20190124-00000023-jij_afp-000-2-view

スポンサード リンク




【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、カーディフ・シティ(Cardiff City)に移籍したFWエミリアーノ・サラ(Emiliano Sala)選手(28)を乗せた小型飛行機が消息を絶った事故で、捜索にあたるレスキュー隊は23日、同選手を発見できる可能性はゼロに等しいと明かしその生存は絶望視されているが、この事件をめぐっては新たに金銭面でのデリケートな問題が浮上している。

 サラ選手は19日、フランス・リーグ1のナント(FC Nantes)から推定1700万ユーロ(約21億円)の移籍金でカーディフと3年半の契約にサイン。21日にサラ選手は、翌日の練習に参加するためにウェールズに向けて小型機に搭乗したが、同機は英ガーンジー島(Island of Guernsey)の北方約20キロの地点でレーダーから消えた。

 ナントとカーディフのファンが夜を徹してサラ選手の無事を願う中、両クラブが問題に直面していることが発覚した。誰が移籍金を支払い、どこが両クラブに対する多額の補償金を支払うかだ。

 仏パリに拠点を置く法律事務所の弁護士アレクサンドラ・コーエンジョナサン(Alexandra Cohen Jonathan)氏は、AFPに対し「国際サッカー連盟(FIFA)に登録された時点で移籍契約は有効となる」と話す。

「今回の場合では、例え選手の消息が不明となったとしても、原則としてカーディフはナントに1700万ユーロを支払わなければならない」

 ナントに近い情報筋によると、「契約は土曜日(19日)の午後5時に結ばれ、そして月曜日(21日)に承認」されており、契約は最終合意済みだったという。

 一般的にクラブが選手に対しかける保険には2種類がある。選手のけがに対する賠償責任保険と「キーマン」保険だ。

 この「キーマン」保険は、会社の中心的なメンバーを突然失ったときにビジネスを守ることを目的としているが、サッカーではクラブは重要な選手を失った場合に備えてこの保険を利用しており、その額は移籍市場における選手の価値を基準としている。

 コーエンジョナサン氏は「ナントは確実にこのタイプの契約にサインしているが、移籍がすでに成立してしまったときでもこれは適用されるのか?」と疑問を呈した。「カーディフはこの保険をすでにかけていたのか? それはすでに有効なのか?」

 また、カーディフのメフメト・ダルマン(Mehmet Dalman)会長は23日、クラブはサラ選手に渡航の手はずを整える提案をしたが、同選手は自ら手配することにしたという。

 航空機の事故では航空会社が補償の責任を負うことになるが、その支払い上限額は一般的に10万ユーロ(約1250万円)が上限だとコーエンジョナサン氏はいう。

 しかし、同氏は「航空会社に過失があることを証明すれば」この上限はなくなると話した。「その場合、保証される権利は十分かつ完全なものになる。損害額が1700万ユーロなのであれば、その全額を保証される権利を持つ」 【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000023-jij_afp-socc



1 2019/01/24(木)
カーディフのような中小クラブにとっては死活問題だな


2019/01/24(木)
仮に保険などで時間はかかっても金銭的な問題は解決できたとしても、
新戦力になるはずの選手を失ったカーディフは
1月31日までに同レベルのFWを探して、交渉、獲得するのはまず不可能。
残留争いをするクラブにとってはとてつもない損失になる。

ナントはナントで、ハリルホジッチ監督に無断で大黒柱のエースを売ってしまったことで、
経営陣と監督がもめてるし。
本当に不幸な移籍になってしまった。


2019/01/24(木)
クラブ史上最高額で獲得した選手がこうなってしまつまたことを考えると、気の毒で仕方ない。決まってはないが、生存の確率はないのであれば、せめて遺体は見つかって欲しい。


2019/01/24(木)
お互いがしっかり納得した形で解決して欲しい。
納得いかない中での解決だけはして欲しくない。
なるべくはやく解決したい問題だろうけど納得いくまでは時間がかかってもいいと思う。
お互いが納得いくのであればどの形でもいいと思う。


2019/01/24(木)
人の死を悼むのとは別に、確かに重大な問題ではあるな。莫大な金額だけに両チームにとっても存続に関わる話だし。
せめて、誰が損をするかというスタンスじゃなしに、彼の死を皆で分かち合うためにどうすべきか、で解決してもらえたらと思います。


2019/01/24(木)
移籍金も支払われてたわけやろうし、どうなるんかと思ってた。
これもあと腐れなく解決してほしいし、可能性は0らしいけど、生存しててほしい。


2019/01/24(木)
追悼試合をやり収益全額を補填に回す
プレミア全チームがサポーターからの募金を集めてカーディフに寄付する
ナント側が可能な限り妥協する
などなど


10 2019/01/24(木)
不謹慎な言い方になるが、このままだとガーディフが丸損になるのか。
広島カープみたいにサポーターに募金お願いするとかどうにかする方法は無いもんかね。


11 2019/01/24(木)
金のことなんて言ってる場合か。と言いたいところではあるけど、これだけの額が動くことだし、チームの存続は多くの人々の人生を左右するから、無視はできないよな。
消息を断った選手も両関係者やりきれない思いでいっぱいだろうな…


12 2019/01/24(木)
第一報聞いたときから、「移籍金どうなるんだ?」と片隅で思ったけど、リネカーの言葉を借りるならそんなことを言う日ではないからそれにつあてコメントしなかった人は多いはず。

そして、まだ捜索は続いている。まだそんなことを話す日ではない、可能性はほぼ0かもしれないけど、無事を願ってます。


14 2019/01/24(木)
それはそれ、これはこれって事よね。
もちろん選手の安否が一番だけど
クラブ側からすると綺麗事では
片付けられないからね。
とりあえず早く見つかってほしい。


15 2019/01/24(木)
ここは両方のサッカー連盟が間に入って両者が納得できる形で解決してほしい


17 2019/01/24(木)
この話はいつか出るかと思ったわ…。
なんか司法の場にまで持ち込まれそうで複雑な気持ち。


18 2019/01/24(木)
やっぱりそういう話に発展するよね。


10 2019/01/24(木)
払うのは航空会社。両クラブに支払う義務有り。もちろん、保険屋もね。


11 2019/01/24(木)
何故小型機で移動しようとしたの?


22 2019/01/24(木)
クラブの立場もそうかもしれないがまずは残された家族に対する保証を考えてあげないといけないといけないんじゃないかな。
こんな形で家族の一員を失うのはとても辛いと思う。


24 2019/01/24(木)
人が死んだ後での金の話は哀しいね


25 2019/01/24(木)
仮に小型機飛ばしてた航空会社に上限無い賠償求めても支払える余力は会社に無いでしょう。航空会社は破産して債権者は泣き寝入りが現実路線ですね。


27 2019/01/24(木)
カーディフに来てから契約書にサインしとけば良かったのにな


28 2019/01/24(木)
生臭い話になって来ちゃったね


29 2019/01/24(木)
お互いのクラブに1700万ユーロが支払われるの?
そうなったら保険金殺人で狙われる選手が出てきそうだけど


31 2019/01/24(木)
飛行機が事故る確率10万分の1。


32 2019/01/24(木)
タクシーの運転手さ〜ん
年収聞いてからお客を乗せないと
えらいことになるよ。


33 2019/01/24(木)
3社で7億円ずつ折半で


36 2019/01/24(木)
なるほど、これが原因で消されたか


36 2019/01/24(木)
いちいち英語表記する上にゲス、それがAFP。


38 2019/01/24(木)
前澤が払えばいい。


39 2019/01/24(木)
人の安否より、金の心配か、、、


40 2019/01/24(木)
大人の事情はわかるが、この件に関して今
お金の話しはやめてほしい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ