20190202-00010003-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 敗戦にもいろいろある。大別すれば、胸を張っていい敗戦と、恥ずかしい敗戦になる。アジアカップ決勝のカタール戦は後者の典型だった。

【写真】バルサ育成仕込みの指揮官が 森保Jに牙をむく。カタール躍進の秘密

 相手はカタール。人口250万。国土の面積は秋田県とほぼ同等の小国だ。選手の比較でも、日本代表はほぼ全員が欧州組。高給取りである。カタールはスタメン全員が国内組だ。アルモエズ・アリのようないい選手はいても、有名選手はいない。さらに日本が決勝を準決勝から中3日で戦ったのに対し、カタールは中2日。これぞ、絶対に負けられない戦いだった。

 森保一監督は試合後、立ち上がりからうまくいかなかった理由を、「5バック、3バックで戦うカタールとミスマッチが起こるなかで、噛み合わせがうまくいかなかった」と語った。

 しかし、こちらの目にはそれ以上に、フィールドプレーヤー10人が、楽しそうにプレーしていないように見えた。このメンバーでプレーすることにウキウキしていないというか、新鮮さを感じてないというか、マンネリズムに陥っている様子が見て取れた。スタメンの顔ぶれを見た瞬間、今日こそは危ないと思ったものだ。この顔ぶれに選手たち自身が飽きていたのではないか。

 堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーファー)。第2列を務めるアタッカー陣は、試合を重ねるごとにパフォーマンスが低下している。自信を失っているように見えた。とくに売り出し中の南野、堂安は、逆に底が割れた感じだ。にもかかわらず、連戦連投。監督から高い評価を受け、使い詰めにされている。この好ましくない空気感が、前半の戦いに現れていたといっても言い過ぎではない。

 また「布陣のミスマッチ」と言うけれど、それは相手方にも生じるワケで、日本側だけに災いするものではない。4-2-3-1対3-3-2-2(5-3-2)の戦いで、4-2-3-1が一方的に不利益を被るのなら、4-2-3-1は世界的にここまで圧倒的なシェアを獲得していないし、3-3-2-2(5-3-2)はマイナーな布陣の域に収まっていないはずである。

 固定メンバーで戦う森保監督の選手起用については、これまで口が酸っぱくなるほど警鐘を鳴らしてきたが、その膿が決勝戦で一気に噴出した格好だ。

 アリとアブデルアジズ・ハティムのゴールで前半を0-2で折り返すことになった森保ジャパンだが、納得できなかったのは布陣のミスマッチ話だけではない。普通ならここがメンバーチェンジのタイミングだ。後半頭から誰かを投入し、流れを変える。「ミスマッチ」と言うなら、なぜそこで布陣を変更しなかったのかと突っ込みたくなる。

 それはともかく、森保ジャパンには打つ手がなかったのである。

 誰を投入したら有効か。23人の体制で組む代表チームを7試合も続けて見てくれば、こちらにも選択肢は見えてくる。W杯やユーロ、コパ・アメリカなど、短期集中トーナメントをフルカバーで取材した経験は幾度となくあるが、優勝チーム、準優勝チームの交代の選択肢は、第三者の目にも容易に浮かび上がってくるものなのだ。

 ところが、今回の森保ジャパンにはそれがない。誰を投入すればチームが活性化するかが見えてこない。我々、日本人の取材者にも、だ。理由はわかりやすい。監督が、先発組とサブを明確に分け、交代のカードを満足に切ってこなかったことにある。7試合目(決勝戦)から逆算した思考をしてこなかったツケが、0-2とされた後に現れた。

 1人目である武藤嘉紀(ニューカッスル)が原口と交代で投入されたのは後半17分。間違いなく遅すぎだ。

 日本はその7分後(後半24分)に1点差に迫るが、塩谷司(アルアイン)に代わり伊東純也(柏レイソル)を投入した2度目の交代はなんと後半39分。さらに南野に代わり乾貴士(アラベス)を投入した3人目の交代は後半44分だった。

 リードしている側が行なう時間稼ぎを兼ねた交代ではあるまいし、交代選手を信用していない点、アイデアに乏しい点、判断、反応が遅い点は目に余る。

 極めつきは終盤、大迫勇也(ブレーメン)、武藤、堂安、乾(南野)、伊東が前戦に5枚並んだ布陣だ。守備的MFは塩谷がベンチに下がった後、柴崎岳(ヘタフェ)ひとりだったので、4-1-5(!)になる。堂安と武藤をインサイドハーフとしてみなせば4-3-3になるが、そう解釈するのは好意的というか、無理矢理な話だ。

 最後の最後になって、地味だった監督が突如、奇想天外な作戦に出たという印象である。奇想天外というより無茶苦茶と言ったほうがいい。非論理的な、とても日本代表をW杯でベスト8に導こうとする監督の采配には見えない。

 日本代表の選手のレベルは、だいたい把握している。こんなものだろうという線は見えている。彼らの世界的な評価は各クラブでのプレーをとおして明らかになっている。だが、監督にはそうした物差しがない。サンフレッチェ広島時代、Jリーグで3度優勝した実績が、世界的にどれほどのものなのか。

 アジアカップで、選手以上に注目されていたのは森保監督だった。しかし、見られているという自覚が、彼にはどれほどあっただろうか。

 アジアカップ準優勝。カタールに敗れた格好悪さは残るが、結果で評価するならば及第点だ。解任論には発展していかないだろう。

 さらに、2022年カタールW杯は、48カ国で本大会を開催する可能性が濃厚になっている。アジア枠が現行の4.5から、8.5に肥大化すれば、落選の心配はない。アジア予選突破は、この日カタールに対して踏んだようなドジを、2、3回続けても、大丈夫という話になる。森保監督は2022年11月まで務めてしまいそうな雲行きだ。

 だからこそ、解任するならいま、この瞬間だと思う。アジアカップは何人かの選手の限界を見た大会でもあるが、一番苦しいのは監督だ。選手に比べて世界的ではない。

 ちなみに、今大会で評価すべき選手を挙げるならば、大迫勇也、遠藤航(シント・トロイデン)になる。

 及第点は、冨安健洋(シント・トロイデン)、酒井宏樹(マルセイユ)。

 逆に苦しそうな選手は、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)、権田修一(ポルティモネンセ)、原口元気で、伸び悩んでいるのは堂安律、南野拓実、柴崎岳となる。

 森保監督が続投するのであれば、長期的な眼で選手選考を行なってもらいたいものである。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00010003-sportiva-socc&p=1



1 2019/02/02(土)
決勝戦はまったく違う戦術にメンバーを期待していたから、選手の動きが重い始まりを見て、しかも相手には戦術は上をいかれ日本のウイークポイントをつかれて後手後手に。それでも選手は踏ん張り頑張った。もっと早く交代の枠を使いきって欲しかったです。それが見たかった。乾と投入が何故あの時間だったのか、答えが欲しいですね。選手達の体力が無い中、本当に走りきった。お疲れ様でした。限界を知るには、かなり過酷な起用だったかもしれないけど、成長につなげて欲しいです。


2019/02/02(土)
森保監督に限界を感じたのは同意する。負けているにも関わらず後半頭から交代もしないとは驚いたね。策が全く無いのは以前から感じていたし監督としての修正力は全く無いに等しい。選手に比べたら世界的ではない監督はW杯では力不足もいいところだ。W杯本番では到底使えない監督なのは間違いない。解任論が出ても仕方がないと思う。広島でJ1で3回優勝したからって日本代表と五輪代表を兼任させようとした会長の田島にも大きな責任があるな。原博実Jリーグ副チェアマンが会長だったら安易に森保を監督にはしなかっただろうな。


2019/02/02(土)
後半、右に原口、左に乾を置いたらどうだったかな。
堂安が全く機能してなかったから。
カタールはシンプルに大迫を止めに来ていた。
だが、大迫はそれを逆手に犠牲になる動きで相手DFを潰してたよ。
だから後半、チャンスが続いた。
堂安ではなく乾なら、大迫の作ったスペースで仕事が出来た可能性ある。
森保は将来を考え、脱乾の方向。
中島が万全なら呼ばれてもなかった。
だが、決勝のあの展開。相手が一番嫌がるのは間違いなく乾。
優勝に拘って欲しかった。
堂安には、まだまだ経験を積む機会はある。
采配の差を感じてならない。
カタール監督が全てに上手だった。


2019/02/02(土)
前に書いたが、結論は最低でも日本代表は監督育成等のためにU20→五輪→フル代表コーチ→フル代表監督等の順で、日本人監督に国際大会を繰り返し、経験させるべきだね。まあ、ペケルマン方式だよ。日本人監督が采配遅いのは国際大会の経験が少ないから自信がないんだよね。

あと監督育成は世界の名将の所に学ばせに行かせるべきだな。ジダンがそうだしね。まずは藤田俊哉をベンゲルの下で、他者をブラジルネットワークでチッチかその秘蔵っ子の次期監督候補のカリーレ?の下でね。1番いいのは南米最優秀監督多数のアルゼンチン監督だよ。リーベルのガジャルドの下とかね。西野さんと岡田さんの対談見ても世界から1番遅れてるのは指導者だってわかるしね。まあ、U17の森山監督を成績次第で五輪とフル代表コーチにして、西野監督ももう一度U20監督→五輪→フル代表の順でやればいいと思うがね?森山監督は保険で代表入りさせるべきだね。


2019/02/02(土)
NHKの解説の方の言葉ですが、「勝ち試合より負け試合の方が学ぶことは多い。この敗戦を意味のあるものにしてもらいたい」「日本人監督の経験、力量不足への批判もあるが、経験させなければ成長もない」。
その通りだと思う。勝てば官軍で成長が止まるより、五輪、W杯に向けた糧にして、あのとき負けて良かった、と思わせてもらいたい。
ゲームとしては、立ち上がりで日本の強みを上手く潰され、続け様に失点してしまったのは運も含めて仕方のない事で、それがスポーツというもの。そこからどう立て直し逆転するか、これから成長してもらいたいところ。
個別には、堂安は個人技が通用しない事にムキになっていたのか、突っかかり過ぎて流れを悪くしていた。武藤は大会通して勢いだけでプレー全般の精度が悪過ぎた。結果を出せない焦りもあったのか。。。
その辺りのコントロールもマネジメント経験の差なのだろうか。とにかく今後に期待したい。


2019/02/02(土)
こうやって批判が出て来て良かったんじゃないかな?
優勝してたら批判じゃなくて、森保采配ピシャリ。とかの記事になってたんだろうし、これからワールドカップまで先は長いし、ここがゴールではないのだから、大迫とのポジション争いができる選手、前の三人のライバル、ボランチの底上げ、センターバックの層を厚くする、サイドバックもおなじく。そして、最大のキーパー守護神の発掘。やることだらけなんだから、課題がたくさん出たことこそ今大会の収穫。

みんな甘んじてはないのだろうけど、日本の圧倒的ではないのだから、ここで圧倒できなければまだまだワールドカップではグループさんかレベルな訳で、ロシア杯はたくさんの幸運もあって突破したけど、もっと上に行くためにも今回は優勝出来なかったことが自分達の立ち位置の認識に繋がったと思うから井の中の蛙にならないですんだととらえて良いんだと信じたい。


10 2019/02/02(土)
武藤の早期投入はよかったが、DFが下がりきった後の伊藤投入は遅すぎるし良さが発揮されないと思った。
堂安は予選から酒井のオーバーラップをうまく使えてなかったし全体的に見ても、スタメン起用に疑問がある。乾の方が他をうまく使えるから投入できてたら面白かったかもしれない。南野を下げるより堂安だったかも・・・メディアが堂安を持ち上げすぎたのも監督の判断に影響あったかもね・・・
遠藤の離脱は大きかったね・・・

追加召集の武藤は今後も代表で見たいんだけど、監督はどう考えてるんだろう・・・気になる・・・みんなはどう思いますか???


11 2019/02/02(土)
お杉なので、現状認識のおかしさとか色々と記事のアラが目につくのは、まあ置いといて…

采配で問題があるとすれば、交代選手とそのタイミングもそうだけど、それ以上に、前半の早い段階でのマークのズレの修正、組織的な守りの修正をすべきだったと思う。
マークが緩くなってしまったのは、個人能力やメンタルに原因があるわけじゃなくて、相手の布陣や前線の流動的な動きに対処できなかったから。そこを早く修正できていれば、2点目をやることはなかったはず。

W杯の西野Jのときから、選手主体の日本らしいツーカーの組織力を生かして戦って結果を出してきたけど、この試合ではその強みにあぐらをかいてしまった感がある。ピッチ上での修正がうまくいかない以上、采配で組織を修正すべきだったが、それが一足遅かった。それが一番の敗因だと思う。


12 2019/02/02(土)
ライター杉山?はい、解散。

と、言いたいんだが、打つ手が無かったのはわかる。交代を考えて控えメンバーを見た時に「手詰まりだ」と思った。ロシアの時は監督交代から時間がなかったからスタメンがあれだけ機能しただけでも良しと思えたが、今大会だけで7試合目で、しかも交代枠試す時間はあったのに十分に試してなかったツケが回ってきた。
それでも結果的には原口→武藤が効いたのは事実。ただ、乾はもっと早く出せ。
とはいえ、今回の面子に中島、香川、鈴木優磨、香川、昌子が加わればバリエーションは増えてまた変わってくるだろうが。


14 2019/02/02(土)
堂安は、メディアが上げた選手。まだまだ代表レベルではないし、前に向けないボールロストが多いアタッカーなんて代表の試合では通用しない。
何で右に原口、左に乾で勝負しないかったのか意味がわからない。経験積ます意味はあっても4年に一度の大会!コンフェデもかかってる試合で、毎度毎度の堂安はない。
今大会は、遠藤が1番良かった︎安心感が際立ってました!さらに成長してほしいです。


15 2019/02/02(土)
珍しく杉山の批判記事が的を得ていて笑ったw
選手交代が後手後手になるのは、歴代の日本代表監督のお家芸。それは日本人監督に限らずだ。
森保さんは広島の時はそんなことはなかったので、代表監督ゆえのプレッシャーなのか、それとも何か別の力が働いているのか。

カタールは実際強かったし、負けたことはしょうがないけれど、3バック対策や的確な交替策など、もっとやりようはあったと思うから歯がゆい。それも含めて実力だと言われればそれまでだが、多くのサッカー識者が客観的にみて同じように思うということは、やはりそれは問題だったということになる。

森保さんは、マスコミにどんどん批判してほしいと発言していた。森保体制になって初めての敗戦の今だからこそ、徹底的にダメ出しされて、それを正面から受け止めて改善していってほしい。


16 2019/02/02(土)
権田よ、せめて1点目位止めようよ…こういう国際大会の舞台ではファインセーブの1つ2つないとGKが認められる事は絶対にない。
難しいシュートをブロックしてこそ「代表の」GKだろう?
枠に来たシュートは全て決められそうだし、エリア外からのミドルシュートすらトルクメニスタンと同じ様に決められてるし(打たせる守備陣も責任はある)、この大会の結果ではGKは権田じゃなきゃダメとはならないよ。
寧ろ権田より若いシュミットや中村に経験積ませてあげたかった。
川島だってw杯で色々言われたけど、全盛期には止めてくれそうって気迫も感じたし神がかったセーブも何本もあった。
この権田というGKは年齢的にも今から代表の正GKとして使うべき選手ではない。


18 2019/02/02(土)
言いたいことはわからないでもないが、記事の内容があまりに結果論すぎて納得は出来なかった。
準備期間が半年にも満たない状況の中で、開会前の時点から怪我人は続出しとてもベストなメンバーが組めていたとは思えない。
さらに大会に入ってからもボランチが二枚怪我で出場出来なくなる状態で、大きく戦術をいじるのは優勝を目指していたならば得策ではないように思う。

メンバー選考の段階でDF1枚を削って中盤の選手にしておけばとか、言い出せばキリはないがそれも全て結果論。現状のメンバーの中で1つの形を作る為の大会と思えば、これからの為に貴重な経験になったのではないかと思う。


19 2019/02/02(土)
権田の交代はもちろんだが、2022年を考えるならさすがに老いた長友や吉田を起用するのは
どうかと思う。特に長友は全盛期のキレはもうないしオシムの言ってるようにフィジカルの強い高さのある選手を揃える必要が世界と戦うには不可欠だ


21 2019/02/02(土)
今回の采配。初めからなぜにばかり。
若手選手を育てたいのか過剰なほどの期待なのかわからないが堂安、南野を使いすぎ。
流れが悪いなら素早く交代をすべき。
乾を呼んでおきながらベンチばかりは
宝の持ち腐れ乾がかわいそう。
右に原口、左に乾にすべきだった。
乾のコンディションに不安なら後半からでも全然問題なく力を発揮できたはず。

森保監督にはがっかりです


22 2019/02/02(土)
森保はこのアジア杯の前から思っていたけど、対応力や判断力の面で
疑問を感じていた。今まで負けなかったのは個々の選手が頑張っただけ。
試合で流れが悪い時にポジショニングを変えて対応することもできないし、
選手交代で流れを変えることもできない。また、試合を重ねても
攻撃陣の連携を高めることもできないので、能力として限界だと思います。

あと、昨日の試合で言えば、やはりストライカーの存在かな。
カタールはアリという点取り屋が予想外のプレーで得点を挙げれるが、
日本では個人技で点を取りきれる選手がいないのが痛い。


23 2019/02/02(土)
けが人続出の中頑張った方だと思うよ。
大迫に当てて中央攻撃は完全に研究されていたし、中央ダメなら右サイドも読まれてた。
アジアカップは左サイドの攻撃が少なく、長友と原口が上手く連携とれないのか
左サイド弱い。乾だと長友のオーバーラップからの攻撃が頻繁に起こる。
決勝は攻撃のバリエーションが中央と右により過ぎて少し勿体無い感じがした。
後半頭から乾入れて左サイドの攻撃強化してたら相手も苦労したと思う。

これからは個の力が強い中島と大迫で、
中央又は左サイド中心の攻撃しつつ(長友のオーバーラップからの連携も)、右サイドの酒井のオーバーラップや堂安と南野の連係攻撃でいけば相手に対して脅威になる。


25 2019/02/02(土)
堂安はもっと仕掛けても良かった。若いんだし、思いきり良くやってほしかった。南野は決め切れず、今大会は運が無かったと言うか、持ってなかった。なので、決勝に限っては、この2人に固執する必要はなかったように思う。森保はもっと手の打ちようがなかったのか。少なくとも交代のタイミングはもっと早くできただろう。伊東純也は後半頭から行くとかね。交代だけ見ても、森保をあまり過大評価するのはよくない。ワールドカップ直後は人材がいなかったが、今アジア大会でも退任する監督がいるし、今後もいい条件の監督が出てくるかもしれない。まだ時間はある。


26 2019/02/02(土)
カタール戦遠藤が出れなくなった時点で危ない予感はしました!相手も大迫にボールが集まるのは予測できただろうし、南野、堂安に至っては大迫頼りで自分で打開することをここ2試合やめてしまったように感じました!北川や武藤がワントップの時は俺が俺が的にがむしゃらにプレーしていたが大迫が入ったとたんがむしゃらさがなくなったように思います!この試合采配もそーですが後半再三の決定機を作りながら得点に結び付けれなかった決定力不足に尽きると思います。明らかに後半開始から相手は足が止まっていたし!やはり日本の課題は決定力だと感じました!この試合塩谷、柴崎のボランチじゃなく原口をボランチに置いて乾を左使って見ても良かったんじゃないかと思います。原口なら攻守共にバランス取れてるし90分走りきれると思うし。ハリルのときにもボランチで起用されたこともあるしぶっつけ本番ではないと思うし!


27 2019/02/02(土)
森保に経験が足りないのは最初から分かってたこと。現時点で変えてほしいとも思わないが、まだまだ日本は経験のある外国人監督に指導受けた方がいいと思うね。ハリル問題の流れで選手も協会も日本人監督を望んだんだろうけど時期尚早だよ。経験不足の監督で世界相手に勝つにはワールドクラスの選手が少なくとも2、3人は必要。選手達もこれを機に高みを目指してほしいね。数年で見違えることもあるから。


30 2019/02/02(土)
ごもっとも。
やっと指摘してくれる記事が出た事が喜ばしい。
どの記事も「勝てばOK」の思いしかなく、負けて初めて詮索する。これでは遅い。
実際森保監督の采配は予選から?の付くゲームばかりだった。
監督が出来る仕事は選手選考からチーム作り、スタメン決定。ここまではどの監督も思惑通りに出来る。
問題なのはこの後。
ゲームが始まってチームを勝たせることに手腕が一番問われる。ここで監督が出来る唯一の手段は選手交代でゲームを動かすこと。勝ってるときには気付かないが、負けるときにはここが一番露呈される。
明らかにこの大会で森保監督が有効な選手交代を講じたのは皆無だった。交代は疲れやケガによってで、積極的な選手交代はほぼなし。予選リーグでは交代枠を残したままという有様。
この点は間違いなく監督の手腕は問われるべき。

こうしたサッカーをしっかり分析出来る記事が日本には必要ですね。


31 2019/02/02(土)
昨日の試合はある程度カタールに運が付いていたというところもあるが、前半は おい、日本どうした? という感じで全くいいところがなかった。後半になってもテンポが上がっただけで、パスの精度と動きのキレは全くなく、イラン戦とは全く別のチームみたいだった。今回の結果は采配も含めて検証を十分に行う必要があるのはもちろんだが、フォーメーションに関して重点を置いて検証してもらいたい。4-2-3-1では輝けない選手が沢山いると思う。


32 2019/02/02(土)
カタールは普通に強かったと思う。準決勝でのUAE戦を観てて、球際の強さ、攻守切り替えの速さが強く印象に残り、個人的には、日本は負けるかもしれないと思ってた。実際、韓国も勝てなかったし。人口は確かに少ないが、そもそも身体能力が日本人とは全然違う。勝てない相手だとは思わないが、少なくとも勝利を楽観できる相手ではなかったと思う。


33 2019/02/02(土)
今から!良くなっていくには、人間としての経験と成長も必要と思います。
いろいろと学びましょう!
日本は良く走っていて、対戦者の作戦も見事でしたが、私が日本を応援し続けられたのはスターである選手の前向きな姿勢が嬉しかったのです。連携の確かさは美しく、後一つを期待したい!


35 2019/02/02(土)
記事にもあるようなマンネリ感や自信無さそうな感じももちろんあったけど、前半の出だしから若いメンバーに「決勝」という重圧が半端なくのしかかってるように見えました。
堂安は自分でドリブルでしかけようとするも奪われる、の繰り返しで力みすぎが見てとれたし、大迫も全くなにもさせてもらえてないし。
なによりカタールのプレスに全員が怯んでるようにもみえた。

それでなんかこれ嫌な予感するなー、と思った矢先にあのオーバーヘッド弾。
権田がはじいてくれるかと思ったら入ってしまった。もうこうなるとカタールペースでしたね。

この前半が日本の敗戦のほぼすべての原因だと思います。

個人的にはできれば中島が召集できなかった分は
香川を召集してほしかった。
アジアカップ経験のある人があと一人はほしかったかなと思いました。
とはいえもう継ぎのコパアメリカは今回の経験を活かして頑張ってほしいです。


36 2019/02/02(土)
1試合でもうまくいかないとすぐ采配を問題視するが、結局は選手の質の問題。海外組が増え、たしかに全体的に質は向上しているが、まだまだアジアを圧倒するレベルにはない。いい例が堂安。シティがどうたらと騒がれているが、とてもそんなレベルにないことを露呈した。もしシティのスカウトが見てたら、堂安より相手の11番や19番に目を止めただろう。いまはアジアでも3回やって1回優勝できれば御の字というレベル。優勝できるかどうかは運やその他諸々に左右される。そういう意味では決勝までたどり着いた今回はまずまずといえるかも。まあ、サッカーライターは采配を批判してなんぼというか、ただ選手に言及するだけじゃ食っていけないんだろうが(笑)。


38 2019/02/02(土)
はっきり言って試合するのは選手であって監督じゃない!
 敢えて言うなら今の代表にはゲームリーダーがいないって事。5バックで大迫のポストプレー抑えられたら、オールコートでパス回しで相手を翻弄出来る
先制点取られる前にどちらに焦りがあったのか?これは今回よく誰もが感じてたと思う
 吉田キャプテンがディフェンスラインからコーチングもしてないと思う。
イラン戦で勝っていい雰囲気!?
 中3日のなかで全員で決勝でのディスカッションみたいな事やってないと思う
 相手に3点取られるのはサッカーでは事前に解決出来るミスがあったと事。 
 ほぼ海外でプレーしているプロなんだから
勝てる試合を自分達で壊してしまった
前半が全て 勝ちとりにいくなら
いい雰囲気なんてクソくらいと思う選手が出て来ないとワールドカップ出場?ベスト8以上?無理だろう… 良薬口に苦し力ある者だけが真の勝利者になれる頑張れ!日本代表選手


39 2019/02/02(土)
悪意のある記事。

カタールは各国から選手を帰化させているので冒頭の批判は筋が悪い。

森保監督の布陣で3バックへの弱点があぶり出されたわけだが監督も選手もそれを認識したので打開策を準備するだろう。いきなり辞任とブチ上がるのは論理の飛躍。

新たなチームが立ち上がったばかりでこの成績はまずまずと思う。選手も連携もカタールのように何年もかけて熟成させていけばいい。底が見えたとの表現は選手へのリスペクトがない。


41 2019/02/02(土)
感情的な記事に思える。ネットではアクセスを集めれば勝ちかもしれないが記者も本質的な論評をできねば長くは生き残れないであろう。


45 2019/02/02(土)
少なくとも森保監督は長期的な目で選手選考をしてるとは思うけど。
たった1試合で限界を見切れるとは。
世界的な監督ってほんとに呼べるの?これまで日本に来てくれた監督で選手の発掘や選手交代も含めて効果的だったのって、アギーレかなって個人的には思うけど、それでもUAEに負けてるし、他はレギュラー完全固定の出る可能性の少ない控えメンバーだったわけで、その辺は少しずつ進歩してるような気がするけどなぁ。
この記事の書き方では負けることに未来がない書き方だけど、勝利し続けることができるチームじゃないよ、日本代表は。
それでもW杯で少しでも上を目指せるチーム作りしてるんじゃないかな。


46 2019/02/02(土)
北川への批判が多いが、彼が出場した試合は負けていないのが事実。南野、堂安、原口が機能していなかったのも事実。良かったのはイラン戦だけ。サウジにもベトナムにも通用していなかった。南野は点を取ったが、周りに点を取らせられる気がしない。堂安も全くダメだったし。原口もあれが限界かな。大迫には期待しすぎ。コロンビア戦の残像が強すぎるのでは。
そのメンバーに固執した監督の能力を疑う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ