20190202-24293104-gekisaka-000-8-view

スポンサード リンク




[2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ]

 キャプテンとして悔恨の念にかられていた。日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は「(準決勝の)イラン戦でいいパフォーマンスを出して、この試合に臨んで、この流れで行けるだろうという油断、隙をチームの中で感じていたのに律することができなくて、勝利につなげられなかった。不甲斐なさを感じる」とうなだれた。

 今大会は準決勝まですべて1点差勝利で、僅差の試合に競り勝ってきた。ところが、FIFAランキングでアジア最上位のイランと対戦した準決勝は3-0の完勝。事実上の決勝戦とも言われた大一番で今大会最高のパフォーマンスを見せたことが、チームの慢心につながったのではないか。吉田は率直にそう感じていた。

「行けるだろうという感じがあって、もちろん、それがいいときもある。それも大事だけど、決勝は疲労もあるけど、精神面が大事で、肉体的より精神的な準備をしないといけない。チームを律することができなかったと自分自身感じる」

 精神的な準備不足とともに戦術的な準備不足も響いた。3バックと4バックを併用して大会を勝ち上がってきたカタールに対し、4バックで来ることも想定していた中で、蓋を開けてみれば相手は3バック。前線からのプレスがハマらず、自由に動いて起点になるFWアクラム・アフィフをつかみ切れずに前半12分、27分と失点を重ねた。

「プレスのかけ方がハマらなかったのと、ボランチの脇で11番(アフィフ)がフリーになって、そこをだれがつかむのかがハッキリしなかった。1点目、2点目はそこを起点に失点している。臨機応変さが足りなかった」

 前半12分の1失点目は吉田を背にしながら浮き球をリフティングしたFWアルモエズ・アリが豪快なオーバーヘッドキックをねじ込み、同27分の2失点目は吉田の寄せが甘くなったところをMFアブデルアジズ・ハティムにミドルシュートを叩き込まれた。1点を返したあとの後半38分にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言で吉田がハンドを取られ、PKで3失点目。「3失点すべて自分のところでやられている」と唇を噛むと、「自分自身、未熟だなと毎試合感じたし、特にこの試合のあとは感じる」と自らを責めた。

 キャプテンとして臨んだ初の公式大会。「新しい役割を任されて挑む大会でチームを優勝に導けなかった。自分の未熟さを悔いている」。敗戦の責任を背負うキャプテンは「ここでチームとしてダメになるのか、這い上がって強くなるのかは自分たち次第」と、自らにも言い聞かせるように言葉をつないだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-24293104-gekisaka-socc


1 2019/02/02(土)
清水英斗 サッカーライター オーサー報告
日本が慢心して負けたとすれば、それは準決勝でイラン側に起きたことと同じです。

好調のチームは、その自信故に何も変えずに次戦に臨むため、対戦相手に分析されやすい側面があります。ハマってしまえば丸裸です。
そうなってから慌てても、修正は容易ではありません。

イランに起きたことが日本にも起きた。まさに他山の石とすべき準決勝でした。


2019/02/02(土)
やっぱ選手も感じるんだね。ここのコメント欄もそんな感じだった。初優勝とアウェーのUAEの地で強く戦おうというカタールとイラン戦で少し落ち着いてしまった日本との差が最初のアグレッシブさの差に現れたのだと思う。

一点目のゴラッソも気持ちを乗せたようなシュートで気分良く入った日本を動揺させるのに十分だった。少しの気持ちの入り方の差が勝敗を決するからカタールの実力に加えてそういう意味でも分が悪かったのかなとも思う。

ただ戦術的なものは毎度ハーフタイムに入らないと修正されないけど吉田よりポイチは指示は出さないのかな。ミスマッチ等は気が付いてるだろうに選手判断に任せてるのかね。


2019/02/02(土)
イラン戦はイランが自滅した感じ
今回は日本が自滅した
今大会一番強かっだろうイランは日本戦で舐めて試合に入った
日本は危機感持って試合に入ったからこそ勝てた
カタール戦はまさに日本がイランの立場になった試合だね
試合前の日本選手の言葉から負けフラグが結構立っていたもんね
正直長谷部がまだ代表にいたら結果は真逆だったんじゃないかなと思った
まぁそれでもW杯が終わって半年
ここで負けたほうが今の代表には良かったのかもね
吉田もキャプテンとしてもっと成長することを期待したい


2019/02/02(土)
吉田自身もかなりの油断と隙があったと思うけどね。
今大会を通して安定しているとは言えなかったし、今後は冨安の相方は昌子や植田に期待したい。
もちろん今まで頑張ってくれた吉田選手には感謝はしています。


2019/02/02(土)
そこが長谷部と大違いだな。
締めるべきベテランが若手と迎合して気を緩める。
吉田に限らず槙野や長友もSNSを投稿したり一緒に写真撮ってはしゃいだりと緊張感が無かった。
決勝戦のピッチで試合前に乾と槙野がヘラヘラ談笑しているのを見て嫌な予感がしたわ。
前回優勝時にはピッチでヘラヘラ談笑していた伊野波と柏木が長谷部に気を緩めるな怒られたと本人たちが言っている。
緊張感を持たせるリーダーシップの大切さがもろに出たな。
今回のベテランは長友も槙野も乾も全くベテランとしての厳しさを出さずむしろ若手と一緒になってヘラヘラしていた。


2019/02/02(土)
センターバックとしての吉田の寄せの甘さは今に始まったことではないが、昨日は見事に点かれてしまった印象だ。イラン戦では富安がアタック、吉田がカバーで機能していたが決勝はどっちつかずになってしまった。しかしカタールが強かったのは事実だが、運動量が激落ちした後半に一点しか取れなかった攻撃陣の方が問題だ。私は堂安に不満を覚えるし、使い続けた森保監督も支持できない。堂安は大会を通じて足元で受けてカットインしかしないので完全に読まれている上、球離れが遅いので酒井のスピードが生きない。右からの攻撃は脅威にならずカタールは助かったはずだ。武藤を入れて攻撃が活性化したのに、その後はいたずらに攻撃の枚数だけ増やして返ってスペースを消してしまった。森保監督は攻撃のセンスに問題があるような気がする。


10 2019/02/02(土)
初優勝のカタールなどの今まで格下と思われるチームが着実に成長している中で日本などの強豪チームは研究され対策される中で準優勝は立派。
まずはよくやったと称えたい。

自分たちは当事者ではなく、ファン・サポーターであるからその目線でどうであったかも議論があっていいのではないか?
自分が一つ気になったのは大迫依存に関しての記事(危惧的、やや批判的な内容)に対して、このヤフコメでその記事を否定するようなコメント、そういったコメントへの賛同が多かったことはどうだったのか?
後の祭りではあるけれど、そういったネットコメントが楽観視の一つの要因になったのではないか?と感じる。
批判をすればいいと思っていないがバランスだと思っていて、油断しないためにも批判記事を容認することも大事なんじゃないかと思う。
どちらがいい、悪いではなく、ある程度ポジティブ、ある程度緊張感がある状態にできるのがいいと思う。


11 2019/02/02(土)
あまり言いたくないけど、一番の敗因は吉田自信の油断や隙だったと思う。
いつも率直に話してくれるキャプテンだから、この反省を活かして、次も頑張って欲しいし、後輩の育成にも力を入れて欲しい。


12 2019/02/02(土)
キャプテンとして不甲斐ないと思っているのか。
正直、麻也はキャプテンに向いてない。
長谷部の真似をしても上手くいかないだろうし、チームを考えなければいけないのもわかるが、個人のパフォーマンスに気を配るべき。
一生懸命やっても向かない物は上手くいかないよ。特に期間が短いから余計。
キャプテンシーの高い選手が抜けたのも痛い。
バックアッパーとして経験をチームに還元して欲しい。
まだまだ代表で活躍してもらわないと。


14 2019/02/02(土)
やはり苦しい時こそ長谷部の存在と偉大さが浮き彫りになるな。
順調な時はキャプテンなんて別にいらないって言ったら変だけど、
表立っては何もしなくても良いし。
苦しい時により苦しくするのはちょっとやめてほしいけど、
点取れないのも点取られるのも流れを悪くするのも、
みんなの責任だしな。俺の責任でもある。
だからまた熊野行ってくる。


15 2019/02/02(土)
決勝戦でわかったのですが、森保監督はバランスが崩れていた場合、あまり細かな指示を出していないというか出せなかったのかも。。それと同時にセルフレギュレーションというか自浄作用を期待しての事だったかもしれません。ベンチを無視してでも立て直す事を期待しての事だったのかもしれません。
W杯の時にベンチを無視して、ラインを下げた事や
有名な話ではPK合戦で途中から3人目からゴールの
位置の変更をベンチを無視して決めました。
どちらも当時の主将の宮本元選手ですが。
選手が動かすチームを期待していたのかもしれません。
何より一番大切なのは、吉田主将や長友選手が
最大の危機感を持つ事だと思います。


17 2019/02/02(土)
やっぱりな

そうだよな。カタールが凄かったというよりも、特に前半、日本が酷過ぎた。守備は甘いし緩いし、特にメンタル面で相手に負けてるのが画面越しでも解ってしまうくらいだった。向こうは初優勝が掛かってるのもあってか、日本よりはるかに高い意識で試合に入ってきてたのに、森保ジャパンは、アジアカップを自力で獲ったメンバーなんて殆どいないにもかかわらず、横綱のつもりか、慢心を感じた

100%出し切って負けたのなら讃えもしようが、昨日の負けは前半の慢心の影響が大きかったと思うので、ただただ残念だったよ。あれが決勝の内容じゃあ、準決までに日本に負けた他のチームだって報われまい


18 2019/02/02(土)
カタールいいチームでしたよ。
イランほどの脅威は感じませんでしたが、チームとして良く熟成されていたように感じます。
一緒に練習する育成プランがうまくってるようですね。
大きな穴がありませんでした。
しかもまだまだ若い選手が多いので今後も期待できます。
大会全体の流れがカタール優勝に流れていなような気がします。
日本が後半完全に押していた時間帯にPK獲得。
あれで完全に流れが戻りましたね。
吉田のハンドは勿論故意ではありませんが、あの体制に相手がせってくるからこそ手にあたるリスクまで気が及ばないのでしょう。


19 2019/02/02(土)
日本は強くないし単にマスコミのが騒ぎ立ててるだけ
ボクシングの井上尚弥は常に自分は弱いと思っていて強くなるために努力してるんよ

個人競技と団体競技の違いはあるにせよ、海外でプレ亻することで変な自信を持つのは違うと思う

海外リーグでは周りのプレイヤーのレベルが高いからそれに活かされてるだけ

特にアジアの海外で活躍してるプレイヤーが自国に戻って国の代表で活躍するかといえばそうではない
もっと謙虚に貪欲に上手くなりたいってやっていって欲しいです!


21 2019/02/02(土)
キャプテンの重圧も当然あるんだろう。
特に前任者の偉大さを側で味わってきたから、
なおさらなんだろうな。
でも吉田は吉田らしくしていいんじゃないか。
長谷部になろうと思ってもキャラじゃないべ。
一人で背負う必要もないだろ。
それに今の若手は、吉田が律する必要もないくらい、しっかりしてると思うよ。
あんまかかえ込んで余計なこと考えてたら、
自分のプレーもおかしくなるよ。


22 2019/02/02(土)
日本の敗因は3つ
一つはこの記事のように
最強と言われたイランに完勝したことで生まれた慢心
もうひとつは
負傷した遠藤の代わりを現メンバーで埋めるのなら
今大会守備のキーパーソンになっていた富安を一列上げるなどの
手をうたなかったこと
最後の一つは
大迫頼みの攻撃陣を研究されていることに気付いた時点でも
サイド攻撃など 有効な他の選択肢がなかったこと

三つのうち一つでも解消できていれば
勝ち目はあったかもしれないが
負けるべくして負けた気がする


23 2019/02/02(土)
相手の戦術、監督をほめるべき。これまで日本は後半戦修正する戦い方。日程の差の油断にカタールの前半からのアタックに日本も面食らう。後は引いてスペースを消す守備。攻めの形は今までのとおり。得点をあげてきた。日本のたまった疲労は判断もパスも影響が見えて飲み込まれてしまった。前半に勝負をかけた監督の采配がいい流れをつくり、日本は対策できず後手後手に。どう戦っていたら試合がつくれたのか。勉強になった戦術だった。


24 2019/02/02(土)
優勝は出来なかったですが、全ての試合を見て皆さん本当に頑張って掴んだ準優勝だと思います。吉田選手も今回の試合には、かなり責任を感じてますが私達サポーターはキャプテンとしての役割をキチンとしてたと思いますので気を落とさないで次戦の代表戦で頑張って欲しいです。日本代表皆さん全試合最後迄諦めず戦ったのは日本国民に伝わってると思います。お疲れ様です日本代表


26 2019/02/02(土)
確かにイラン戦の圧勝で油断と隙が生じて、このままカタール戦はなんとかなるだろうと選手もサポーターも同じ気持ちだったと思います。ところが実際戦ってみたらよもやの大敗で、ショックは大きいはずですがこれが今の日本の実力です、真摯に受け止めて切り替えるしかないですね。久々に期待を持てる活きの良いチームだっただけに残念です。世界はまだ遠いぞ。。。w


27 2019/02/02(土)
今まで頑張ったとは思うがあなたの自身のプレーと統率する裁量はもうないと感じてる。人は成長する生き物とはもちろん分かってはいるが今ある大事な機会を逃すのはリーダー失格の証拠。企業戦士なら責任の判断が下される。


28 2019/02/02(土)
選手だって人間だからね。
ましてや、FIFAランクを見てしまうと
多少にかかわらず慢心になってもおかしくない。日程も1日休みが多いときたら、そうなるのもわかる気がする。
まだまだ、若い選手も多いし、
この経験を是非、次に生かして
あの教訓が生きた試合だったと
後世に語り継がれるような
そんな、近い将来の日本代表の
試合をしてほしいと思います。
ホント、お疲れ様でした。


30 2019/02/02(土)
キャプテンの役割は分かりますが、キャプテンの責任ではない。

プロであるならば尚更皆が自立して、どうすべきかを考えるのが至極当然です。

監督やキャプテンにいちいち言われないとやらないならば、プロ選手を即刻引退すべきでしょう。


31 2019/02/02(土)
全チーム進化成長、切磋琢磨、努力している以上は勝負事の結果は事後悔やむのもほどほどで良いかと思います。普段は各々のチームでプレーしていることも含めフェアな条件での戦いですから。
フロント含め(ここも重要)選手とも個々の能力をぶつけての結果です。
真正面から結果を受け止め次回に生かしましょう。


33 2019/02/02(土)
飛躍の可能性があるチームだと思うが、印象に残るところで課題が出たのは、良かったと思う。今回の課題は、どんどん改善して次回ワールドカップまでに、もっと強くなってくれることを期待する。


34 2019/02/02(土)
今大会の最大の弱点は監督の様な気がする
戦術変更の指示もなかなか出さない様だし選手交替も遅い
色々な状況に応じて事前に具体的対策が考えられていない為、迷っている時間が長くなるし、とっさに浮かんだ対策なのでバランスが悪かったりしがち
特に代表は選手間の連携をする時間が少ないので選手任せでなく監督の的確な指示が必要だと思う


35 2019/02/02(土)
自信と慢心は紙一重というけれど、その匙加減は難しいところ。
チームを律するつもりが、勢いに水を差してしまうことにもなりかねない。
主力に若い選手が多かっただけに吉田選手にそういった役割が求められるのは仕方がないけれど、責任を背負い込む必要はないと思います。


36 2019/02/02(土)
次回カタールW杯を考えたら、負けて良かったと思う。11年優勝して、自信つけて俺たちのサッカーを追求し始め、14年ブラジルW杯は一勝も出来ず予選敗退。15年アジア杯はまさかのPK負け。そこから散々叩かれ、弱い、世代交代出来ない、と言われながら18年ロシア杯はベルギーにあと少し、の善戦でベスト16。この敗戦が自分達を強くする、と信じて個々の成長に期待します。


38 2019/02/02(土)
油断もそうやけど、カタールは強かったよ。
油断がなくてもこういう結果が出ている以上自分たちの実力がなかったことを素直に認めて欲しいと思う。そうならば今後も成長はあると思うが。


39 2019/02/02(土)
メンタル面に関して言うと、実際その場にいる吉田がそう感じているんだから、確実に慢心はあったんだろうね。
仲いいのいいことだけど、ここぞというときは吉田がビシッと言わないとね。たとえ嫌われることになったとしても。
これを教訓にして、キャプテンとして更なる成長を期待しています。


40 2019/02/02(土)
一番の慢心は監督でしょう。日本は守られるとベトナムからも1点しか取れなかった。相手は日本を研究してきて5バックで挑んできたし、アンカーも置いて中央を消してきた。大迫にボールを入れると3人で潰す。それだけで日本はほぼ何もできなくなった。後半にカタールの足が止まった時間帯に中央突破で1点取ったが、中央を固めてる相手に対して続ける攻撃ではない。


42 2019/02/02(土)
カタールは日本をリスペクトして、油断なく入れて、日本は大一番のイラン戦に勝利して、ひと段落というか、やっぱり疲れていたのかな。
でも、勝敗以上に、カタール選手のマナーの良さが印象に残りました。

対韓国戦では絶対に見られない、リスペクトを双方に感じていました。
倒れた選手に手を差し伸べて「さあ、まだまだ闘おうよ」というマナーが良かった。
中東のレベルが上がっていることを実感できたし、それでも決勝まで進めたチームにお疲れ様でしたと言いたいです。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ