20190203-00168138-soccermzw-000-10-view

スポンサード リンク




守護神として君臨した権田、バックパスの対応で不安定さが目立ち…
 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、2011年大会以来の優勝にあと一歩届かなかった。惜しくも準優勝で終えたが、森保ジャパン23選手の誰が大会を通じて株を上げたのか。各選手の実績や能力を踏まえつつ、5段階(◎/〇/△/×/―)で査定。ポジション別に「評価を上げた人・下げた人」を見ていく。


【アジアカップ・日本代表の全7試合成績】
グループリーグ(GL)
第1戦 トルクメニスタン戦 3-2 得点者:大迫2、堂安
第2戦 オマーン戦 1-0 得点者:原口(PK)
第3戦 ウズベキスタン戦 2-1 得点者:武藤、塩谷

決勝トーナメント
ラウンド16 サウジアラビア 1-0 得点者:冨安
準々決勝 ベトナム 1-0 得点者:堂安(PK)
準決勝 イラン 3-0 得点者:大迫2(1PK)、原口
決勝 カタール 1-3 得点者:南野

■ゴールキーパー
△ 権田修一(サガン鳥栖→ポルティモネンセ)
[6試合(540分)・5失点]

△ シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
[1試合(90分)・1失点]

― 東口順昭(ガンバ大阪)
[0試合(0分)・0失点]

 腰の違和感から一時別メニュー調整となった東口は戦力となれず、評価ポイントの対象外に最も近い存在だ。23人の中で唯一出場なしに終わった。シュミットはウズベキスタン戦にフル出場し、ビッグセーブも披露。しかし、権田の存在を脅かすまでには至らなかった。大会を通じて守護神として君臨した権田は、イラン戦で相手エースFWサルダル・アズムンの決定的シュートを左足で防ぐなど好プレーも光った。しかしバックパスの対応で不安定さが目立ち、不安が付きまとった感は否めない。ベトナム戦やイラン戦では自らのパスからピンチを招いており、チームに安心感を与えられなかった点は反省材料だ。

良くも悪くも“通常運転”は? これまでの活躍を考えると不完全燃焼の選手も
■右サイドバック
○ 酒井宏樹(マルセイユ)
[6試合(523分)・0得点]

△ 室屋 成(FC東京)
[2試合(107分)・0得点・1アシスト]

 室屋はウズベキスタン戦で巧みなターンから1アシストをマーク。「やれる自信はある」と語り、攻撃での積極性は光ったものの、酒井の牙城を崩すほどの“強み”を出し切れていない現状がある。酒井は良くも悪くも通常運転だ。守備で体を張り、機を見た上がりで攻撃を支えたが、相手エリア付近で脅威になりきれない点は以前から変わらない。クロス精度に難を抱え、アジアレベルでも1対1で相手を抜き去るプレーは見られなかった。全体的に見れば“いつもの酒井”という印象だ。

■左サイドバック
△ 長友佑都(ガラタサライ)
[6試合(540分)・0得点・1アシスト]

× 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
[1試合(90分)・0得点]

 佐々木はメンバーを大幅に入れ替えたウズベキスタン戦のみの出場。勝利に貢献したがまったくインパクトは残せずに大会を終えた。長友はこれまで代表で見せた活躍を考えると不完全燃焼とも言える。豊富な運動量に加え、球際での激しさは同様ながら、崩しの局面で上手く絡めない場面が散見。原口との連係に課題を抱え、最後まで脅威を与えきれなかった感は否めない。

今大会最も株を上げた若手の注目度アップ、中盤では新たな人材発掘も
■センターバック
◎ 冨安健洋(シント=トロイデン)
[7試合(541分)・1得点]

△ 吉田麻也(サウサンプトン)
[6試合(540分)・0得点]

× 槙野智章(浦和レッズ)
[2試合(180分)・0得点]

× 三浦弦太(ガンバ大阪)
[1試合(90分)・0得点]

 評価がくっきり分かれたポジションの一つだろう。今大会、最も株を上げたのが20歳の冨安だ。トルクメニスタン戦ではボランチとしてプレーするユーティリティ性を見せつけ、以降はセンターバックとして貢献。吉田や長友が絶賛する逸材は対人プレーで強さを発揮し、出足の鋭さも光った。サウジアラビア戦では大会日本人最年少ゴール(20歳77日)をマークするなど飛躍を遂げている。

 キャプテンの吉田は最終ラインを統率し、決勝トーナメントで3試合連続無失点に貢献。ただし決勝では3失点を喫しており、いずれの場面にも絡んだ。吉田の実績を考えれば、評価を上げたとは言い難い大会となった。槙野と三浦はバックアッパーの立場で、冨安にポジションを奪われた形。出場した試合でも安定感を欠き、むしろ株を下げた。

■ボランチ
◎ 遠藤 航(シント=トロイデン)
[5試合(335分)・0得点]

〇 塩谷 司(アル・アイン)
[5試合(213分)・1得点]

△ 柴崎 岳(ヘタフェ)
[6試合(540分)・0得点・1アシスト]

× 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
[1試合(90分)・0得点]

 青山が大会途中に無念の負傷離脱を強いられたなか、新戦力となったのが塩谷だ。ウズベキスタン戦では豪快なミドルシュートを叩き込むなど“一発”も見せつけた。決勝でもボランチとして出場しており、新たな人材発掘と言えるだろう。そのなかでタクトを振るった柴崎だが、攻撃陣を今ひとつ操縦しきれなかった。冨安への1アシストこそマークしたが、相手ゴール前で脅威になったとは言い難い。最も評価を高めたのは、負傷で決勝はベンチとなった遠藤か。今や中盤で不動の存在となっており、ピンチの芽を的確に摘み、鋭い縦パスも狙うなど攻守に存在感を示す。今後も森保ジャパンの中核を成していくはずだ。

最後まで苦悩を滲ませた1人は… 10番MFも好調時に比べ精彩を欠いて貢献できず
■右サイドハーフ
△ 堂安 律(フローニンゲン)
[6試合(531分)・2得点]

△ 伊東純也(柏レイソル→ヘンク)
[5試合(117分)・0得点]

 最後まで苦悩を滲ませた1人が堂安だろう。気迫漲るプレーを随所に見せるも、最後まで空回り感が付きまとった。ボールはキープできるものの、効果的な打開につながらず、ドリブルで相手守備網を切り裂く場面は少ない。能力を十分に発揮できないまま大会を終えている。一方、スピードが売りの伊東は貴重な“切り札候補”となったが、良くも悪くもその域を出なかった。快足を駆使し、いかにインパクトを残すかが今後の課題だ。

■左サイドハーフ
△ 原口元気(ハノーファー)
[7試合(507分)・2得点]

× 乾 貴士(ベティス→アラベス)
[3試合(94分)・0得点]

 今大会を通じてフル稼働した原口は献身性が光り、攻守両面でハードワークを続けた。もっとも、その点は以前から評価されている点で今大会に始まったことではない。イラン戦の終盤に1ゴールを叩き込んだが、全般的に攻撃時の迫力を欠いた。長友との連係で崩し切る場面も少なく、左サイドが十分に機能したとは言い難いのが実情だ。今大会10番を背負ってウズベキスタン戦で先発した乾だが、好調時に比べるとパフォーマンスは精彩を欠き、その後も短い出場時間で貢献できないまま大会を終えた。

一向にシュートが決まらず燻り続けた男 その一方で図らずも評価が一層高まったのは?
■トップ下
△ 南野拓実(ザルツブルク)
[6試合(506分)・1得点・1アシスト]

× 北川航也(清水エスパルス)
[5試合(236分)・0得点]

 燻り続けたのが南野だ。決して不調ではなく、チャンスに絡むなど動き自体は良質だった。しかし肝心のシュートが一向に決まらず、ようやく決勝で待望の一撃を叩き込んだ。イラン戦では倒れてもプレーを続行し、大迫の先制点を演出するなど機転も光ったが、物足りなさが強く残る大会となった。北川はトップ下と1トップの両方で出場したが、課題ばかりが浮き彫りとなっている。トルクメニスタン戦では失点に絡み、攻撃面でもチャンスを外し続けた一方、自身の強みも発揮し切れなかった。

■1トップ
◎ 大迫勇也(ブレーメン)
[4試合(288分)・4得点・1アシスト]

△ 武藤嘉紀(ニューカッスル)
[4試合(237分)・1得点]

 大迫の働きは、さすがの一言に尽きる。チームに多大な影響を与える大迫はトルクメニスタン戦、イラン戦でそれぞれ2ゴールをマーク。アジアでは突出したレベルにあり、そのポストプレーは日本の生命線だ。強烈な存在感を示した一方、チームは“大迫依存”の印象を強めており、図らずも評価が一層高まった。ウズベキスタン戦で1ゴールと結果を残した武藤だが、それ以外の試合ではノーインパクトに終わっている。決勝では後半途中から大迫とともにピッチに立ち、新たな可能性こそ示したものの、脅威は与えられなかった。

アジアカップ、日本代表全23選手「評価別一覧リスト」
【評価:◎】
遠藤 航/冨安健洋/大迫勇也

【評価:〇】
塩谷 司/酒井宏樹

【評価:△】
権田修一/長友佑都/室屋 成/吉田麻也
堂安 律/原口元気/伊東純也
柴崎 岳/南野拓実/武藤嘉紀

【評価:×】
シュミット・ダニエル/佐々木翔/三浦弦太
槙野智章/青山敏弘/乾 貴士/北川航也

【評価:―】
東口順昭

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190203-00168138-soccermzw-socc&p=1



1 2019/02/03(日)
GKはシュミットの方が評価を上げたのでは?
オマーン戦の失点はGKの責任では無いのは確かなんだけど、強豪国とやる公式戦のビッグマッチでは1〜2回はビッグセーブをしないと勝てない。もちろん、守備の連携や寄せの甘さなどシュートを打たれる前の改善も必要だがそういう試合での神がかったセーブがないとここ一番の試合で強豪国に勝つのは難しい。
正GKを謳うのであればチームを救うビッグセーブをしてほしい。
今までのアジアカップは何度もGKに救われて勝ち上がってきた。
今大会はそういうシーンは記憶に薄い。


2019/02/03(日)
今大会の評価としては概ね妥当かなと思う。

中島不在は今の代表チームにあってはかなり大きいと感じたな。
南野、堂安も今大会のパフォーマンスでは安泰ではないね。

遠藤と富安は確かに良かった。今大会の収穫と言える。


2019/02/03(日)
今回の大会は相手が守備に人数を掛けてくる戦術で来るのが多いのは試合が始まる前からある程度予想は出来てたはず。それなのに真ん中の守備の固いとこへのパスが多く打開はなかなか難しい攻めが多かった。

筆者が書かれてるように、やはりサイドからの突破での崩しはもう少しチャレンジしても良かったのでは?カウンターを恐れてサイドバックが左右MFを追い越す動きも少なかったし、左右MFもドリブルでペナルティーエリア内への侵入も少なかった感じがした。

たらればになるが中島が居たらもう少しチャレンジしたかなと。原口も悪くないがやはり守備の意識のが強い気がした。もちろん中島が居たら優勝出来たなんて楽観論もないが。

ワールドカップ予選に向けてやはり真ん中に守備を固めてる相手をどうやって外に誘い出したり引き剥がすかの対策はしていく必要があるかと。じゃないとけっこう苦戦を予想してしまう感じがした。


2019/02/03(日)
乾はチャンスを与えられなかっただけで×ではない。チームで試合に出れていない影響でフルタイムは厳しいが、短い時間でもカタール戦は可能性を感じたし、もっと早い時間に投入されたら試合の結果も変わった気がする。
伸び代のない権田よりまだまだ荒削りだがシュミット、もしくはもっと若い世代でハーフのサイズに恵まれているGKに出番を与えて経験を積ませた方が可能性を感じる。


2019/02/03(日)
記事にはちょっと関係ないけど、冨安の188cmの日本人離れした体格はCBとして平均身長の低い日本には大きい武器だと思うけど、冨安よりも1cmしか高くない吉田が冨安と並ぶと1cm以上の差があるように見えた。

よーく見てたら、吉田の体が筋肉がすごくて体もよく絞られてて、それで身長以上にがっしりして見えてたっぽい。フィジカル重視のプレミアで長年やってきただけあると思った。

で、冨安にもこれからフィジカル作りも吉田を参考にして取り組んでいってもらいたい。今の時点でも体強いんだから、きっちりトレーニングを続けていけば凄いことになりそう


2019/02/03(日)
柴崎はかなりコンディションあげてたしこの後チームでコンスタントに試合に出れればという感じだと思ったが、原口に関しては試合数をこなしていってもなかなか長友や南野との連携がうまくいってなかったように思えるし、特に原口のポジショニングが中途半端故に長友が少し迷ってたようにも思えた。オフザボールの動きにもっと磨きをかけないと中島、乾に完全にスタメンを奪われると思う


10 2019/02/03(日)
株を上げたのは、冨安だろうね。
決勝トーナメントに入ってから守備においてはかなりよくなったが、日本に必要なのはやはり決定力。それがないため1点差の厳しい試合が多かった気がする。

また日本はCK、FKなどセットプレーからの得点が少ないと感じる。もっと工夫とバリエーションが欲しい。決勝後半の数多いCKの場面では、ショートコーナーなどの工夫も必要であり、そこで得点できないのも課題。相手のペナルティエリアに近いスローイングも、シュートに至るまでのバリエーション連動した動きがあと2つ3つ欲しい。

全体として中島不在は痛いが、その中で大迫や柴崎はよくがんばったと思う。堂安や南野あたりが一対一の場面で、もう少しドリブル突破して得点するシーンを見たかったが。またGKを含めてチームの前に個の力の向上がもっと必要と感じた。

そういう意味ではこの23選手の査定、選手の評価としては妥当だと思う。


11 2019/02/03(日)
南野は右に寄る傾向が強いのかな。
それとも堂安とがやりやすいからなのか。
左サイド、長友絡めて原口とってシーンはほとんどなかったように思う。
長友の迫力減の原因はその辺もあるのかと。
乾みたいに中に行きたがるタイプだと長友は活きるが南野とぶつかるし、やはり前へ前へな中島が南野とは相性いいのかな。長友もそこには絡めると思うし。

でもそうなると、南野以外の選択肢があっても良いのではないかと感じてしまう。

個人的に一番気になったのはそこのポジション。

後ろから引き出すときもポジショニングもいいとこいたりするんだけど、タイミングがいまいち噛み合ってない感じがずっとあったんだよな。

このチームでの香川パターンも見てみたいとは思った。


12 2019/02/03(日)
今大会の武藤はもっと評価されるべき。ただ、使い方を考える必要がある。
乾はドリブルもさることながら、ディフェンス時のプレスのかけ方が素晴らしいんだよな。呼ぶんならもう少し使って欲しかった。
柴崎はチームで試合出てない割には良かった。監督は柴崎を軸にチームを作ろうとしているので、その期待に応えてほしい。


13 2019/02/03(日)
遠藤は怪我が痛かったが終始良かったし、冨安も決勝を除けば良かった。
大迫は安定感の良さだった。

GK の権田が危なっかしいプレーが多かったが、今後は今回のメンバーに中村も含めて切磋琢磨して貰いたい。


15 2019/02/03(日)
優勝したとしても、評価を下げた人は同じだったと思う。若手にチャンスを与えていくことになると思うが、個人だけの問題でもないので、入れ替えて解決できるとはならない。


16 2019/02/03(日)
概ね同意だが、乾とシュミットはもっと評価が上ではないかな?
乾は出番が少なかったが、出た時は確実に攻撃のリズムを変えていた。シュミットは権田より上ではないのか?
年齢や体格を見た時、権田や東口よりシュミットを育てる方が将来のためになると思う。


18 2019/02/03(日)
冨安は大収穫やったね。
CBは冨安中心にチーム作りするべきやね。

後は、遠藤かな。
派手さは無いけど、安定感抜群でかなりの貢献度やと思う。


20 2019/02/03(日)
富安は元々凄かったのか成長したのかわからないけど、今後の日本の主力間違いない出来だった。遠藤も積極的なボール奪取、特にセカンドボールの拾いですごく成長したなと思う。
酒井はコンディションが良くない感じだったけど、それでも要所で攻撃参加してて実力を見せた。柴崎はどんどん錆が落ちていい状態に戻っていた。大迫は元々分かっていたけど、彼がいないと回らないことが改めて良くわかった。


21 2019/02/03(日)
権田は、なにげに頼りなさげで不安。シュミット・ダニエルを使い続けて、ワールドカップを目指して欲しい。
不動の司令塔も、必要ですね。
長友に代わる長身でスピードと体感を備えた新人が欲しい。
監督は、多くの人が指摘しているように交代枠の使い方が、おかしい。そして、試合中の修正も出来なかった。
ワールドカップを目指すのなら、もっと相手チームにあわせた戦略が必要ですね。5バックに攻め手がなさ過ぎ。
あとは、ロングスローの達人の養成とセットプレイの多様化でしょうか。
有能な若手はいっぱいいるでしょうから、選手を固定しないで、いろいろと試しながら育てて欲しい。


22 2019/02/03(日)
北川は本来のポジションで使われてないから可哀想、まぁそれでも代表は早いと感じたけど。南野は周り関係なく居たい所に居て邪魔してたしロスト多過ぎ、堂安左しか使えなく何も出来ない、etc.
収穫ってか安定して良かったのは遠藤と冨安くらい。森保監督は正直判断遅過ぎて駄目だと思う。決勝であの両国のフォーメーションの相性の悪さを対策するのに時間かかりすぎ。2失点して尚メモしてる謎の余裕はなんなのか、落書きでとしてるのかな。首でいいと思うけど。あの戦術の低さは。


24 2019/02/03(日)
私的には堂安は×でも良いと思いますね。ことごとく突破ができず手詰まりになり攻撃を停滞させた。右サイドは伊東のほうが可能性を感じる。原口にしても同じ。中島がいればと思ってしまう大会でした。


25 2019/02/03(日)
個人の評価というより、攻撃も守備もチームとしての連携が弱い気がした。意思の疎通も含めて。
特にディフェンス面はそれで何度もピンチを招いたし、攻撃面では裏なのか足元なのかすら通じあっておらず、結果ボール持ってない選手の動きが固まってしまっていたのでは。裏に走ってもパス出ないし。
攻撃でリスクを侵さない・チャレンジしないのは日本の悪い癖。
はまればイラン戦のように出来るけど、決勝含めてはまらないと悪循環でズルズルやられてしまう。決勝まで行けたのはある意味結果出してるけど、見ていて楽しい試合は少なかった。
今後に期待。


27 2019/02/03(日)
権田はロンドン以来信頼してない。成長してないと言ってるわけではなく、資質の問題。権田自身を否定してるわけではなくて。


28 2019/02/03(日)
やはり5バックで守られた場合は難しいな。相手をおびき出すパスまわしも出来ずにカウンターも想定しているポジショニングとは言い難い。選手個人の出来というよりはチーム内の約束事、つまり戦術の問題、監督とコーチの責任がやはり大きいだろう。選手交代の遅さがまさに相手にとっても楽になり脅威にならなかった。


30 2019/02/03(日)
試合ごとに評価は微妙だけど槙野や北川は論外
吉田は昔からポカが多いのは知ってたが、キャプテンがチームの流れを悪くしてどうする?みたいな。吉田の代わりを見つけないと後半やっとドリブルで仕掛けれる攻撃になったけど、パスも早く正確に合わせれたらな。大迫以外は出てきてもパッとしないのが残念


31 2019/02/03(日)
俺的には監督の森保の評価が一番下がったと思うな。
決勝での采配が酷かったのは事実だし交代3人目で乾とかあれはないわ…
1試合だけと言っても監督としての能力の見切りはある程度できたんじゃねーか?


33 2019/02/03(日)
柴崎に関しては、1試合のうち2.3本は素晴らしい縦へのパスを通すが、同じぐらいの危険なパスをカットされピンチを招いている。
守備も素晴らしい出足でインターセプトすることもあるが、かわされてピンチを招くことの方が多い。
遠藤が良くカバーしているので、助かっているだけ。
後ろを向いてプレーする時は、注意が散漫で危険なプレーも散見される。攻めでも判断が遅く視野が狭く感じる。


34 2019/02/03(日)
堂安は分かるが、南野の評価を低く見てる人が多いのはなぜだろ。イラン戦での決定的アシストやカタール戦でも唯一点を取っている。ディフェンスも献身的だった。大会全体を通してよく動く選手でむしろ使い過ぎてる感があった。

決勝では柴崎が正確性を欠いたと思う。あれだけコーナーを蹴ってあんまりナイスボールがなかった。

決勝では監督の差が一番に出たと思う。


35 2019/02/03(日)
◎二重丸以外のポジションは再考されるだろうから、今回呼ばれなかった選手はチャンス。次回誰が選ばれるのか楽しみ。
あくまでも、コンディションの良い選手を読んでほしい。


37 2019/02/03(日)
柴崎は試合に出ることで段々と調子を上げてきた印象でした
決勝でも再三効果的な速い縦パスを入れてたけど悲しいかな堂安が全く収めることができずロストしまくってた


38 2019/02/03(日)
遠藤、冨安は、森保ジャパンの守備の中核になるのが見えてきた。

攻撃は大迫頼みから脱却しないと、厳しい感じで、南野、堂安、中島以外にも幅広く選手を試していく必要がある。

GKとSBは人材難で、早急に若手の底上げ、発掘しないと、いつまでも長友に頼れない。


39 2019/02/03(日)
GKについては同じ不安定さを感じるならば
心身共に成長を期待できる若手を積極起用して
経験積ませて欲しいなあ…
権田も悪いとは言わないけど、見てて怖い。
MF、FWについてはベテランを今一度入れて
切磋琢磨させて欲しいように思う。
香川や岡崎が入った場合を見てみたいです。


40 2019/02/03(日)
監督の評価もしないとね
この選手評価を見て思ったのは
良かった選手は少ないという事
このまま優勝してたら
これでいいんだと選手達が勘違いしてたかも知れない
チームと選手の弱点がたくさんわかった大会となったので後は選手、監督、協会がどう改善するかだ


41 2019/02/03(日)
今回、乾の評価は下げる必要なし。そもそも助っ人参戦且つ機会が殆ど無かっただけでは。中島、香川と競争だけどまだまだ代表に必要な選手。むしろ堂安の期待値高すぎる現状を下げるべき。
後は司令塔がな、、柴崎では現状物足りない。動けて身体が張れて且つ周りが見れる選手が出てきてほしい。かつての中田英寿の様に。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ