20190127-00165943-soccermzw-000-7-view

スポンサード リンク




◆日本はウルグアイ、エクアドル、チリと同居 注目選手には森保J未招集の香川の名前も…

 森保一監督率いる日本代表は、UAEで開催中のアジアカップで準決勝進出を果たした一方、今夏ブラジルで行われるコパ・アメリカの抽選会が現地時間24日に実施され、ウルグアイ、エクアドル、チリと同じグループCに組み込まれた。これを受けて対戦国の一つであるチリのメディア「T13」は、日本代表で注目する6人を紹介している。果たして、どの選手の名前を挙げたのか――。

「日本代表は個人能力というよりも集団で戦うのが特徴だが、ハジメ・モリヤスのリスト内で構成される選手がいる」と紹介した1人目は、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)。「ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した優秀なストライカー」と記されている。

 2人目で「日本代表の象徴的な選手」として紹介されたのが、MF香川真司(ドルトムント)だ。現体制では未招集ながら、2011年のアジアカップ優勝メンバーとなったことが明記されている。

 続いては、日本代表で不動の右サイドバックとなっているDF酒井宏樹(マルセイユ)。「28歳になった彼はフランスのマルセイユ、代表チームともに良いプレーを見せている。チームの中で重要な人物となっている」と評価した。

 4人目はアジアカップ準々決勝のベトナム戦で、決勝点となるPKを決めたMF堂安律(フローニンゲン)。「リツ・ドウアンは日本の主力となっている。20歳ながら彼は面白いプレーを見せる。それは現在のアジアカップでも、島国のサッカーにとって大きな貢献を果たしている」と、20歳ながら現代表の主力として存在感を放っていると紹介している。

◆W杯で活躍した乾も紹介「俊敏で素晴らしいゴールを決める能力を持っている」

 5人目に登場するのは、森保体制下でキャプテンを務めるDF吉田麻也(サウサンプトン)だ。「彼は思慮深いタイプで、ドレッシングルーム内でもリーダーである。センターバックは189センチあり、セットプレーでの確実なターゲットだ」と、平均身長が低いチリは警戒を強めている。

 そして最後に挙げられているのはMF乾貴士(ベティス→アラベス)だ。ロシアW杯の活躍もあってか「俊敏で素晴らしいゴールを決める能力を持っている」と評価。今冬の移籍市場で、ベティスからアラベスへ期限付き移籍したことにも触れている。

 チリは森保ジャパンの初陣となるはずだった昨年9月の国際親善試合が、北海道胆振東部地震によって試合中止となった。FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)ら実力者を擁する一方で、日本のことをしっかりとリスペクトしているようだ。

Football ZONE web編集部



3 2019/01/27(日)
アウェーで試合をする事に意味がある。
日本に招待されたチームと試合をして勝つより
南米で試合をして勝つ方が価値があると思う。
しかも3試合出来るのはいいですね。


2019/01/27(日)
ガチの南米。
ワールドカップと変わらないくらいの熱が入って戦ってもらえる。
こんなチャンスは滅多にないからね。
本当にいい経験。
この経験を生かすも殺すも選手次第。
当然、協会はしっかりとサポートしてくれよ。


10 2019/01/27(日)
どんなメンバーを招集出来るかだな。
それによって戦い方も変わるだろうし、内容や結果も変わるだろう。 そして厳しい環境のアウェーでの闘いが精神的にタフにしてくれるはず。
どんな結果になろうとも、恐れずに果敢に挑んで欲しいし、日本を招待して良かったと言わせる闘いをしてほしい。


12 2019/01/27(日)
アジア杯は一切観てないが、コパ・アメリカは見逃せない。

全ての試合が次のW杯に繋がっているわけだけども、この大会は考えうるベストメンバーの日本代表を観たい。

名前が挙がっている香川なんかも、出来れば招集して欲しい。

同じくクラブに出てない柴崎をアジア杯では招集してるのだから、コパで香川を呼ぼない道理はない。試合に出なくても、それなりのコンディションを保つ術には長けてるからこそ、尚更。

色んなオプションを持って、総力戦で挑まないと、このレベルの大会ではまともに戦っていくことはできない。

W杯では選手層の薄さを痛感する場面もあった。

今はベテランと若手でそれなりの選手が揃ってる。

チリとウルグアイと同組なんて、W杯でも絶対にあり得ないこと。

今から非常に楽しみ。


14 2019/01/27(日)
南米はガチメンバーで当然ながら臨むだろうが
日本はやりくりしないといけない


15 2019/01/27(日)
冬の移籍が上手く行って試合に出るようになれば、北川の代わりに香川を入れてほしい。
今の代表はトップ下の二人目が足りない。


17 2019/01/27(日)
日本ですか?
まずFWがかなり強力な2トップで高さもありますね。
高原、久保の二人はワールドクラスであり、個でも突破できますから。
中盤はもう中田、中村、小野、稲本です。
中田は説明は要りませんよね。
中村は足元が柔らかくてボールタッチがうまいし、何よりフリーキックが驚異です。
小野は間違いなく天才です。
稲本は高さがあるボランチですが点もとれます。
この6人は間違いなく注意したいですね。
また。GKの楢崎と川口はどちらが出てきてもすばらしい選手です。
日本は世界ランク20位前後ですし、いい勝負になるでしょう。
は~、マジにこんな時代があったんだな。


18 2019/01/27(日)
アウェイで苦手な南米との対戦。経験できる事が重要ですね。1勝2敗の勝ち点3でもベスト8に上がれる可能性があるので頑張って。
グループ3位確保も大変な気がするが。


21 2019/01/27(日)
コパ・アメリカでは、実戦か遠ざかっている香川を招集した方が良い。
まだまだ老け込む年でもないし。


24 2019/01/27(日)
ここでは結果よりもどれだけやれるかを試してほしい。個人や組織として、どれだけやれるのか。
そのためにもアジア杯は結果を求めて頑張ってください。


25 2019/01/27(日)
ぜひ、若い選手で挑んでほしい。そして、大きな経験値を今後に活かしてほしい。


26 2019/01/27(日)
この大会は良い強化になるはず。結果次第では選手の移籍や親善試合の対戦相手等変わるからね。


29 2019/01/27(日)
親善試合ではなく、マジの大会では、日本選手だけが、時間が止まったかのように棒立ちになり、南米の選手とボールだけ動いている場面がたくさんあったなぁと思います。
今回、少しでもその差を埋められたらいいね。


30 2019/01/27(日)
今回のアジアカップを見てて思うのは、いくらフレンドリーマッチで結果が出ていても、当てにならない、ということ。
なので、コパ・アメリカでスアレス抜きのウルグアイと戦っても勝てる保証など、一切ないということ。
いい経験が出きると思う。1勝でもできれば、すごく価値がある。


32 2019/01/27(日)
ウルグアイ、エクアドル、チリ…いい組だねぇ、理想的。アジアカップとは全然レベルの違う大会だし、これは凄い経験ができそうだ。メンバー構成がどうなるか、今から楽しみだね。


33 2019/01/27(日)
海外の堂安の評価が高いのはあからか。
伊藤を推す人多いけど、こういう大会で活躍できるかがポイント。


35 2019/01/27(日)
堂安選手はマークしてるけど,中島選手はマークできてないね。

それに,W杯でも活躍した大迫選手を挙げなくていいの?


36 2019/01/27(日)
欲を言えば、第1ポットで
ブラジルがアルゼンチンが良かった!!

勝てるはずはないけど
コパ・アメリカで日本が
ブラジルとアルゼンチンとやれるなんて

そうそうない。
奇跡的にグループ勝ち上がったら
本気のブラジルとやれるかも。

アジアカップ以上に興奮するわ。


38 2019/01/27(日)
ボッコボコにやられても良いので
攻めて欲しい。
南米から沢山学んで欲しい。


41 2019/01/27(日)
20年前に出場したコパ・アメリカはボリビアに引き分けた勝ち点1に終わり、ペルーに惜敗、パラグアイに惨敗した。
今の日本代表がガチの南米勢相手にどこまでやれるか楽しみ。


42 2019/01/27(日)
ボッコボコにやられても良いので
攻めて欲しい。
南米から沢山学んで欲しい。


44 2019/01/27(日)
引っ掻き回すとしたら日本。ただ日本はどれだけベストメンバーで望めるか?ガチの南米との対戦なんてなかなかないからね。


45 2019/01/27(日)
真剣勝負ができる幸せ。楽しみですね。


48 2019/01/27(日)
日本でやる親善試合とは勝手が違う

ガチンコのチリと出来るのはいいこと
突破すればブラジルやアルゼンチンとも出来る


50 2019/01/27(日)
所属チームが許可するか、という問題がある。


51 2019/01/27(日)
酒井はやっぱ海外からの評価が高いね
嬉しい


52 2019/01/27(日)
やはり、相手が知るのは欧州組だよね。


55 2019/01/27(日)
コパ アメリカ楽しみですね、アジアカップより選手にとっては成長できるし実力をためせる。


58 2019/01/27(日)
警戒してくれてるけど、香川選手は出ないでしょう。
かわりに中島選手が出ます。
彼を警戒していないことは、日本にとって幸運をもたらすでしょう。


60 2019/01/27(日)
海外組の招集について色々言われるけど、こないだスケジュールが発表されたJリーグ組の方も希望通りの招集は困難では?特にAFC出場チーム。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ