20190130-23433103-gekisaka-000-4-view

スポンサード リンク




 日本代表は28日、アジアカップ準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利した。韓国『中央日報』はFW大迫勇也が先制ゴールを決めた場面を振り返り、歓喜に沸く選手やスタッフたちの中で森保一監督が見せた行動に注目している。

 事実上の決勝戦とも言われた日本とイランの一戦。日本は後半11分にMF南野拓実のクロスを大迫がヘディングで押し込むと、同22分には南野が獲得したPKを大迫が決め、2点差とする。さらに同アディショナルタイム2分、MF原口元気がダメ押しの3ゴール目を奪い、優勝候補のイランを3-0で撃破した。

 同紙は日本が先制点を挙げたシーンを取り上げ、選手、スタッフ、サポーターが喜びを爆発させる中で「落ち着いて行動する人物が1人いた」とレポート。「口元に少し笑みを浮かべただけの彼は、何もなかったかのように普段通り手帳にメモを始めた。日本代表の森保一監督だ」と続けた。

 また、前評判がそれほど高くなかったにもかかわらず、日本を決勝まで導いた指揮官の手腕を称えている。

「森保監督の日本代表は専門家の予想を覆した。彼は試合中にメモを取る。情報や戦術を把握して手帳に書き留めておき、対策を見つけるという独自のやり方だ。メモを使って徹底的に計算する」

 “徹底的に計算されたサッカー”でアジア制覇に王手をかけた森保ジャパン。U-23日本代表を率いた昨年のアジア大会に続くファイナル進出となった森保監督は「どんな戦術も柔軟にこなす選手たちと、決勝でもこれまで通りに臨みたい」と意気込みを語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-23433103-gekisaka-socc


1 2019/01/30(水)
杉山孝 フリーランス・ライター/編集者/翻訳家
オーサー報告
過去に2度、森保監督の対談の場に、ライターとして同席させてもらったことがあります。その当時に聞いてから、ずっと、強く心に残っている言葉があります。

「起きていること、すべてが現実」

長く知る方々には違う思いもあるかもしれませんが、これこそが森保監督の神髄ではないでしょうか。

攻撃的・守備的とか、ポゼッションといったくくりではなく、その場の現実に向き合い、すべきことを全力ですること。今大会これまでもそうだったし、間違いなく決勝でもその姿勢を貫いてくれるでしょう。

先制点に浮かべた控えめな笑みも、すぐにペンを走らせたメモも、きっとあの場面に最適で、必要な選択だったのだと思います。


2019/01/30(水)
あのシーンには驚いたと同時に凄いカリスマ性を感じた
協会は久々にいい監督を選んだな


2019/01/30(水)
日本人として初めてアジアカップ優勝監督に大手をかけた手腕は評価に値すると思う。五輪世代のチーム作りも期待され、歴史に残る名監督になる可能性があると思う、というより、そうなるよう応援したい。


2019/01/30(水)
森保監督は良い監督です。選手をまんべんなく起用し全員で戦える姿勢をチームに内に作り上げている。わが社として学ぶべきものが有る。海外の監督が必ずしも良いという事はなく、日本人監督でも世界と戦えるということを示してほしいですね。いや、戦えるはずです。森保監督に日本代表を率いてもらって本当に良かったと思います。頑張ってもらいたいですね。


2019/01/30(水)
素晴らしい監督。ずっと勝ち続けてほしいが、マスコミ、国民含め、もし負けがこんだりしても、手のひら返しで批判するのはやめよう。力があるのはわかったのだから、長期政権で頑張ってもらえるよう、応援しよう。


2019/01/30(水)
前任の西野監督も、結果は出したし、準備も任期もほとんどない中でよく頑張ってくれていました!
ただ、最後のベルギー戦、1失点した直後、まだリードがあったのにすごく焦っていました。番組で、想定以上のリードで、勝っているのに焦っていた、とありましたが、本当に苦しんだんだろうなと思います。
西野監督の功績にもあっぱれと思いつつ、森保監督の冷静さにも、またあっぱれだなと感じます。
直前で2人選手の離脱がありながら、代表経験を持ちW杯でも活躍した乾選手、過去に広島で指導したこともあり、開催地に住み時差もなくチームに入れると予想された塩谷選手の補充も見事でした。
そして、準決勝では負傷明けの大迫の起用もあり、下馬評を覆す3得点の快勝
しっかりとやってくれているなと思います!
決勝戦、期待したいです!!


2019/01/30(水)
佐藤寿人が言っていたが
あのメモはそこまで細かく書いていないらしい。

気になった出来事があった時間と、その時に自分がどう感じたかって程度の事を簡単に書いてある(のを練習中にチラッと見えた)

それを後日(急ならハーフタイムに)、分析すると言う流れだそう。

何が起こり、どう行動をしたかなんてビデオを見返せば分かるけど。

1分1秒と展開と戦況が目まぐるしく変わる中で
感情や思考を逐一覚えている事は難しいので。

それをメモに残しているんじゃ無いかなと思い、自分も真似を始めている(笑)


10 2019/01/30(水)
加茂さんの更迭を見てるから日本人監督には限界があると感じてたのだけれど、岡田さんや西野さんと違った日本人選手をまとめる手腕を持っている。すごい。
先発はほぼ海外組なんだから当然結果はついてくるよね。
決勝も待ちきれないのだけれど、やはりコパが早く来ないかなとつい思ってしまいます。


11 2019/01/30(水)
選手達が浮足立たずに落ち着いてプレーしているのは経験値以外にも、森保さんの存在が大きい気がするね。

中には熱いものを持っているけど、きちんとメンタルコントロールして冷静な戦いが出来るように導いてるように見える。

メモに裏付けされたデータを根拠にして、淡々とした口調で選手を納得させ、落ち着かせ、最後は大らかな笑顔で鼓舞する。
ハーフタイムにもきっとそんなことをしている気がする。


12 2019/01/30(水)
イラン戦ではいつもの戦い方を変えていた。攻撃では、基本的に立ち上がりがあまり良くない中、後半勝負というスタンスは変わらないが守備中心では無くポゼッションサッカーに変更していた。中東のチームは前半のうちに得点しリズムを作っているパターンが多い為、自分たちがボールを持ち相手に時間を与えず前半をスコアレスで折り返すことが第一目標だったのかなぁと試合を見て思います。この戦術変更は相手を研究しつくした森保監督の努力かなと思います。
守備ではCBの2人(吉田、冨安)を中心に相手DFからのロングボール、セットプレー(ロングスローを含む)を完璧に抑えた。そして、冨安に関してはボランチ起用も森保体制で経験しており、そんな中、権田の度重なるパスミスを受けてボール奪取時のファストパスに指示したと思われる。そして、前線からのプレスこの二つでイラン攻撃を完全に封じた。
最後に、交代選手の選択及びタイミングは疑問。


14 2019/01/30(水)
ロシアW杯の時のベルギー戦。
乾が2点目取った時。
メンバーだけじゃなくて西野監督も気持ちを
整理できずに次のプレーに入ってしまった。
それで浮き足立って一気に3失点。
今後も語られるだろうロストフの14秒が生まれた

そこから進んでいるなと感じたシーンのひとつ。
森保さんはちゃんとゲームコントロールしてた。
あのあとも落ち着いてしっかりと
マネジメント出来てた。大事には至らなかったが酒井が途中交代せざるを得なくなったのは反省点
決勝は遠藤抜きだと思うけど一丸となって
優勝トロフィーを掲げるとこが見たいです。


15 2019/01/30(水)
これまでの戦いぶりは、詰め込み教育のように細かい指示を出さずに、選手が主体的に気付いて成長するのを忍耐強く見守りながらも、きちんと結果も求め、そしてしっかりと二兎(育成と優勝)を得るところまで持ってきているように思う。アジアカップという真剣勝負の場で育成と優勝の両方を求めているのなら、かなりの勝負師かと。サンフレッチェの降格争いで退任せざるを得なかったことを考えると、まだ、100%信頼できるわけではないけど、その経験も踏まえて監督自身も成長してるのかな。だとすれば、凄みすら感じます。


16 2019/01/30(水)
韓国も傲慢な反則サッカーはやめて謙虚な日本の監督見習って見てはどうですか?また日本のアホな体育会系やスパルタで罵声や体罰をやらかす野蛮監督も代表監督な紳士的な振る舞いや頭の良さ見習って見てはどうですか?こちらの監督はライバルJチームの日本人監督が不振でそのチームの監督やめようとした年に頑張ってそのチームで指揮取れるようにエールを送ったりCWCでの勝ち上がり方を密かに伝授もしてたそうです。あのメモを取る姿も現代の監督にしては珍しいですね


18 2019/01/30(水)
手腕がどうこうではなく、長期的な代表チームの育成という点において素晴らしい監督を選んだと思う。W杯では若手のサプライズ選出がなく、代表の将来が不安だったが、まさかここまでの結果を残すとは。これからも応援します。


19 2019/01/30(水)
監督こそが司令塔ですね。
監督が選手たちに「あぁやって攻めてこい、こうやって攻めてこい」と命令することが多いと思いますが、森保監督は個々の選手の良さをうまく引き出してると思います。
選手と監督の確執も以前はあったような…
選手それぞれの得意とするところを上手く使う、あーしろこーしろと怒鳴らない、これこそ理想的かと思います。
思い通りにならないと小突く部活の監督に見習ってほしいです。


22 2019/01/30(水)
あまり知られていないのかも知れないが、カープが強くなったのも、当時就任後すぐに結果を出したサンフレの森保監督に指導等を聞き取り入れた事がきっかけだと聞いた。選手の育成ややる気など色んな点をしっかりと見て、更に伝える事が出来る監督なんだと思う。


23 2019/01/30(水)
冷静沈着な姿勢が頼もしく思える
全ての選手を起用して結果を出しているのには凄いとしか言えない
これからも日本代表の監督で居て続けて欲しい


24 2019/01/30(水)
個人的には選手時代から好きで、広島の監督になってからも手腕を発揮しててすごいなぁと思っていたのですが、代表監督になってからは何故か批判の声が多いような気がして…
今大会もそれは先日まで変わらず。
でもイランに勝ってからは一気に批判の声が聞こえなくなっちゃいましたね!


26 2019/01/30(水)
冷静沈着であまり表情を変えないが、真は闘将ですょ。停滞なく代表を強化してほしいですね。今年は五輪代表にも大切な年です。コパアメリカも出来るだけベストメンバーで参加してほしいですね。期待しています。


27 2019/01/30(水)
先発がある程度固定されるのは致し方無いけど、それでも今回は多くの選手にチャンスがあるんだなーと感じた。
当初は育成年代とA代表監督では求められるものが違うのかなあと思ったけど、それも全くの杞憂でした。


28 2019/01/30(水)
追加点を挙げた時も、微笑みながら「落ち着いていけよ」というジェスチャーをピッチに送っていた。間違いなくベルギー戦の大逆転を間近で見ていたからのことだとは思うが、過去の苦い経験を糧にしながら強くなる日本代表に期待している。


30 2019/01/30(水)
あのシーンは本当にカッコ良かった。
情熱的な指揮官も良いけど、冷静な指揮官はどんな場面でも焦らずタクトを振れるからね。
それに点が決まっても決められても何かあれば何度も何度もメモしてるよね。
本当に勤勉だと思う。
日本のサッカーは頭脳サッカーだと昔から言われているけど、しっかりその場その場で見極めて戦術建てられるし修正出来るから日本のチームには本当に合ってる。
それも意志疎通の心配がない日本人だしね。
Jリーグでの実績もあるし。
森保監督が決まった時は本当に嬉しかった。


31 2019/01/30(水)
やっぱり通訳を介さないのがデカイのかな。
代表にもかなり海外クラブ所属で英語、ドイツ語、スペイン語等使える選択も増えただろうけど・・・。(キャプテンは実績とそこで選んでるだろうし。)
「協会は久々に良い人を選んだ」とコメントされてる人が居ましたが、完全に繋ぎの監督として選んだハズです。
日本人ならサンフレッチェ広島での実績で森保さんでしたけど・・・。
森保さん以降の人事でまたグダグダになるのが明らかなので、選考基準を明確にしてほしいモノですね、そろそろ。


32 2019/01/30(水)
どのインタビューでも試合に来たファンや関係者にお礼を言う。その上で代表が成り立ってるんだという大きな器の監督。選手時代も試合をコントロールするのに長けたいい選手だった。代表監督になった時に期待したけど、期待以上だった。凄いなこの人。


34 2019/01/30(水)
毎年選手を他チームに引き抜かれながら3度もサンフレッチェを優勝させた監督です。
私は初めから強い日本を作ると信じてました。
当然これからも信じて行きます。
オリンピックやカタールワールドカップで新しい事を成して欲しい。


35 2019/01/30(水)
一気に世代交代しながら、結果も残してるし、ここまではほぼ100点と言えるんじゃないでしょうか。

自分のかたちにこだわるでもなく、知名度優先の選考でもなく、選手目線でメンバーを組んでる感じもするし、これまでの代表監督とはかなり違う感じはする。

当分この監督で行けそうなのがうれしいね。


36 2019/01/30(水)
若い時のプレイヤーだった時からの経験、体験、知識、そしてコーチ、監督となってからの経験と見てきた事が反映されている証拠。日本人監督としてJリーガー出身として、代表監督は今までの日本人監督にはないアドバンテージと見識をお持ちだ。当初森保監督ではどうか的な報道の書かれ方もしたが、僕は今の選手にしてみれば「J」を牽引してきた大先輩の言うことを体現する事が日本サッカーのステップアップと勝利に繋がると確信していると感じている。


38 2019/01/30(水)
森保監督は、闘将ですよ。
画面には冷静沈着な場面しか出てこないけど、youtubeにはサンフレ時代の選手を叱責する場面が出ている。
でも、何故それが効き目があるかというと、普段は冷静沈着で選手の事を一番に考え行動しているから。


39 2019/01/30(水)
そもそも選手の時も無名でオフト氏が起用して成長した選手でしたね。
ド-ハも経験しているし・・・
慌てないがもっとうかと。。
ただこれから世界でやろうと、、まだまだ経験が足りない、、世界トップのクラブ&代表にはまだまだです。
南米選手権は最初の良い経験になると、、。


42 2019/01/30(水)
試合ごとに選手は代わるのに、まるで体感してたかのように前の試合の課題が解決されていく。
見ててすごく気持ちがいい。

起用法もだけど、課題の伝え方、選手のまとめ方がうまいんだろうなぁ


43 2019/01/30(水)
「日本らしさ、日本人らしさ」がテーマになるけれど、日本人の一番の長所は、与えられた役割を90分間やりきるメンタリティにあるんじゃないかな。これは信頼する指揮官の下でこそ最大限に発揮されると思う。岡田監督、西野監督、W杯ベスト16に導いた指揮官は、選手からの信頼を得ていた。このメンタリティを活かしているのが森保監督なのではないか。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ