20190125-00010001-footballc-000-1-view

スポンサード リンク




日本代表は24日、AFCアジアカップ2019・準々決勝でベトナム代表と対戦し1-0と勝利した。日本が順当に次のステージへ駒を進めた格好だが、攻撃は相変わらず問題を抱えたまま。イラン戦も厳しい戦いが予想される。また、VARの運用面にも疑問が残った。(取材・文:西部謙司【UAE】)


●課題は変わらず。隙間へつける仕組みがない

 ボールを持てば果敢に仕掛けてくるベトナムだったが、基調は日本がポゼッションして押し込む流れの試合になった。前半にベトナムに足を使わせたことで、後半に支配力が増したのは、初戦のトルクメニスタン戦と同じだ。5-4-1で守備を固められると、なかなか打開できないのも同じ。森保一監督は大会前から「試合ごとに成長していきたい」と話していたが、ポゼッション攻撃について進歩はみられていない。

 最大の問題は相手の守備ブロックの「隙間」にパスが入らないことだ。ここにボールが入らないと、守備を固めている相手からチャンスを量産するのは難しい。

 ロシアワールドカップでは、香川真司が狭いスペースでもフリーになってパスを受けて失わずにさばくことができた。ただ、チームとしてその仕組みを持っていたわけではなく、単純に香川の個人能力だったことがアジアカップでよくわかった。例えば、韓国はサイドバックの進出など周囲のポジショニングによって、オートマティックにソン・フンミンを左のハーフスペースでフリーにする仕組みを持っているが、日本にはそれがないのだ。

 南野拓実はむしろストライカーで、トップに張っているか、相手に見られている状態でボールを受けにいくことが多く、したがって瞬間的にもフリーになれない。相方の北川航也はコントロール自体に失敗していてこちらもパスは入らない。結局、相手を背負っていても受けて失わない、「的の大きい」大迫勇也が頼りという状況はまったく変わらなかった。

●ベトナムのフィニッシュに助けられる

 試合の流れからいって、日本の勝利は順当といえる。今回のチームの弱点がポゼッション攻撃なので、得点は堂安律のPKのみにとどまったが、日本が勝ちに近いところにいたのは間違いない。攻めあぐみながら、相手のカウンターにも肝を冷やしつつ勝ち抜いていった、ジーコ監督下の2004年大会とよく似ている。

 ベトナム戦では、グエン・コン・フォンのドリブルから2、3回の決定機を作られた。ここまでの4試合で高い評価を受けていた冨安健洋が翻弄され、吉田麻也も釣り出された前半27分の場面ではシュートミスで事なきを得た。フリーで待っていたグエン・クァン・ハイにパスされていたら万事休すだったろう。38分には権田修一と吉田の連係が不安定で、吉田のコントロールが大きくなりすぎた後、立て続けにシュートされた。自滅寸前だった。

 後半はボールを支配したこともあって、ベトナムの攻撃を散発に終わらせたが、GKとDFの連係や呼吸に不安があるのも初戦から変わっていない。

●対イランと気になったVARの運用面

 次は今大会最強のイランとの準決勝になる。堅守速攻型のほうが持ち味を出しやすい今大会の日本にとって、イラン戦は噛み合った試合になると思う。ただし、サウジアラビア戦のように引き込みすぎるのは危険である。イランはサイドからのハイクロスを得意としていて、セカンドボールを拾ってのミドルシュートにも威力があるからだ。

 前進守備も強力。理想をいえば、日本はボールを保持して押し込んでしまったほうがいい相手である。ところが、ポゼッション攻撃に進展がない現状なので、それができても得点はさほど期待できそうもないのが辛い。大迫の完全復帰、ベトナム戦でようやく出てきた堂安と南野のコンビネーションを連発させること。そのあたりが期待になるが、どのみち厳しい試合にはなりそうだ。

 ところで、これは日本のプレーとは関係ないのだが、準々決勝から採用されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)には大きな疑問を持った。判定の是非ではなく運用面だ。堂安のPKをとったシーンで、最初にプレーを流してからVAR確認するまでに1分間あまり試合が流れていた。

 アウト・オブ・プレーにならないかぎりVARの確認はできないのだが1分間は長すぎる。その間にベトナムの得点が決まっていたら、あるいはどちらかにレッドカード、イエローカードが出た場合、現行の運用ではおそらく無効とされると思う。時間を遡ってPKからのリスタートだ。それはそれで揉めるだろうが、主審はVARを確認する前にベトナムの交代を認めていた。

 交代を認めているなら、1分間に何か起こった場合でも認めなければならないのではないか。判定精度は期待できるとしても、運用が詰められていないのが懸念される。

(取材・文:西部謙司【UAE】)

フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00010001-footballc-socc



1 2019/01/25(金)
やっぱりサッカーは相手の守備陣形が整ってしまうと、それを崩すのはなかなか難しい。相手の守備陣形が整う前に攻め込まなければなかなかチャンスは生まれないと思うが、昨日の日本の試合運びを見ていると、ボールをカットするまでは良いが、カットしたらバックパスをしてゲームを落ち着かせようとするシーンが多々見受けられた。相手からボールをカットしたら、少々無茶でも攻撃に移っていったほうが、相手も脅威に感じるのでは?と思うのは私だけでしょうか・・・


2019/01/25(金)
北川の場合は単にハイプレッシャーの中では技術が発揮できないレベルだと思う。トップ下に南野を置くのなら、南野へのプレッシャーを弱める事のできる1トップであるべきだろうけど、北川とのコンビでは逆に南野へのマークをきつくする事ができてしまい、南野の良さが出ない。
大迫がいればベストだけど、いないときはトップ下に柴崎を持ってくるとかのテストもして欲しかったですね。


2019/01/25(金)
アジアはとにかく「結果重視」でいいでしょう
弱小といわれたアジア小国も足元の技術レベルは
格段に上がっていますね。

まだまだオフェンス陣は固まってないし
試行錯誤な所でしょう。
まだまだ色んな選手を発掘していかないと。

全体的大人しい印象があるのでもっとフィールド上で
声をだしあうべきだと思う。吉田はガンガン行って
いいんじゃないかな

今まで中田や本田や長谷部というカリスマが居ましたが
日本にはやっぱり力強いキャプテンシーを発揮できる
選手が必要な気がしますね
誰か出てきて欲しいですね


2019/01/25(金)
昨日の試合で、1番結果を求められる選手は、北川選手だと思う。
しかし、期待には答えられない。
=しばらく、スタメンで使うのは無いと思われる。これと言うずば抜けた武器がない。
空中戦も足下(スプリント力)も並なら、鈴木武蔵とかの方が良いだろうね。
権田も盆ミスあるし、一発勝負の試合なら怖い。
原口は、明らかに昨日の試合疲れが残っているように思えた。毎試合走りっぱなしだから仕方がないが、スタートは、乾でも良かったのでは無かろうか?
やはり、今回の代表は全体的に駒が乏しい。


2019/01/25(金)
>>北川航也はコントロール自体に失敗していてこちらもパスは入らない。

やっぱり北川のトラップの精度気になるよね

日本は中田ヒデから、本田、大迫、あるいは隙間で受けれる香川と
ポジションの差異はあれどターゲットとなるプレーヤーがいないと
前線に展開できないからなぁ

中嶋がいれば、とりあえず中嶋に預けて
そこから彼が相手DFを動かして隙間を作って展開できるんだろうが


10 2019/01/25(金)
南野は大迫、中島翔哉がいてこそ輝くのかな。
堂安は2人がいなくてもチャレンジしてた気がする。やはり2人がいない分上手く行く場面は少ないけど。

イラン戦は大迫スタメンならば右に伊東純也、トップ下に堂安が見てみたいなぁ。左は乾。原口はやはり疲れからかキレがないように思える。ハードワークしてくれてるし。 

今大会は遠藤と富安がめっちゃ評価上げそうね


11 2019/01/25(金)
全然違うと思う。TVの松木さんが珍しくいいこと
言ってると思ったけど、ドリブルで勝負する
選手がいないのが原因だよ。

今大会の代表には中島がいないので、槍のように突き刺せない。彼がいれば、相手がそこを抑えに来ざるを得なくなり、守備陣形が崩れる。前にスペースができて南野、堂安などが動き出すという形ができる。

今大会では南野も堂安も動き出そうにも、すぐ前に
相手が来ているのでできない。結局狭いところへの
パスしかなく、相手はそこを狙いすまして
パスカットにきている。

乾と原口を同時に使うことも必要だけど、
森保監督は奇抜なことはしないタイプ。
イランにはこのままではサウジ以上にやられて
完敗する危険がある。あと権田は代表レベルには
ないし、北川、伊東も時期尚早でしょう。
とにかくイラン戦のカギは乾だろう。


14 2019/01/25(金)
まさにその通り。香川のオフザボールの動きが日本に流動性をもたらしていたのは間違いない。
今の日本は受け身なんだよ、フリースのペースに動いてパスを貰おうという動きをする選手が皆無に近い、止まってボールを貰おうとする選手が多すぎるね。
前と後ろをリンクさせる選手が欠けてるから単調な攻めになる、以前レスターが岡崎抜けると単調な攻めになっていたのと似ている。レスターも岡崎がリンク的役割をはたしていたからヴァーディーがより活きたというのがある。


15 2019/01/25(金)
北川のワントップ適正だなんだというよりも、全体的に引きに徹したベトナムのディフェンスをパスで打開するのは、難しいと思った。松木がうるさいくらいに言ってた、ドリブルでこじ開ける。こういう相手にはそれが良かったかもしれないけど、序盤からそれやってたら確実にバテる。。後半から向こうの足が止まり始めた時に、切り替えたのは、すごく良かったと思った。森保監督の意図が少しづつ浸透しつつあるのかと思った。やっぱりエースが入った後の20分は安心して観れた。何より、マヤの謎クリアとトラップが怖い。バックパスが危険。ってさ、、一番セーフティだと思ってやることなのに。。次のイランは、そんなパスミスを2点に繋げてる。やめて下さいよ!キャプテン。。


16 2019/01/25(金)
>最大の問題は相手の守備ブロックの「隙間」にパスが入らないことだ。

これは記事にある通り香川の個人的な能力。しかも世界トップレベルの技術。
南野は根本的にそれが理解できていないので、ポジショニングそのものが悪い。しかも香川ほどボールコントロールの技術がないので、ワンタッチでボールが正確に捌けず、こねくり回しているうちに寄せられて潰されること多数。
結果が出ていない焦りもあるのか、空回りばかり。親善試合で少し点が取れたからといって、調子にのるからこういうことになる。あらゆる面で香川の足元にも及ばない。現時点では、高いレベルでは通用しないな。4大リーグに移籍できていない理由が浮き彫りになった感じ。
北川は論外だが、もともとワントップは無理なことはわかっていて武藤と大迫が使えないから起用せざるを得なかっただけだから。招集したこと自体が間違いとも言えるが。


17 2019/01/25(金)
サッカーは完勝しても精々3―0でしょう!
このところの日本は1点差で勝ってはいるが危険過ぎる。

西野から森保に監督が代わるな当り、自分色とこの先8年間を考えて若くは無いが23歳前後をオフェンスに集めた。

その時点での日本での親善試合は全判は参考になるが、後半はテスト色があるので参考にはならない。
ウルグアイに勝ったがスワレスが入っているか?居ないかでは違う。

比較にはならないが日本代表で大迫がいるか?くらいの差はある。

大迫はFWとしては点がとれないが、サッカーセンスは抜群!前線で球を保持できる。

保持するから中島、南野、堂安が活きているが、北川では自分が点取るタイプで周りの為に球を保持できないので連動型出来ない。

そこが日本代表の大迫が必要と言うところです。


19 2019/01/25(金)
こうした後出しジャンケン的な記事に多少の苛立ちを覚えるが分析自体はなるほど間違いではないだろう
ただし勝負で言えば勝ったというのが事実。仮にどこかで同点を食らってものそのまま90分を終えたかどうかは神のみぞ知る事だ
ただ一点、確かに日本はこれといったシステムがあって臨んでいるわけではない事が現在良くも悪くも出ていると見える
少なくともキーパーを含めたディフェンスのシステムが余りに緩いのはいただけない
今後これが続くようなら成績に関係なく監督交代を早々に考えたほうが良いのではないかと思われる
少なくとも前線は中島と大迫がいればある程度機能するのが解っているからだ


20 2019/01/25(金)
勝てば良いと言っている連中が多いが、勝って当たり前のアジアで、この内容はどうかと思う。構築している段階だからというが試合内容、采配に進歩も見られない。目標はワールド杯ベスト8なのに、あまりにもお粗末な内容。フィニッシュ制度が、どの国もアジアレベルで低いから助かってるようなもん。世界レベルなら悲惨なほど失点していた可能性がある。勝たないと話にならないアジアでかろうじて勝って満足してて、それで良いの?海外のファンなら、もっと批判が起きてるような内容。次のイランはアジア唯一の、世界に近いチーム。ここで真価が問われると思う。もちろん勝って欲しいが、現状では悲惨な結果あり得る。


21 2019/01/25(金)
実に的を得た分析だと思う。
前線での収まりどころが大迫しか無いのが一番の問題。
相手DFを振り切ってもらいたい選手ばかりを並べ、距離の遠い柴崎やCBからのパスしかなけりゃ相手は容易く対応する。
バイタルエリアで上手くボールを受けれる香川がいれば劇的に変わると思う。

選手選考、起用、戦術が全て間違ってる様に思う。
終盤の守備固めも意味不明。
監督に一番の問題があると言わざるを得ない。


22 2019/01/25(金)
後半の相手が止まってきたところでウルグアイ戦とかでみた鋭い攻撃が出てきたけどそういうところで決めないとイランには勝てないし、イランが後半になって落ちることもあまり考えられない。それも大迫と乾が入ってからだから二人が先発じゃないと停滞する予感。今までの5試合は見てる側もどこかでなんとなく勝ってくれるだろうっていう余裕があったけどイランは本当に強敵だからヤマ場だね。なんとか決勝進出してほしい。


24 2019/01/25(金)
ワールドカップでは香川が間で受けてパスを捌いた。
アジアカップ前は中島が1人2人剥がして自分も他の選手もフリーにできた。
しかし、アジアカップには香川も中島もいない。
堂安のドリブルはスピード、キレともに中島には及ばない。
元々そうだが、今大会は特に調子が悪いように見える。
フィジカルの強さももちろん大事だが、ドリブラーとして活躍したいなら、堂安は少し身体を絞らなきゃダメだと思う。


26 2019/01/25(金)
堂安も南野も、大迫のポストプレーあってこそ生きるタイプだし、武藤も同じようなタイプ。

大迫いないと、現状攻撃が手詰まり。

だからこそ原口の役割をもっと考えた方が良いと思うんだけどね。ワイドに張ってるだけじゃ引いた相手にあまり効果的じゃない。

中盤からバイタルにドリブルで持ち込んだり、バイタルでボール受けに中にするするっと入ったり。もっとそういう動きがあっても良いと思う。

最終ラインと二列目の間にボール持って入れるとチャンスができる。それは現状では原口が適任なきがする。


27 2019/01/25(金)
ベトナムとは経験値が違いすぎて点差以上の力の差があったと思う。
ただもっと速くテンポのよいパス回しで相手を走らせる&ギャップを作り、大迫に速い縦パス&3人目の動きで南野、堂安に当ててを前を向かせ、作ったギャップと数的有利を使って崩すということが狙いを持って早い時間帯からできるようにならないと次のイランは厳しいと思う。


29 2019/01/25(金)
この監督、大迫・中島などの重要選手が出れなくなる想定での準備を、親善試合でやって来なかった。6人も交代出来るのにね。

それと控え選手を、その抜けたピースにはめ込む事しかできない。
バリエーション変える事も、選手に合わせたフォーメーションも、持ち合わせていない。

先発チームと控えの別物のチームの、2チーム作ってしまった。
だから連携調整も出来ていなく、微妙なズレの修正も出来ていない。

総力で1チームに仕上げての、代表なのに・・・???
結局能力の劣る別物の控え選手じゃ、代役は務まらないのは当たり前。

世代交代を焦る余りに、WC戦士と融合させ上手く引き継ぐ事が出来ない。若手レギュラー不調?の時には、今に時点ではそれ以上の戦力になるベテランも多いのに。特に南野、現状はあの程度の選手、ロシアに呼ばれなかったのも、あれが理由。香川・岡崎を北川・三浦に替え、控えに呼ぶべきだった。


30 2019/01/25(金)
香川の質をアジアカップで解ったみたいな事は
敢えて書いてるんだろうけど、当たり前ですよね。
中島だって、今の段階では乾のサブでしょう。
ただ、W杯に照準を合わせるとなると、この2人だけに頼るわけにはいかないから、総替え状態の代表チームなんだから、それを理解して応援しています。
昨日、北川もやっと交代前にらしさが少し出たり、遠藤も攻撃に参加したり、原口も左だからこその切り込みを増やしたり良いところも増えてきた。左サイドが弱いと全く得点の匂いがしなかったから、そこは継続して貰えると期待しています!!


33 2019/01/25(金)
今の内容だとイラン相手に苦戦を予想する見方は強いが、それなりに互角な展開になるでしょう。勝って当たり前で勝つのはなかなか難しい。全試合1点差の試合でも勝ちきる強さがある。評論家からすれば批判はしやすい内容だろうけど総括はアジアカップが終わってからにしようよ。イランに勝てば手のひらを返すんでしょ?!


35 2019/01/25(金)
課題がなく何となくいってしまっているよりはよっぽどいいとは思うが、その課題が解消できていないのは問題。
昨日の試合アタッカー陣だけでなく酒井が足を痛めているのに変えなかったのはちょっと…っておもった。
イエローカードリーチかかっているのにこれで痛めているのが原因で出だしで負けて引っ掻けてカードもらったら大変だった
替えの効かない…というか替えがいないのはわかるが


36 2019/01/25(金)
準決勝からは北川の名前は聞かなく
なるしピッチ上にも姿が無くなる
筈なんで彼の評論は意味あるとしたら
アジア杯以降に彼を日本代表にする
には到底無理という根拠にする事。
今回の一連の苦戦は森保監督が何故か
北川をスタメンに起用する事でFWの
有力選手との連携が出来ないからだ!
森保さんにも大きな責任がある。


37 2019/01/25(金)
森保監督の能力を誉めるコメントがあったが、私は全く違うように感じる。全体の流れの悪いときに、流れを変える意味での選手交代が必要だが、つねに後手を踏んでいると思う。判断が遅いしアイディアの引き出しもなさそう。こんな人が代表監督なのと思ってしまう。個々の選手を批難する書き込みもあるがそれを含めて選んだのは監督。すべては監督の責任。こんなサッカーをやっていては日本代表に未来はないな。


40 2019/01/25(金)
アジア杯を通じて、世界と戦うには南野はトップ下では使えないということがはっきりした。
ワントップでゲームを組み立てるなら、トップ下で香川とまではいかなくとも、ボールを裁き、スペースを作れる他の若手を発掘すべきだろう。


41 2019/01/25(金)
前半20分すぎまで、まともにシュートすら打てないのは、異常だと思う。
前線にボールが収まらないからだと思うが…。
にしても、ミドル狙うとかそういう発想がないのが気になる。

テストマッチで鮮やかなパス回しするなーと期待してたけど、大迫や中島居ないとこうも違うのね。


42 2019/01/25(金)
まず、前半と後半で同じ評価はどうか。
前半のベトナムはDFとMFが綺麗に1列に並んでいて、見ていてもわかるくらいきちんとした守備ブロックが敷かれていた。あぁなるとそうそう簡単には崩せない。あれを崩せないことを批判しても仕方がない。
一方で後半は守備がだいぶ緩くなっていた。そこで崩せないのは問題。課題は選手交代のタイミングのようにも思う。


44 2019/01/25(金)
パスを受けられる裏に入るというのはしばしば見られた気がするが、

パスの精度に難がありカットされてカウンターを受ける頻度がかなり多いと感じた。相手が疲労で足が止まってくるまでは何度もヒヤヒヤした。

権田の中途半端な玉出しも2度ほど大ピンチを真似いていたが、これでは代表としては使えないと感じた。


45 2019/01/25(金)
初キャップで好印象を残していた北川しかり、南野、堂安にも言えることだけど中島が作る攻撃のスイッチの影響力の大きさが浮き彫りになっていると思う。
全方位的にパスが出せる中島がいないことでそれぞれの良さが単発で終わってしまっている印象が強い。


46 2019/01/25(金)
ベトナムは実績のある若手主体のチームが8人以上で守備していたから、パスで崩すサッカーでは厳しかったと思う。
やはり相手のDFをドリブルで抜けばGKと1対1なんて事になるけど、何故やらないのかなって思ってみてた。
次はイランだし、日本もモチベーションやギアを上げると信じて応援します。
でもやはりW杯常連国同士の戦いになりましたね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ