20190202-24376247-gekisaka-000-4-view

スポンサード リンク




[2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ]

 立ち上がりの混乱からチームを救う手立てはなかったのか。就任後12試合目での初黒星がアジアカップ決勝という大舞台になった日本代表の森保一監督は「試合が始まってからミスマッチが起こる中、かみ合わせがうまくいかない序盤の時間帯で失点してしまい、難しいゲームになった」と、前半27分までに2失点した序盤の試合展開を振り返った。

 カタールは今大会、4バックと3バックを併用して勝ち上がってきた。準決勝のUAE戦(○4-0)は4バックだったが、グループリーグ最終戦のサウジアラビア戦(○2-0)、準々決勝の韓国戦(○1-0)には3バックで臨んでおり、ボールポゼッションを高めてくるチームに対しては3バックを採用する傾向があった。

 しかし、FW大迫勇也が「どっちか分からない感じはあった」と話したように、事前のスカウティングでは読み切れなかった。ならばカタールがどちらで来てもいいような準備ができていたのかというと、序盤の戦いぶりを見る限りでは、どこか4バックを想定した準備に主眼を置いていたのではないか。森保監督は「3バックでやってくる相手であることも想定の中に入れながら準備をしてきたが、選手が思い切ってプレーできる状態に準備できなかった自分の責任かなと思っている」と率直に認めたが、大一番での“読み違え”はあまりに痛かった。

 3バックに対する前線からのプレッシャーがハマらず、スペースの空いた中盤ではアンカーのDFアシム・マディボから何度も危険な縦パスを通された。自在に動くFWアクラム・アフィフにも翻弄され、後手後手を踏む間に2失点。徐々に対応していったとはいえ、あまりにも大きなハンデを背負うことになった。

 2点ビハインドの状況で最初の交代は後半17分。同24分に1点を返したとはいえ、2枚目のカードは3失点目を喫した直後の後半39分に切られた。3人目の交代枠でMF乾貴士が投入されたのは後半44分。あまりにも残された時間は短かった。この試合だけでなく、大会を通して見ても森保監督が交代カードを切るタイミングは遅い傾向にあった。ターンオーバーしたグループリーグ最終戦のウズベキスタン戦(○2-1)を除くと、4試合に途中出場したMF伊東純也の出場時間は合計でも26分。同じく乾は2試合に途中出場したが、13分しかプレータイムがなかった。

 ケガ人や出場停止が出ない限りはスタメンを固定し、先発の選手をできるだけ引っ張る。今大会7試合目となった決勝で、そのひずみが出たのではないか。スカウティングがハマらないこともある。試合中にベンチからの指示で戦術を徹底するにも限界はあるだろう。その意味で指揮官が選手にピッチ上の「対応力」と「修正力」を求めることは理解できる。しかしそれでも、采配とベンチワークには疑問が残る大会となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-24376247-gekisaka-socc



1 2019/02/02(土)
相手は日本が後半勝負を、先発メンバーを見て判断し前半から勝負をかけてきた。枠内に力の抜けたシュートはカタールのこれまでのパターンがはまってあっさり2得点。選手達の体力は限界を越えていたのはパスがつなげられない状態が物語る。それでも後半戦は頑張った。あのとき、もっと早く二人、三人投入する場面を見たかった。乾をもっと早く見たかった。本当にお疲れ様でした。カタール強し。


2019/02/02(土)
まさに、監督の言うように監督が悪かった試合だった。
本人がわかっているようで良かった。次の代表戦にまた期待できる。
しかし後半まで修正できないってのは不安だけど…。
先制されて数分で後半スタートのような日本に持っていってほしい。
というか、できれば開始すぐにそうならこう攻めようって指示してほしい。

日本はブラジルじゃないんだから、はじめからやらないとダメかと。
やってから後悔すべき、やらずに後悔が日本は多すぎる。
どんどん仕掛ける。どんどんミドルをうつ。

中東のチームってド派手にミスするけど、そこはできている印象。
単純に個にまかせて、わりと進んでいって宇宙開発。
いつも、まぁどうせ外すな。ほら外した。ってなるけど
今回は1点目も2点目も、枠にいったら入った。

仕掛けの部分は大会通して堂安がいまいちだったのもあるけど
南野のドリブルだとか、伊東のチャレンジなんか良かったと思う。


2019/02/02(土)
やはり問題は戦術パターンの少なさと固定メンバーの拘りだと思う。
賛否はあると思うが今大会で言ってもウズベキ戦以外はほぼ固定メンバー(怪我人がいた時は別)で今まで勝てたから納得してた人やこのやり方は当たり前と思う人はいたと思うが、やはり戦術もそうだが起用選手も対戦相手によって入れ替えぐらいの器用さはあっても良かったんじゃないかと思った。
森保監督は良くも悪くも余りメンバーをイジらずやり抜くタイプなのでカタール戦では、悪い方で出たのかも知れない。
確かに今後も勝ち続けて行くことは容易ではないが勝たなければいけない試合にどう勝ち切り、続けて行くかで考えれば強化試合では勝敗に拘らず新戦力の見極めや新しい戦術を試すなど可能性を伸ばし高める為に試験的にやっても良いのではないかと考える。
これからの代表に求められるのは柔軟性であり、状況よって戦術や起用法の切り換えに対応出来るかが必要ではないかと思う。


2019/02/02(土)
今までの日本代表通り、速い選手がボールを保持するチームにもろさが見えた
実力的は圧倒的にカタール
日本対イラン戦で日本がやってたようなサッカーをやられてしまったうえに、その状況を打破できるほどチームが成熟してないことを示していた気がする
たらればですが、あそこまで11番がフリーなポジションを取るんであれば、マンマーク気味に一人張り付かせて前半をしのぐこともできたかもしれない
一点さであれば、後半立ち上がりからでも間に合ったかもしれない
ってことを考えると1失点目のバイシクルを打たせる前に吉田が体を当てきれないかったこととか、いいコースであったが弱弱しいシュートを権田が適切なポジショニングで防げればかわってたかもしれない
とにかくハーフタイムまでの時間を最少失点でつなぐため、戦術を変更したりと、ピッチ内でのイニシアチブを握れる選手がいないことが問題に思えたなあ
と、そんな妄想をした試合でした


2019/02/02(土)
前半の中盤のスカスカは何だったんだろうと思うぐらい、前半は中盤がルーズで相手に対して全くプレッシャーが掛けられなかったのが致命的だった。

やはり遠藤の役割が重要だったのを思い知らされた感は否めない。

後半開始早々から良い形が作れていたし、3人目の動きで崩せそうなシーンが何度か有ったが、ラストパスがことごとくズレていた。

武藤の投入は正解だったが、乾ももう少し早めに使って貰いたかった。

素直にカタールが強かったのだが、色々反省点が多い試合だったし今後に生かして貰いたい。


2019/02/02(土)
そう、今回の大敗は、森保監督のミスで、彼の責任だと思う。カタールが、日本封じの対策をしてくることを、十分に想定していなかったこと、十分な対策を練っていなかったことが、敗因だ。

ただ、選手同様、監督も、失敗の経験を積んで、成長するものだと思うので、次回以降、頑張ってほしい。


2019/02/02(土)
確かに、相手の出方を瞬時に判断し、臨機応変にポジショニングさせる事や、後半のカードの切り方など、監督個人の能力に負う部分もあると思う。

しかしながら、カタールは「日本には3バックが有功。大迫にボールを触らせない。」等を始め、最初からチームとして明確なプランを立て、その通り日本の2トップに数的優位を保ち試合を優位に進めたらしい。

そうしたチームとしての分析力や、大金を投じた強化で、アカデミーでの育成世代からA代表まで一貫してバルセロナ流の戦術を浸透させるなど、一国の代表チームとしての在り方は、認めたくは無いが、現時点ではカタールが実は上だったと言わざるを得ない。。

データ分析班の設立や、育成世代からA代表迄の戦術の一貫性の確立など、待ったなしでやるべき事が山積している事が解った事は収穫だったと思う。実行はサッカー界の裾野の広さや選手個々の能力から不可能では無い。頑張れサムライブルー!


2019/02/02(土)
確かに3バックに対して2トップではフォアチェックがはまらない。でも3バックへの対応をしようとすると今度は前の選手が降りてきてウイングバックやCBとポジションを入れ替えたりして長友や酒井にシンプルに受け渡すのかどうするのかの対応を把握しきれてなかったか、相手を捕まえきれない。前に引き出されてそのスペースを使われる。

ハリルの頃に対戦したウクライナや調子の良い時のコロンビアのような変則的なビルドアップをカタールがスケールダウンしてはいるけどやってきていた?それとも日本が勝手に難しいタスクにしたのか?(多分に後者だと思うけど)はわからないけど、混乱状態でポンポンとやられてしまった。

とはいえ、これも実力でしかない。
タイトルを取れなかったことを自分の力の何が足りなかったのかを正しく分析して次は負けないようにしていくしかない。


10 2019/02/02(土)
おそらくフットボールは、「最も監督の能力が勝敗に影響する」スポーツのうちの一つであるのは間違いない。だからこそグアルディオラ、モウリーニョ、シメオネ、クロップ、ハインケス、アンチェロッティなどのトップレベルの監督たちは、選手以上の注目や愛情、時に憎悪の対象になりうる。

が、しかし。結局のところ最も肝要なのは選手であることは間違いない。どんな名監督だろうと、人的戦力で勝る相手チームに勝つことは決して容易ではない。「個のタレント力で殴り勝つ」という戦術を越えた試合の決着方法だって欧州トップリーグですら珍しくはない。

思うに、日本のサッカーファンは選手を批判するのを躊躇いがちだ。的を得ない個人攻撃は以ての外だが、選手よりも監督のほうが簡単に批判の対象になってしまうのが日本代表の敗戦後のお決まりな光景。「自分たちの代表」である選手たちに能力の劣った部分があるという事実から目を背けようとして…。


12 2019/02/02(土)
相手の出方を読み違えたのは悔やまれるけどそんなこともある
問題なのはそこから修正する時間はたっぷりあったのに何も指示せず、選手自身で考えれる選手もおらず(監督が選んでないから)、後半の頭からも選手交代もせず時間を無駄にしただけ
残りの2交代枠をどう活かすつもりだったのか
全力を出し切って負けたなら納得もできるけど、この監督じゃやり残した感が残ったまま

ベルギーは2点差ついても監督の修正、プランの変化でひっくり返してきた
昨日の日本にもそれを期待したのは監督の能力的に難しかったのであれば早期更迭を望む


14 2019/02/02(土)
確かに前半の守備はずれていたが、日本の守備が完璧に崩されての流れの中での失点ではないと思う。

どちらかと言えば、決定力の差で負けたと言っていい。

カタール得点のオーバーヘッドとミドルは、普通の選手がやれば10回やっても10回決まらないだろう。
後半はPK判定などの不運もあったが、何回もあるコーナーキックなどはショートコーナーを使うなどの工夫が必要。そこで得点できないのも敗因のひとつである。

日本はアジアカップだけでなく、W杯でベスト8以上を目指すなら、今日のような状況の中、ドリブルで突破できる個の力や、ゴール前での圧倒的な決定力が必要と感じた。


15 2019/02/02(土)
確かに立ち上がりの2失点が勝敗を決定づけた。
何方も素晴らしい選手であるのは当然だが、軽く放った様なシュートの威力と瞬発力が、相手が更に優っていた、日本チャンスは5回ほどあったが、全て潰された、1点の取り返しはラッキー点であった、
責めて繋いで守っての三攻守ではなかった、「勝てない」と、素人目でも見えた、そしてTVを切った、地デジだからCMが多過ぎて、頭が痛くなったからね、仕方ないけど、寝たよ。
それは、日本選手が更に成長してる、次回の勝負に期待して。


16 2019/02/02(土)
マジかよ。。。
カタールのサウジ戦、韓国戦と、日本がトルクメニスタン戦、オマーン戦で苦戦した戦いを客観的に分析すれば、むしろ3バックで来るほうが確率は高かったはずだろ。
日本チームのスカウティングは何やってんの。

だいたい、相手が4バックならそれほど対策しなくても選手たちはそれなりに戦えるのだから、対策するなら3バックを想定しておくべきじゃないか。

うーん。
イランに勝って気が緩んでいたとしか思えない。
初戦で交代枠を1つしか使わなかったり、決勝では2点負けている状況でも交替が遅かったり、ベンチワークが稚拙すぎる。


18 2019/02/02(土)
細かいディテールやいくつか提示されたプランのどれを使うかについては選手が話し合ったり、決めればいいと思う。

ただ、今回の決勝のように大枠つまりいくつかの状況を想定したプランが示されずに選手だけで話し合えではあまりにも無謀だ。指揮官がしっかりと大枠を示して方針を出さないことにはチームが機能しない。特に今の代表は経験の少ない選手が多いから尚更だと思うけどね。


20 2019/02/02(土)
いやはや若いチームにボコボコにされましたね。
しかも、若い個人技にやられてる。
ケアレスミスの多い権田キーパーと
消極的で機能不全の原口を使い続けた監督には疑問がある。
先発メンバーチョイスミス。

しかし、
作戦や技術以前に 開始までのチームから出るやる気が
全然違いました。

国歌を胸張って全員が声高に歌っているカタールは楽しそう。
口中でもごもごの奴、全く歌わない酒井、
歌ってそうなのは吉田だけの日本。

初優勝したい、背負ってる物の大きさに勝ったカタール、
背負ってるものが小さすぎて負けた日本は、
勝ちたい気持ちにつぶされた。

しかし、例え負けるにしても、
締めの決勝がこれでは、アジアカップを通じて成長したなんて
おこがましくて言えない。
しかも、国際試合は選手が成長する為の学校では無い。
成長してきた姿を見せる場だと思う。


21 2019/02/02(土)
選手は海外で試合してる選手が多くなった。
日本とは違うスタイル、違う個性の選手が多い海外ティームで活躍出来ればそれだけ実力が上がった証拠。
しかし指導者は依然国内の指導者ばかり。
まあ日本の指導者は何故お呼びかからんのかは、海外での経験が全く無いのと、言葉で指導ができないから。
選手は海外経験者だが、それを指導する監督は国内経験のみ
というチグハグサが出たんではないか?
指導者も海外から声かけられ、行って成果出して、一人前だ
こういうチグハグサ解消できないと、いつまで経ってもやっぱ日本人でないと、いや海外で経験者をという議論が出てくる。


22 2019/02/02(土)
>>森保監督は「3バックでやってくる相手であることも想定の中に入れながら準備をしてきたが、選手が思い切ってプレーできる状態に準備できなかった自分の責任かなと思っている」

この大会を通じて、試合を見ててもチームの意図が伝わってこず、選手がなんとなくプレーしてる感じだった。それは、森保監督が細かい指示をしてないのが原因でこのコメントからもわかる。カタールは、全く逆で監督の意図がチームの動きから伝わってきた。


23 2019/02/02(土)
ベルギー戦の後半が、イラン戦のトドメの一発にほんの少しぐらいはつながっただろうし、今回のカタール戦の前半の入り方も、良い教訓いや悪い見本として教科書に載ったから、これで良しとするしかない。監督だって日々勉強だし、でも次に生かせるかどうかは分からんけどね。たぶんカタールの教科書にもより大きく載ったし。しかも歴史的な出来事として。
交代が遅いのは前々から指摘されてたけど、今回は特に怪我人多いから、今日のスタメンもいつ負傷するか分からんし、早い段階でカード切りたくても切れなかったっていう、いつもとは違う苦心もあって切るのが遅くなったと思う。まあそれにしたって伊東の投入とか、勝ち試合かよってぐらいの交代だけど。
相手がそこまで削りに来るプレーしなかったから、もう少し早くても良かった気がするけど、それはまあ点取られた後の祭りだからどうにもならん。そこまでのジョーカーも最初から持ってないし。


24 2019/02/02(土)
監督の差もあったと思う。
日本を研究してたと思う。
日本の攻撃が完全に封じ込められてたのとカウンター対策が弱いのを突かれた。
武藤は良かったけど、あと2枚の交代選手と時間帯がいつも遅い。乾とか遅すぎて何もできない。
もっと仕掛けは早くお願いしたいです。


25 2019/02/02(土)
今大会通して、堂安の良さがよく分からなかった。
将来を見据えてなんていうのは、大会の決勝でやるべきではないと思う。
なぜあそこまで使い続けたのだろうか?森保監督には、調子が悪ければドンドン交代させる位の思い切りの良さがあって欲しかった。


27 2019/02/02(土)
かった。また、チームで試合に出てない選手は、主力であっても召集すべきではないし、槙野や北川みたいな役立たずを召集する理由もない。

長友は次はないかな?はっきり言って運動量だけ。サイドの選手があのクロスの精度じゃ厳しいし、身長差を狙われてた。

権田ももうないかな…
パスミスや判断ミスも悪かったが、セーブやパンチの選択ミスも多かったし、ポジショニングや予測も酷かった。殆どの試合で、半歩遅く動いてた。
1点目も、打たれたコースは良かったが、方向は限られてたから、触れる範囲ではあった。でも、動き出しがかなり遅くてさわれなかったですから…
権田の悪さが、DF陣のプレッシャーを高めてたね。散々、歴代のキーパーの陰にいたわりには、出来が悪る過ぎる。

まあ、悪いとこが見えたのは収穫かな?厳しい環境での準優勝は素晴らしいです。
選手の皆さん、お疲れ様でした。


28 2019/02/02(土)
結局、前線での起点が大迫のみだと相手がディフェンシブに来たら、こじ開けられない。トップ下が南野だと収まらないから、やっぱ、香川が必要だと思う。
昨日の展開だと2-2にできなかったことが一番の敗因だろう。
もっと、引いた相手にも点を取る戦術がないとこの先もアジアでも厳しい戦いを強いられることになる。


30 2019/02/02(土)
この大会に限って言えば
堂安の調子が全く上がらなかったのに
何で使い続けたのかなって疑問が残る。
南野は段々上がっていったから、
その差がよくわかる。
ゲームや練習の中で、
心身両方の調子の良し悪しを見極めて
ターンオーバーも頭に入れながら
最善のメンバーで試合に臨むようにするのが
監督の役目じゃないの?
あと負けてる試合では早め早めに交代も含め、
手を打つこと考えないとダメじゃない?
優勝が目標と言いながら
格上イランに勝ったことで
気が緩んだ感も否めないよね。
カタールは強かったのは事実だけど、
もう少しできたと思うから残念だった。


31 2019/02/02(土)
交代策というのはギャンブルの結果論になるから仕方ないとして、
乾は堂安と原口の守備の仕方を指摘していた。
状況における判断はゲームでは表せない確固たる個々の能力の差。
日本が学ぶことはまだまだ多いと思う。


32 2019/02/02(土)
つまり、日本のスカウティングが十分出来ていなかったから。日本はいつからそんなぞんざいなチームになったのか。
日本サッカーが完全プロ化したJリーグ発足から何年経った?たった25年だよ。100年の歴史あるクラブを持つ国々と戦いたいなら、日本人監督なんて要らない。まだまだサッカー先進国に学ばなければならない。
サッカーは常に進歩している。W杯の度に現代サッカーが定義し直される。そういう中で揉まれて来た監督とコーチが欲しい。森保要らない。監督が一番海外経験不足だから。
選手だって、カタール戦はスタメン全員海外組って、4大リーグで常にスタメンはってるヤツいる?
サッカー協会の皆さん、サッカーファンの皆さん、代表スポンサーの皆さん、もう一度ちゃんと考えようよ。W杯に出られない時期があってもいい。もう一度、育成システムを見直し、もう一度日本のサッカーを作ろう。今こそ目先を追うのは止めよう。


33 2019/02/02(土)
思うに今大会の日本は良くも悪くもリアクションサッカーだった気がします(カウンターサッカーという意味でなく)。
まず試合立ち上がりに相手の出方を見る。日本の攻め手は無理に前掛かりにならず、DFラインからのフィードで裏のスペースを狙う。
イラン戦然り、日本が攻勢に出るのは後半から。というのもセオリーだったはず…。
この戦法の大前提になるのが前半、とりわけ立ち上がりの時間帯に絶対失点しない、という堅牢なディフェンス陣だったわけですが、例のバイシコーキックで綻んでしまった。あの1失点目に尽きると思います。

相手方は日本がデリケートに試合に臨んでくることも折り込み済みだったのでは…?
地力は今でも日本が上だったと思っている。序盤から圧力をかけて先制点を奪うことができたいたなら…、そう思わずにはいられません。


35 2019/02/02(土)
今回の敗因はボランチも含めたディフェンスでしょう。ディフェンスパターンが距離を保ちながら遅らせることしかないから相手は恐れることなく仕掛けてくる。チャレカバを意識しながらか、当たるところで当たらないとこういった結果になると思う。
吉田の一点目の失点は、スカウティングでオーバーヘッドの可能性もあったのに体を寄せないからああなった。
全体的にルーズだった気がします。


36 2019/02/02(土)
今までほぼ固定のメンバーでやりすぎてきた感があり、0-2になった時点で交代選手やそのタイミングの絵が、監督の頭に描かれていなかったのだと思う。なんのためのメモなのか?
先制され2点差がつくという想定外をひっくり返す最大限の準備ができていなかった。
ベルバトフ主審のハンドは誤審だが、今回は森保監督に全て責任がある。
これからは前半で0-2や0-3になった後に、引いて守ってカウンターでくるチームに、後半の45分でどう得点して、せめて同点に追いつくかという実践形式の練習を何度もやる必要があるのでは?


37 2019/02/02(土)
武藤はパサーが居て活きる。
柴崎をトップ下に上げる事が出来れば、選手交代も反撃の糸口になったかも知れない。
守備的MF、ボランチの絶対的存在が居なくなった事。数も少ない事。決勝で痛手になったかも。
攻撃も右サイド主体で、左サイドから切り込む事が少なくて、偏ってしまってたね。


38 2019/02/02(土)
相手のスペースを使うやり方。人数のかけかたに対応できなかったと言った方が良いよ。相手の前半は、本当にフリーでもらえる工夫が成功していた。後半は修正してだいぶ押し込んだんだから、勝てなかったけど、次だね。悪くはなかった。
後は、サイドからのプレーが欲しかった。それは、中島が入るか、乾が入れば、解消されること。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ