20190119-00010000-wordleafs-000-1-view

スポンサード リンク




 森保ジャパンは、アジア杯のグループステージを3勝0敗で終えて1位で決勝トーナメント進出を決めた。昨年のW杯後にスタートした森保ジャパンは、新しいメンバー構成で、親善試合を4勝1分けと負け知らずで進撃。大きな期待を寄せられて、初の公式戦を迎えたが、“足踏み”とまでは言わないが、アジアの中での現実を突きつけられた大会となっている。

 ウズベキスタンとの第3戦では、1、2戦のレギュラーメンバーからスタメンを10人も入れ替えた。まさか総替えで挑むとは思わなかった。リスクのある選択肢だったが、決勝T進出が決まっていた事情も手伝い、主力の休養、控えの経験、チームモチベーションの維持、選手の見極めなど、先を見据えてチームとして戦略的な狙いを優先させたのだろう。森保監督には、どこかで2位抜けでも構わないとの意識もあったのかもしれない。

 結果的に2-1で逆転勝ちし、1位通過を決めたことは評価すべきだが、主力を5人入れ替えてきたウズベキスタンを相手に試合内容は決して褒められるものではなかった。攻守において組織力や連携といった部分が見られなかった。初のスタメン起用となる人の組み合わせに高いレベルでの連携を求めるのは無理があったのかもしれないが、レギュラー組との差は歴然で、「森保ジャパンはグループとしてこう戦うんだ!」というチームコンセプトが浸透していなかった。

  攻撃面で言えば、連携での崩しはなく、個の力で得点したに過ぎない。足元で受けてカットインしてシュート。それぞれがアピールしたかったのかもしれないが、そういう個人技が目につき、特に左サイドはまったく機能していなかった。

 サイドで受けた乾がカットインして意図的に真ん中をつき、狭い局面でワンツーを仕掛けるなど、ワンタッチでボールを動かした。ディフェンスをこじ開けようとチャレンジはしていたが、出し手と受け手のタイミングが合わない。サッカーは感覚の占める部分が多いスポーツ。乾と北川の“息”は合っていなかった。

 なんとか、室屋、伊東が右サイドを崩してチャンスを作り、前半43分には、室屋が右サイドで勝負してクロスを入れ、マークを外してフリーになった武藤がヘッドで、代表では3年3か月ぶりとなる同点ゴールを決めた。だが、武藤自身も物足りなさを感じていたのではないだろうか。

 武藤は、典型的なゴールゲッター。ボールがくれば仕事ができる、周りに生かしてもらうタイプのストライカーだ。プレミアでプレーすることで確かに成長していて、ボールを受けるオフ・ザ・ボールの動きには工夫があり、見るべきものがあったが、肝心のボールが供給されなかった。伊東も、右サイドから切り込んで、積極的にクロスを上げたが、どこで誰がもらうのかのチームコンセプトが、ハッキリとしていなかったのである。

◆迷いのあった交替カード

 ディフェンス面も、どこでボールを奪うのか、ブロックを作る位置はどこにするのか、という組織的な“約束事”が整理されていなかった。前半40分には、ウズベキスタンの縦への早い攻撃に反応できず、スルーパスを通され、槙野が裏を取られて先制点を許したが、これも組織ディフェンスの意思統一が欠けていたのが原因。

  本来ならば、総入れ替えではなく、何人かを交替させながら、レギュラー組と控え組をマッチングさせコンビネーションを高めるべきだったのだろう。

 私は控え組とレギュラー組に力の差があること、つまり全体の選手層の薄さを指摘してきたが、それらの課題は、まだ解消されてはいない。
 この日の試合で、何らかの化学反応を起こせそうな可能性を示したのは、アクセントをつけることのできる乾、右サイドで存在感を示した室屋の2人くらいではないだろうか。

 ただ2試合で3人しか交替枠を使わず交替カードの切り方に迷いがあった森保監督が、2-1の展開になってから原口、遠藤を入れ、アディショナルタイムには富安を投入するなど「守り勝つ」というメッセージを明確に伝えた采配には意義があった。

 先日の乾の監督への直談判が波紋を広げたが、出場できない選手の立場からすれば、監督采配にメッセージ性がなければ「呼んだのになぜ使ってくれない」という不満が生まれチームの不協和音にもつながる。  おそらく森保監督は、そういう選手の心情を痛いほど理解しているのだろうが、こういうチームとしての方向性をハッキリと示すような采配には、試合に勝つだけでなく、チームをひとつにまとめる作用もある。

  もちろん、酷暑の中で行われている大会で、レギュラー組に休養をとらせ、決勝Tへ向けてコンディションを整える効果もあった。

◆サウジアラビアの独特のリズムに要注意

 次は「負けたら終わり」の決勝T初戦のサウジアラビア戦である。私は、この試合が「危うさ」と背中合わせの最大の山場になると見ている。

 実は、日本にとっては2位抜けでオーストラリアと対戦した方が組みやすかった。オーストラリアは、フィジカルには優れているが、ヨーロッパスタイルのチームで、日本との相性はよく、対戦経験も多い。日本としては違和感なくゲームに入っていける相手だった。日程、移動についても2位抜けが楽だった。だが、サウジとなると、少々様子が違ってくる。

 独特の攻守のリズムを持つ中東とアフリカンのミックスのようなチーム。しっかりと引いた堅い守備を基本にしたカウンターサッカーだが、想定外に足が伸びてきたり、突拍子もないシュートが飛んでくるなどという不気味さがあり、そこに戸惑うかもしれない。

 しかも、日本は、1、2戦ではカウンターに対する守備の備えのミスで失点している。
 勝利のポイントは、両サイドの攻防だろう。おそらくサウジは守備的に入ってくる。そこで長友、酒井が両サイドから、いかに仕掛けて崩せるか。守備で言えばカウンターに対するリスクマネージメントの徹底だろう。 経験値の高い吉田がリードするとは思うが、守るだけでなく、ボールを持った相手に対して「チャレンジ&カバー」を組織的に徹底して、日本も攻守の早い切り替えに勝機を見出したい。

 サウジ戦を乗り越えれば、準々決勝ではヨルダンが出てくると予想される。ヨルダンは、つなぎのサッカーで、このチームならば、日本は十分に対応可能だろう。 
 決勝進出をかけた準決勝では、優勝候補と評判のイランと激突することになるのだろうが、いずれにしろ次のサウジ戦が最大の山場になることは間違いない。そして、森保監督が掲げた「全員守備」「全員攻撃」の日本の組織サッカーを1試合、1試合、積み重ねていくことが、頂点に立つために必要不可欠な条件となる。

(文責・城彰二/元日本代表FW)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00010000-wordleafs-socc&p=1



1 2019/01/19(土)
一番避けたかったのは、イエローカードを貰ってしまっている選手のカード累積の出場停止なのでこの試合に限っては連係を強化する為にレギュラー組とミックスするより、レギュラーが怪我やカード累積で出場出来なくなった時の替わりになる選手達に試合勘を持たせる事とモチベーションを上げる事が目的だったのであくまで理想論ではと注釈がいる解釈だ。連係を深めても、肝心の次からの試合に出られないんじゃ意味がないのでリスク管理をしないといけない監督と解説者の立場の違いが色濃くでているコメントだ。


2019/01/19(土)
ん?レギュラー組も決して連携が良かったとは言えないし、そもそも、レギュラーと控えという感じではなかったと思う。AチームとBチームという感じ。むしろ、それぞれに、調子の良い選手と悪い選手がいるから、決勝トーナメントは、誰をチョイスするか、監督も悩ましいところだと思う。レギュラー組と言われるチームがサウジアラビアに惨敗し、控え組と言われるチームがサウジアラビアに勝つ事も全然あり得るし、選手のチョイスが非常に難しいと思う。


2019/01/19(土)
城の指摘は的外れだと思う。事前情報で二位通過の方が楽なことは承知しており、それでもよいという下心はあったはずなので、がむしゃらに勝ちに行くというつもりはなかったはず。もちろん「負けてもよい」とは口が滑っても言えないので、リップサービスで「勝ちに行く」と言っていたに過ぎない。
それよりもカード累積や疲労を考慮してのターンオーバーであり、何なら一位通過は誤算だった可能性もある。その程度の試合で勝ち方がどうとかいうのがとてもプロだった人間の指摘とは思えない。
結果的に主力メンバーとサブメンバーの間にそれほどの実力差はないということの確認にもなった。残念ながら期待すべき中島は不在となり、大迫も怪我でここニ試合はベンチのみ。堂安は得点してはいるものの、南野、堂安共に期待していたほどの結果が挙げられているとは言いにくい状況。
そんな中で室屋や伊藤、そして青山がそれなりの結果を見せたのは褒めるべき。


2019/01/19(土)
城さん、武田さん、秋田さんの解説やコメントはいつも微妙。危機感を煽って警笛を鳴らす意図なら納得します。ただオシムやトルシエ、岡田さんや福田さん、福西さんらのコメントの方が説得力もありなるほどと思うことが多い気がします。


2019/01/19(土)
スタメン組と控え組の差があるみたいな言い様はおかしく感じる。
試合感を常に持っていないと。しかも呼ばれたのになぜ出られない?と思うのは当然の感情。
むしろスタメン組の初戦と2戦目のほうが危うかったようにも感じる。
スタメン組が素晴らしいとは感じられない。
誰がどうとかは書かないけれど。
確かに森保さん、3人の交代枠を使えばいいのにと思っていた。
総入れ替えはよかったと。皆アピールもしたいし。
スタメン組と比較してもかえって、控え組のほうが良かったかにも思たけどな。

トーナメント戦に入るから今まで以上に気を引き締めないと。


2019/01/19(土)
日本人選手だけでなくアジアの弱小国の選手だって上手い選手はいるよね。最近よくやってる消えた天才という番組を見て思う。強豪国の選手たちだって基本的には普段は一緒にやっていない寄せ集め。それでも強いのは、フィジカルが優れているのと、この選手はこういう動きをするというのを、瞬時に理解して、それを活かす力が身に付いていると思う。日本の部活動サッカーは諸外国からしたら驚く練習量。結果学生チームでも見事な連携が見られる。プロになると移籍・加入・監督交代によるチームコンセプトの変化などで日に日に求められることが変わっていく。その中で伸びていく、海外でも通用する選手は、得意なことがはっきりして、だから自分はこうすると明確にできる選手だと思う。学生時代天才と言われた選手が、対応できず苦悩し呆気なく去っていくのと、日本代表がアジアで苦戦するのがリンクして見えてしまう。


2019/01/19(土)
おそらくこの記事を見てあまり賛同できない人は多いと思う。それは城の前提が「選手をあまり変えるべきではなかった」というものであり、森保は「全員をなるべく使う」と明言していたことのギャップがある。
自分としては勝ち抜けを決めている中で選手を休ませ累積ペナルティももらわないいい方法だと思った。それでいて勝ちにこだわった采配も見せてかったし内容もそう悪くなかった。


10 2019/01/19(土)
全く悲観する内容では無かったと思う、確かに乾と北川は合ってなかったが、チームとしての方向性はよく出てて収穫の多い試合だった、先が楽しみだ


11 2019/01/19(土)
いや、GS3戦目のターンオーバーは妥当な判断でしょう。
暑いUAEでの中3日での連戦は、コンディション面できつい。
現に乾や青山は後半バテバテだったけど、経験しておくことが大事
原口や堂安を先発で使った場合、ウズベク戦で2枚目のイエローもらい
サウジ戦出場停止ということだってあり得る。
いきなりサウジ戦で乾、純也を使わざるを得なくなるよりよほど良い
森保氏は試合中の采配の冴えで勝つというより
大会を通じたチームマネジメントに長けた人。
中島らの直前離脱が相次いだ割には、完全なターンオーバーできるメンバーを選んでいるところは、らしいな、と。


12 2019/01/19(土)
いいえ。
監督本人は、交代カードの切り方に迷いはありませんでした。
様々な展開を想定して、必要と思うまでカードを切らなかっただけです。

主力の温存。
控えのモチベーション。
総合力の見極め。

ウズベキスタン戦はプラスとして働いた事は沢山ありました。

1位抜けを目指すと監督選手も意思統一しており、結果もついて来たGLの結果は良かったと思います。

連携も大事だが、誰から見ても分かりやすい意思表示は相手にも対策されやすい。

加えて、対戦成績を見ればサウジの方が良い。
典型的な攻撃のチームで、守りよりも攻撃的に来ると予想します。


13 2019/01/19(土)
ボランチ二人の組み合わせや右サイドの伊藤、室屋あたりは良かったと思うけどね。左サイドは機能していなかったのは確かだけど、乾がためても佐々木のオーバラップのタイミングが悪すぎるから仕方ないと思う。
選手たちは試合に飢えた中でプレーしていたし、貪欲さがあって、前の2試合より個人的におもしろかったと思う。
主力6人変更したウズベキスタンになんとか辛勝したって書いてあるけど、ウズベキスタンとベストメンバーで対戦しても楽に勝てる相手ではないから、控えメンバーで勝利したことは内容はどうあれチームとして勢いがつくと思います。


14 2019/01/19(土)
城氏さん
良く指摘してくれました!!

良い点・悪い点を指摘している記事は多く見られるが、
課題の根本的な原因は、城氏の指摘した次の1点と思う。

「 本来ならば、総入れ替えではなく、何人かを交替させながら、レギュラー組と控え組をマッチングさせコンビネーションを高めるべきだったのだろう。」

つまり、テストマッチからここまでの準備不足と言うことに尽きる。

どんな良いチームでも主力とサブの違いはある。
   (Jリーグを過大評価し、海外組を軽視しているように見える)。
どんな良い監督でも、采配ミスはする。
   (森保は多すぎるが)。

しかし一定の時間にどれだけ有効に準備できるかについては、
明確に指導者の資質が現れる。
3年半準備時間があるから、交代させるなら今かとも思う。

城氏には今後もフェアなコメントを期待します。


16 2019/01/19(土)
確かに乾と北川は全く合ってないのは分かる。
北川の所が香川だったなら乾はもっと良かったと思う。乾と北川の関係がこれからもっとよくなる事を期待したい。

ウズベキスタン戦のメンバー総替えはそんなにまずかったんでしょうか?レギュラー組を休ませるならここしかなかったし、控え組の経験と逆転勝ちの結果を見ると全然悪くなかったと思います。


17 2019/01/19(土)
アジアのレベルは相対的に上がってると言われるけど、それって相対的な話じゃないかな。
顕著なのが東南アジアだと思うけどね。

それ比べ、中東ってそれほど進化してないというか変わってないと思うけどな。
勿論難しい相手ではあるけど、そこは乗り越える事がマストという位置づけだと思うけどね。

今回のアジア杯の日本代表、メンバー選考や選手起用はお試し感が強く、総力戦で勝ちに行ってると言うより、先を見てという考えを優先してるのは間違いないと思う。

それでも優勝が至上命題であるのには変わりがない訳で、誰が選ばれようが誰が起用されようが負けは許されないって事なんだと思うよ。


18 2019/01/19(土)
コンセプトというか、引き出しを増やしてほしいと思う。
大迫の役割を他の誰かにやらせるのではなく、攻め方そのものを変えるってこと。


20 2019/01/19(土)
控え組の方が連係も良かったし、面白いサッカーしてたと思うけどね。実力者揃いで個人技で突破を図ろうとする傾向が強い主力組は、意外と落とし穴がありそう。


21 2019/01/19(土)
前大会はブラジルW杯からメンバー入れ替えは僅かで、チーム自体は出来上がっていた。しかし、今大会は大きなメンバー入れ替え、しかも国際経験少ないJリーガが多く含まれ、チーム作りを重要視していると思います。
目標はアジア杯ではなく、南米選手権ではないでしょうか?
サウジとはチーム完成度で差はあるでしょうが、個々で能力あるので勝てる可能性があるということで良いと思います。この先、イラン、韓国は更に完成度が上のチームです。要らぬ期待感は必要ないし、今森保氏の能力を判断するのは時期尚早です。


23 2019/01/19(土)
残念だけど、城氏の限界が見える記事でした。
自分の選手時代の経験を元にした思い込みではなく、ちゃんと今のサッカーを勉強して眼の前で起きていることを広い視野で解釈してほしいです。
TVで試合を解説していても、彼のコメントはプレーの局面を切り取ったものばかりで、チームとしてなにを意図しているのか、どういった戦術と戦術の戦いなのか、という大局を語ることができていないです。

選手が試合のプレーで他人に評価されるように、解説者も現役時代の実績ではなく今の仕事ぶりで評価されるようになってほしいですね。


24 2019/01/19(土)
3戦目が一番面白かった気がするんだけど。初戦のレギュラー組と3戦目の控え組をMIXさせたり幅が広がりそうな気がしたけどなー。乾と大迫だったら息が合いそうだしそこに長友加わったらまた攻撃力上がりそう。堂安と伊藤はどちらも捨てがたい違った突破力あるし柴崎と塩谷のコンビも見てみたい。敵からしてみたら嫌なチームだと思うけど。サウジ戦どんな勝ち方するのか早く見たい!城は年取ったせいかポジティブじゃ無くなったね。記事がつまらん。


25 2019/01/19(土)
このチームの最終目標はW杯出場にあるとすれば、今はまだ幼稚園の段階、ロシアの大会であそこまで行けたのは南ア、ブラジルとほぼ同じメンバーで戦いチームとしての熟成度を高めていったに他ならない。北澤が現役でいた頃とは選手たちのスキルも戦術も全く違うスポーツに進化している。
何か批判することを仕事として求められてるのかもしれないが「何を言ってるんだ」と感じてる読者も多い。自分を物差しにして評論すると自分に戻ってくる。サッカーを選手を観る眼をもっと養いなさい。


27 2019/01/19(土)
城さん、結果論ですね。
私がウズベク戦で感じた点は ;
1) 乾は前半は良かったが、スタミナ不足
2) 乾と北川の連携不足
3) 北川は使われ方を工夫すべき
4) 得点した武藤は気持ち良くプレーできる
5) 塩谷がボランチで機能
6) 室屋は得点アシスト
7) 伊東の武器はスピード突破

最初の失点の原因は、左サイドで短い縦パスを簡単に通させたこと(対応は佐々木?)。相手FWがスピードに乗って突進してきたから、槙野は内側を抜かれ三浦かついていけなかった。
失点は槙野一人の責任ではない。

サウジ-カタールの試合を観たが、日本が負ける相手ではないと感じた。
次の試合が最大のヤマ場なんて、城さんは思考停止している。

21日に中3日でR16 サウジ戦、24日に中2日でヨルダン戦。ウズベク戦で結果を出した選手も加えて2試合を戦う。まだまだ体力温存が必要。総力戦でイラン戦の勝利が目標だ。


28 2019/01/19(土)
まだまだ発展途上の新チーム。
結果を求めたいが、それより
今大会をステップアップの
機会ととらえ、一戦一戦
チームを高めて欲しい。
目指すはWCです。


30 2019/01/19(土)
オーストラリアの試合は見てないけど、サウジ×カタールを見た限り、サウジ与し易そうと思ったけどね。なんつうか10年くらい前の日本代表みてる感覚だった。ピッツィが監督なってパスサッカー目指してる様だったけど、ゴール前までは繋げることは出来るんだけど、最後の部分が雑なんで、フラストレーション溜まるゲームだったわ。足元はウズベキスタンの方が上手かったよ。
日本相手にどう戦ってくるか分からんけど、ポゼッション高めるようなゲームするなら、日本は守ってカウンターでも十分通用する気がする。
カウンターサッカーされたら難しくなるだろうけど。
あとは何よりメンタルが違うかなと。中央アジア勢に先制されても動じず逆転した日本に対して、カタール相手に中々形が作れず、先制されたら自滅気味で敗れたサウジとではちょっと格が違うのかなと感じた。


31 2019/01/19(土)
まぁ監督経験がない人に言われたくないでしょうね(笑)
アジアレベルであればどの国を見ても控え組みとの差があるのは当たり前です。
むしろ控え組みでもグループで一番強かったウズベキスタンに勝てた事が収穫ではないでしょうか。
これでいい意味で競争が生まれると思います。
次の試合主力組で勝てなかったら控え組みの選手を使っておけば・・・
という議論が必ず浮き上がってきますからね(笑)
何はともあれ次の試合も頑張って欲しいと思います。


32 2019/01/19(土)
不安要素ばかり書き連ねて、敗退したときの「だから言ってたでしょ。」という言い訳作りみたいな記事ですね。
オーストラリアの方がやり易い?
メンバーが替わるとはいえ、中3日で中5日のオーストラリアとやるのと、日本より1日休みが少ないサウジとやるのとでは違うとも思います。
相手が違うので内容も異なるでしょうが、1、2戦は中盤でのボール保持すら難しかった中、ぶっつけなのに3戦目はそれなりにキープできてた。
個人の能力差、特徴は異なるし、それが単なる主力、控えの実力差というものではないと思います。
あとはマスコミや無能な解説者が「主力が」、「控えが」と言わないよう、みんなの連携を高めていかなければいけませんね。


33 2019/01/19(土)
若手がすごいとかほめたたえているが、香川、本田は堂安の20歳は別にして、今の若手と言われてる年代ではすでに世界的に注目される選手で、能力的にも傑出していた。弱い相手に新チームが勝ったと言っても強いという証明がされてるわけではない。マスコミは売りたいがゆえにか、過大評価している。今のチームはまだ海のものとも山のものともわからない。未知数。


35 2019/01/19(土)
なんか違和感がある。
ザッケローニ監督の時は控えとの格差はもっとあったし、ロシアW杯が終わってまだ1年しか経ってないので連携が取れるのはこれからだし、3戦目が見てて面白くて結果的に勝ってるし。
ま、森保監督がマスコミに「もっと言ってほしい」と発言してるから城さんの発言には眼をつぶる。


36 2019/01/19(土)
日本代表は以前と比べてレギュラーと控えの差はなくなってきていると思います。レギュラーだけで強化は難しいと思われ、このまま全体の層が厚くなっていけば、代表として強くなっていくのでは。次のスタメンがどうなるか楽しみです。


38 2019/01/19(土)
どうなんだろう。一部の主力選手を除いて横一線だと思うし総力戦だからチームで勝っていかないと優勝まではたどり着けない。まあそういう意味ではスタメンを固定する必要はないのでは。ただ交代策は考えた方が良いね。


40 2019/01/19(土)
例えばレギュラー組とやらの柴崎と塩谷を比べたとき、塩谷の圧勝だよ

塩谷はもちろんよかったほうだが、比較となる柴崎が話にならないほどダメ
前に出したいときにほぼバックパス、かといって前に出せばパスミスばかり

結果としても、オマーン相手に微妙なPKで辛勝した程度のレギュラー組と、それほどの差がどこにあったのか教えてほしいぐらいだ
もちろん大迫とか一部の選手は代えがきかないけどね











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ