20190125-00896646-soccerk-000-2-view

スポンサード リンク




 日本代表は24日、AFCアジアカップUAE2019 準々決勝でベトナム代表と対戦。堂安律のPK弾を守り切った日本が1-0で勝利を収め、準決勝進出を果たした。2大会ぶりの“アジア王座奪還”へ、あと2勝。森保ジャパン発足後初の公式戦で、ついにタイトル獲得が見えてきた。しかし、準決勝では最大の強敵、イラン代表が待ち受けている。

 イランのFIFAランキングはアジア勢最高の29位(日本は50位)。昨年のロシア・ワールドカップ最終予選を10試合2失点と、超強固なディフェンスを武器に無敗で突破。本戦はグループステージ敗退となったが、スペインやポルトガルを相手にも見劣りしない激戦を繰り広げた。

 同国の指揮を執って今年で8年目となるカルロス・ケイロス監督の下、今やイランは“アジア最強”との呼び声高いチームとなった。メンバーには、得点力、パワー、スピード、テクニック、インテンシティーなどに秀でた強力な面々が名を連ねている。今大会でも12得点・無失点と充実の陣容で日本を迎え撃つ。

※カッコ内は【生年月日/年齢/ポジション/身長/所属クラブ】
写真=ゲッティイメージズ

◆アリレザ・ベイランヴァンド
【1992年9月21日/26歳/GK/196cm/ペルセポリス(イラン)】
イランが誇る不動の守護神。196cmの恵まれた体格と長い手足を活かしたシュートストップやハイボール処理が持ち味で、オマーン戦ではPKをセーブするなど大活躍を見せている。さらに、グループステージ第3節のイラク戦では約70メートルを超えるロングスローを披露して、大きな話題となった。

◆モルテザ・プーラリガンジ
【1992年4月19日/26歳/DF/185cm/オイペン(ベルギー)】
最終ラインの要。対人プレーに絶対の自信を持ち、空中戦ではチーム随一の強さを誇る。プレーエリアも広く、カバーリングでもチームを救う存在だ。今大会でもチームの5試合連続クリーンシートに大きく貢献している。

◆アシュカン・デジャガ
【1986年7月5日/32歳/MF/181cm/トラークトゥール(イラン)】
ヘルタ・ベルリンの下部組織出身で、U-21まではドイツ代表としてプレー。ヴォルフスブルク在籍時の2008-09シーズンには、長谷部誠らとブンデスリーガ優勝を達成した。推進力豊かなドリブルやラストパスを駆使して攻撃を牽引。今大会はここまで2得点をマークしている。

◆ヴァヒド・アミリ
【1988年4月2日/30歳/MF/181cm/トラブゾンスポル(トルコ)】
左サイドでのプレーを得意とし、緩急自在のドリブルで攻撃のアクセントとなるレフティー。2列目からデジャガやタレミらとのコンビネーションでチャンスを演出する。ロングスローも供給でき、チームの高さを活かすオプションとしても重宝されている。

◆アリレザ・ジャハンバフシュ
【1993年8月11日/25歳/FW/180cm/ブライトン(イングランド)】
昨シーズンはエールディヴィジで33試合に出場し、21得点を記録。アジア出身選手では初となる欧州主要リーグでの得点王に輝いた。その実力が認められ、今季はクラブ史上最高額となる移籍金約25億円でプレミアリーグのブライトンに移籍した。フィジカル、スピード、シュート力を兼ね備えた万能型で、決勝トーナメント1回戦のオマーン戦では先制点を挙げた。

◆カリム・アンサリファルド
【1990年4月3日/28歳/FW/183cm/ノッティンガム(イングランド2部)】
最強イランの“10番”を背負うプレーメーカー。周囲を活かすプレーに加え、昨シーズンは得点力が開花。ギリシャリーグで17得点を記録し、得点ランキング2位に名を連ねた。今大会ではベンチスタートが続いているが、準々決勝ではチーム3点目を決めた。

◆サルダル・アズムン
【1995年1月1日/24歳/FW/186cm/ルビン・カザン(ロシア)】
独特リズムのドリブルと高い決定力を兼ね備え、“イランのメッシ”と称されているゴールゲッター。イタリアの強豪クラブによる獲得が噂されるなど、その実力は世界中から高い評価を得ている。今大会でもここまでチーム最多の4得点をマークしている。

◆メフディ・タレミ
【1992年7月18日/26歳/FW/187cm/アル・ガラファ(カタール)】
身長187cmの大型ドリブラー。左サイドからのパワフルなドリブルでゴールを量産する。ロシアW杯のアジア予選では、アズムンに次ぐチーム2位の7得点を挙げた。また、今大会の開幕戦ではチームの今大会初ゴールを含む2得点をマーク。準々決勝では先制点を挙げたが、累積警告で準決勝は出場停止となった。

◆サマン・ゴドス
【1993年9月6日/25歳/FW/177cm/アミアン(フランス)】
スウェーデン生まれで、同国の代表に選出された経歴を持つアタッカー。2列目から果敢に飛び出しゴールを狙う。今大会では、グループステージ初戦のイエメン戦でチーム5点目を決めている。昨年はレスター移籍も噂された。

◆カルロス・ケイロス監督
U-20ポルトガル代表で世界制覇を経験した名将。1996年からの2年間は名古屋グランパスの監督を務めた。2011年からイラン代表の指揮を執ると、アズムンやベイランヴァンド、タレミといった若手を育成しながら継続的にチームを強化させてきた。今大会はロシアW杯に出場した主力を中心にアジア制覇を狙う。


◆AFCアジアカップUAE2019 イラン代表の戦績

■グループステージ第1節
イラン 5-0 イエメン
(得点者:タレミ2、デジャガ、アズムン、ゴドス)

■グループステージ第2節
イラン 2-0 ベトナム
(得点者:アズムン2)

■グループステージ第3節
イラン 0-0 イラク
(得点者:なし)

■決勝トーナメント1回戦
イラン 2-0 オマーン
(得点者:ジャハンバフシュ、デジャガ)

■準々決勝
イラン 3-0 中国
(得点者:タレミ、アズムン、アンサリファルド)

■準決勝
イラン - 日本
1月28日(月)日本時間23時キックオフ

SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00896646-soccerk-socc&p=1



1 2019/01/25(金)
今の日本代表が強いと思えないけど、それでも勝ち上がってるからこその期待はしたい。
相手を常に圧倒するのも強さの一つだが日本代表が目指すべきは接戦を全部勝つような、ここぞに強いチームになって欲しい。


2019/01/25(金)
タレミが出場停止なのが救いだね。イランはW杯からより成熟したチームになっているし、厳しい戦いになるのは必至。耐える時間が多くなるとは思うけど、日本代表ガンバレ!!


2019/01/25(金)
アズムンとかイランの前線の選手は前から非常に激しく守備をしてくる。特に吉田と権田の間で曖昧なバックパスなどのパス交換は禁物だ。常にセーフティにやる必要があると思う。


2019/01/25(金)
イランは強いが、アジアの強国。大迫の復帰で起点ができ、連動性のある攻撃がこれまでよりできることを信じて、1点差でもいいので勝ってほしい。


2019/01/25(金)
今のままじゃあ無理でしょ。
守備力が全然違うからね。
イランは無失点ですし。
唯一の救いは大迫が戻ってきた事と堂安と遠藤の調子が良い事。
この二人だけじゃ無理だろうけどね。
権田は相変わらず安定感無いし吉田もポカやりそうだし
酒井は足を痛めてそうだし南野は外しまくりだし
原口は守備に割かれそうだし・・・


2019/01/25(金)
W杯の時のイランは、ほんとよかった。見ていて時間を感じさせないゲームをしてたし、強かった。今の世界ランキングは、妥当だと思う。
日本、苦戦必至だけど、何とか勝って欲しい。


2019/01/25(金)
ベイランヴァンドやアズムンらは別だが、ケイロスは試合ごとにスタメンをいじりながら勝ち上がっており、タレミの出場停止はさほど大きな問題にはならないだろう。
日本戦は確実にスタメンだろうが、エールディヴィジ得点王にして、現役プレミアリーガーのジャハンバフシュですらポジションが保証されていない。
現状、日本とは力の差はかなりある。


11 2019/01/25(金)
正直今の力関係じゃ厳しい気がする…
特にGKの差が歴然としてる。
ハッキリ言って権田の守備と吉田の曖昧なプレーを狙われたら中国戦みたいな結果になるかも…兎に角曖昧なプレーだけは止めて欲しい
頑張ってくれ!!


12 2019/01/25(金)
正直勝つのは難しいと思うくらい、今のイランは強い…。
権田、吉田、富安を中心に守備が鍵になるのでは。
1ー0での勝利を期待!


13 2019/01/25(金)
昨夜のイランvs中国戦を観ましたが、イランはチームとして本当に充実している印象を持ちました。
アズムン選手は、強くて速くて上手いです。
かなり厳しい状況になりそうです。
日本はラッキーでもなんでも失点せず、ラッキーでもなんでも得点して勝利してほしい。


15 2019/01/25(金)
強いチームが勝つんじゃない。
勝ったチームが強いのだ。という事を日本代表が証明してほしい。


16 2019/01/25(金)
ダエイ、カミリ、マハダビキアと歴代の名手は共に欧州で活躍してたし、今の代表も彼らほどの欧州知名度は無いがそのテクニックの系譜は受け継いでるよな。やはりイランはアジア最強だと思う。個人能力の高いイランに組織の日本がどこまでやれるか。間違いなくタフな試合になるだろうね。


17 2019/01/25(金)
この5試合を観れば明白。手も足も出ないゲームに成ることは
必然。サッカーという競技は番狂わせは比較的起きるが、予想
が予想 通りの結果になるという事は 圧倒的実力差があると言える。
そう成らない事を願うが?????


19 2019/01/25(金)
過去アジア大会では日本とイランは3回試合しているが,イランは日本から一点も奪っていない。つまり三回も日本が勝利してる。今回は確かイランは強いが,日本との相性が悪く,日本は勝つだろう。


20 2019/01/25(金)
今の代表にはイライラはする。
もっとドリブルで攻めないと。
パス回しも精度が低い。
これじゃ、イランには勝てん!


21 2019/01/25(金)
イランは、前々回のW杯でもアルゼンチンを苦しめてたし、将来を見据えた長期政権が、結果的に今のイランの強さに繋がってる。その場凌ぎを繰り返してきた日本も、イランを見習わないと!イランはW杯の決勝トーナメント進出できてなくても、監督を辞めさせてないもんね。


22 2019/01/25(金)
負けなしの日本だが強いとは思えない。

イランが強いかどうか以前に今回の日本は勝てるチームではないような気がする。


24 2019/01/25(金)
願望としては日本勝利だが、ここまでの戦いぶりを見てブックメーカーで賭けるとするならイラン勝利だろうな。


25 2019/01/25(金)
イランに勝つことができれば優勝もみえてくるけど、今の日本だと正直勝つのは厳しいな…


28 2019/01/25(金)
今の日本にはワールドクラスは吉田麻也しかいない。前線のクオリティを観るに、5大リーグで活躍できる選手は日本には居ないね。とても残念だけど。


29 2019/01/25(金)
イランに勝つことができれば優勝もみえてくるけど、今の日本だと正直勝つのは厳しいな…


30 2019/01/25(金)
相当厳しいと思うが、強国にはそれなりの戦いぶりできると信じてww


31 2019/01/25(金)
基本的に勝つのは厳しいね。
とにかく、リードされない事が重要。


33 2019/01/25(金)
イランが強いのは間違いないのだが、中国戦のスコアは参考にならない
観た人は分かると思うが、あの3失点は、イランの攻撃がどうこうじゃなくて、とにかく中国のディフェンスがひど過ぎる‥雑過ぎる笑笑


34 2019/01/25(金)
今の日本にはワールドクラスは吉田麻也しかいない。前線のクオリティを観るに、5大リーグで活躍できる選手は日本には居ないね。とても残念だけど。


35 2019/01/25(金)
中国戦の得点は相手DFのミスから
権田とDF陣はセーフティにやってね


36 2019/01/25(金)
応援はしてるけど、負けると思う。


38 2019/01/25(金)
アズムンは要注意でしょ
高さと強さと速さを兼ね備えた選手


39 2019/01/25(金)
イランが決勝に進出致します!


40 2019/01/25(金)
選手の所属クラブのバランスだけなら日本が圧倒的なんだけどな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ