20190201-00000008-pseven-000-4-view

スポンサード リンク




 サッカー日本代表がアジアNo.1の座をかけてカタールと戦うアジア杯決勝は、2月1日23時(日本時間)にキックオフとなる。今大会の決勝トーナメントはいずれもテレビ朝日系列で中継されており、決勝戦の解説は松木安太郎氏と中山雅史氏が務める。


 松木氏の解説でよく耳にするのが「いいボールだ!」という言葉だろう。だが、松木氏のいう「いいボールだ!」は本当に「いいボール」なのか。松木安太郎研究家で、ライターの岡野誠氏が検証する。

 * * *
 まずは、決勝トーナメントに入ってから松木氏が「いいボールだ!」(同義と判断できるサウジ戦後半28分の「ナイスボーおう!」も含む)と叫んだ時の状況と結果を挙げてみよう。

 以下、選手が蹴った直後の「いいボール」に限定して列挙する。ラインを割った後の「いいボール」、VTRを見ながらの「いいボール」は除く。大きく逸れた場合は×、クリアされたが角度的に合っていれば△、わずかな競り負けは○、日本選手が競り勝てば○とした。

【決勝トーナメント1回戦 サウジアラビア戦】
前半26分:「おお、いいボールだ!」 南野が右サイドからクロス → × 大きく逸れる
前半28分:「ナイスボーおう!」 堂安が右サイドからクロス → △ 相手がヘッドでクリア
後半15分:「おーいいボールだ! いいボール!」 柴崎のCK → ○ 惜しくも吉田麻也に合わず。相手がヘッドでクリア
後半39分:「よし、いいボールだ! きた!」 柴崎のFK → ○ 惜しくも遠藤に通らず。相手がヘッドでクリア(結果はゴールキックに)

【準々決勝 ベトナム戦】
前半8分:「うん、いいボール」 酒井宏樹が右サイドからクロス → △ 相手クリア
前半23分:「いいボールだ!」 柴崎のCK → ○ 吉田麻也ゴールも、VARにより取り消しに
前半42分:「いいボールだ!」 柴崎のCK → ○ 冨安ヘッドで逸らす

【準決勝 イラン戦】
後半10分:「いいボールだ!」 南野が左サイドからクロス → ○ 大迫ゴール

 まとめると、以下のような結果だ。

サウジ戦:2勝1敗1分
ベトナム戦:2勝0敗1分
イラン戦:1勝0敗0分
3試合合計:5勝1敗2分

 なんと勝率8割3分3厘。△判定を×判定に変えても、勝率6割2分5厘。意外にも今大会の松木氏の「いいボールだ!」は本当にいいボールである確率が高い。いずれもゴール前のクロスに反応しており、選手がシュートする前に「いいボール」と言っている。決して結果論で「いいボールだ!」と言っているわけではない。

 おそらく視聴者の中には、松木氏の「いいボールだ!」イコール「あまりいいボールではない」という印象を持つ人もいるかもしれない。

 たしかに、以前の松木氏はクロスが上がると頻繁に「いいボールだ!」と叫ぶものの、簡単にクリアされるという傾向があった。

 今から14年前のドイツW杯予選アジア最終予選を振り返ると、よくわかる。2005年2月9日の日本対北朝鮮戦で松木氏がゴール前のクロスに対して「いいボールだ!」と叫んだ場合、4勝6敗(前半27分、41分、44分小笠原満男、前半27分鈴木隆行、前半32分、44分、後半1分、37分三都主アレサンドロ、後半12分、21分加地亮)で勝率4割。2005年3月25日のイラン戦では0勝3敗1分(前半1分小野伸二、前半35分加地亮、前半43分、後半5分中村俊輔)で勝率0割。

「いいボール」は、たいしていいボールではなかったのである。

 逆にいえば、この14年で、松木氏は不用意に「いいボールだ!」と叫ぶ傾向が少なくなった。長年の解説経験を経て、松木氏は自分が「いいボールだ!」と叫んだ時、あまりいいボールでないことに気付いたのではないか。近年、「いいボールだ!」の精度が格段に上がっているのである。同時に、日本選手の技術が向上したことも読み取れる。

 決勝のカタール戦。松木氏が「いいボールだ!」と絶叫した時、日本に2大会ぶりの栄冠が近付く。

●文/岡野誠:ライター・芸能研究家。研究分野は田原俊彦、松木安太郎、生島ヒロシ、プロ野球選手名鑑など。著書に、本人へのインタビューや関係者への取材、膨大な資料の緻密な読解を通して、田原俊彦という生き方を描いた『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)。



1 2019/02/01(金)
この人は解説者ではなく、盛り上げ要員。


2019/02/01(金)
フリーの選手には「1人行かなきゃだめですよ」
点を取ったら「いい時間帯の得点」もお決まり。


2019/02/01(金)
クロスを上げるタイミングと方向が「いい」のであって、相手DFがそれを読み切って守備したり、思ったより距離が合わなかったりしたら簡単には決まらないよ。

あとはフリーの相手がいたら「だれか一人行かなきゃダメですよ」。
これは、大抵いかなきゃダメなシーン。
うちでもテレビに向かって「誰か行ってくれ」と叫んでる。


2019/02/01(金)
試合の解説は中山と中田がしてくれる。選手の説明はアナウンサーがしてくれる。松木は騒いでくれる...。

これでなんの不満もない。


2019/02/01(金)
いいの、松木さんはこれでいい。

人間力の訳の分からない話よりも、松木さんのポジティブな応援を聞いている方がよっぽどいい。


2019/02/01(金)
この人、中継がゴールデンでない真夜中の時とかはしっかり解説してると思うけど。誰もが理解できるようにやらないと、野球みたいにそっぽ向かれる。今の球はフォーシームだとかシュートだとか、野球好きな自分なら詳しい解説必要だけど、ごく普通の人は要らないからね。松木さんはちゃんとそういうの考えているからいつもずっと解説に呼ばれるんでしょ? 難しいことを難しく伝えるのは簡単だけど、難しいことを簡単に伝えるのは誰にでもできることじゃない。


2019/02/01(金)
少し前まで、そうは言っても松木さんには適当に感想言ってるだけのように思うこともあった。
ただ、BSだかCSでやってた世代別代表の解説を松木さんがしてて、完全に地上波とは違うトーンのサッカー見る人向けの解説をしてるの見てからイメージが変わった。
あぁ、やっぱり監督として日本一になっただけの人だなと
偉そうに評価して申し訳ないですが、松木さんはいい解説者だと思います


10 2019/02/01(金)
「いいボール」というのをどう定義するかによるけど、これはこれでネタとしては面白い。
松木さんだから成立する。


12 2019/02/01(金)
解説の精度が上がったんじゃなく、昔の日本代表が技術的に未熟だっただけじゃないのかな。
角度的にギリギリのいいボールを捌ききれずに相手に奪われることが多かった、と。

今の日本代表は前線にキープ力が半端ない大迫がいるから、ギリギリの厳しいコースでパスを入れても対応できる余裕が前線に生まれているんじゃないかと


13 2019/02/01(金)
サッカーってわりとタイミングのスポーツだったりするからね
厳しい態勢とか難しい場面でも、いいタイミングでクロス上げたり、シュート打ったりするとゴールに繋がること多いし
自分の態勢をよくしようと時間かかってる内に、シュートコースなりパスコースを消されるからね
松木あれでも、代表戦チューンで解説してるとこあるしね
案外普通に解説出来るのよ
代表戦もあって本人も興奮してるんだろうけど、半分演出だと思うよ


15 2019/02/01(金)
好みはあるかもしれないけど、観ている側としては気分を高揚させてくれる松木さんの解説は大好きです。それに、ちゃんと要所では理論立てた事も伝えてくれる。あと、実況の進藤アナとの相性も良く思えるし。俺は好きです。今夜も熱い居酒屋解説お願いします!


16 2019/02/01(金)
負けてる時はまだ時間はたっぷりあると言ってます。


17 2019/02/01(金)
松木さんはこのままのスタイルが合ってる。
逆にこのスタイルでなくなると寂しい。
不快な思いは全くしないし、逆にもっと
盛り上げてくれた方が嬉しいかも。


18 2019/02/01(金)
松木さんは自分の役割をよく分かってると思う。
テレビで盛り上げなければならない時はうるさいぐらいに盛り上げる。
だけど、しっかり解説しないといけない時は、なるほどと思えるぐらい的確な解説をしてくれる。

普段はおちゃらけてるけど、やっぱりサッカーをよく知ってる方なんだなと思う。

野球でいうと元木タイプかな。


20 2019/02/01(金)
僕は松木さん 好きですよ。
コアなファンが視聴者層であろう専門チャンネルと
広く浅い視聴者層であるテレ朝の代表戦での
話し方を使い分けているのは有名な話ですよね。
背番号と選手名を連動させた呼び方
『ループシュート』などのちょっと専門的な単語を
「こう、ふわ〜っと浮かせてね…」と表現したり。
応援口調解説も ライトな視聴者目線でありたい姿勢からなんだと思います。
だから、一部のファンからは鬱陶しがられますよね。しょうがない。

ちなみに侍ジャパンのテレ朝中継では
古田敦也さんがこのポジションになろうとしています。
結構好きです(笑)


21 2019/02/01(金)
日本が負けている時は、イライラした感じの話し方をし、勝ってる時は笑顔が伝わってくるような余裕のある話し方をするので、どちらが勝っているか?を知りたい時は松木さんの話し方に注目するといい。

あと、日本が負けているとき、日本人が相手のペナルティーエリア内で倒されるとPK!と連呼し、何でもかんでもPKにしてしまう習性がある。その習性は特に残り試合時間が少なくなってくると顕著である。

PKと叫びまくっていたら日本が負けている時と捉えよう!


22 2019/02/01(金)
松木さんは、盛り上げ要員的な扱いする人もいるけど、サッカー未経験の人が見てても分かる様な解説をされてる気がします。難しい専門用語を羅列して悦に浸ってる方もおられますが、それはそれで良いのかもしれませんが、テレビで見てる人には松木解説はわかりやすくて良いのでは


24 2019/02/01(金)
今はやってないと思うけどこの人スカパーで解説するときはめっちゃ真面目だからね?テレ朝でやってるのはキャラも含めての大げさな解説だから。それを含めてうるさいと思うならBSで見ればいいと思うよw


25 2019/02/01(金)
ネットでの解説番組も増え、松木さんは必要要素だと思う。私はサッカーを20年以上見ているからか松木さんではない解説を選ぶことも多いが、90分で得点が少ないサッカーをみんなが楽しむには時間/歴史が必要でお祭り感がないと耐えられない人がいるのが当然なので。バスケや卓球など得点を取り合っていく方が盛り上がりやすい場合も多いので。そして、良いボールは、苦しい体勢でも早くあげるのがベストの場合もあるし、こぼれのラッキーも含めて放り込む場合もあるし、一つのクロスに対して是非を問うだけでも記事の分量が必要なぐらいだからね。


27 2019/02/01(金)
テレビの実況、解説はここ20年くらいで大きく変わった。スカパーやダゾーン、Jスポーツなどのチャンネルの台頭で、解説はメンタル面の話をなるべくしない、実況も画面で目に見えているものはいちいち喋らないなどの風潮が出てきたことである。一部のコアな視聴者にとっては過度の実況や解説の煽りは不快だというのだ。もっと目に見えていないマニアな情報を知りたいらしい。

そうだろうか?そうでもある。

しかし近年、今度は視聴中にネット情報がどんどん入る時代になり、チャット方式で有識者の面白い情報が入ってきた。さらには今は会場のみで聞ける放送も出てきた。

私個人としては地上波の松木さんは必要だと思う。一人でも複数人でもやはり盛り上がる。ただし、中にはうるさいだけの人もいる。選べる視聴スタイル作りは今後のメディアの課題だろう。


28 2019/02/01(金)
松木さんの解説は明るくて好きなんだ。
更にゴン中山さんが加わると最強!

日本を応援してる視聴者が、解説者と共に応援して盛り上がる感じが良いんだよね。

そして、いいボールの精度が向上してるのは、解説の精度も向上してるということで、より良いと個人的には思った!


29 2019/02/01(金)
松木さんは背番号と合わせて選手名を伝えることが多い。
日本代表の選手を知らない人に向けて、分かりやすく解説するよう心がけているのだと思う。


31 2019/02/01(金)
みなさまはアジアカップをテレ朝/BSのどちらで視聴していますか?
選択理由も教えてくださると嬉しいです。
いつも、単純に気になっているので。

自分はBSを視聴しています。
理由は、テレ朝は解説がにぎやかだからですが、
BSも、山本氏の解説は松木氏の「いいボールだ」と同様に、
「世界基準ですね」が多いのと、事前に調べていることを話したいからか、あまり局面と合わない話を(個人的には少し上から目線で)するので、心に残らないため、あまり聞いてはいませんが。。。


32 2019/02/01(金)
結果が総て。そのボールでゴールが決まれば本人は株を上げ番組への露出が増え、生活が安定?する。
そんなことを気にするより、footballファンなら数多くの試合を観て自分で良い悪いが判断できるようになったほうが面白い!!


33 2019/02/01(金)
松木さんがスタンドの高い位置(報道関係者専用の席)からピッチを見ていて、松木さんの選手時代、コーチの立場等の意識で、フォーメーション、時間帯、得点差等を自然に組み合わせて、松木さんの考えるパスコースを考えながら解説していると思います。松木さんがひらめいたコースにパスが出れば、シュートを打てば「いいボールだ」という解説になっていると思います。
松木さんの「いいボールだ」のパスコースはかなり当たっていると思います。サッカーのパスは
いいコースであっても99%得点にならない。得点に結びついた1%のパスをつくりだすために「いいボールだ」を繰り返すゲームと思います。


37 2019/02/01(金)
松木さんは代表メンバーの1人だ、今夜もスタメンで解説に起用されるだろう(笑)
コパアメリカも召集され代表入りは間違いないだろう、皆んな彼の解説をワクワクして待っている。
今日も厳しい解説になると思うが集中してやって下さい。


39 2019/02/01(金)
NHKのように淡々と解説するのもいいけど、松木氏のように途中から観客と化すのも視聴者と一体化してていいかも。vs日本のゲームには必要要員です?あとはゴンが解説してください。ただ松木氏は選手を誉めすぎる傾向にあるので非難も必要。


40 2019/02/01(金)
リアクション時だけじゃなく普通の解説している時にも注意して聞いてみると、代表戦は普段サッカーをあまり見ない人向けに喋っているのがよく分かりますよ。
松木さんは「名前言われても分かんないよ」って人向けに選手の前後に背番号を言う事が多いんですよ。
「21番堂安がパスを貰おうとして何度も動き直してますから使ってあげたいね」
「良い読みだったね!吉田!22番!」
みたいな感じで。
選手を覚えるのはサッカーを楽しんで見るためには大事な事だと思うので凄く良いと思います。


42 2019/02/01(金)
松木安太郎氏と中山雅史氏との解説は
少しウザイ所もあるけど
戦術や細かな解説を期待しなければ同じファン代表の立場としては面白いかもね
戦術や戦略に長けてるファンも沢山居ると思うけど
そうでもない純粋に代表ファン【サッカー詳しくない】も居るから
どの角度で見るかで変わってくるよね
松木安太郎氏は記憶の限り確か左側サイドの選手でクロスをあげてた記憶があるんだけど
今の解説もどの試合でもサイドから攻めなきゃサイド変えなきゃって解説だけが耳に残っていて
他の戦術や戦略聞いたことがあまり無いよね
だから戦術や戦略の前に盛り上げ役のファン代表のマイクパフォーマーでって見てるよ


44 2019/02/01(金)
マスコミ判断は盛り上げなければいけないので、賛辞絶賛になる、というのは、何もサッカーに限らずだということは、今の時代みんな感じているだろうし、分かっていると思いますが。よく聞く「日本の技術は高い」がありますが、今は少しは高くなりつつあるのかな? とは思いますが、ちょっと前は、実戦でボールを失ったり、パスミスの多さを見てて、練習で、遊びでコントロール出来ても、試合で出来なければ「技術低い」ということだと思います。基本サッカーに限らず、(今の時代マスメディアは)大本営発表です、今更ですが。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ