20190124-00010003-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




 1月16日、クラブ・ブルージュのMFハンス・ファナケンが2018年のベルギー年間最優秀選手(ゴールデンシューズ)に選ばれた。185cmという長身MFだが、けっしてパワー系の選手ではない。繊細なテクニックを誇り、左右両足から決定的なパスを出すことのできる、サッカーセンスにあふれた選手だ。

 以下、2位MFメフディ・カルセラ=ゴンサレス(スタンダール・リエージュ)、3位MFアレハンドロ・ポズエロ(ゲンク)、4位MFエジミウソン・ジュニオール(前スタンダール・リエージュ/現レフウィヤ)、5位FWレアンドロ・トロサール(ゲンク)、6位MFルスラン・マリノフスキー(ゲンク)、7位MFルート・フォルマー(クラブ・ブルージュ)、8位MFルイス・ガルシア(オイペン)と、ベルギーリーグのスター選手が続いた。

 今季前半戦をプレーオフ1圏内の6位で終えたシント・トロイデンからは、MFロマン・ベズスとMF鎌田大地がともに11位につけた。1年半前、サガン鳥栖からフランクフルトに移籍したものの、出場機会を失った鎌田は、昨年8月31日の移籍市場最終日にシント・トロイデンに期限付き移籍した。

 第7節のゲント戦で途中出場した鎌田はいきなり決勝ゴールを奪い、その後わずか15試合で10ゴールをマーク。あっという間にベルギーリーグを代表する選手の仲間入りを果たした。

 鎌田が決めた10ゴールは、相手のペナルティエリアの狭いエリアのなかで、落ち着き払ったボール扱いから生まれたゴールばかりだった。ひと言で表現するなら、センスが詰まったゴールだった。ベルギー人が惚れ込むのも無理はない。

 ベルギーのスポーツ週刊誌『スポルト・フットボール・マガジン』最新号は、シント・トロイデンでもっとも価値のあるプレーヤーとして鎌田を推し、「彼の10ゴールは小さなクラブ相手だけではなく、強豪のアントワープや、ビッグ3のクラブ・ブルージュ、アンデルレヒト、スタンダールからも決めている。マーク・ブライス監督は1月、鎌田がアジアカップの日本代表に招集されなかったことを喜ぶべきだ」(抄訳)と記している。

 そう、ベルギー人にとって、鎌田がアジアカップを戦う日本代表のメンバーから漏れたのは、驚きだったのだ。

 しかし、アジアカップのタイミングは、鎌田がコンディションを落とした時期と重なっていた。昨年夏にシント・トロイデンに移籍し、秋までに急ピッチでコンディションを上げた鎌田だったが、12月半ばごろから疲労の色が濃くなり、パフォーマンスを下げてしまった。

 やはり、年末から年始にかけて鎌田はしっかり休息してリフレッシュし、所属クラブの冬合宿でコンディションを作り直す必要があった。そう、私は思っている。

 束の間のウインターブレークが明け、1月18日の「リンブルフ・ダービー」シント・トロイデンvsゲンクでベルギーリーグが再開。ピッチの上には、すっかり新鮮な気持ちを取り戻し、生き生きと動く鎌田大地の姿があった。昨年はシャドーストライカーのように前線に張ってゴールを狙っていた鎌田だったが、2019年のスタートはゲームメーカーとしてのタスクを担っていた

 開始28秒、鎌田のプレスを受けた相手DF がバックパスで逃げると、GKがボールを掴んでしまってシント・トロイデンに間接FKが与えられた。味方が短く蹴ったキックから、鎌田がシュートを放つ。それによって相手ゴール前で混戦となり、FWジョルダン・ボタカが蹴り込みシント・トロイデンが先制した。

 それから45分間、鎌田がシント・トロイデンの攻撃を指揮した。なかでも17分、自陣から鋭いスルーパスをストライカーのヨアン・ボリに通し、相手GKと1対1になる場面を作ったシーンは、彼の卓越した視野の広さとキック技術の高さが発揮されたものだった。

 1-1で終えた前半を振り返ったテレビスタジオの解説者たちは、「前半のベストプレーヤーは鎌田大地だ」と褒め称え、「これでアジアカップに行けないのか」というテロップが流れた。

 だが、後半は「今季ベルギーリーグ最高のチーム」との誉れ高い首位ゲンクが本領を発揮する。シント・トロイデンは試合の流れを奪われ、2-3の逆転負けを喫した。

「我々はけっして、自陣に引いて下がるサッカーをしようとしたわけではなかった。だが、ゲンクのクオリティの高さの前に、引かされてしまった」(試合後のブライス監督)

 この日のシント・トロイデンは、中盤も含めてマンツーマンディフェンスの戦術を取った。鎌田が対峙したのはノルウェー人の若手巨漢MFサンダー・ベルゲ。前半は鎌田がイニシアチブを握ったが、後半はベルゲの縦へのドリブルに対して守備に回って苦労した。

 10点満点で評価すると、前半の鎌田は7点、後半は5点――平均すると6点。そんな90分間だった(実際に現地メディアも鎌田に6をつけている)。鎌田にとっては、手応えと反省の入り混じった一戦だったのではないだろうか。

『ヘット・べラング・ファン・リンブルフ』紙に対して、鎌田は「今日の僕のプレーは悪かった」とコメントした一方、日本人記者陣は試合後、彼のこんな肉声を聞いている。

「今日の僕はどちらかというと、No.10(トップ下)というよりNo.8(インサイドハーフ)か、ボランチをやっていた感覚です。やっぱり僕は、そこを本職としてやりたい。もちろん、あれだけ(ポジションが)下がれば得点するチャンスは減りますが、僕自身はいいプレーができたと思います。あれがやっぱり、本来の自分かなと思います」

 ベルギー人記者たちに向かって言った「今日の僕は悪かった」。私たち日本人記者に対して語った「僕自身はいいプレーができた」。どちらの言葉も、鎌田の本音なのだろうと、私は思う。そして、前半のプレーが「本来の鎌田大地」なのだろう。

 鎌田はここまで10ゴールを決めていながら、アシストは1個と極端に少ない。しかし、ゲンク戦の前半のプレーが90分間続くようになれば、自ずとゴール数とアシスト数が並ぶようになるはず。その時、日本代表のユニフォームに袖を通す鎌田の姿に期待したい。

中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190124-00010003-sportiva-socc&p=1



2 2019/01/24(木)
ブンデスの壁に阻まれた鎌田にとって、ベルギーへの移籍は正解だった。

先ずは、ここでしっかりと経験と実績を積んでレベルアップし、再び欧州の主要リーグに挑戦してほしい。
課題はフィジカルの強化と戦術によっては全く力を発揮出来ない所があるので、欧州で様々な戦術に適応し、逞しくなっていずれ阻まれた代表で活躍してもらいたい。


2019/01/24(木)
攻撃のオプションとしてはおもしろいがやはり日本のボランチは守備ができないといけない。インサイドハーフが日本にあればおもしろかったかもしれないが個々の力、システム的にも難しい。となると代表ではトップ下になるのかな。ボランチでも柴崎とのポジション争いになるだろうね。
アジアカップに選ばれなかったことは非常にポジティブなことだと思っていて、1度ブンデスに適応できなかったもののベルギーで地位を掴んだこのチャンスを逃してはいけない。これからも実績を積み上げてカタールW杯を目指してがんばってほしい。


2019/01/24(木)
間合いとパスのタイミングは天性のもの。あのセンスがトップのポジションで発揮されたら今までの日本人に無いゴールゲッターが生まれる気がする。断然、杉本よりも呼ぶ価値はある。だけど今は実績を積み重ねて欲しいと思う。


2019/01/24(木)
本人は10番か8番と言ってるけど、9番でもかなり適性は高いと思う

まだW杯迄には充分時間がある

無理してアジア大会に出るよりも、クラブで結果を残しながら力をつけていったほうがいい

この後ブンデスに戻る事になるのか、あるいはベルギーに残るのか、または全く違うリーグに行くのか、今の調子で結果を出し続ければ選択肢の幅は広がるし、有利な条件も出てくるだろう

鎌田の成長が楽しみでならない


2019/01/24(木)
鎌田は代表で見たかった1人ではあるね。
個人的には、鈴木優磨、三竿健斗、昌子もアジアカップメンバーに入っていればまた違いを見せてくれただろうなと思った。
まあ、ケガやコンディション、日程面などで呼べないのは仕方ないが。


2019/01/24(木)
ボランチをするにしても球際の強さやフィジカルが足りなすぎる
課題を克服するか攻撃的な選手になるしかない


10 2019/01/24(木)
南野がアジア杯でノーゴール、ノーアシストが続くようなら、

大会後の代表活動において鎌田が南野のポジション奪う可能性は十分あるかな

コパ・アメリカではトップ下鎌田でテストするかもね


11 2019/01/24(木)
あの落ち着き払った得点のセンスを、ぜひ前線で発揮してもらいたいけどね〜


13 2019/01/24(木)
センスは勿論身長も高いから視野も広く案外フィジカルも強い
個人的にはプレミア向きだと思うから代表に呼んでほしい


14 2019/01/24(木)
2列目がガンガン前に出る今の日本だから、鎌田のゼロトップを見てみたい。

大迫とは異なるボールの収め方だろうし、本人も不慣れかもしれないけど。


15 2019/01/24(木)
大阪がいなくなってタメが作れる選手は必要だなって思った。勿論武藤が機能しているのも良い材料だけどトップ下で鎌田がタメ作れば武藤は勿論堂安や原口中島のサイド陣も良い形でボールもらえるしアジア杯後が楽しみ


17 2019/01/24(木)
ベルギーだから通用したんじゃなくてブンデスで壁にぶち当たり揉まれたから今がある
決してブンデスが失敗だったとならないようにがんばってほしい


18 2019/01/24(木)
アジアカップは呼ばれなくて良かったけど鎌田と中島はコパアメリカでは見たい!


20 2019/01/24(木)
点とってるから FWとしてアジアカップに呼びたかったコメントが多いが やはりMFだと思う いい選手になったなー


21 2019/01/24(木)
正直、日本でも特に実績があったわけではないからな。ただアジアカップが終わって、もう少しコンスタントにベルギーで試合で続けたら必ず食い込んでくるだろう。


22 2019/01/24(木)
バスケでもマンツーマンディフェンスはキツいが、ピッチの広いサッカーでマンツーマンディフェンスをするのは非常にキツい。恐らくはハーフコートプレス(自陣の中にボールがある時だけマンツーマンになる)だろうが、流れの中で他の選手とマークの受け渡しをした方が楽な場面も多々有るだろうし。
その中で鎌田選手は巨漢MFと対峙し、推進力のあるドリブルに手を焼いている。マンツーマンなので仲間は自分のマーカーを無視できないのでカバーリングに行き辛かっただろう。

つまり、ゲングはマンツーマンディフェンス対策を完璧にして後半に臨んだと言うこと。
①守備のウイークポイントを見極める
②ドリブル勝負に出てもシントトロイデンはカバーリングが遅いから単騎突破出来る。

シントトロイデンとしてはマンツーマンディフェンスを破られた時の守備陣形の再構築が出来なかったのが敗因かと。


24 2019/01/24(木)
継続して活躍し続ければ必ず呼ばれますよ。
森保さんはそういうところしっかり見ている人よ。


25 2019/01/24(木)
遠藤戻ってきたらどうなるんでしょう
また前の方の仕事に専念する形になりそうだけど


26 2019/01/24(木)
フランクフルトで上手く行かずに移籍してきた選手がそんな悠長な調整してる場合じゃない。
仮にそうしてれば今頃調子落とさなかったかもだが、あの爆発的な活躍もなく、ポジションすら得られなかったかもしれない。


28 2019/01/24(木)
代表戦ではJリーガー招集禁止がいいね。もっと海外に目を向けないとな。


29 2019/01/24(木)
シーズン中に1チームから3人も呼ぶのは気が引けたのではないか


30 2019/01/24(木)
ぜひトップ下で活躍願います


33 2019/01/24(木)
北川ってのより良いんじゃない。


34 2019/01/24(木)
いずれ代表に呼ばれるよ。


35 2019/01/24(木)
まあ、今期確変のような変身を遂げたので、代表には継続性などが課題なんでしょうねえ。また、このポジションは競争も激しいし。
去年はブンデスでベンチにすら入れなかったんじゃないか?


37 2019/01/24(木)
アジアカップで消えてる事の方が多い南野よりいいかもね。


38 2019/01/24(木)
代表で見てみたい。


39 2019/01/24(木)
コパ・アメリカには連れて行って欲しい選手。


40 2019/01/24(木)
コパアメリカには呼んでほしい。


41 2019/01/24(木)
3月のコロンビア、ボリビア戦では呼ばれるだろう。北川は呼ばれないだろう。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ