキリンチャレンジカップのメンバーの中に、鎌田大地の名前があってもおかしくないだろう。ハイレベルのポジション争いと、新鮮力の発掘がチーム力を高めるのは言うまでもない。

(文責・飯尾篤史/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010000-wordleafs-socc&p=2



1 2019/02/04(月)
アピールするチャンスは武藤よりもあった北川に関しては正直厳しいなと思った。
武藤は出場機会が少なかったからもっと見てみたい。
乾も全然使われなかったな。
堂安の右サイドも微妙だった。
右に原口、左に乾も見てみたかった。
北川をトップ下に置くならやっぱり香川でしょ。
あとはGK。スーパーネガティブな権田は気迫が感じられなかった。
大迫依存脱却というがGKも問題だと思う。


2019/02/04(月)
大迫依存が指摘されるがそんなフランスやブラジルのように素晴らしい人材があふれるほど出てくる強豪国ではないのだから大迫がいなかった場合誰を代わりに置くのかではなくどういう戦術変更で大迫の埋め合わせをしていくかということが今後重要になるのではないか。大迫と同じプレーをしろというのも他の選手には無理がある。
また、日本はアジア杯決勝まで行ったが中島なしではまるで親善試合で見せた楽しいサッカーではなかった。だが、中島という日本の主力を欠いてしまった状態でも決勝まで戦えたということは埋め合わせがうまく行った証拠でもある。
良くも悪くも中島がいると戦術が中島になる。
だから、数少ない人材で日本に合ったサッカーを森保JAPANには期待したい。


2019/02/04(月)
戦略のオプションが少ない。大迫だのみのスタイルならそれで良いが、彼がマークされた時の攻撃のバリエーションが少なすぎる。だって普通マークされるでしょう。彼がマークされたら他の誰かが大迫の代わりに起点になるとか、他のスタイルにしないと負けるよな。2列目も柴崎に任せるには波が荒いので荷が重い。裏へのパスも上手いが、守備には全く貢献しない。やはり香川あたりが中盤のキーにならないと。長谷部の穴もやはり大きいと感じる。


2019/02/04(月)
武藤は言う程悪くは無かったと思う。問題は北川。あれだけチャンスを貰って生かせなかったから今後の代表は厳しいと思う。しかし、チームでは2トップの一角が殆どだったから1トップは無理だと皆気付いてる筈なのに、使い続けた森保の采配ミスだと思う。


2019/02/04(月)
ロシア・W杯のスタメン(級)とね、アジア杯のスタメン(級)、見てみるとね、違うのは、香川と(本田と)長谷部が、いないことくらいだよ。

今の日本はね、(細かい)パスを、つながないんじゃなくて、つなげないんだよ。

その原因は、香川と長谷部が、いないこと。

一番後ろから、一番前の、その間が、分断されてる。

本田 → 堂安は、未来明るいし、長谷部 → 遠藤は、遠藤頑張ってるし、まだ、いいんだけどね、香川 → 南野は、ダメ。南野は、スタメンレベルの選手じゃ、ない。

、、、香川、復帰させるべき。

長谷部いないのは、痛いけどね、香川がいたら、大分 違うと思うよ。( … あとは、遠藤の伸びに、期待。)

あの、ウルグアイ戦が、出来過ぎてた。あれで、みんな、勘違いしちゃった。

アジア杯、偶然 勝ち進んだのにね、無理苦理、適当な、馬鹿みたいな、盲目な、理由付けてね、マンセーしてるの、笑った。


2019/02/04(月)
良い選手がいれば、どんどん新しい選手を入れ換えてほしい。
大会本番で頼みの選手がケガや不調で使えない場合に控えがいなかったのが今までの日本の弱いとこ。
依存脱却は必須だと思う。


2019/02/04(月)
それなら鎌田、中島、堂安の3枚とベテラン香川の4人で組ませたら? 南野に物足りなさを指摘してるヤフコメ民がかなり居ましたから、違いを見せられ、周りを使うのが上手い香川が入れば、中島も堂安も活きてくるんじゃないかな? そんな香川もいきなりトルコで爆発してくれたんだし… いまは色々と試す時期だと思うけどな。


10 2019/02/04(月)
武藤は年齢的にも一番良い状態だと思うけど、全然上手くなってないよなぁ。
スピード的には南野、堂安と合ってそうだけど、プレーに正確性がない。誰かとツートップがベストかな?


12 2019/02/04(月)
今大会で武藤の起用法、不足は森保のミス FWとしてゴールへの迫力が欠点である大迫の起用に工夫はなく、コメントに表れていた様に大迫自身収穫も感じ難かった筈 やはり総合力では復調した時点の岡崎が優勢と視るのが自然


13 2019/02/04(月)
かつての本田の時からそうだったが
大迫だってこれだけのポスト役をこなせるようになるまで
ブラジルW杯で敗退した経験からロシアまでの成長目標をしっかり決めて4年かけて取り組んでやっとここまで成長した

代わりなんて探したっていないんだよ
そうではなくプランBを用意しろと


14 2019/02/04(月)
鎌田の代表は見てみたい。
いずれにしろ、もっと海外に出て行く選手を増やさないと日本の未来はない。
監督コーチも海外で修行してほしい。


16 2019/02/04(月)
鎌田は大迫みたいなポストプレーヤーがいて輝くタイプ
今の日本人では鹿島の鈴木、磐田の川又、C大阪の都倉くらいしか前線で体を張れるポストプレーヤーはいない
年齢的に鈴木を試してみてダメなら大迫抜きを想定して4-4-2か3-5-2の布陣を試すしかない。


17 2019/02/04(月)
鎌田もいい選手だけど、アジアカップの結果を元に話す一番の問題点は、大迫の代わりにでなく、森保の選手の特性の理解度の低さと戦術の引き出しの少なさなのよ


19 2019/02/04(月)
色々と問題はあるだろうけど、GKが一番マズイと思った。


20 2019/02/04(月)
大迫ならワントップ。
大迫不在ならツートップでいいと思う


21 2019/02/04(月)
今は前を向いてどれだけ個人技で持っていって得点できるか、という選手が欲しい。大迫、武藤、MFでも使える香川、あと一枚の選択肢が欲しい。


22 2019/02/04(月)
現在の主力選手で当分活躍するでしょうから、「依存脱却」ではなくて、別な選択肢作りなんでしょう。


23 2019/02/04(月)
大迫の代わりになれる選手を探すだけでなく、大迫以外の選手が1トップでも輝ける2列目を探す必要があると思うけどね。


25 2019/02/04(月)
簡単なこと、香川を呼べばいい。彼はまだ若い。


26 2019/02/04(月)
鎌田に大迫と同じ役割求めるのはありえんやろ。
ポイチもトップ下とかの南野の位置で試すつもりやと思うで。
俺が大迫の代役として期待してるのは鈴木優磨。


28 2019/02/04(月)
強いチーム相手にワントップでボール収められるのは大迫しかいない。大迫抜きなら2列目にゲームメーカー置いてツートップしかない。


29 2019/02/04(月)
鎌田はトップ下。鈴木がワントップ。


31 2019/02/04(月)
代表において鎌田大地が大迫と同じ役割できるのかと言ったら疑問


32 2019/02/04(月)
大迫と同じ役割のワントップなら興梠一択なんだが。


33 2019/02/04(月)
年齢的には香川もまだ使えるよ。


35 2019/02/04(月)
香川を呼び戻して北川を外せ、伊東もゲンクで不振なら呼ぶな。
2分で2点のパーフェクト香川だろ?大迫と組めば毎試合2得点以上もある。


36 2019/02/04(月)
香川真司トルコデビュー戦で衝撃の2ゴール


38 2019/02/04(月)
強豪チームには対象がいるもの
弱いチームは団栗の背比べなもの

なんで、大迫に依存してはいけないのか
団体スポーツの真実を知らなすぎるよ


40 2019/02/04(月)
他の選手を活かすだけの選手、他の選手に活かされるだけの選手???
どっちも要らない、そんなのは サッカー選手じゃないし、それが日本代表なら もう応援しない。 大迫や武藤は勿論、北川だって そんなさっかーになろうとは 思っている筈はない。


41 2019/02/04(月)
堂安のトラップミスの多さは、仕方のないものなの?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ