20190127-00010003-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 ベトナムと対戦したアジアカップ準々決勝。森保ジャパンは、後半57分の堂安律(フローニンゲン)の決勝ゴールにより1-0で勝利を収め、順当にベスト4に駒を進めた。

 近年は急成長を遂げているものの、まだW杯に出場した経験のないベトナムの最新FIFAランキングは100位。登録メンバー全員が自国クラブに所属し、U-23代表を中心に編成した今大会のチーム平均年齢は、出場24チームのなかでもっとも若い23.1歳だ。

 W杯を含めた国際経験が豊富で、約半数の選手がヨーロッパでプレーするFIFAランキング50位の日本にとって、ベトナムは勝って当然の相手と言えた。

 とはいえ、森保ジャパンのこれまでのパフォーマンスレベルから見れば、大差をつけてベトナムに圧勝する展開が想像できなかったのも事実。実際、堂安の決勝ゴールはVAR判定で得たPKによって奪ったもの。日本が作った決定的チャンスは想像以上に少なく、内容的には乏しい試合となってしまった。

 ただ、勝利したこと以外に収穫がなかったこの試合を振り返るとき、日本側のエクスキューズとしておさえておかなければならない点もある。それは、ベトナムはこの試合まで中3日の休養があったのに対し、日本は中2日しかなかったという日程的ハンディキャップだ。

 もちろんその大前提を知りながら、ラウンド16(サウジアラビア戦)から1枚しかスタメンを入れ替えなかった日本の自業自得と言えばそれまでだが、少なくとも中2日の場合はリカバリーしかできないことを考慮すれば、この試合の日本が低調に終わった理由のひとつとして頭に入れておく必要はあるだろう。

 いずれにせよ、森保一監督はこの試合もサウジアラビア戦から継続してAチームでスタメンを編成した。唯一の変更は、累積警告による出場停止の武藤嘉紀(ニューカッスル)に代わって1トップに北川航也(清水エスパルス)を起用した点のみ。負傷が癒えた大迫勇也(ブレーメン)のスタメン復帰も囁かれたが、「今日の段階では90分できない」(森保監督)ため途中出場にとどまっている。

 毎度のことながら、この試合においてもスタメン編成について議論の余地はある。準決勝で強豪イランと対戦すると考えても、このベトナム戦ではスタメン数人を入れ替えるのが妥当だが、しかしこの試合でも指揮官はAチームの編成を貫いた。

 試合後にその理由を問われた森保監督は、「(中2日で)トレーニングができない状況だったので、サウジアラビア戦での良い連係を持続することが最善だと考えた」と答えているが、ここまでくると、それは建前のコメントにしか受け止められない。

1/27(日) 13:50配信 webスポルティーバ
 おそらく森保監督は、大会前からAチームでアジアカップを戦い抜くと決めていたのだろう。その穏やかな人柄とは裏腹に、心に秘めた信念は絶対に曲げないそのパーソナリティから推測すれば、そう考えるのが妥当だ。次の準決勝イラン戦でもAチームでスタメンを組むはずで、もし大迫のスタメン起用が難しいようなら、そこには出場停止明けの武藤を復帰させ、それ以外の10人はベトナム戦と同じメンバーが予想される。

 一方、グループ3位でグループリーグを突破し、ラウンド16では120分の激闘の末にPK戦でヨルダンを破ったベトナムは、その試合とまったく同じメンバーをスタメンに起用。システムも同じ5-4-1という守備的布陣だった。

 ヨルダン戦との唯一の違いは、試合開始から約10分間、2列目右サイドに16番(ド・フン・ズン)が位置し、19番(グエン・クアン・ハイ)が右インサイドハーフでプレーしていた点だ。ただし、それ以降は2人の位置を入れ替えて通常のポジションに戻ったことを考えると、日本の左サイドを惑わすための牽制的な意味合いが強かったと思われる。

 果たして、日本のキックオフで始まった前半は、いつものように吉田麻也(サウサンプトン)からサイドへのロングフィードで幕を開けると、日本が望まざる展開が待っていた。

 ベトナムの狙いははっきりしていた。中間ポジションをとる日本の両ウイング、そして両サイドバックの上がりを5バックがしっかりケアし、2列目4枚は左右にスライドして日本のボランチやセンターバックから前線に入れる縦パスのコースを封じる。そして、ボールを奪ったら、サイドに流れる1トップを起点に速攻を仕掛けてきた。それは、トルクメニスタンとよく似た日本対策だった。

 そんなベトナムに対し、日本の前半のボール支配率は69.2%を記録している。もちろん出場チーム中、もっとも低い平均ボール支配率(48.6%)を記録するベトナムにとってそれは想定内。つまり試合の構図は、日本がボールを握り、ベトナムが引いて守ってカウンターを狙うという展開となった。

 そんななか、日本は、センターバックやボランチがルックアップしたときにパスコースが見つからず、やむなく横パスやバックパスでビルドアップをやり直すというシーンが目立った。ベトナムはトルクメニスタンよりも低い位置で構え、しかも2列目中央の2人がボランチへのプレッシャーより、パスコースを消すことに重点を置いていたことが、その主な原因となった。

 日本は局面を打開すべく、吉田からサイド方向に入れる斜めのロングフィードで相手の守備ブロックを広げ、中央が空いたところで柴崎岳(ヘタフェ)からの縦パスを狙う攻撃を繰り返した。前半に吉田が入れた斜めのフィードは計9本。主に左サイドの長友佑都(ガラタサライ)、原口元気(ハノーファー)へのパス供給が多かった。また、柴崎の縦パスは前半だけで17本を記録している。

 狙いとしては悪くなかったが、ベトナムのスライドが素早く、柴崎が半ば強引に縦パスをつけようとしたことにより、ミスパスや受け手のボールロストが目立ち、結果的に相手の狙いにはまってしまった。吉田が入れた縦パスが引っかかるシーンも、何度か見受けられた。

 結局、前半で日本が作ったチャンスは2度。29分、ショートコーナーの流れから柴崎が入れたクロスをゴール前でフリーになっていた冨安健洋(シント・トロイデン)がヘディングシュートを放ったシーン。もうひとつは、前半終了間際に堂安のパスを斜めに走った南野拓実(ザルツブルク)がニアサイド至近距離から放ったシュートシーンだったが、いずれも相手GKの好セーブに阻まれた。

 逆に、ベトナムのもうひとつの狙いであるカウンターから日本がピンチになるシーンも2度あった。

 まず、14分に酒井宏樹(マルセイユ)のクロスを4番(ブイ・ティエン・ドゥン)がヘッドでクリアしたあと、そのボールをひろった10番(グエン・コン・フォン)がドリブルで冨安を振り切って日本のペナルティエリア付近まで持ち込み、右足を振り抜いたシーン。

 もうひとつは27分、自陣左サイドで堂安を囲み、ボールを奪ったあとに7番(グエン・フイ・フン)から10番にパスをつなげ、再び10番が堂安、冨安を振り切って吉田との1対1になったシーンだ。結局、どちらのシュートも枠をとらえることはなかったが、ヒヤリとさせられたシーンだった。

 そのほか、37分に厚みのあるサイド攻撃から最後は20番(ファン・バン・ズク)にシュートを放たれたシーン、38分にGK権田修一(サガン鳥栖)と吉田の意志疎通を欠いたパス交換が招いた危ないシーンもあったが、日本はいずれも事なきを得ている。

 前半の日本は予想どおりの展開で苦戦を強いられたわけだが、後半になるとリズムを取り戻したように見えた。しかし、そう見えたのはあくまでも印象の部分であって、実際に細かく見ていくと、後半から日本の攻撃が機能するようになったわけでもなく、チャンスが増えたわけでもなかった。

 たとえば、後半のボール支配率は前半の69.2%から67%にやや低下。終盤にベトナムがリスクをかけて攻めた時間帯に、日本が受けに回ったことがその原因だろう。

 また、日本は縦パスの回数も減って、後半の柴崎の縦パスは8本に激減。遠藤航(シント・トロイデン)の縦パスは増減がなく前半後半ともに6本のままで、吉田に関してはサイドへのロングフィードがなくなったうえ、中央方向への縦パスがロングフィードも含めてわずか3本に減っている。

 試合後の会見で、後半に縦パスが減った原因について聞かれた森保監督は、「データ的にも自分としても、そういう認識はない」と答えていたが、実際は縦方向へのパスが減少していたことは明らかだった。もちろん、縦パスがすべてではないのでそれ自体に問題はないが、少なくとも森保監督自身も後半の内容に悪い印象を持っていないことは、そのコメントからも伺えた。

 では、ボール支配率も縦パスも減少しながら、なぜ後半の日本はペースをつかんだように見えたのか。

 考えられる理由は、まずベトナムの選手が時間の経過とともに消耗したことが挙げられる。実際、パク・ハンソ監督もそれを想定していたのか、後半に入って54分、63分、75分と、交代カードを切ってフレッシュな選手を投入。勝機を見出そうとしたが、後半は2列目のスライドにズレが生じた結果、日本にパス回しをしやすい状況を与えてしまっていた。

 また、57分に先制した日本が、リスクの高いパスを控えたことも影響したと考えられる。事実、柴崎の縦パス本数は大きく減少したものの、8本のうち相手にカットされたのは2本のみで、直接チャンスを生み出すことはなかったが、パス成功率は前半よりも格段に上昇。吉田の縦パス3本も、すべて味方につながっている。

 さらに、72分に大迫がピッチに登場したことが日本のプレーに安定をもたらした。大迫の投入によってチャンスが増えたわけではなかったが、不用意にボールを失うシーンが減り、チーム全体が落ち着きを取り戻したように見えた。

 結局、先制以降、日本が作ったチャンスは66分のオフサイドになった北川のシュートと、77分の南野のシュートの2度だけだったが、相手のカウンターを受けるシーンもなく、終盤もピンチらしいピンチはなかった。

 とはいえ、ベトナム戦が低調な試合だったことに変わりはない。トルクメニスタンと同じような対策を打たれたなかで、日本が新たな解決策を見出したわけでもなく、勝った以外に次につながるものがあったかと言えば、それも見当たらなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00010003-sportiva-socc&p=1



1 2019/01/27(日)
内容が悪いのは間違いないし、見てて面白くないのも事実。しかし、韓国やオーストラリアが格下相手に破れているのを見ると、苦戦しながらもここまで来たことは評価しなくてはならないのかもしれない。親善試合ではなく本気のカップ戦だから勝ち上がることに意味がある。そう考えると、評価の仕方も変える必要があるかもしれない。
いずれにせよ、イラン戦が最大の山場となるのは間違いない。勝って決勝に進めるよう応援しましょう。


2019/01/27(日)
日本は良くも悪くも相手のレベルに合わせた/合わせられたサッカーしてしまう傾向が以前からあるので

次は強敵イランだけど 勝敗はともかくそれねりの試合は展開してくれるとは思う

あとは森保監督次第なんだけど、目先の勝利/友情だけ目指すなら南野のポジションはメンバー変更もやむ無し、あり得ると思うけど

約四年後のカタールW杯までの時間を逆算しイラン戦の結果が悪くても目をつむり南野に今後の伸びへの期待も込めて心中するというのならそれはそれでアリだとも思う

さて、どんな采配をするのか楽しみでもある


2019/01/27(日)
ベトナム戦の内容が酷かったのは事実。
技術的にも体力的にも大幅に上回っていたにも関わらず、勝ちを意識してやっと勝ったって感じだ。
特に両サイドの連携の悪さと展開の小ささが目立っている。意識的なのかもしれないが長友はほとんど上がらない。
中央だけではイランを崩すのは難しいと思う。
イラン相手にどういう試合ができるかで、森保ジャパンの評価を決めることになると思う。


2019/01/27(日)
森保という男は、注意深く見守る必要がある。
彼が発する言葉は、冷静で客観的に見えるが、その実、発言と采配は見事に一致しない。彼はウズベキスタン前に、このチームはレギュラーも控えも無い。全員戦力だと考えている!と発言したうえで、その後、サウジ戦でも、ベトナム戦でも、ケガの大迫と、出場停止での武藤以外に、選手を固定させた。日程も考慮せずに、選手をムダに疲弊させるだけ疲弊させ、その場しのぎの采配に終始している。第2の問題点がここだ。森保は、試合展開に合わせて柔軟に対処することを要求しているが、その提案者が全く融通が利かない。柔軟さの欠片も持ち合わせていない。消化試合であったが、全試合を通して一番機能していたのがウズベキスタン戦だ。少なくとも、いいクロスを配球していた室屋や、攻撃にアクセントを加えていた伊藤を先発で使う選択肢は、どこかの時点であったはずだ。


2019/01/27(日)
広島で監督していた頃の森安サッカーそのままである。
その森安サッカーの悪い面が出ていると思う。
バックラインでボールを廻す時間が長い。
相手がプレスを掛けてくるとゴールキーパーまでボールを戻すことがやたら多い。
ゴールキーパーを使い過ぎて、ゴールキーパーとセンターバックと息が合わず、数回決定的なピンチを向えている。
日本での親善試合の大迫が前線でボールをキープして、中島、南野、堂安のチビッコトリオがドリブルやパスで積極的に崩していくサッカーは、何故影も形もなく消えてしまったのだろう。
中島の故障離脱はいたいが、彼1人がいなくなることで、今までのサッカーが大きく変化したとも思わない。変化が大きすぎる。アジアは、難しい。


2019/01/27(日)
まず勝ち抜いたこと、選手が最後まで集中を切らさなかったことは
評価したい。
勝利はまさに、選手の能力と経験値の高さによるもので、優勝しても
マグレとは言えない。
が、負けても当然という状況を監督が作っている。

日本選手の多くは、欧州組だ。
ミスに絡んだDF2名、結果の出せず国際レベルに全く達していないFWは
Jリーグの選手で、その差は認めざるを得ない。
そしてベトナムの選手の多くは、10番の選手さえが、そのJリーグを
目指している。
本来は格段の差だったのだ。

が、個々の選手の力量は大きいのに、掛け算どころか、足し算にもなって
いないこの状況はどういうことか?
格下のチームに続けざまに、苦戦を強いられている。
交代策にも問題があり、肉体的にも相当疲れているはず。

反省してくれれば良いが、記事の通り、頑固で謙虚さは口先だけ。
となると、解任し、監督交代しかないと思う。


10 2019/01/27(日)
見ていて面白くないと言う意見もあるようだが、アジアカップと言う舞台で親善試合のように伸び伸びやるのは少し厳しいと思います。

接戦でも勝というスタイルが大事です。
確かにベトナム相手に物足りない面はありますが、どの国を相手にしても結局勝というスタイルであるのなら、それはそれでありだと思う!

それを確立するためにもアジアカップは絶対に穫らなければならない!


12 2019/01/27(日)
見ててあまり面白くない。
ベトナム戦のスタメンでは負けますね。 
守備はまだいいにしろ、攻撃は大迫に頼ってる感じがあるから無理だろな。
堂安が頑張ってくれるのを期待するが、南野はもう無理だろな。あれだけ外してパスのせいにする選手を森保が使う理由がわからないし、
今のところ塩谷を使うほうがいい気もするが
乾をスタメンにしない理由もわからないし
勝ってほしいが厳しいだろうな。


13 2019/01/27(日)
いやいや、ベトナムは強かったよ。
ベトナムは自分達の長所を最大限に活かす戦術を磨いてきた。
日本は自分達よりアジリティの高いチームとやる機会は多くない。
アジリティで勝負する南野が消えてしまったのは、当然。

日本の「縦パス」は、奇襲効果の高い「初見殺し」の要素が強い。
ロシアWC、親善試合では強力な武器だったけど、来ると分かってしまえば、ターゲットは3つしか無く、サウジ以外の対戦国は皆、縦パスを狙ってきた。

ベトナム戦の後半、縦パスが減ったのはプレッシングサッカーの短所、プレス者の背後を突く作戦に切り替えたせいで、当然ショートパスが多くなる。
しかも、ベトナム選手は長い距離のプレスをかけて来たので、陣形が縦に長くなり結果的にプレスの効果が弱くなった印象。
陣形をコンパクトに出来れば、ベトナムはかなり強くなると思うよ。


14 2019/01/27(日)
ベトナム戦に限らずこの大会は内容が悪い。ポゼッションしてても決定機は少ないし(決定力不足と言う以前の問題)、ポゼッションされたときは取りどころが後ろ過ぎてカウンター出来ない。
大会までの試合が調子が良かったと言ってもホームでの親善試合ばかり。今の状態が森保の代表の実力だろう。
彼はACLでもほとんどなにも結果を残せてないことを考えると、イラン戦の内容次第で次の監督探しを始めるべきだと思う。


16 2019/01/27(日)
監督は、初の国際大会でチームのベースを作りたいのでしょう。
あまり、メンバーを代えすぎると戻るべきチームの骨格が分からなくなります。
格下の多いアジア大会で、そのベースとなるメンバーと戦術(4-2-3-1)を固めたいのでしょう。

イラン戦の予想は、ワールドカップモードになり
ワールドカップメンバー+東京五輪主力候補で
次のスタメンではないでしょうか。

大迫
原口・堂安・乾
遠藤・柴崎
酒井・吉田・富安・長友
権田

あえて、ここまで乾、そして大迫を温存して
イラン戦に懸けるなら策士として評価したいですね。

ただ、森保監督の実直さからはベトナム戦から北川と大迫のみの変更とみるのが普通ですが。

とにかく、勝利に向かってベストを尽くして欲しいです。


17 2019/01/27(日)
ベトナムは、最終ラインに5人並べて守っていた。中央突破は、難しい状態だった。イランは、少しは点が取りやすいかも、もちろんGKは、素晴らしいが。 逆に点が取られる確率が高い。そこで、守りを重視し、失点を防ぎ、カウンターを狙い、大迫に頑張ってもらい。最悪、PK戦に持ち込むのではないか?


18 2019/01/27(日)
毎試合モチベーションは違うだろうし、逆にベトナム方が日本は格上ってわかってるんだからやりやすいだろ。自分達が出来る事をやってた感じだったし、イランは強いのわかってるからモチベーションもまた違うと思うし、まあ何がいいたいかっていうと、絶対はないし勝ってほしい


21 2019/01/27(日)
日本の攻撃に厚みが無いのは事実。
大迫がいなきゃ溜めが作れないからね。
イランはまず間違いなく大迫を潰しにくる。
それに対応する策があるのか?
正直疑問だな。

幸運は3度続かない、そんな気がする。


22 2019/01/27(日)
代表は寄せ集めだから、合同でトレーニングする時間が限られている。それだけに、器用で自らの意を汲んでくれる青山が抜けたのは、森保さんにとっては痛かったかもしれない。とはいえ、一人の選手が抜けたからと言って、チームのパフォーマンスが下がるようではいけないだろう。ここは、森保さんの修正力の腕の見せ所。


23 2019/01/27(日)
批判は覚悟して書きますが。勝っては欲しいけど、イランの2-0かなぁと。
不用意なバックパス取られて失点。カウンター食らって失点。それでバタバタするようならさらに失点もあるかも。
VAR頼みの日本には得点できるチャンスはかなり少ないかと。
スタメンで塩谷だったり、乾だったり使えばまた違うのかもしれないけど、まあベトナム戦のスタメン濃厚だろうしね。


25 2019/01/27(日)
ベトナム戦はイラン戦に向けて三味線弾いたと考える事も出来るな。大迫、乾に交代してからが本命でしょう。あまりにも選手達の動きが変わったし、それは大迫や乾が入ったからだけでなく、そこからさあ本番と言うふうにも見えた。
あまり手の内は見せたく無いし、守りのチェックと大迫が使えるかのテストだった様にも思える。
あまりマイナスな事ばかり考えても仕方ないし、前を向いてプラス思考で応援しましょう。


26 2019/01/27(日)
疲労もあるし、選手達は心の何処かで舐めてた部分もあると思う。
イラン戦はモチベーション等も違うので動きも変わってくると思いますが。


28 2019/01/27(日)
だいたい公式戦でまだ結果出してないのに、親善試合で新ビック3などと持ち上げ奉ってる、マスコミにも問題あり過ぎ。

世代交代なんだろ、WC見据えた代表選手選考だよね。
北川使って、ビック3の南野信頼してるのも、世代交代のステップだろ。
今大会フレンドリーの延長気分、WC戦士以外本気で取りに行ってないんだろう!

大迫ワントップフォーメーション、他にバリエーションなし。
これで仕上げるんだよね本番までに。
重要選手の故障する事前提してないよね。
代わり探しより、バリエーションいくつか持った方が良いよ。

本当はこの大会WC後の新代表チームとして、ベテランと若手融合させるには、良い時期にやってるよ。
でも切り替え急ぎ過ぎた、当然この様な事に陥る。

問題は監督、親善4試合もしてるので、予測対応の問題。
南野過信し過ぎた事と、故障・通用ない者が出た場合の対応のなさ。


29 2019/01/27(日)
森保ジャパンはこれまでと同じシステムではイランには勝てない。まだ引き出しがあるのならわからないが大迫だのみだとしたら、だめでしょう。もしかしたらイランも我々もだまされていたとしたら、すごい監督です。香川みたいなディフェンスの隙間でもパスできる人材を隠してたみたいな。


31 2019/01/27(日)
今大会が低調であることは間違いないけど、日本代表の特徴として、ロシアW杯など危機的状況な時ほどチームでとことん意見をぶつけ合って団結して打破してきました。
楽観な時より今回のようにヤバい時の方がむしろ期待してしまいます。


32 2019/01/27(日)
ベトナム戦は長友、原口の左サイドは体力回復のため自重してたと思うが。
調子が上がらず、気になるのは権田と南野、柴崎では?
あとベトナムに振り切られるボランチ、CBもイマイチ。
下手すりゃ最後の試合になるかもしれんのでしっかり準備して欲しいね。


33 2019/01/27(日)
森保を批判したいのは分かる。
色んな意見があるのは当然だし。

ただ、長い。。
もっとコンパクトにまとめないと…。
四六時中、サッカーのことを考えているような人ばかりじゃない。


35 2019/01/27(日)
よくもこんな駄文を長々と。
ワールドカップと違うのは長谷部がいないことと中盤のタメがないことくらいでしょ。

日本の最終ラインは十分にイランと渡り合える。イランが日本から2点以上取れるとは思えない。イランは中東というより、半ヨーロッパのイメージ。ギリシャやトルコみたいな感じ。日本としては与し易いとも言える。やはりナナメの動きには弱いよね。

ボランチ二人のポジショニングのズレが気になるけど、遠藤は身体張って頑張ってる。
南野は香川と違ってタメを作らないけど推進力やゴールへの意識では優れている。

明日はきっと良い勝負になるでしょう。多分アジアのレベルを超えるようなメイン勝負に。

なんだかんだ日本が勝つでしょう。期待も込めて。


36 2019/01/27(日)
誰が見てもイランに勝てそうな感じない。おそらくあの攻撃では得点すらできないのではないか と思うけどね。低調というより中東アウェーの要素が大きいんだよ。


38 2019/01/27(日)
確かにベトナム戦の選手起用については『?』の要素があった。
確かに大会は結果が全ての要素があるのは間違いないけれど
世代交代を進めるためにベテラン、中堅、若手の融合を図る
数少ない真剣勝負の場。結果がどう出ても私は気にしません。


40 2019/01/27(日)
ポゼッションではなくカウンター主体の戦術だからベトナムのように引かれた場合の打開策がない。
かといってサウジアラビア戦のように相手に保持された後のカウンターもパスやランの質が悪く上手くいっていなかった。
少しのきっかけで良くなるかもしれないが、場合によってはイランに惨敗もあり得そう。


41 2019/01/27(日)
ただ「このメンツでW杯じゃなくて良かった」とは思わせるね。
現状は。

当時のメンツとはお互いの理解度とチームとしての熟練度も違うから当たり前だけど、
それを差し置いても個の力でも荒い。


42 2019/01/27(日)
ゴール前の連係ミスの修正と南野の決定率が上がらないと厳しいだろうな。
ただ大迫が先発できそうなのは間違いなくプラスなのでベトナム戦よりは内容も良くなると思う。


43 2019/01/27(日)
キックオフから始まる吉田のロングフィードは何時もながら明後日の方向へサイドラインを越えていった!私はこの瞬間に吉田の足はひん曲がってるに違いないと心の中で呟いた(T-T)まぁバックパスや横パスで危険に晒す理由は此処にあるんよ!アマチュアの私のほうがコントロールは確実に上手い。もちろんディフェンス能力に於いては日本屈指のディフェンダーであるのは事実で認めているが!代表達に言いたいのはプロなら個々のパスの精度をちゃんとしようぜ!カッコ悪いんで!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ