20190119-00010000-bbmv-000-1-view

スポンサード リンク




日本がグループFの首位通過を決めた17日のウズベキスタン戦。先制を許す苦しい展開の中、武藤嘉紀の同点ゴールに続いて勝ち越しゴールを決めたのが、塩谷司だった。今大会直前に負傷離脱した守田英正に代わって招集され、合流して間もないこともあり、この日まで出場機会はなかった。だが、先発するや美しいゴールでチームを勝利に導く。その得点は、チームにとっても塩谷自身にとっても価値あるものだった。そんな殊勲者、塩谷は試合後、この日控えだった堂安の顔を見るや表情を崩した。しかも最高の笑顔。それは、なぜだったのか?

◆塩谷こそが適任者

 塩谷が追加招集を受けてチームに合流したのは、大会初戦の3日前。代表招集は2015年10月以来、3年3カ月ぶりのこと。それでも、しばらく代表から遠い場所にいた塩谷が招集されたのには、確かな理由がある。
 昨年末まで公式戦をプレーしており、試合勘という点で心配がないこと。今大会の開催地、UAEのリーグでプレーしていること。森保一監督とは広島時代にともに戦い、その志向や思考を知っていること。さらに両サイド、CB、ボランチと複数のポジションでプレーできること。

 突然離脱者が出た状況において、これだけの条件がそろう選手は、ほかにはいないだろう。指揮官も話していた通り、やはり塩谷が適任だった。

 そして、グループリーグ首位通過がかかったウズベキスタン戦で塩谷は大仕事をやってのける。58分、セットプレーの流れから相手DFのクリアボールがボックスの外に流れてくると、鋭く左足を振り抜き、ゴール右を豪快に射抜いた。まさにゴラッソ(スペイン語の俗語で素晴らしいゴールの意)。自身にとっての代表初ゴールは、重要な試合の勝利を手繰り寄せ、チームを首位通過に導いた。

「頭が真っ白になりました。チャンスあればボランチだったので、どうにかミドルシュートを打ちたいと思っていた。セットプレー崩れからでしたけど、自分の良さを1つ出せたかなと」

 塩谷が輝いた場所は、所属するアルアインが練習で使うこともあるスタジアム。勝手知ったる『ホーム』で、日本代表の一員として試合を決める活躍を見せた。塩谷自身も「忘れられない日になった」と感想を語っている。

「代表への思いは常に持っています。どこにいこうが自分を高めるだけだと思うし、代表への道という思いは常にもって(UAEに来てから)1年半やってきた」

 日本代表に対して抱いてきた強い思いが、一つの形になったと言える。そしてこのゴールにはもう一つ別の塩谷の思いも込められていた。

◆思いの詰まったゴール

 試合終了の笛が鳴り、ウズベキスタンに逆転勝ちした選手がピッチから引き揚げてくる。そんな選手たちを、この日、出番のなかったメンバーが列を作り、ハイタッチで出迎えた。

 殊勲者・塩谷が引き揚げてくると、列の途中で表情を大きく崩し、何やら言葉を発した。さらに笑いながら相手の顔を指差しているようにも見えた。会話の相手は堂安律。ほんの一瞬の出来事だが、いったい何を話していたのか。塩谷本人に聞いた。

「ああ、あれですか。堂安に、俺が今日、ミドルシュートの打ち方を教えてやるからなって試合に前に言ってたんで(笑)」

 それで互いに、あんな表情になったのだ。あの指差しポーズは、堂安に対する「見たか!」というサインだったか。そして、そのときの堂安の反応は?

「『あれがミドルシュートか!』って言ってました(笑)」

 試合前に塩谷が堂安に対して、話していたことが現実になった。冗談めかして口にしたのか、はたまた大まじめだったのか、それとも塩谷自身が自分にプレッシャーをかけるべく、あえて口にしたのか。言葉を発した際のテンションまでは分からないが、代表で主軸を担う後輩へのエールという思いもそこにはあっただろう。
 そして、事実としてあるのは、塩谷は試合前に宣言して、実際に勝負を決する鮮烈なミドルシュートを決めたということだ。まさしく有言実行。しかも値千金の、それも大会ベストゴールに選ばれてもおかしくないような美しい一撃で、やってのけた。

 塩谷が明かした2人のやりとりから感じられるのは、現在のチームを取り巻くポジティブな雰囲気だ。2人がともにオープンマインドの持ち主であるにせよ、年齢差を超えて、一緒にプレーするようになって間もないということを踏まえればさらに時間さえも超えて、日本代表チームのもとで選手同士が良好な関係を築いていると分かる。

 長友佑都は前回優勝した2011年のチームと現在のチームが「似ている」と話した。出場機会を得たサブ組が活躍し、先発組を大いに刺激して、チーム全体が活性化。やがて先発もサブもない「総力戦」で頂点に上りつめた、あの大会のチームだ。 

 はたしてウズベキスタン戦で塩谷からミドルシュートのお手本を示された堂安は、決勝トーナメントの試合で、どんなプレーを見せるのか。そして仮に堂安がミドルシュートを決めたら、そのとき、塩谷はどんな反応を見せるのだろうか。

 再び、最高の表情で笑い合う2人の姿が見られるとしたら、それは日本がさらなる高みに到達している、ということになるーー。

取材◎佐藤 景 写真◎Getty Images

サッカーマガジン編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00010000-bbmv-socc&p=1



1 2019/01/19(土)
こういうエピソードは、選手間のコミュニケーションが見えて良いですね。それにしても塩谷のミドル、見事でした。久しぶりにリアタイで見ていて、声が出ました。


2019/01/19(土)
やはり海外で試合を経験してると、塩谷だけじゃなく遠藤とかも本当に逞しい。Jだと悪いわけじゃないが、球際とかいやらしさとか国際試合をやると全く違う環境に適応できていない気がする。


2019/01/19(土)
アジア杯で国内組が得点してないのは気になる。塩谷を見て中東でもメンタル鍛えられるから成長するならアリじゃないか?リーグのレベルがどうであれ大半のJリーグ勢が代表の試合に出場しても年々活躍出来なくなってきてる。


2019/01/19(土)
塩谷の他の記事もいくつか読んだが、海外でプレーするって選手として成長の可能性を広げるんだなって思った。アジアの中東のクラブじゃJリーグとレベルも変わらないんじゃって思ってたけど、サッカーのレベルだけでなく、その環境に適応する力やよりサッカーに集中しなければならない環境だったり、日本では得られないものが多いし、世界で戦うには必要なモノだと思った。そして、緊急召集だったけど、こうやって結果残せるのが成長した証だと思う。


2019/01/19(土)
イニエスタ関連の以前の記事で、技術的、フィジカル的な厳しさに驚いたと言っている。だからいい素材はJリーグにも多くいるってことだろう、世界基準で見ても。ただ、ジュニア世代からJリーグまでの指導者が、世界基準で見て、育成されていない。そのため、選手の戦術理解も含めた思考が育たず、指導者以上の思考をもともと持っている人だけが世界で活躍できるのかな。今回の塩谷の招集は間違いなく、クラブワールドカップのおかげ。これがなかったら呼ばれはしなかっただろう。塩谷のような人材は他にもいるような気がするが、協会にはそれをしっかり見る力があるのだろうか。そっちの方が心配。


2019/01/19(土)
堂安は本田みたいな上昇志向メンタルだが、柔軟だし可愛がられてるな


2019/01/19(土)
お互いに切磋琢磨できていていいんじゃないですかね。塩谷のミドルシュートもお見事だし武藤のヘディングもピッタリ合ってのお見事だったと思うしね。堂安の交わしての回転しながら蹴ったシュートも上手いと思ったものだけど。日本、何かいい感じにはなっていると思う。守備はやっぱり吉田がいた方がいいのかなとも思った。


10 2019/01/19(土)
アルアインにフィットして、クラブW杯でも素晴らしいパフォーマンス。しかも守備的ながら得点力が上がった。近いうちに召集されるかと期待していたらチャンスが回ってきたし、ゴールも決めた。最高の移籍でしたね。


12 2019/01/19(土)
あの場面、シュートを打とうとボールに集中している塩谷は気が付かない様子でしたが、ウズベキスタン側で怪我でうずくまっている選手がゴール右横辺りにいて、キーパーやディフェンダーがプレイを止めて欲しい仕草をして足が止まっていましたね。勝負の綾かと思いますが、素晴らしいシュートが決まり、集中を欠いたウズベキスタン側に甘さがあったように感じました。


13 2019/01/19(土)
ある一定のレベルを超えた選手の実力は紙一重でしょうから選手の組み合わせによっては活躍するでしょう。。得手不得手もあるがチーム全体で隣接のポジションなどでバランスが取れれば良いでしょう。
後は使う側の手腕ですね。
上司が変われば手法も変わり選手も変わります。どこの組織も一緒です。
スポンサーや協会の事もあるので、選手、戦術手法、指導者、相手の中でどれが優先順位かが時代とともに変わりますね。


15 2019/01/19(土)
CWCでもそうだったけど、今の塩谷は良い意味で力が抜けてて良いよね。確実に代表の力になるよね。


16 2019/01/19(土)
冷静に考えて、明らかに塩谷使うべきでしょ。元からそこの土地に慣れてるわけだし、コンディションもいいから


17 2019/01/19(土)
この大会、日本がこの先勝ち進めるかどうかのキーマンは塩谷になりそう。

これからの試合、勝ち進めば相手は中東勢が続くし、現地の気候やピッチをよく知っている塩谷は必要不可欠であると思う。


18 2019/01/19(土)
塩谷のシュートには鳥肌がたった。
何よりもキックした瞬間の音が凄かった。
個人的に塩谷を応援してたから 出場のチャンスを得て結果を残せて良かった。


20 2019/01/19(土)
塩谷さんの、ゴールを決めた後の雰囲気が凄かった!左足を振り抜いて、大はしゃぎする訳でもなく、落ち着いてニッコリ…。

中東で戦っているだけあって、メンタルもかなり強い選手だと感じた。

青山さんが、『いつも見てきましたから、あのミドルは…』って話してたのを見て、塩谷さんがいかに普段通りのプレーの中で落ち着いてミドルを放ったかがわかるシーンでした。


21 2019/01/19(土)
個人的には、森保監督の広島の教え子で応援してます。なぜ、代表読んでおいて最初から使わないんだろうか?と思ってた。
次戦も活躍期待してます。


22 2019/01/19(土)
塩谷は、いい選手だ。
ほんとに
ここから、日程もタイトになるし、長友を休まる意味でも左で試してみる機会が一回あればよかったかな

佐々木だとどうしてと上がるタイミングが噛み合ってない


23 2019/01/19(土)
森保は、自分の知っている選手を起用するのが上手いみたいですね。その分、自分が指揮をとっていない選手のチャンスは少ない気がする。昔同じチームであった選手はチャンスがたくさんあって運が良いってことかな。


24 2019/01/19(土)
このミドルシュートはまさに針の穴を通すような見事なシュートでした。他の選手にも見習って欲しいです。決勝Tでの活躍も期待してます。


25 2019/01/19(土)
確かに条件は見事に揃っていますね。
ACLでも活躍しましたし、ここで活躍したなら、アルアインへの移籍は大成功でしょう。
にしても堂安のこの感じ、見ていて気持ち良いですね!


27 2019/01/19(土)
有言実行!カッコいいな~


29 2019/01/19(土)
2列目の役割をしっかり体現できている
世の若い選手は彼のプレーをお手本にすべき

彼ほどこの大会の適任者はいなかったのになんで最初から選ばなかったんだろう、不思議だ


31 2019/01/19(土)
塩谷はJでの実績もあるし、アルアインでも活躍していることから初めから招集されていても良かった選手。こういう選手の活躍は嬉しい。


32 2019/01/19(土)
CWCでも、点を取っていたし早く使って欲しいと思っていたけど、本当に良いところで仕事してくれたよね。上背はないけど、こういう選手の方が良いかもね。


33 2019/01/19(土)
監督が広島時代に同じチームだったから、たまたま選ばれただけかもしれない。
しかし、クラブW杯も含めて少ないチャンスで結果を出している。
これからも頑張って欲しい!


35 2019/01/19(土)
ベンチの様子を注目して見ていたが、のほほんとした雰囲気ではなかったので安心した。今後も危機感を持って戦って欲しい。あっという間に立場逆転もあり得る訳だから。


36 2019/01/19(土)
思ってた以上に塩谷のボランチ良かった。
守備時も攻撃時もポジショニングが良くて安心して見ていられた。
遠藤航にも教えてあげて欲しいな。


37 2019/01/19(土)
苦労人の塩谷と、現在のエース堂安 二人にそんな絡みがあったとは。いい話しですね。


38 2019/01/19(土)
ちゃんと取材をした記事を書いてくれると嬉しいですね。

サッカーに限らず、テレビを見た感想のような記事にはウンザリなので
こういう選手たちの裏話のような記事で、どの選手とどんな話をしてたのかがわかり、ゲームもより楽しんで見ることができると思います。


39 2019/01/19(土)
よく調べてて、いい記事だなあ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ