20190121-00010000-asapostv-000-2-view

スポンサード リンク




『サッカーAFCアジアカップ2019』で、アジア王座奪還を目指す日本代表は17日、グループ最終戦であるウズベキスタン戦を2-1で勝利し、3連勝!グループ1位で決勝トーナメントに進出した。

そして、今日21日の夜には、ベスト8をかけて強豪サウジアラビアと対戦する。

あえて「背番号」で選手を呼ぶ理由
初選出の選手や敵チームの情報など、今回の『アジアカップ』ではこれまであまり知られていない情報を耳にする人も多いはず。その詳細をテレビ中継で解説するのが、テレビ朝日サッカー解説の松木安太郎氏だ。

松木氏といえば、難しい専門用語を使わず、ファンに近い立場の熱のこもった解説が代表試合のたびにTwitterなどで話題になるほど、多くの人が“気になる解説者”として知られる存在。

なぜ彼はここまで“やさしい”解説を続けるのか。かつての名選手が、あえて“やさしい”サッカー解説を続ける理由、そして代表戦に関する素朴な疑問をぶつけてみた。

――松木さんの代表試合の解説は、しばしばTwitterを中心に話題となります。選手としては読売クラブや日本代表で活躍、Jリーグ創設後はヴェルディ川崎で監督を務めJリーグ王者に導いています。にもかかわらず、ここまで“やさしい”解説を続けるのはなぜでしょうか。

松木:「私はサッカー解説を始めて20年以上経ちますが、実は解説の仕方は当時からまったく変えていないんですよ。特に日本代表戦は老若男女、多くの方が視聴しますから、とにかく分かりやすく、丁寧に説明すること。これだけを意識しています」

――サッカー好きにとってはもっと戦術や技術など専門的な話を聞きたいという方も多いと思うのですが。

松木:「実は戦術や技術的な話はしているんですよ。でも、そう思われないことが多い。

それは難しい専門用語を使っていないからでしょう。私は1人でも多くの人にサッカーの試合を楽しんでほしいんです。

だとすれば、サッカー経験者や予備知識がある方にしか伝わらない専門用語はなるべく使わないほうがよい。使うとしても、適宜説明を加えながら使います。

『解説が何を言っているかわからない』という理由でサッカーに興味をなくす視聴者を、私はつくりたくないんです」

――今のスタイルに至ったきっかけがあるのでしょうか。

松木:「きっかけは、私自身がサッカー以外の競技を見た時ですね」

――どういうことでしょうか?

松木:「時々サッカー以外のスポーツ中継を見ることがありますが、その時は“どうしたらこの試合を楽しめるか”解説を聞きながら研究するんです。

たとえばクリケット。多くの日本人は馴染みが薄いと思います。そんなクリケットの試合実況、解説を聞いて、内容がすべて入ってくる人は少ないはずです」

――そうですね。

松木:「それでもクリケット未経験者がクリケットの試合中継を楽しめたとすれば、それは実況や解説によるところが大きいはずなんです。

専門用語は使わずに試合を解説すれば未経験者でも理解できる、楽しめる可能性が広がるんですよ。私が日本代表戦の解説で、背番号を添えて選手名を呼ぶのもそのためです。選手の顔と名前を覚えながら試合を楽しむのは難しい。でも背番号なら追いやすいですよね」

ゴールを決めた直後の“滑り込みパフォーマンス”は、ひざが痛くないの?
――なるほど。では、そんな松木さんに、サッカーについてあまり詳しくない人からの疑問に答えて頂いてよろしいですか?

松木氏:「どうぞ」

――まずは、「ヘディングは身長差で決まるんじゃないの?」という疑問です。

松木:「たしかに、身長が高い選手のほうが有利です。しかし、サッカーは“相手の運動能力を100%発揮させない動き方”も求められるスポーツなんです。

相手選手をヘディングしにくい体勢にするため自分の体を寄せたり、相手選手より前に立ってタイミングよくジャンプすれば先にボールに触れることができます。

つまりヘディングは高さだけではない。タイミングやジャンプ力によって競り勝てるかどうかが変わってくるんです。

また、仮に相手にヘディングされても、自分の体を寄せて態勢が崩れていればいいヘディングをすることは難しくなる。日本代表の長友佑都選手は小柄ですが、ヘディングのタイミングがすごくうまい選手として知られています」

――続いて、プレーとは直接関係がないのですが、ゴールを決めた直後、芝の上をひざから滑りこんでゴールパフォーマンスをしている選手をよく見かけます。あれは…ひざが痛くないんですか?

松木:「お答えしましょう(笑)

私が選手だった30年前は現在ほど滑る芝生ではなかったんですよ。そのため、痛くてとてもできなかった。

サッカーの芝は、夏芝と冬芝と季節によって分かれていて、特に冬場はスタジアムによっては枯れていることもありますから、スライディングをすればお尻や太ももがこすれて痛いですし、当然ゴールを決めたときに膝を曲げて滑るのも難しい。

昔はなおさらです。でも、良質な芝のグラウンドの場合は違います。だからあそこまで選手は滑れるし、痛くないんです」

――なるほど。国際試合が開かれるスタジアムの芝はどこも良質ですよね。

松木:「そう。加えて、彼らがよく滑る理由は試合開始前に水を撒くからというのもあります。

これは、ボールスピードをあげて、パスを回しやすくするためです。芝生の長さや水を撒くか否かでパスの回り方が変わってきます。また水を撒いていなくても、雨が降っている試合ではかなり芝が滑るので、ゴールを決めた選手の滑りも当然かなりよくなります。

芝生の状態や試合当日の天候に注目してみるのもおもしろいですよ!」

分かりやすい言葉や表現で、素朴な疑問にも丁寧に答えてくれた松木氏。20年以上続けている解説の極意をここでも垣間見ることができた。

今日21日の夜、ベスト8進出をかけてサウジアラビア代表と対戦する日本代表。

“負けたら終わりの一発勝負”となる決勝トーナメント、より白熱した熱狂する試合が予想されるがそんな中でも松木氏の解説、ゴール後の選手が“芝を滑るパフォーマンス”にも注目してみたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010000-asapostv-socc&p=1



1 2019/01/21(月)
少し前まで、そうは言っても松木さんには適当に感想言ってるだけのように思うこともあった。
ただ、BSだかCSでやってた世代別代表の解説を松木さんがしてて、完全に地上波とは違うトーンのサッカー見る人向けの解説をしてるの見てからイメージが変わった。
あぁ、やっぱり監督として日本一になっただけの人だなと。
偉そうに評価して申し訳ないですが、松木さんは良い解説者だと思います。


2019/01/21(月)
ゴールパフォーマンスのニー・スライドが出来るってのはその会場の芝生が良質な証拠。これが人工芝や天然芝でも凸凹で所々に土があるところだととかだったら、とてもじゃないが滑られないし、皮がめくれて傷が出来るだけ。俺も一回で良いからやってみたいと言いたいところだけど、プロサッカー選手の特権ですね。


2019/01/21(月)
専門用語で解説しても
伝わるのはごく一部で
それは専門チャンネルでしか通用しない。
スポーツニュース等なら
時間と資料を使って説明出来るが
ライブだから、理屈ばかりになって
面白さが損なわれると意味がないからね。


2019/01/21(月)
わかりやすい平易な言葉を使ったプレーの説明から一緒に観戦してる臨場感を与えてくれる感情的な言葉など、サッカー観戦が楽しいって思えるのは素晴らしいと思います。
種目は違いますがプロ野球でも、福本豊さんの解説なんか聞いててすごく楽しいです。そう思うと解説者ってスポーツ中継を楽しむ上ですごくウェイトが高いんですね。


2019/01/21(月)
松木さんや都並さんといった方々も実はBSやCSでは戦術的な話とかもしっかりしてくれるし、どういう層の視聴者が観るのかをしっかり考えているんだなと思ってた。
個人的には戸田さんくらい詳しくロジカルに戦術を言葉にしてほしいけど、やっぱり代表戦だと易しい解説が求められるのだろう。


2019/01/21(月)
確かに平易な言葉でわかりやすく解説してるのかな?
ただ、あまりにも感情先行の解説の時があるからそれだけはやめてほしいですね
PKだPKだ!あっ!違う
とか解説というよりただの感想の時があるから

松木さんがいるからこそゴンさんの冷静で的確な解説は際立つだろうしいいとは思いますが…


11 2019/01/21(月)
松木だけだったら良い味出してるんだけど
中山や叫びが煩いアナウンサーと組なせると
誰も戦術的な解説しないから、観る側の目も一向に育たない
例えば解説が北川、武藤の動きをどうゆう効果があるか述べるだけで印象は変わるはず

それに海外じゃ試合後に即考察が入ったりするのに何もないしね


12 2019/01/21(月)
近年ではバレーボール川合俊一さんなんかも
背番号と名前を併せて言うようになったし、
地上波で全日本の試合という万人に向けの放送に
とても適した素晴らしい流れと思う。
スキーの三浦豪太さん然り、
マラソンの増田明美さん、千葉真子さん然り、
競技の魅力を多くの人に伝えようという姿勢がとても心地よい。

野球ならそれは古田敦也さんだろうか?
チームOBの先輩や兄貴、
或いはベンチにいるかのような臨場感のある熱の入り方。
例えば東尾修さん、落合博満さん、野村克也さん、野茂英雄さん、
個人的には彼等の話も大好きだけれどね。


13 2019/01/21(月)
一緒になってブチギレてくれるのは個人的に面白いと思う。


14 2019/01/21(月)
すごく丁寧でサッカー知識のない視聴者にも配慮してて素晴らしい
松木さんは熱のこもった居酒屋実況が注目されるけど、こういう細やかな心遣いができるから愛されてるんだろうね


15 2019/01/21(月)
松木さんはチャンピオンズリーグとかと日本代表戦で確実に実況の仕方を変えてますよね。
いろいろな人に楽しんでもらいたいというのは本当に素敵な考えだと思います。
今日のサウジアラビア戦も応援させていただきます!


17 2019/01/21(月)
地上波以外での解説も聞いたことあるけど、そっちでは結構専門用語使ってる。
うまく使い分けてていい解説者だと思う


18 2019/01/21(月)
松木さんの解説今日も楽しみにしてます


19 2019/01/21(月)
専門的な解説が出来る上で、いまの解説の仕方をしてるならいいと思うけど、そうじゃないから解説という仕事をこなせてない。感想:松木安太郎なら納得できる。


21 2019/01/21(月)
選手を批判しないから松木さんの解説は良いと思う


22 2019/01/21(月)
うっとうしいと思った時期もある。今では居てくれないと寂しいと感じる存在。


23 2019/01/21(月)
しかも面白い。この人の解説はなんやかんや好きやなー


25 2019/01/21(月)
素人に分かりやすく、いい事だと思う
しかし素人相手でもプレーの善悪のコメントはしっかりして欲しい
この間の権田がPK取られた場面でキーパーのミスと言ったのは権田がかわいそうだったな


26 2019/01/21(月)
テレ朝はサッカー応援宣言って言ってるから応援してる解説はいいのでは?
サッカー関係ないタレントや経験者でも他人の意見否定してる解説は聞いていてイライラするからこんくらいの方がいい


28 2019/01/21(月)
好き嫌い分かれそうな解説ですが、おれは好きです。明るいしポジティブだし。


31 2019/01/21(月)
背番号を言ってくれるのは有り難い。jリーグでも、対戦相手の選手名は分からないし。

昨年、エスパルスと対戦した時、アウエーユニフォームが白黒モザイクみたいな柄で、背番号が見づらくて、イラッとした。

2019年のユニフォームはスッキリしてくれたので良かった。


32 2019/01/21(月)
今日の試合が楽しみになった


33 2019/01/21(月)
フランスW杯などNHK解説者時代はめちゃくちゃ真面目で岡野のVゴールでW杯初出場が決まった時でさえ冷静に解説してた。


35 2019/01/21(月)
みんなで一緒に応援しながら見るって感じなら最適。サッカーの細かい解説を楽しむならNHKの岡田やダゾーンの戸田が好きです。


36 2019/01/21(月)
松木さんの解説が嫌でBS中継に切り替える人はかなりいそう。テレ朝の実況の人が一番嫌。松木さんは面白くていいね、フッてなっちゃう


37 2019/01/21(月)
松木の喋りは解説じゃなくて応援


38 2019/01/21(月)
絶対岡ちゃんのが上手いけどね


41 2019/01/21(月)
そこらへんのサッカー素人が見たまんまの感想を言ってるように思える。
まあこういう人がいても良いと思うけど。


42 2019/01/21(月)
そうかなー。松木さんの解説って解説になってない気がするんだけど。殆どただのガヤになってるイメージの方が強い。
ゲームのウイイレの北澤の解説の方が解説って感じだよ。笑


44 2019/01/21(月)
なんだかんだで「サッカー解説者=松木」みたいなイメージになってるからな。
多くの解説者がいる中そこまで持って行ってるだけでも凄いと思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ