20190130-00010005-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 アジア杯に入って、日本代表にとって初めての快勝とも言えた準決勝のイラン戦。だが、この試合にフル出場し、ダメ押しとなる3点目を決めた原口元気(ハノーファー)に、完勝を成し遂げた喜びや爽快さのようなものはなかった。

 他の選手とともに一度、ロッカールームでしばらく時間を過ごしていたからだろうか。試合後、ミックスゾーンに現れた原口は、ふだんブンデスリーガで見せるように、感情を生々しく露にすることもなかった。

「いいゲームができた。(イランが自陣に)引きこもる相手よりもやりやすいということじゃないですけど、集中していい守備ができていたので、そこからの攻撃が今日は冴えていたと思います」

「集中していい守備ができていたので」というのが、この試合を端的に物語っているのだろう。前半の日本は、自陣の低い位置でボールを回すことこそできたが、イランのスピードとパワーに押されていた。イランのカウンターの切れ味やセットプレーの迫力は、日本にはないものだった。

 それでもイラン自慢のサイド攻撃を抑えきったのは、原口をはじめ攻撃陣の貢献度が高かったからと言えるだろう。後半に入って日本が試合を優位に進められたのも、彼らの粘りがイランの士気を奪ったことが大きい。

 現在所属するハノーファーでは、ゴール前の仕事を求められるようになった原口だが、ヘルタ・ベルリン時代は、攻撃力をさほど評価してもらえず、守備にパワーを割くことができるタイプということで評価されていた。

 原口はそんな状況を打開するために移籍の機会をうかがっていた。だが、移籍希望表明のタイミングがクラブの思惑と合わなかったことから出場機会が激減。結局、2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへと移籍することで出場機会を確保し、ロシアW杯へ向けてチャンスをつかんだという経緯がある。

 ある意味、ヘルタで不本意な扱いを受けるなかで、確実に手に入れたのが、90分間走り切れる体力と強いメンタルだった。それはこのイラン戦でもいかんなく発揮された。

 原口が得点したのは91分のこと。そのシーンを淡々と振り返る。

「あまり攻撃に関われていなかったので、最後1本くらいはリスクを冒して……と思ったら、うまくいった。あれだけ(攻撃に)関われてなかったら、昔だったら少しイライラしていた部分もあったと思うんですけど、最後まで冷静にプレーできて、結果が出た。それがメンタル的にすごく成長した部分かな、と」

 原口は以前、「厳しい試合の遅い時間こそ、自分が活躍できる時間帯」とも語っていた。耐えに耐えて、最後のチャンスを狙うことができるようになったということだ。

「まだまだいける感じはしたし、全然、フレッシュでしたね」

 原口はそう言って、ここまでのアジア杯の戦いを振り返った。

「もちろん、今日が今大会で一番いいゲームでした。(これまで)ひとつひとつ、苦しかったですけど、粘り強くやってきました。サコくん(大迫勇也)が入ったことはすごく大きかったし、やはり2列目は彼がいることによって生きた。それは大きかったですけど、(大迫が)いない中でもしっかり勝ち切ってこれたというのが、チームとして成長している部分かなと思います」

 大会も残すは決勝のカタール戦のみ。

「勝たないと意味がないですし、別の試合なので、1からいいゲームを作り出さないといけない。そのための準備をしっかり今日からしたいです」

 ドイツに渡って4年半。そのすべてが血となり、肉となっている。そんな原口の成長を再確認できる決勝になるに違いない。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00010005-sportiva-socc&p=1


1 2019/01/30(水)
あの走力と守備での貢献は若手3人は学ばないといけないし、自分のやりたいことが出来ないときにもチームに貢献できる所は本当に凄いと思う。
2ー0で終わってたら、南野のダイブとVARでのPKで勝ったなんて隣の国とイランで言われてたかもしれない。
でも、あの3点目で完全に日本の方が上だったってことを証明できた。


2019/01/30(水)
中島、堂安、南野が新BIG3だと騒がれたりしてたけど(原口は含まれず)、彼らと同じかそれ以上に、もっと評価されるべき選手だと思うぞ、原口は。

こういう厳しい試合こそ、彼の働きが活きる。W杯もそうだったけど。

決勝戦でも彼の活躍に期待したいね。


2019/01/30(水)
原口が上手く守備をしてたからイランが得意なサイド選手のポジションチェンジによる崩しは一切させてなかった。
2-0とリードした後に日本の右サイドからの危険なクロスは何本かあったけど、原口が時にDFラインに入る事で左からの危険なクロスもさせなかった。
その上で最後は前線で自らのパスカットからのゴールで本来の役割もきっちり果たしたんだから、もっと評価されてもいい活躍だったと思う。


2019/01/30(水)
左SBは長友だが
乾と組むと派手に見えるが
原口と組むと地味に見える。

二人の持ち味は実に解り易い。
森保監督の起用法。つまり狙いも解り易い。
第一選択は負けないこと。
その積み重ねが試合の勝利に繋がる。

その二人と組む経験豊かな長友。
前向きでボールを奪う守備に原口の走力は欠かせないでしょうね。
乾ならより攻撃的にバランスを置く。高い位置でよりワイドに動く形。

左サイドの多彩さは日本のアドバンテージ。

イラン戦の三点目。
W杯でのゴール。

試合を重ねるごとに疲労している筈なのに
大会終盤になるにつれ、徐々にゴールに近い位置でのプレーが増えていくのは偶然では無いと感じます。
やはり献身的な努力に裏打ちされた実力の証。


2019/01/30(水)
もて余していた気性の激しさを90分全力プレーする事で消化できるようになり、そしてそのプレーぶりを評価される事に彼自身気づいてそれから色々と我慢のできる選手になった。
ドイツで生き抜く為にはどういうプレーをしないといけないのか彼自身の答えが今のプレーぶりに繋がっていると思います。
巧いだけではなく本当の意味で戦う選手になったと感じます。


2019/01/30(水)
原口の頑張りは凄い!
昔とは性格も変わってチームに貢献してる。
今大会だけではなく、今後も長く活躍してほしい選手だね。


2019/01/30(水)
原口といい大迫といい、前線からのプレスを全力でやってパスコースを限定してくれてるから、後ろもやりやすいと思う。
この勢いでぜひ優勝してほしい!


10 2019/01/30(水)
江南南からレッズユースまで無双していた元気が、クラブ最年少でトップに上がりながら、五輪代表を逃し、危機感をもってブンデスに旅立った。そして世界のサッカーを肌で感じ、まさしく井の中の蛙から、自らのプレースタイルを変えて、攻守に走り回るスピードとスタミナをつけた。そのため得点力がないと陰口を叩く者もいたが、代表では必要不可欠の選手になりましたね。本当に地元のファンとしては嬉しい限りです。今後はこのイラン戦のような得点シーンを、クラブに帰ってからも見せてくれることを願っています。ガンバレ、元気!


12 2019/01/30(水)
元気の守備力とスタミナは中島にはない武器だよね、もし中島がいてこの試合に出てたらもっとサイド攻撃されててピンチがあったかも、中島の守備だと絶対に負けられない試合の時は使いづらいかも、特に後半の元気の守備は絶対必要、解説者の人達も中島の攻めを褒めるばかりで守備のこと何も言わないよね


14 2019/01/30(水)
本当にチームに貢献するプレーをしていると思う。少し前はオレがオレがという感じだったが、今は攻撃でも周りを引き立てる役に回っているように思う。イラン戦のゴールは、それまでのがんばりを神様が見てていてくれて、原口に輝く瞬間を与えてくれたように見えた。(もちろん、原口の実力の賜物だが。)だから、原口のゴールはめちゃくちゃ感動した。


15 2019/01/30(水)
最近は守備への貢献が評価される要素として大きい。
でも原口含めて攻撃的なポジションの選手は、やっぱり得点こそモチベーションだと思う。

ダメ押し点、気持ち良かったです!


16 2019/01/30(水)
我を押し殺し、勝利の為にチームプレーに徹するし、闘争心も抜群にあるから、個人的には今の日本代表で1番好きなプレーヤーだね。

左サイドは中島が序列1位だけど、労を惜しまず守備にも奔走するし、ずっと走り回るから、森保監督もどちらを先発にするか迷うだろうな。

個人的には、長友も次のW杯の頃には加齢による劣化してそうと考えてるので、原口をSBにコンバートするのが解決策と思います。

中島は守備面とスタミナで難があるし、香川の様に複数のポジションをこなす柔軟性が足りないけど、原口はその部分で器用だし、守備にも奔走しスタミナも抜群だから、長友の後継者として良いかと。

そうすりゃ左サイドで中島と原口が共存出来そうだし。


18 2019/01/30(水)
右も左もできて、インテンシティの部分で日本のサイドを支えれる貴重な選手だし、3バックをやるようになったら5バックの一部となる場面を任されるかもしれない。左も右もこれから若い選手出てくるけど、この総合力の高さは必要になること多い。


20 2019/01/30(水)
原口のスタミナは凄かった。
守備も献身的にこなしていた。最後のイランのDFを切り裂くドリブルとシュートは、本当に溜飲をさげた。
素晴らしい働きに敬意を表する(。・ω・)ゞ


21 2019/01/30(水)
最近の原口を見ていると、前のように我武者羅に90分プレーするわけじゃなく、基本守備から機を見て攻撃に転じてるように見える。
だから最初は攻撃の部分で物足りなさは感じていたけど、原口が攻めあがった時はかなりの確立で得点に絡んでいる。
かなりサッカー勘が磨かれてきたなぁ。


22 2019/01/30(水)
終盤、足が止まるFW、MF達が当たり前のような顔して交替でピッチを後にするなかで、あの時間帯にあの走力、フィニッシュまでキメる。
原口は替えが効かないなぁ…と監督は思うのさ。


23 2019/01/30(水)
走り続けられるというところで、岡崎が居ない現状、ファンが期待しやすい選手だと思う。
華麗さよりも武骨さが魅力的。乾や中島とポジション争わせるのも少し違うのかもしれないね。ベルギー戦では左が乾で右が原口だったし。
応援してます!


25 2019/01/30(水)
左右45度からのシュートは上手いね。守備に尽力する姿には感銘を受けるが、あと一つ武器が欲しいな、便利使いから脱却するには。ハリルが試したボランチも生き残る一つの選択だと思うけど。


26 2019/01/30(水)
浦和時代のどんどんドリブルで仕掛けて相手DFを蹴散らすスタイルの元気も好きだったなぁ。生き残るためにスタイルを変えて泥臭く戦うのを選んだ元気、これからも頑張ってほしい。


28 2019/01/30(水)
浦和にいた頃は勝ち気でチームメイトと揉めたりした事もあったがドイツに渡って精神面が凄く成長し献身的なプレーをする様になった。

ゴールに対する執着は薄れてはいないだろうが若かりし頃のようなエゴイスティックな仕掛けからの得点も見たい!


29 2019/01/30(水)
ロンドン五輪に選ばれた東、永井、杉本、宇佐美

選ばれなかった原口、大迫


31 2019/01/30(水)
原口か宇佐美かと言われていたが、差が付いてしまったね。私は技術系の選手の方が好きなんだが、スタミナ系の選手も必要。自分の才能に安住し自分を苛め抜くべき時期に甘やかしてしまった選手と自分の足りない点を認めて努力し続けた選手の差とも言える。


32 2019/01/30(水)
いると安心できる選手で、やはり原口のゴールを見れると嬉しい。
個人的にはミルナーのようなフィジカルに富んだユーティリティのある選手に成熟してここぞの時にゴールやアシストをばんばん決めて欲しい。
長友に習って鬼フィジカル手に入れれば最高やな。


33 2019/01/30(水)
あのゴールは本当に素晴らしかったし、感動して泣きそうになってしまった。

しかし、中島翔哉が戻ってきたときに、原口のポジションがなくなってしまうので、今の絶好調ぶりが逆に彼の将来とモチベーションに対して不安になってしまう。

今後の森保の戦術とマネジメント能力に期待したい


34 2019/01/30(水)
昨日の試合では長友と酒井のポジショニングが、うまく連携していて守備が機能していた。
どちらかが上がったらもう一方が下がると。
そんななか、神出鬼没な原口が意外なところに現れて、かき回し、意外な連携が可能になり得点に、守備にと活躍しまくっていた。


36 2019/01/30(水)
原口は天才が大化けした良い例だと思う。
昔の財産だけでプレーしてダメになる選手が多い中で。


37 2019/01/30(水)
強いチームには大抵、泥くさい良い選手がいる。


39 2019/01/30(水)
技術的には原口選手より上手い選手はいるでしょうが、チームへの貢献度は計り知れない。

もっともっと評価されるべき選手だと思います。


40 2019/01/30(水)
生きていく為に変化する
まさに進化って原口をみていると思います。
勝つ為に必要ならば己をも変える
本当に猛者ですね。


41 2019/01/30(水)
日本にいるときは、むしろ幼稚なイメージだったのに。

本当に心身共に成長していると感じます。

決勝でも気迫あるプレーを期待します!







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ