20190202-00053741-sdigestw-000-5-view

スポンサード リンク




◆「2000万人が感じただろう。故意ではなかったと」

史上最多5度目の戴冠を狙った日本代表の野望は、あと一歩のところでついえた。2月1日にUAE・アブダビで行なわれたアジアカップ2019決勝でカタール代表と雌雄を決し、結果は1-3の敗北。前半に奪われたふたつの得点がともにスーパーショットだったとはいえ、90分間を通して攻守両面に課題が残るパフォーマンスだった。

 その大一番で日本のファンを落胆させたのが、83分のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定だろう。カタールのCKからアブデルカリム・ハサンがヘディングシュート。これが競り合った吉田麻也の左腕に当たり、ウズベキスタン人のラブシャン・イルマトフ主審はVARをコールする。はかなくもPKとジャッジされてカタールが3点目を奪い、0-2から1点を返して勢いに乗っていた日本はとっては痛恨の失点となった。

 結果的にハサンのシュートを吉田が手でブロックしたのは事実であり、日本では「致し方なし」と見る向きが強いが、海外のファンはどう感じたのだろうか。世界的ネットワーク『Fox Sports』アジア版が拾ったのはまさに彼らの声で、意外にも批判的な意見が殺到しているのだ。同メディアは「ファンは日本を殺す一撃となったVARを批判」と題し、SNS上に飛び交う同情的かつ懐疑的な見解を掲載している。ここでもいくつか紹介しよう。

「日本にとっては大きな失望だろう。だがより絶望的なのは、あのVARが試合を決定付けてしまったことだ。ヨシダがかわいそう。カタールは素晴らしかった。彼らの勝利は祝福したい」

「VARのなかでも最低レベルのジャッジだ。救いようのない主審だったじゃないか。サムライブルーは本当にツイてなかったね」

「あらためて教えてほしい。ハンドというファウルは、インテンショナル(故意)でなければファウルじゃないのでは? こうした判定が下されるたびに頭が混乱する。VARの登場によってその基準はさらに曖昧になってきた」

 
「素晴らしいファイナルだったが、主審のVARによるジャッジで壊れてしまった。家でテレビ観戦していた2000万の人びとが感じただろう。あれはインテンショナルなハンドではなかったと」

「ウズベク主審がVARによって宣告したPKは、なんてバケげたものだったか! サウサンプトンのマヤ・ヨシダのプレーがハンドだって? 終了間際のジャッジでスコアは3-1となり、ゲームは終わってしまったよ」

 今大会のノックアウトラウンドから初めて本格採用されたVAR。夏のロシア・ワールドカップと同様に、アジアカップでも賛否両論に分かれる場面が続出した。今季のJリーグもルヴァンカップで初めてVARが導入されるが、日本国内でもさまざまな議論を呼びそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00053741-sdigestw-socc



1 2019/02/02(土)
清水英斗 サッカーライター オーサー報告
「ハンド」は、正確には『ハンドリング』という反則です。
手や腕で”意図的に”ボールを扱ったか否か。

”意図的”については、複数の考慮点があります。
●手がボールに向かって動いたか
●ボールとの距離(手に当たることを予期し、避けられるか)
●不自然な位置に手が出ているか
現行の基準では、イラン戦で日本が得たPKも、カタール戦で吉田が取られたPKも、両方ハンドリングではないと見るのが自然です。

ところが、VAR時代は少し変わってきました。
リプレイを見て判定するので、上記の基準は主観的であいまいであると議論が起き、次のルール改正では、ハンド基準の客観化が焦点になります。手に当たったら意図にかかわらず即ハンド、となるかもしれません。

問題はこのような基準をAFCが明確にせず、VAR導入したこと。今大会のハンドリングは、現基準と照らし合わせてズレがあるので、事前の説明義務があったと思います。


22 2019/02/02(土)
子供の頃からハンドは、故意の場合に適用されると思っていたが、最近はそうではなくただ単に手に当たればハンドになるとルールが変わったと認識してた。
今回の吉田のハンドがPKじゃないなら、イラン戦の日本が得たPKもハンドじゃなくなると思うけどな。


2019/02/02(土)
VARでのハンドの判断の基準が
わからない。

ジャンプしてヘディングする時も
体の後ろで手を組まなきゃ
いけないの?
まぁ今大会は
VARに助けられて
VARにとどめさされたね。

吉田には気にせず
これからも体はったディフェンスを
お願いしたいね。


2019/02/02(土)
カタールを称えるべき試合ではあったけど、日本はベトナム戦でも感じたけど、少し優位気味に受ける時、ほんの少しだけど寄せが甘かったり、クリアする判断だったり、曖昧になりやすい。相手がブラジルやフランスなら絶対にしないようなセーフティなプレイが無くなって、変にキープしたり、縦パスのトライをし過ぎたり、まだまだチャンピオンには相応しくないのかなと思う。だから、とても良い準優勝になった。東京オリンピックや、コパで躍動が楽しみ!


2019/02/02(土)
過去にも故意でないハンド判定はいくらでもある。94年のW杯でバッジョが意図して手に当てにいってPKを得て救世主となった。
あれ以来、ディフェンダーはエリア内や近くで対面する時は手を後に隠すようになった。
ルールブックに乗っている故意かどうかというのは、ほとんど機能していない。

今大会に南野が得たPKもディフェンダーは故意ではなかった。
現状、ディフェンダーが故意でなくても、それにより優位になった場合は取られると判断した方が良い。
吉田が与えたPKもボールがゴールに向かっていた以上仕方ないがない。ただ、イエローカードはなかったと思うが。

どちらにしても、前半2点を取られたこと。そして、後半の1、2回しかないカタールの攻撃に対処できなかったこと。
敗因はそれでしかない。力負けだと思う。


2019/02/02(土)
この大会で吉田はハンドで得点取り消されるし
カタール戦ではPKになりトドメを刺されるし
ゴールしても良さそうなヘディング二回外してるし
結構こたえてるだろうな…

まぁカタールの1点目は10回のうち入るのは1回のシュートだし

今日はカタールの日だったね

そんな日もある
吉田も気にしないでサウサンプトンで頑張って!

正直決勝まで行けるとは思ってなかった
頑張ったよ日本
お疲れ様

カタール初優勝おめでとう!
中2日じゃなかったらもっと強かっただろうな


2019/02/02(土)
昨日の試合を糧に更に飛躍して欲しいと思う。
攻撃時はパスを何とか通せたがトラップが残念だった。相手の寄せが早くても自分の置きたい場所に置けるようになって欲しい。
CK10数本あって1本も入らないなんて武器とは言えず残念だった。もっとシュート精度とゴール前での体の強さ・巧さが欲しい。強い国にはまぐれ(相手のミスが上手く重なる)みたいでしか決められてないと思う。
失点時は相手も上手かったが、相手のシュート(CK含め)への寄せが甘かった。相当な疲れがあると思うが、吉田を始めとして残念だったと思う。それからエリア内でシュートやパスのボールが体から離れている手に当たったらPKなのは当然と思う。
そもそも前半始めから相手にやられてたのだから、戦術変更はして欲しかった(それ以前にスカウティング・事前戦略の不足)。ピッチ内で選手が自律的に出来ないなら監督が指示を早期に出して欲しかった。


10 2019/02/02(土)
テクノロジーの導入は功罪つきものです。

VARが導入されたことで、より正確なジャッジが可能になったことは事実です。

ただ、一方でルールが曖昧なことにより、一度試合で判定された通念が適用されている気がするのです。

つまり、『手に当たったらPK』ということです。

しかし、それは『故意』か、『偶然』かは問題にならず、ただボールが手に当たったら一括りでハンドとなってしまいます。

VARが導入された目的は、もちろん審判が見逃した重大なファールを再判定することにありますが、審判の主観を介入させない画一的な基準を適用できる機会でもあります。

ここで今一度、ハンドの適用基準を再考する必要があるのではないでしょうか。


11 2019/02/02(土)
いや、あれはハンドの判定でなければならなかったと思う
実際に手にあたっていたから

仮にあれをハンドではないと判定されてしまった場合、ひょっとしたらだけれどもあれだけおしていた後半だったので逆転した可能性もあったと思う

そうなったらカタール側としては「ハンドを見逃されて試合を壊された」という事になって結構な大問題になってしまう
イラン戦のハンドもあれで試合が決まったようなものだから、あれがハンドではなくあの後逆転でもされていたら日本として納得感が無かったかもしれないしね

ルール上「故意の場合」とあるようだけど、故意かはなかなか判定しにくい
ナショナリズム的な話にもなりやすいサッカーでそれもアジアとはいえ決勝の舞台
レフェリーとしてはあれはハンドを取らざるを得なかったと思う


13 2019/02/02(土)
今の基準がよくわからんね。
ゴール狙うより、相手DFの手を狙った方が点を取りやすいよね。せっかくVARがあるんだから、故意か偶然かしっかり判断して欲しい。
偶然あたったのにイエローは辛い。

まあ、南野のPKゲットもあるので、強い不満はないけど、今後のことをかんがえると、CBは守備がかなり難しくなる。


14 2019/02/02(土)
ハンドという反則の定義からすれば、あれは明らかにハンドではない。
ただ、意図的かどうかの判断は人間がするため、そこに何らかの作為が入ることは避けられない。あの場面は、レフリーがVARを選択した段階で、作為が入っている。

しかし日本の敗因は、日本にある。
後半は相手が疲れてきたため、日本がイメージするプレーをある程度させてもらえたが、相手が先取点を狙ってアクティブに攻めてくる前半に、相手の勢いを殺しつつ、同じようなプレーができない、これが今の日本の実力だろう。

攻守の切り替えが遅い、攻めのテンポが鈍いから、相手に構えられ、結果的にバックパスが増える。
世界レベルのチームの流れるような攻めを見るにつけ、日本もまだまだだと思う。しかしそれは、まだ伸びしろがあるということ。

オリンピックに向け、頑張って欲しい。


15 2019/02/02(土)
お疲れ様でした。自分は韓国人ですけど、日本代表を応援してます。こんな結果が出てしまい本当に残念仏だと思います。それでも、どんなチームより頑張ってて東北アジアの誇りを掛けて、イランを潰し、決勝で頑張ってた日本代表の皆さんに拍手を送りたいと思います。結果は負けてしまったけど、日本代表の若い選手達にも良い経験になり、もう一回日本代表がステップアップ出来る機会だっと思います。アジアカップも大事ですが、もっと大事なW杯が待ってます。日本代表らしい真面目さ、挑戦する気持ちで、どんな試合でも頑張って欲しいです。韓国も日本もアジアを代表する国らしくお互いライバルとして意識しながら成長して、良い結果を出せたら良いなと思います。日本語が下手くそで申し訳ないです。改めて日本代表の皆さんお疲れ様でした!


17 2019/02/02(土)
あのプレーはVARじゃなければハンドにはならなかったと思う。審判は手に当たったのが見えたとしても、自然なプレーの流れの中で、手がボールにではなく、ボールが手に向かって行ったのは分かったはずた。
だがビデオで確認したら手に当ったのは明白だから、主審がそれを見てしまったら、ハンド=PKを取らざるを得ない。自分はVARになった瞬間にPKを覚悟した。
一つだけ知りたいのは、あの場面で主審は最初PKではないと認識していた様に見えたのに、なぜVARに動いたのか?
カタールからの抗議で判断に迷いが生じ確認の必要性を感じたのか?それともVAから確認の助言が有ったのか?
どちらであっても、正しい使い方ではない。
万が一VAからの助言が有ったのなら、試合の最終決定者は主審であるとの規則が有形無実化する重大な問題だ。
当然抗議により判断が揺らいだので有れば、アジアカップ決勝の主審を務めるべきでは無かった。


18 2019/02/02(土)
VAR導入は賛成派です。
なぜなら馬鹿げた誤審を防げるから。
今回の吉田への判定は主審の判断であり、決して馬鹿げてはいない。
故意か無意識かの判断は難しく、あの瞬間、あの場所に手があったことは事実で主審が判断すればハンドだと思います。
ただ、ゲームの内容、流れ、状況、慣例からすると従来は流されていたプレーであり、「故意」とは認められにくいとは思います。
あれがハンドのあるなしに関わらず、日本は負けです。
重要なのはそこです。この敗戦を肥やしにして更なる強い日本を構築してほしいです。
アジアにカタールやサウジアラビア、ベトナムなど新たなライバルが台頭してきましたので、今後アジアサッカーが楽しみになりました。
その意味で、サウジアラビアの終了間際のようなラフプレーはなくなって欲しいです。一気に興ざめしてしまいますから。


19 2019/02/02(土)
南野ゴールで1点差になった時は完全に押せ押せだったから、あのPKが無ければ同点逆転の目は十分にあったと思う。

個人的にはあれはハンドで仕方ないかなと。皆さんも言っているように、故意だけに限定してしまうと腕を広げてたまたま当たったという主張がまかり通ってしまう。ある程度主審の判断で不自然な位置に腕があり、それによって利益を得たならハンドという判定で良いのではないかなと。

もしそれが世界標準になっていくなら、Jリーグの基準も、選手の対応も改善していく必要がありますね。


21 2019/02/02(土)
所詮詰め切っていない曖昧なルールで主審が決めたことは仕方ありません。それは日本が有利でも不利でも同じ。同じ主審が同じような状況で違う判定をしたなら抗議した上で説明を求めたいところですが、「彼の判例」を知らないので何とも言えませんね。

但し、彼においては今後異なるジャッジはルール変更がない限り何があろうと絶対に許さない。それだけです。
サッカーはボールと人だけ見ていても勝てません。芝も審判も全てゲームの内、嫌な判定をさせないための意識改革が必要でしょう。


23 2019/02/02(土)
手痛い失点でしたが局地的、瞬間的な攻撃力で向こうが上回っていたのは間違いない。もしその程度で圧倒され萎縮していたとするならばそれが日本代表の今の限界、勝てる試合をむざむざ落としたとまでは思いません。

堂々と全力で試合をしてファウルもきちんと受け入れて負けたならそれでいいと思っています。本大会ではチームとして好材料も得られたはずです。


24 2019/02/02(土)
逆に日本も大事な時間に相手のハンドで
PKをもらった試合があった。ビデオをみたが故意でないような守備体系からのハンド。でも、日本は猛烈に抗議しそしてPKとなった。最近はゴールエリア内での反則でのPKが多くなったと思う。ディフェンスは大変だ。カタール。それまでの試合無失点。日本はなかなかシュートまでいかなかった。カタールの一点目はラッキーだった。
でも、試合の流れ特に前半はカタールだった。でも、いわれる通り、1ー2の時に日本は押していた。もう一点というところにあのハンド。あの主審というより皆、あれはハンドPKを採用している。別にあの主審が悪いわけではない。まあ、昨日の試合は何が悪いと言うところはわからなかったが日本はあまりいいシュートが打てなかった。流石に無失点チームだと思った。


25 2019/02/02(土)
ハンドの定義として「故意であるか?ないか?」は勿論、故意であるハンドは反則だが、それを故意であるか如何かを判断するのはあくまで主審である。
VAR採用後は近年プレイスピードが上がって、ハンドを見過ごすことの方が多かった人間の審判を補佐するのが役目だったのに、故意であるか如何かを検討もせずに、実際にハンドしたか如何かの事実確認のみを行うだけで、動画見てもう手で触っていたら即決でハンドと認定するという感じにW杯以降なっていると思われる…
これでは主審が人間である事と存在そのものも不要になる事態になりかねないと審判をする人は危機感を持ってやっていかないと、職を失う羽目になるかもしれないし、FIFAはVARの判断の時間の融通やもう少し主審に意見が出来るチャレンジの様な仕組みやマッチコミッショナーが主審に意見が言える様な仕組みも必要になるのかもしれない…


28 2019/02/02(土)
仕方ない
VAR で吟味した上での判定だから当然の判断だと思う
手に当たったのは事実だし、そういうケースは昨日に限らずたくさんあった話
昨日のがPKじゃないと主張するならイラン戦の二点目もPK で無いという話になるしきりがない
VAR が導入されたいじょう厳密にPK はとられるし発生率が高くなってるってだけの事
自分達に不利だったケースだけ文句を言うような事は無い、ちゃんと公平に裁かれた結果


29 2019/02/02(土)
日頃はDAZNで欧州リーグ、特にラ・リーガばかり見ているので、確かにこの判定は厳しすぎると思った

欧州リーグを見るに、確かに故意である事が条件だが、故意かどうかの判定は難しい
そこで、手に当たるまでの距離を目安にしているように思う
相手のキックやバウンド等から、避ける余裕があったかどうかが重要な点になっている

今回の吉田の場合、カタールの選手がヘディングシュートを放ったが、吉田の頭にかすって軌道が若干変わり、更に吉田の手に当たったように見えた

あの短時間で高速で2バウンドしたボールを避けるのは、ほぼ不可能
仮に頭にかすっていなくても、あの距離で、空中での回避は難しい

なので、今回の判定はノーファウルでも良かったように思う

ただ、あのPKがなくても、内容は圧倒的にカタールが良かった
カタールは王者に相応しい


30 2019/02/02(土)
VAR論議はもうやめるべきだとは思うが故意かどうかではなく手にしっかり当たっていたしボールを払いのけるような腕の動きだしそりゃPKと言われる。
VARが始まってあるはずの一点も、ないはずの一点も表面化したわけでどのチームもこれに助けられたり苦しめられたりする。
今後やるべきはこのようなケースに対する対策と逆にそれを狙う戦略かな。
日本もカタールゴールを狙うのにクロスを多用してたけど相手のハンドを誘うようなクロスを上げても良かったと言うことかもね。


32 2019/02/02(土)
故意じゃなくてもその後のプレーに影響がある場合にはハンドを取られるものと認識してきたけど今まではビデオ判定が無かったから微妙な状況では曖昧でうやむやにされて流されてしまっていましたよね。今後はビデオ判定で検証できることによる問題が出てきそうですね。故意じゃなくその後のプレーにハンドした側に有利に働かない場合はハンドはとらないとか。でも有利になるか不利になるか微妙なケースもあると思うので結局は揉めてしまいそうですね。


33 2019/02/02(土)
ハンドの判定については岩政さんとサッカーライターの清水英斗さんの番組でも疑問と提言をしてた

ルールブックに添う、「意図的でない場合」の接触までハンドを取られるなら、その条文を削除して、「意図的、意図的でない関係なく、ボールが手に当たった事がゴールに影響する場合はハンドを取って(ペナルティエリア内では)PKとする」とした方が納得出来て分かりやすい

判定基準の1つ、ボールが当たった手の位置という物があるが、手が体から離れていた時に当たったら、意図的でなくてもハンドになるというなら、CKの競り合いで高く跳ぶ事など出来ない

VARによるハンドの判定がロシアW杯でも今回のアジアカップでも結果に大きく左右した。
VARを使うようになり、意図的でない手へのボール接触がハンド(エリア内ならPK)と取られる判定が明らかに増えた。
FIFAはこの問題について早急にルールを議論して改正する必要がある


35 2019/02/02(土)
まだまだ日本は若手メンバーにシフトしたてのチームで、まだまだチームとして整備されてない。仕方がない。昨日のはたまたま腕にボールが当たった感じがするが、故意でなくてもペナルティーエリア内では選手は気をつけるべき。自分達もそれで恩恵を受ける時もあるわけだから、自分たちが不利益を被る時もあるのは選手達個々が認識しておかなければならない。主審がビデオ判定でハンドとしたなら従うほかない。それがルールだ。


37 2019/02/02(土)
ビデオアシスタントレフェリー。
使い方一つで天国と地獄になってしまう。。。
今までなら、間違いなく流れていたでしょう。
でも、VARだと分かってしまう。
確かにあれは故意ではなかったと思うがハンドではある。
どう判断するかは、その主審に委ねられる。
難しい判断だとは思うが、今大会のVAR判定は、当たったらお終いって感じだったから、VARになった時点で仕方がない感がある。
だけど、間違いなくVARが試合の面白さを半減以下にしてしまった。。。

良いシステムとは思いますが、使い方一つでですね。。。
上手く使える方法を築きあげて欲しいものです(^^)


38 2019/02/02(土)
手に当たらないよう努力してなければ、当たった時は全てハンドです。そうじゃないとそれとなく手を広げて守った方が守備範囲が広がり有利になるから。
今回はヘディングの競り合いだったけど、吉田選手にハンドする故意はなかったと思う。けれど、ボールが手に当たらないようにする積極的な意識もなかった。
故意には未必の故意というのがあり、手に当たらない努力をしていなければ未必の故意があったと考えないと、前述のとおりディフェンスが有利になってしまう。未必の故意が認められないと、両手を広げて守ってシュートがたまたま手に当っても、故意がないとされハンドは取られなくなってしまう。
よって、今回のは完璧なハンド。


39 2019/02/02(土)
試合の流れが変わったのは確か。
ただただ思うのは、審判が疑念を抱いたプレーのみ確認するようにすべきなのでは。
あれは明らかに映像を見ていた側が審判にメッセージを送って確認させている。
審判は流していたプレー。
あれを審判自身が怪しいと思って確認するのなら理解できる。
強制的に確認させたら正確な判断も損なわれる気がする。
VARはそういうもんだと言われたら何も言えないけどさ。


40 2019/02/02(土)
ハンドの判定は、審判のせいというかルールの問題だと思う。
ハンドに限らず、VARが導入されて、PKが増えすぎてるので、ペナルティエリア内のファールの基準を見直した方がいいかなと思う、
ファールを取るにしても、PKにする場合と、ペナルティエリア内で間接フリーキックという事でもいいと思うし。
手を使ってはいけないスポーツだから、故意じゃなかったら触れてもいいというのも、故意か故意じゃないかどうやって判断するのって事にもなりかねない。
悪質なものと、流れの中でそうなったものなら、見極められそうだけど。


42 2019/02/02(土)
日本もVARでごっつあんしてるので、システム運用的には問題ありかもしれないが、一概にはバツともいえまい。
ただ、あれだけ相手がバテバテの状態でも、日本は壁を突破出来ず、チャンスでもミスをしていてはダメで、そんなバテた状態でも相手は日本を追い込んでハンドの状態まで持ち込んだだけ、相手の実力は相当上と捉えるべき。
良かったよ準優勝!、ハンドのせい!、とか太鼓持ち報道に乗っていたら、下手したらもう世界にも出られなくなるよ。
カタールが強くなる方法を示してきたので、中国やオイルマネー国が上がってくる公算が高い。


43 2019/02/02(土)
この大会を挑む際、格下相手だからって甘くみてたのでは?連携ミス、プレスが中途半端、攻撃が単調など格上相手には見せないプレーが目立った。
常にチャレンジャー精神が必要。
ディフェンス面の連携強化と見直しが必要。
攻撃のパターンをもっと増やすべき。相手のタイプに対応できるように。控えの選手の選び方も
。VRA判定は仕方ないが、あそこで試合の流れを止めた審判は失格。あんなのを決勝の審判にした協会にも責任あり。もっと経験を踏んで欲しい。サッカーがつまらなくなってしまう。


45 2019/02/02(土)
難しいところだよな。

仮に、故意だろうが故意でなかろうが手に当たれば全てハンドってなれば、審判は自分の判断でVARを要求することができるとはいえ、疑わしいものは全てVARを要求せざるを得ないような状況になりかねないし、もしそうなればゲームは遅延し、ほんのわずか腕にかすっただけでもハンドの判定を下さざるを得ないようなことが起こりかねない。

逆に、故意でないならハンドにはならないってなれば、巧妙に腕を広げ気味にプレーして、腕に当たればラッキーみたいなことをする選手がいないとも限らない。センターリングを上げようとする選手に向かってスライディングをしながらブロックをする場合なんて、手に当たっても故意か故意じゃないかの判定なんて難しいんだから。そもそも手を体につけたままスライディングする人なんていないし。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ