GettyImages-1015606148




1: 2019/01/17(木) 09:32:58.28
遠目からのシュートが増加。

今シーズンからイタリアを舞台に選んだクリスチアーノ・ロナウドは、シーズン前半戦を終えて15得点を挙げている。
セリエAで14得点、チャンピオンズ・リーグで1得点だ。

レアル・マドリーに所属していた昨シーズンは、前半戦で16ゴールを奪っていた。
年齢を重ねる中で、新たなリーグに移籍したにもかかわらず、変わらぬ得点力を発揮しているのはさすがの一言だろう。

ただ、イタリア紙『Corriere dello Sport』は1月16日、データ分析会社「StatsBomb」の数字を参照したところ、昨シーズンと今シーズンのC・ロナウドのプレーに大きな違いがあると報じている。

その違いとは、遠い位置からのシュートの数だ。
20メートル以上の距離からのシュート本数が、昨シーズンの23本から一気に50本に増えているという。
出場試合数が違うとはいえ(昨シーズンは開幕から4試合出場停止)、1試合平均でも1.53本から2.63本と大幅増。
そもそも昨季は1シーズンを通じて40本だった。
 
1試合平均のシュート本数は、今シーズンの方がわずかながら少ない。
つまり、移籍したことでの気負いや責任感などから、がむしゃらに遠目からシュートを放ち、本数が増えたというわけではないようだ。

『Corriere dello Sport』紙が注目したのは、ペナルティーエリア内での1試合平均のボールタッチ数が、昨シーズンの21.54回から16.46回に減っている点。
同紙は、マドリーがリードしても攻撃により多くの人数をかけて攻め立てるのに対し、ユベントスは先制すると試合をコントロールしようとするからではないかと分析している。

1試合平均のドリブル数が1.17回から1.65回に増えているのも、C・ロナウドがボールを受ける位置が、スペースのあるエリアから離れ、中盤に近い位置になっていることを示唆していると指摘。
平均ボールロストが2.30回から3.29回に増えているのも、それを裏付けていると伝えている。

もちろん、チームのスタイルの違いも影響しているだろう。
その意味では、相手陣内でボールを奪ってから5秒以内にシュートした回数が、マドリーの6.05本に対してユーベが4.4本というのも興味深い。

『Corriere dello Sport』紙は、ジネディーヌ・ジダンが率いていたマドリーは、ユーベよりも長時間にわたって、うまくプレスをかけて攻めているとの見解を示した。

いずれにしても、9シーズンもの間スペインでプレーしていたにもかかわらず、戦術的に要求の異なる新天地での戦いに素早く適応し、
以前のようにネットを揺らしているという事実が、C・ロナウドの偉大さを表わしていると言えるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00052907-sdigestw-socc
1/17(木) 6:30配信


スポンサード リンク

30: 2019/01/17(木) 10:06:14.62
>>1
> 1試合平均のドリブル数が1.17回から1.65回に増えている
これってどういう数字なん?
ボールもらったときに何回タッチするかの平均ってこと?
ドリブル回数の平均がこんなに少ないわけないよね?

31: 2019/01/17(木) 10:07:18.83
>>30
ドリブルってのは、相手を挑んだ場合にカウントされる
さわって前に進むだけってのはスタッツ的にはドリブルじゃない

ドリブルで敵選手と勝負したらカウントされる

32: 2019/01/17(木) 10:13:02.99
>>31
なるほど
自分で抜きに行くことはほとんどないのか
ここまで少ないとは意外だった

34: 2019/01/17(木) 10:14:52.80
>>32
ほとんどの選手がドリブル成功回数なんて1試合に1回無いくらいだよ

ネイマールとかアザールみたいに、よく仕掛ける選手は別だが
若い頃のクリロナはむちゃくちゃドリブルし掛けてて、成功率もメッシを上回っていた年もあったくらい
今のクリロナのドリブルは微妙に残念だが、それでもメッシ、ネイマール、アザールなどのトップには及ばないけど
結構なレベル

2: 2019/01/17(木) 09:34:55.00
これでCL優勝しようもんなら

3: 2019/01/17(木) 09:36:28.14
レベルの低いセリエAでこれだから
レアルの方が点が取りやすいリーグだな

4: 2019/01/17(木) 09:37:04.29
改めて凄いな

5: 2019/01/17(木) 09:37:38.71
セリエならあんなペースで点取れるわけないとか言われてたような

6: 2019/01/17(木) 09:38:30.71
スペインは弱小と上の格差が激しいからな

7: 2019/01/17(木) 09:39:06.21
セリエなんてもともとストライカーのためにあるようなリーグだからね
一番体が動いてた時期の方がむしろハマらなかったんじゃないの

8: 2019/01/17(木) 09:39:20.81
いきなり得点ランクトップかよw

9: 2019/01/17(木) 09:39:34.72
アシストが増えてるからな
もうゴール以外の仕事は出来ないと思ってたけど、スペースメイクから組み立てまでやるようになるとは

10: 2019/01/17(木) 09:43:52.20
ユーベだとすげー後ろでプレーしてるんだよな
というか、左でプレーしてるレアルでも左でプレーしてたけど
同じポジションの選手とは思えないような動きになってる

最近はFWとMFの仕事を半分ずつくらいやってる
より中央でプレーするメッシに比べるとサイド特化だな

12: 2019/01/17(木) 09:48:04.98
ちゃんとリーグの違いに対応してスタイルを変えて
それでいて結果はしっかり出すというマジで神ですわ

15: 2019/01/17(木) 09:50:46.07
イタリアが守備的だからじゃねーの

16: 2019/01/17(木) 09:52:01.73
なんでメッシの方が評価上なのか理解できんわ

21: 2019/01/17(木) 10:00:40.99
>>16
クリロナは若い頃フィジカルに頼った印象っだったからこの年齢まで
トップでやれると思われてなかったってのはあると思う
過去のトッププレイヤーでもこんなの前例ないだろ
メッシも実績が落ちてるわけじゃないんでメッシを歴代最強と推した輩が
梯子を外せない感じなんじゃないか?
でもこれで仮に得点王とCL獲っちゃったら明らかにメッシが上っていうのは
もう無理だと思うわ

28: 2019/01/17(木) 10:04:58.92
>>16
単純にイケメンだから妬まれてるってのもあるのかなw

49: 2019/01/17(木) 11:15:39.43
>>16
メッシにもセリエ行ってもらって
バルサ専用機じゃないってことを是非証明してもらいたいな

54: 2019/01/17(木) 12:49:28.90
>>49
レアルに居たいけどメッシと同額の給料要求して
ペレスを激怒させ裏口から出ていったのがクリロナさんだけど

60: 2019/01/17(木) 13:04:19.08
>>16
どっちもムバッペの踏み台だとは知らずに楽しませてもらいました

62: 2019/01/17(木) 13:28:48.77
>>16
ドリブルできるから
ゴール専の選手は基本評価低い

63: 2019/01/17(木) 13:45:15.89
>>16
メッシはパスも出せて組み立ても出来るから

17: 2019/01/17(木) 09:54:56.39
クリロナ セリエA3ヶ月14試合 10ゴール達成
本田 セリエA3年半 通算9ゴール

19: 2019/01/17(木) 09:58:41.09
イングランドなら点とれないやろ

27: 2019/01/17(木) 10:02:42.65
>>19
プレミアで得点王なったのも知らんのか

20: 2019/01/17(木) 09:59:40.73
今日のミラン戦も決勝点取ってた

23: 2019/01/17(木) 10:01:35.67
守備重視のセリエAでいきなり14ゴールって凄すぎだろ

24: 2019/01/17(木) 10:02:05.36
クリロナきたらディバラがしょぼくなった

25: 2019/01/17(木) 10:02:31.29
イグアインがいた頃の方が得点力あったよね

29: 2019/01/17(木) 10:06:04.59
>>25
ユーベは戦術が変わった
クリロナ、カンセロ、ボヌッチ出戻りで守備重視になった

攻撃に少人数を使って、組織的な守備で鉄壁になってる
クリロナの加入で攻撃力が増えたから出来るようになった

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547685178/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ