20190127-00165943-soccermzw-000-7-view

スポンサード リンク








【速報】

日本代表は28日、AFCアジアカップ2019・準決勝でイラン代表と対戦して3-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

復帰の大迫勇也が2ゴール

【日本 3-0 イラン AFCアジアカップ2019・準決勝】

権田修一 5.5  今回も自らのミス→ビッグセーブ。劇場開演。飛び出しはいい
長友佑都 6.5  タイミングのいい加速でパスを引き出し、好機を演出
吉田麻也 6.5  相手の長いボールに的確な立ち位置で対応した
冨安健洋 7    アズムンの抜け目ない動き出しにも先読みしてカバー
酒井宏樹 6.5  激しくプレーしながら落ち着きも失わず。駆け引きしていた
遠藤航   6.5   球際で粘り強さを見せ、ワンタッチプレーで推進力を生む
柴崎岳   6.5   テンポの速い展開の中、攻撃でよく顔を出した。彼の縦パスを起点に先制点
原口元気 7    屈強な相手に食らいついた。ドリブルからトドメの3点目を奪取
南野拓実 7    精力的にボールを追い、諦めない姿勢から絶妙クロスでアシスト
堂安律   6.5   3人目の動きからシュート。ゴールへの意欲は見せた
大迫勇也 7.5  開始から抜群の存在感。2ゴールとエースの役割を果たした

塩谷司   6    リスク管理を徹底し、攻守の切り替えでチームを助けた
室屋成   6    酒井宏樹に代わって出場。痛める場面もあったが、最後まで戦った
伊東純也 –   出場時間短く採点不可

森保一監督 6.5 “アジア最強”を相手に集中力の高いゲーム。大きな自信を得る勝利に

フットボールチャンネル編集部

※随時情報更新※















スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ