20190122-00010001-wordleafs-000-1-view

スポンサード リンク




「負ければ終わり」の決勝トーナメント初戦のサウジアラビア戦は、予想通りの厳しい試合となったが、1-0で勝ちきった、守りきった、という意義は大きい。こういう勝ち方はチームに自信を植え付ける。

 立ち上がりから、セカンドボールを拾われ、中盤を完全に支配された。日本のボール支配率はわずかに23.7%。決して相手に持たせたのではない。

 しかも、サイドが壊滅していた。私は、サイドの攻防がこの試合のポイントになると踏んでいたが、サイドで高い位置を取ってくるサウジに対して長友、酒井の両サイドバックは完全に受ける形となってしまった。ディフェンスが偏るので、サイドチェンジで横の揺さぶりをかけられると、簡単にスペースを空けてしまうことになっていた。
 特に酒井のサイドは、裏をとられ、ちぎられるシーンが目立った。本来ならば、相手を逆に下げるような、駆け引きが必要だったと思う。

 それでも、日本が完封勝利を果たしたのは、“真ん中”を守りきったということ。1、2度は、危ないシーンもあったが、“真ん中”ではサウジの自由を奪った。

 その理由は、吉田と冨安の絶妙の連携力だろう。吉田がニアを消しにいくと、冨安がファーでポジションを取る。その2人の距離感が抜群で、そこにボランチの遠藤がディフェンス寄りのアンカー的なポジションを取って、この2人とのバランサーとなった。中盤ではボールを奪われるミスが度々あったが、遠藤には、リスクマネージメントの意識がしっかりとあって、その後のプレッシャーが非常に速かった。何度もサウジの速攻を遅らせる役目を果たした。

 “制空権”も189センチの吉田、188センチの富安の2人が支配した。元々、サウジに高さがないが、この2人に封じ込まれたことで、コーナーキックからの攻撃パターンも制限されたし、残り時間が少なくなっても“パワープレー”という王道に頼ることもできなかった。武藤や酒井が足を攣って倒れこむ激しい消耗戦にはなったが、この3人の連携力を軸に、日本のディフェンスは、ある程度、絞り込み踏ん張ることができたのである。

 サウジのペースで日本に閉塞感が漂い始めた時間帯の前半20分にセットプレーで先制点を取れたことも大きかった。結果的にこれが決勝点。価値あるゴールとなった。

 柴崎の精度のあるコーナーキックからの冨安のヘッド。サウジのディフェンスはマンツーマンだったが、冨安のマークについたアルファティルが前のめりの姿勢になっていたのでバックステップを踏みながら少し距離を作った。そこから前へ飛び出すようにして頭を合わせた。ちょうどボールの軌道にジャストミート。
 結果的に188センチの冨安がアルファティルに競り勝つことになった。これはフォワードには真似のできないディフェンスならではの動きが生んだゴールである。

 “中東の笛”にも苦しんだ。倒れればファウル、マイボールが相手ボール……え?というジャッジが多く森保監督が珍しく激高して声を荒げるシーンもあった。指揮官のこういう姿はチームの士気を上げる。結果的にイエローは武藤の一枚だけ。“中東の笛”に対してもセルフコントロールを維持して、うまく立ち回ったと評価したい。

 森保監督は、後半32分から選手の疲労度などを考慮しながら、伊東、塩谷、北川と丁寧に交替カードを使い切ったが、この采配もメッセージ性を感じさせるもので悪くなかった。

 決勝トーナメントは結果がすべてではある。だが、課題は残った。日本はカウンターにのみ追加点を託す形になったが、後半、すぐにフリーでボールを受けた南野がハンドの反則、武藤も絶好のチャンスでシュートを外した。決定力不足は解消されていない。

 大迫の不在も響いている。武藤も豊富な運動量でチームに貢献したが、いかんせんボールが収まらない。ここがワントップとして大迫との大きな差。前でボールが収まると、堂安、南野が前を向いてボールを受けられる。そうなれば、ドリブル、或いは、連携を交えての自在なパスワークも出てきて、彼らの持ち味が発揮されるのだが、後ろ向きでボールを受ける場面が多くなっては、せっかくのコンビネーションが機能しなかった。
 
 柴崎も押し込まれ、下がらざるを得ない展開になると、攻撃の組み立てが成り立たない。彼が下がるとディフェンスラインも深くなる。守りきったから良かったもののボールを奪う位置については、もっとチームに戦術的な徹底があっていい。
 グループステージから指摘しているが、チームとして、どこでどうボールを奪い、どう攻撃に転じるのか。横に振るのか、縦なのか、どうボールを運ぶのか、というコンセプトが曖昧で統一した意思が見えないのだ。

 繰り返すが、この日は、完全に中盤をサウジに支配されていた。だからこそ、どこかで“はめこむ”必要があったのである。そういう意思統一ができていないから、サイドに振られ、縦の攻撃をなんとか跳ね返すという苦しい時間帯ばかりで計算されたようなカウンター攻撃は見られなかった。優勝するためには修正すべき点だろう。

 さて最大の山場のサウジ戦を勝ち抜き、準々決勝の相手は、ヨルダンをPKで破る番狂わせを演じたベトナムである。敏捷性はあるが、高さはなく、日本が自分たちのサッカーを貫き、早い時間帯に先制できれば苦労する相手ではない。実力差はある。その次なる壁は、準決勝で当たるイラン対中国の勝者だが、ベトナム戦で攻撃陣がリズムをつかんでおけば優勝の二文字が見えてくる。

 (文責・城彰二/元日本代表FW)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010001-wordleafs-socc&p=1



1 2019/01/22(火)
正直ボールは持たれてたけど、やられる気はしなかったな。支配率はちょっと低すぎではあるけど、支配率競うスポーツじゃないからね。今までの日本とは逆になったね。ただ問題は攻撃やな。大迫いないとおさまんないし、こういう試合でこそカウンターで決めて突き放したりしたい。


2019/01/22(火)
確かにサイドの攻撃はほとんど機能していなかったけど、全体的に見れば壊滅していたというほど悪くはなかった。

SBの二人が相手に付ききれていなかったというよりも、DF全員が意識的に中を固めつつ、連携を密にとってラインコントロールしようとする意図があったように思える。
相手CFはスピードはあったが、決してフィジカル的に優れた選手ではなかったし、サイドアタッカーにもボールを受けてからの仕掛けの速さや個で打開できるほどのテクニックが無かったため、サイドからの攻撃は重点的にケアするほどの脅威が無いと分析していたのではないか?事実、DF陣はサイドチェンジされても落ち着いてしっかりと対応できていたし、脅威を感じるシーンのほとんどは中央からの攻撃だった。


2019/01/22(火)
勝ったとしても、ポゼッション率の低さは問題じゃないと、決して言い切れないと思うな。

どっかおかしいはず。
かと言って、城氏が具体的にそれを指摘したわけでもない。
問題は、一つでなく複合的なことだろうけど、
かなり分析結果の戦術に対して従順だった気がする。

両SBは押し込まれたと言うよりも、敢えて上がらなかったのだと思う。
もし上がっていたら、ポゼッション率自体は高まったと思う。

しかしベテラン二人の経験で、この試合はセーフティでチャレンジせず、
監督コーチの分析と戦術を信じて、役割と指示に徹した的な感じもする。

いずれにしても勝ってるから、Jリーグ連覇の森保ジャパンは興味深い。


2019/01/22(火)
ボールの保持率よりも結果のが大事で、守り切って勝ったのには意義がある。だからといって、この試合のようにあまりにも攻撃されっぱなしの試合が良いかといえば、そんなこともないだろう。この試合で、ディフェンスの安定性を示すことはできたかもしれないが、オフェンスについては課題山積。カウンター時のパスワークも少々拙く、シュートも相手DFが割と簡単にブロックしていた。アジアレベルでは、勝ってよかったで済むかもしれないが、W杯での上位進出を目論むのなら、これではだめだろう。


2019/01/22(火)
アジアの戦いでこれだけポゼッションが低いのは珍しいが、決定的なシーンとかヒヤヒヤするようなシーンは多くなかった。相手は高さではなく裏へのスピードが特徴で、その分ディフェンスラインを高くして裏を取られるよりは引いてブロック作る方が得策だったと思う。
CBはよくはじき返していたし、遠藤がいいところで摘み取ってた印象。
攻撃陣はやっぱりCFでおさまらないと両ウイングが活きてこない。
メンバー選考の部分で、怪我人も多く該当する選手がいたかどうかは別として、もう一枚パワー型のCFを入れておいたらもう少し幅は広がったのかなという気がしてならない。


2019/01/22(火)
アルムワラドだけは絶対抑える・・・
中盤のボールの取り合いでは圧倒される・・・
確かに、この2点は試合前から明確に意思統一されていたのだろう。
それにしても、勝ったという事実以外に良いところが一つもなかった。
圧倒的支配率を、作戦みたいに言う向きもあるが・・・
序盤から、相手の技量に、日本の、欧州組なる”要り選りたち”をもってしてもまったく歯が立たない。
面白いように、振り回され「一人で駄目なら」と複数で行っては術中に嵌って、局面、局面で相手に数的優位を作られっぱなし。
そこをリカバリーしようと走らされたことで、後半、ほぼ相手は守備をしてなかったけれど”カウンター”を望むべく足が、日本には残っていなかった。
解説は、もう相手の足が止まる、もう10分・・・とほざくも、ほとんど守っていただけの日本の消耗の方が深刻で・・・
同点にでもなっていたら、負けを待つだけの試合になっていただろう。


2019/01/22(火)
サウジのカウンターを警戒してたから日本は相手にボール持たせてたよね? 攻めどころを限定すれば守りきれると踏んでいたから
あとはサウジがボール回しをする時間が長いから保持率も上がっていくという感じ 決してサウジが弱いからではなく警戒してたからの結果


10 2019/01/22(火)
サウジアラビアもサイドからの単調な足元へのパスばかりで怖さが無かった。蓋さえしていれば、点を入れられる怖さが無かったから、あえて守備陣がリスクを負って上がらなかったように見えた。一番怖かったのは不可解なファールでPKを取られることだった。中東の笛が無ければ、支配率はここまで低くなかったと思う。
ただ、こういう試合になると、やはり大迫の必要性が身に染みて分かる。


11 2019/01/22(火)
サウジは支配率高いだけで怖さ全く無かったですね。こういう展開であれば左SBは後半から佐々木選手入れても良かったかなと思います。
絶好のカウンターのチャンスもレフェリングで潰される展開で良く逃げ切ったと思います。
南野選手は自分よりも若い冨安選手が点を取ったことも影響しているのか結果出そうと空振りしている様子を感じました。堂安選手も初戦で決めていますし。もう少し頭の中整理してプレーしてもらえるとチャンスがゴールに繋がるかと感じた試合でした。


12 2019/01/22(火)
カウンターからのフィニッシュの精度。
これにつきると思います。そこが永遠のテーマで難しいところではありますが、期待できる選手はいるので解消して欲しい。


13 2019/01/22(火)
かつての日本代表を見るような試合でしたね。
シュートの精度に助けられた部分もありました。
日本もはめ込む守備をしたかったんでしょうが、サウジの回しがうまかった。
キープさせたんではなく、キープされた試合でしたね。
こういう試合だとカウンターが大事だけど、そこでシュートまで行けないのは問題。
やっぱり大迫がいないと収まらないのか。。。
ここは大きな課題ですね。


15 2019/01/22(火)
ボールを支配されるのなんて分かり切ってたことだから別にいいけど、昨日のは持たせてたんじゃなくて持たれてただけ。
セカンドボールは拾えないし、ボールは収まらないし、パスはミスばっかり。
相手のシュート精度が低すぎて怖さはなかったが、それに助けられた。
もちろん守備陣の頑張りは評価するべきだけど。


16 2019/01/22(火)
長友がガンなんだよね。

チームリーダーで
精神的支柱だから
「タテにスピードでやられた印象を
 チームに与えるわけにはいかない」
のはわかるけど、
あまりにもタテのケアをしすぎてないか?
イタリアの守備文化かな。「1対1で抜かれなければ点を取られない」という思いが強すぎるんじゃないか。

ジャストのスルーパスを出されたらやられるけど、中盤のプレスでそれをさせない、その代わりサイドバックはパスコースを消しつつ押し上げてボールを取ったら怖いぞと威圧する。

堂安とか中島、乾、大迫あたりはそういう前提で守備をしたいはず。でもサイドバックが的確な押上げをやってくれないから、前から行けない、走行距離増える、攻撃にパワーが出ない、支配率が下がる…
まあ南野のプレスがあまりに適当だからやりづらいのはありそうだけど。

中盤に精神的リーダーが生まれていれば
もっと早く代表引退してもらっても良かった。


17 2019/01/22(火)
正直、点を入れられる流れではなかった。結構安心して見てた。ただ終盤にレフェリーの誤審があったので、流れが変わらないかは心配だった。
そもそもサウジは日本より足元うまいし、ボールを持たれるのは想定内。
セットプレーで勝つこの戦い方は、闘利王や中澤がいた時代を思い出したな。正直、対アジアには、セットプレーが有効だからね。


18 2019/01/22(火)
サウジのサッカースタイルば変わりましたね。カウンターサッカーだったのに。でも回してるだけじゃね。崩されなければ怖くないし、ロングシュートがあるわけでもないし。ベトナム戦は問題ないけど、イラン戦は攻撃陣に変化がないと厳しいと思います。大迫、乾が必要かもしれませんね。


19 2019/01/22(火)
ボール保持できなくても勝てる。

だけど、「ボールポゼッション」で勝ちたいなら前線にやはり大迫がいて、トップ下に香川が必要。
昨日は両サイド、南野、武藤の位置でボールが全く収まらなかった。
原口はロシアW杯最終予選からサウジと同組で暴れてた訳だしサウジ側も徹底した寄せで原口は攻撃の前段階で潰されていた。
堂安もマークが厳しかった。
南野、武藤に関しては効果的なボールが来なかった事も一因としてあるが
要所でのボールキープができなかったが故にポゼッションにも差が出たし、スコアも1-0で動かなかった。


21 2019/01/22(火)
本当に強いチームは、失点しないチームだ。失点しなければ、敗けることは無い。日本は、どんな強豪からでも1点は取れてきている。その最少得点で勝ち切ることが、これまでできなかった。今回は勝ち切ることが出来たのが素晴らしい。


22 2019/01/22(火)
サウジのポゼッションは足元へのパスばかりで、縦パスも少なくて怖さはなかった。動き出す選手も少ないし、3人目の動きもない。サイドからの仕掛けが多かったけど、高さもない。

日本はサイドに追い込んでボールを取るなり、少しサイドでキープして、しっかりとしたカウンターをしたかったね。


23 2019/01/22(火)
こういう試合をものにできたのは、圧勝するより自信になる。カウンターの精度は新たな課題として受け入れ、もっともっと強くなってほしい。保持率なんて勝てばどうでもいい。


25 2019/01/22(火)
攻撃陣に点の取れそうな、ボールをキープしてタメや時間を作れそうな青写真が全く見えない!

多分、今大会での修正は厳しいだろうね!

その冷水をぶっかけられた本人達は猛省して欲しいね!

冨安と遠藤はホント収穫!だね


26 2019/01/22(火)
6バック状態になってからの原口、堂安の裏は危なかったよ。二人がサイドバックを出来るわけないにしても。もう少しえぐられて、精度の高い、早いのを入れられてたら。中に4人いても、やられることはあったでしょ。


28 2019/01/22(火)
たまたま勝った感じでいいように捉えてるけど率直に弱いんだよ。気候など環境によるコンディションの悪さもあるのだろうが攻められすぎて体力を消耗しきって攻撃に手がまわらないのが実情、単にサウジが単調な攻撃だっただけに対応しやすかっただけ。ただイランや韓国あたりなら今のチーム力ならやられるだろうね。


29 2019/01/22(火)
わかったのはこの先昨日と同じ戦い方をしては点は取れないしイランや韓国相手に守りきれないだろうということ。大迫が復帰して本来の布陣に戻せなければ優勝は厳しい。


30 2019/01/22(火)
ボールは持たれたけどやられる気がしなかった的な意見が多いけど、危ないシーンもたくさんあったし、かといって深いところからカウンターが決まるわけじゃないし、流れからのシュートもほとんどない。

これが最初からの作戦だった?
大迫も中島もいないからって、ちょっとボール持てるチーム相手だといつもこんな感じになるのかな?

そんな代表の試合は見たくないけどね。


31 2019/01/22(火)
前線でボールを収められるプレーヤーがいれば,もう少しポゼッションは上がっただろうけど,あれだけ笛を吹かれてしまうとそれも難しかったかな.大迫いなくて勝てたのはかなり幸運だったように思うな


33 2019/01/22(火)
献身的な最終ラインと、枠に行かないシュートに助けられた試合だったと思う。
次戦も頑張って。
応援してます。


34 2019/01/22(火)
昔は遠藤のよさが理解できなかったが、最近の試合を見ていると、やっとそのよさがわかってきた。
湘南時代に鍛えられたフィジカルをベースに読みも素晴らしいですよね!


35 2019/01/22(火)
>ボールを奪う位置については、もっとチームに戦術的な徹底があっていい

何言ってんの?
チーム全体がコンパクトにブロックを作って、ボールの奪う位置は決めてコントロールできていたじゃないか。極めて戦術的だった。どこ見てんの?

問題は、ルーズボール、セカンドボールを拾えなかったり、パスのつなぎが雑ですぐにボールロストしたりしていたこと。
大迫が入れば多少は改善される可能性はあるし、サウジの選手が思っていた以上に戦術的でテクニカルだった。


37 2019/01/22(火)
ボール支配率が23.7%と低く、1-0で勝てたことは、守って勝ったことだと思う。
ボール支配率が低い中で、ほんの一握りのチャンスでシュートを決めれたのも良かった。
サッカーは試合の途中経過より結果で決まると思う。


38 2019/01/22(火)
観てて怖くて仕方なかった。スキルなんて圧倒的にサウジのが
高かったし、吉田と長友の一発でかわされる悪癖もみられたし、
決定的な所で枠に飛ばせられないサウジに救われた印象。
是非とも優勝してほしいけど、イランにこれで勝てるのかどうか。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ