20190124-00000004-spnannex-000-3-view

スポンサード リンク




 神戸がセリエAラツィオのウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(31)の獲得に動いていることが23日、分かった。欧州代理人筋の話によると、すでに正式オファーを提示。W杯3度出場の守備のスペシャリストで、獲得が決まれば今季新加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)に続く大型補強になる。

 悲願のJ1リーグ優勝を目指す神戸の妥協なき姿勢の表れだ。関係者によると、カセレス側に接触。推定年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の複数年契約とみられる正式オファーを提示し、交渉を進めているという。

 カセレスは現役ウルグアイ代表で、昨年10月16日の日本代表との親善試合でも来日。本職はセンターバックだが両サイドバックも可能な守備のスペシャリストで、国際Aマッチ通算86試合を誇る。10年南ア大会からW杯は3大会連続出場。18年ロシア大会では全5試合フル出場し、ベスト8進出に貢献した。

 1メートル78と上背はないが強さと速さを高い水準で備え、抜群のフィード能力で攻撃の起点にもなれる。12年から所属したユベントスでは、リーグ戦とカップ戦を合わせて計6冠獲得。レギュラーをつかむことはできなかったが、08~09年シーズンにはバルセロナでもプレーした。元スペイン代表MFイニエスタとは元同僚で、“バルサ化”を進める神戸のスタイルには合致する。

 今季、ラツィオではリーグ戦4試合出場のみ。1月末に契約が切れるが、クラブ側は契約延長オプションを行使しない見込みとなっている。移籍金なしで獲得できるためボローニャやミランなど複数クラブとの争奪戦になっているが、加入が正式決定すれば攻守ともに盤石の体制が整う。

 ◆マルティン・カセレス 1987年4月7日生まれ、ウルグアイのモンテビデオ出身の31歳。06年にプロデビューすると07年2月にビリャレアル(スペイン)に完全移籍。バルセロナやユベントスを経て17年にはサウサンプトン(イングランド)に移籍。吉田麻也とチームメートだった。17年にベローナ(イタリア)に移籍し、18年1月にラツィオ加入。1メートル78、77キロ。利き足は右。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000004-spnannex-socc



1 2019/01/24(木)
神戸の補強、お金の使い方が凄いな。
カセレスがバルサ化かどうかは疑問だが、一流のDFで有る事は間違いなさそう。


2019/01/24(木)
神戸がここまでやってくれるとJリーグに興味がない層の人達も興味を持ってくれたりするからふりきってやってほしい


2019/01/24(木)
バルサ化をすればするほどポドルスキが共存しにくくなっていってしまうな バルサ化するのはいいけど数年後何もなかったかのようにならないようにしっかりとしてほしいね


2019/01/24(木)
ウルグアイの堅守を作り上げてきた1人で、Jリーグレベルには十分な補強だと思う。フタを開けると、神戸はどんなサッカーをするのか楽しみになる。


2019/01/24(木)
他チームのサポですが、正直、長年応援していたチームがこうなってしまったら...。なんて考えることもあります。チームが強くなることはいいけどね。Jリーグもここまで来たか!と喜ぶべきなのか?


2019/01/24(木)
全然バルサ化してないし。
バルセロナは下部の育成組織が
充実してるからこそ、
大型補強の選手が活きると思う。
神戸の育成組織はまだまだ。


2019/01/24(木)
凄い補強を続けているけど、今のところ神戸が凄く強くなった印象はない。
Jリーグの読売巨人軍にならない事を祈る。


10 2019/01/24(木)
カセレスはセビージャとユーベのイメージがある人が大半だと思う。この人でバルサ化がどうこうはさすがに無理がある。


12 2019/01/24(木)
今年は優勝争いまでいけると良いね。Jリーグを盛り上げてくれ、神戸。


13 2019/01/24(木)
ディフェンス陣が強化されたら優勝争いも現実味を帯びてきますね。外国人11人使えたら面白いのにね~


15 2019/01/24(木)
30歳以上のベテランばかりだから怪我や休養もでてくるし、それがうまく機能するとも限らない。サッカーは番狂わせの多いスポーツだしね。


16 2019/01/24(木)
どんなにいい選手をとっても神戸は優勝は難しいと思う
神戸には明らかに足りないものがある
それはお金では買えないクラブの根本的なもの
それを覆せないかぎり優勝は遠いと思う


17 2019/01/24(木)
リーグを盛り上げアウェーの動員数も稼いでくれて優勝は他のチームに譲ってくれる神戸には感謝しかない(´・ω・`)


1+ 2019/01/24(木)
このポジションの補強はドンピシャ!でも、まだヨーロッパで打診のある選手だし、FWと違ってベテランになって少々体力が落ちたとしても、より経験がモノを言うポジションだから獲りづらいんじゃないか?ブラジル国内にいる元ブラジル代表みたいな人に落ち着きそうな気がする。


20 2019/01/24(木)
カセレスは良い選手だけどバルサにいたことがあるだけでバルサ化は如何なものか。殆ど試合に出てないわけで。


22 2019/01/24(木)
もし実現すれば素晴らしい補強だけど、イニエスタ達も含めて海外勢は2~3年後には確実に全員が退団もしくは引退する。その後に何が残るかだと思う。


24 2019/01/24(木)
楽天が野球が駄目だからサッカーの方に金をかけているんですね。その割には順位が上がらないですね。失敗したければいいが。


25 2019/01/24(木)
神戸にだけ偏りすぎでしょ。他のチームも頑張ってほしい。


26 2019/01/24(木)
Jリーグにとっては良いこと。
この記事もバルサ化という表現が?
バルセロナの場合は、現在最盛期の選手をとる。
世界トップを君臨する。
神戸は、最盛期終えた選手をとる。
本当に補強?
注目度、集客はあがるが、
世界トップどころかリーグトップになる訳ではない。
やってることは上海上港の爆買いと同じだが、
上海上港はリーグトップ。
はたして神戸はリーグトップになるのだろうか。
三木谷オーナーは経営者としてはカリスマだが。


28 2019/01/24(木)
バルサスタイルには馴染まなかったけどね。ただ、ファイタータイプの典型的な「南米選手」だから、日本のサッカーに良い刺激を与えてくれる気がする。


29 2019/01/24(木)
神戸は、また名の知れたプレーヤーの獲得を狙っているがバルサ化を目指している割にはカセレスはどうかと思う。
カセレス自体、余りバルサのイメージが無いし、どこまで活躍出来るか不透明。
どちらかと言うと良く怪我するイメージの方が強いので年俸3億出してまで必要だろうか?
同じ額を支払うなら年齢的にも若い外国人選手を獲得した方が良いと思うのだが正直2、3年以降のビジョンが見えない。
楽天マネーだから気にしてないのかも知れないが長い目で見た時に神戸が上昇チームとして継続出来るのかは疑問視されるのではなかろうか。
神戸の補強は的を得てるかどうかは他の上位チームの補強と比較するとちょっとビミョーな気がする。


30 2019/01/24(木)
いくら補強しても、チームが纏まらないと優勝は難しいでしょうね。


32 2019/01/24(木)
サッカーはもちろん好きだが、自分は熱心なJリーグファンではなかった。だから神戸の大型補強でもっと興味が湧くかと思い試合もかなり観たが、意外とそうでもなかった。

たぶん、1チームが気張って補強してもリーグ全体のレベルがたいして上がるわけでもなく、スリルが増すわけじゃないことがわかったからだと思う。他チームも神戸に近い大型補強をやりまくって、イニエスタやビジャが必死こいてやるレベルにならないと、現状は神戸がちょっと歪なだけであまり面白くないんだろうな。

神戸の大型補強でリーグ全体のレベルが上がれば、という意見も多いが、批判を恐れずに言えば、たかだか1チームの目立ちたがり補強でそれは大して望めないと思う。そのチーム限定で客寄せにはなるけどね。


33 2019/01/24(木)
Jリーグにとっては良いこと。
この記事もバルサ化という表現が?
バルセロナの場合は、現在最盛期の選手をとる。
世界トップを君臨する。
神戸は、最盛期終えた選手をとる。
本当に補強?
注目度、集客はあがるが、
世界トップどころかリーグトップになる訳ではない。
やってることは上海上港の爆買いと同じだが、
上海上港はリーグトップ。
はたして神戸はリーグトップになるのだろうか。
三木谷オーナーは経営者としてはカリスマだが。


34 2019/01/24(木)
カセレスでバルサ化というには無理があるだろ。でも世界レベルのサイドバックであることに違いはないけど。


36 2019/01/24(木)
なんとなんと噂されていたスペイン選手ではなく、ビッグネームの獲得交渉とはまた派手な話だが獲得実現してほしい。


37 2019/01/24(木)
念願のDFの補強。是非実現して欲しい。


38 2019/01/24(木)
ディフェンスは間違いなく補強しなきゃヤバいからね とても上位を狙える戦力じゃない


40 2019/01/24(木)
育成の選手を鍛えてバルサ化して欲しい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ