20190113-00010016-goal-000-3-view

スポンサード リンク




◆グループステージ突破のかかる大切な一戦

13日22時30分(日本時間)、森保ジャパンはAFCアジアカップ2019(UAE)グループステージ第2節・オマーン戦に臨む。

9日のアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールをマークし、チームの窮地を救った大迫勇也(ブレーメン)。その絶対的1トップが13日のオマーン戦直前2日間のトレーニングを欠席した。

12月末の国内合宿スタート時から懸念されていた右でん部負傷が再発したと見られ、オマーン戦の欠場は確実になった。攻撃陣を動かすエンジンのような存在がいないことは、森保一監督率いる新生日本代表にとって、多大なるダメージに他ならない。代役をどうするか。そして誰が決定的なゴールを決めるのか。それが第2戦での最大テーマになりそうだ。

グループステージ突破のかかる試合であり、また日本を熟知する元大宮アルディージャ、京都サンガの指揮官であるピム・ファーベク監督率いるオマーンが相手ということで、今回も主力を大きく変えることはできないだろう。

◆大迫離脱、試されるチームの力

この重要な一戦の布陣を予想すると、まずGKは東口順昭(ガンバ大阪)の出場もあると目されたものの、彼は大迫とともに前日練習を欠席。その可能性はなくなった。そこで、すでに警告を1枚もらっている権田修一(サガン鳥栖)をそのまま起用するのか、197cmという長身を誇るシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)かは判断の分かれるところ。ただ、最終ラインとの連係を重視するなら権田の連続出場が有力だ。

最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和レッズ)、長友佑都(ガラタサライ)の4枚が不変だろう。初戦はボランチに入った20歳の冨安健洋(シント=トロイデン)をセンターバックに下げ、槙野に代えて使うプランもあり得るが、やはり次こそは相手を零封して、強固な守備を取り戻さなければいけない。チームの土台を固める意味でも初戦と同じ組み合わせが妥当と言える。

ボランチに関しては、初戦では本職でない冨安と柴崎岳(ヘタフェ)の急造コンビの距離が空いてしまい、バランスが悪く、機能したとは言い切れないものがあった。中盤を安定させる意味でも、今回は体調不良から回復した遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎のコンビに戻すはず。森保ジャパンにおけるボランチのファーストチョイスと位置付けられる2人に託されるものは少なくない。

◆乾にも出場の機会はありそう

2列目もスタートは右から堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーファー)の3枚を変えずに行くだろう。ただし、状況次第では乾貴士(ベティス)の左起用もあり得る。最近の練習を見る限りだと、乾は非常に良い状態で、声を出してチーム雰囲気を盛り上げている。ロシアで2点を挙げている通り、決定力も大いに計算できる。頭なのか途中なのかはハッキリしないが、背番号10をどこかのタイミングで出すことだけは間違いなさそうだ。

そして肝心の1トップだが、やはり武藤嘉紀(ニューカッスル)がベストチョイスではないか。ロシア組の原口や乾、柴崎、両サイドの酒井や長友とプレー回数が多いことは彼のアドバンテージ。この非常事態に過去の経験値が生かされるだろう。

本人も昨年6月28日のW杯ロシア大会グループステージ第3節・ポーランド戦(0-1/ヴォルゴグラード)以来の代表戦に燃えている。あのときは先発のチャンスを与えられながら、肩に力が入って判断に微妙な狂いが生じ、何本かの決定機を逃すという苦い経験をした。

「イングランドへ行って自分は成長したと思っている。怖い相手はいない」と言い切る自信をピッチ上で示すのは今しかない。最前線の大迫依存はヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代からの大きな懸念材料で、どこかで直面する問題だった。早い段階でそこに挑めるのはむしろ幸いかもしれない。武藤が一つの解決策をもたらしてくれれば理想的だ。

◆サイドの攻防が勝負を分ける

オマーンは日本と同じ4-2-3-1を基本としており、FIFAランクは82位。トルクメニスタン以上に底力のあるチームとも言える。今大会は初戦でウズベキスタンに1-2で敗れているため、オランダ人指揮官ピム・ファーベク監督も「全力を尽くし、勝つために日本のあらゆる弱点を突いていくつもりだ」と、決意を新たにしている。

「彼らは速攻もできれば、ボールを動かしながら遅攻もできる。われわれも我慢しながらやっていかなければいけない」と森保監督も警戒を怠らない。特に注意すべきなのが、組み立てに優れた左サイドバック・アルブサイディと鋭い攻め上がりを誇る右サイドバック・アルムハイニの攻撃参加だ。つまり、サイドの攻防が勝敗を分ける重要なカギになるのだ。

日本が有効なサイドアタックを数多く仕掛けられれば、初戦のような中央の網に引っかかることもなく、多彩な攻撃を繰り出せる。屈強なフィジカルとヘディング力を持つ武藤も生かすことができ、南野がスペースに入り込む状況も作り出せるはず。

タテ関係に入るであろう武藤と南野は、2015年10月の国際親善試合イラン戦でともに招集されているが、試合終盤の88分に武藤から南野に交代したため一緒にプレーした経験はない。しかし、南野は「よっちくん(武藤)は実績も含めて頼りになる選手」と全幅の信頼を寄せており、この背番号9がボールを収める役割を補完し、武藤の前線での負担を減らせれば、新1トップはゴール前での力強さをより出せる。大迫不在時のオプションを確立する意味でも、2人の連係をより研ぎ澄ませていってほしい。

攻撃が活性化すれば、守備陣もメンタル的にラクな気持ちで戦える。「トルクメニスタン戦もゼロで抑えられたら簡単な試合になったと思う。1失点したから難しくなった。そうならないように、次は1-0でもいいからしっかりゼロでいきます」と酒井も決意を新たにしていたが、後ろがゼロ封してくれれば勝利はそう遠くない。ワールドカップやアジアカップ本戦のような短期決戦は、手堅い守備から入るのが鉄則。リスタートの守りを含め、キャプテン・吉田が軸となって約束事を再徹底し、苦境を乗り越えたい。

2位通過の場合、日本はB組2位が濃厚なオーストラリアとラウンド16でいきなり当たる可能性が大。1位通過を目指す意味でも、この一戦はやはり落とせない。大迫欠場という逆境に直面する今こそ、森保ジャパンの総合力と底力が問われる時だ。中途半端なボールの失い方をして相手にリズムを持っていかれた初戦を教訓にして、オマーン戦は内容ある勝利を強く求めたいものだ。

元川悦子
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010016-goal-socc&p=1



1 2019/01/13(日)
サッカーライター 清水英斗
オーサー報告
大迫はゴールだけでなく、攻撃の起点を作るのがうまいFW。このクオリティに並ぶ日本人選手はいません。ブンデスリーガではトップ下で起用されることも多いです。

大迫という起点がない場合、日本代表はどう攻めるか?

大切なことは、対戦相手の特徴です。
オマーンはカウンターだけでなく、ボールをつないでサイド攻撃を仕掛けてくるチーム。ウズベキスタンとの試合では、そういうシーンがたくさんありました。
その空いたスペースを、武藤嘉紀らのスピードで素早く突くことができれば面白い。トルクメニスタン戦でカウンターに苦しんだ日本が、逆にカウンターで持ち味を出すかもしれません。

相手を見れば、新しい組み合わせがハマる可能性はあります。そこに期待しています。


2019/01/13(日)
武藤はゴールをとらなければと言っていますし、前の試合でも2得点している大迫がエースなのは間違いないですが、ゴールよりもやはりポストプレーが果たしてどこまでできるのかだと思います。CFである以上ゴールを期待するのはもちろん、武藤がおさめて二列目の飛び出しを促せるかにかかってるかと。最近の代表の前線の選手たちが活き活きと活躍できていたのは大迫が収められていたからってのがかなり大きいと思います。ロシアW杯の代表の時からですが、戦術大迫といっても過言ではないくらいに。


2019/01/13(日)
クラブではチーム事情もあり活躍の機会を掴めないでいるが、武藤はフィジカルも強ければスピードもある選手。ポストプレーに加えて裏抜けもできるという点では戦術の幅も広がると思う。周りの選手を活かすのはもちろん、彼自身もゴールを積極的に狙ってほしいしその力があると思ってる。
引き分け以下の結果になれば彼が戦犯扱いされるだろうが、プレッシャーを跳ね返して浮上のキッカケを掴んでほしい。
堂安、南野の若い力にも期待してます!


2019/01/13(日)
日本は攻撃時に左サイドを長友とアタッカーの
2枚で攻めて数的優位を仕掛ける。
攻め上がりのスペースをW杯では長谷部が的確に埋めていた。
遠藤にそれができるか?
攻め上がるにはボールキープが不可欠で今まで
大迫、本田が前線で溜めていたけど、南野、武藤にそれができるか?
僕は以上2点をポイントに試合を観てみます☆


2019/01/13(日)
吉田、長友、酒井のDF陣はアジアでもトップクラスなんだから中途半端な3バックはやめた方がいい。
日本の強みであるサイド攻撃もボランチやCBから散らすからCBとボランチは確実に2枚ずつにするべき。
真ん中に集中させたらアジア相手では退かれるだけ。
試合の中で日本はサイドが怖いと思わせるべき。
そうしたら真ん中も自然とバラけてくる。

武藤には期待しかなかったからここでインパクトを残して浅野より評価が上になって欲しい。
GKはシュミットの高さやセーブ率等がどこまでか見てみたい気がする。

今の日本が良いか悪いかは南野が攻撃でどんなけボールに絡めてるかでわかるから前半30分までである程度の見極めをした方がいい。


2019/01/13(日)
個人的にはアジアの中位以下レベルだと日本が押し込む展開が多くなるからいつもより全体的にポジションが上がって、FWより2列目で溜めを作れる選手の存在の方が重要になると思ってる
今まで本田が重要だったのもその関係だと思うし、前の試合で大迫がいてもチャンスが作れなかったのもその関係が大きいと思う

本当に大迫依存脱却できるか試されるのはトーナメントに入って相手のレベルが上がってきてからになる気がする


2019/01/13(日)
武藤選手には、大迫選手とはまたちがった良さがあるはず。
選手がかわっても同じ戦術を使うようでは上には行けないように思いますし、森保監督ならそんなことは当たり前のように考えているはず。
あとは、前線のメンバーが武藤選手の良さを引き出せるかどうかにかかっているように思います。
同じ戦術しかしないのであれば、大迫選手の控えとして興梠選手をえらんだと思いますし。
身長のわりにポストプレイもでき、シュートのうまさ、裏への抜け出し、一つ下がってプレイできる能力。大迫選手にはかなわなくても、同じようなオールラウンダーな選手ですので。


10 2019/01/13(日)
いい機会なんじゃないかな。大迫が居ない中でもしっかり結果が出せなきゃいけないし。FWなんて途中交代も多いポジションだから結果を出して欲しいです!ここで点とって自信を付けることができれば、いい方向に向くと思うし頑張ってほしい。


11 2019/01/13(日)
武藤はプレミアでプレーしてるからなアジアの中では相当な実力者。W杯は自分優先して空回りしたけど今回は期待してる。
得点を決めて勝ってくれ。
武藤乾塩谷は使った方がいいと思う。
大迫不在なら戦術自体を変えなきゃいけないここが森保さんの腕の見せ所だ


13 2019/01/13(日)
大迫は絶対必要な選手になったけど今回みたいにいつもプレーできるとは限らない。その為の人選も必要だし、大迫の代わりにプレーする選手を見つけるのも必要。まあどの選手もそうだよね。選手層が強い代表になって欲しいね。例えばベルギー。W杯での敗戦のひとつに選手層の違いもあるでしょ。怪我気味の大迫をフル出場させる意味がわからん。


14 2019/01/13(日)
武藤が点を取らなくても他に点を取れる選手が今の日本代表に入るからな、、。
正直武藤には点を取ることよりも周りへのアシストや潰れ役を期待したい。
でもなんとなくだけども、そんな事はしてくれないイメージ。
アピールしたいし点を取りたい気持ちが先走りそうだな


15 2019/01/13(日)
大迫選手が いる時の 戦い方 1つだけで なくて いいと思うので

オマーン戦は 楽しみです。

武藤選手は ブンデスでも 経験をして 出場機会に恵まれてはいませんが プレミアで プレーしている 選手です。
決して 今、名前があがる 選手達に ひけをとるようには 思いません。

南野選手が テレビで ツートップの 1人として 出ていて と 話されてました ので トップ下という考えは ないので 武藤選手とも あうように思います。

左、乾選手 
右、原口選手 のW杯 時の ポジションで みたいです。

富安選手は CBに 戻ってもらって 
ボランチは 青山選手で 。

GKは
東口選手が痛いです。


16 2019/01/13(日)
武藤に取ってはチャンスなのだから、是非ともアピールして結果を残して貰いたい。

オマーンはウズベキスタンに負けて要るから前に出て来る可能性が高いから、トルクメニスタンよりは戦い易いだろう。

中とサイドの両方を臨機応変に使いながら崩して貰いたい。

今日は必ず勝って決勝トーナメント進出を決めて貰いたい。


18 2019/01/13(日)
今の日本の戦術のメインシステムは大迫がいてこそできるもの。
彼が出れないなら代役に彼の役割を任すのではなく今後のためにも別のセカンドシステムをやったほうがいいように思える。


19 2019/01/13(日)
個人的には武藤も十分に日本代表のFWとして活躍出来る選手だと思います。ワールドカップ前のパラグアイ戦でサイドで起用されてましたがそれもかなりいいプレーだったと思ってます。このチャンスもモノにしてぜひFWのスタメン争いを加熱させてほしいです!


20 2019/01/13(日)
中島が攻撃のスイッチを入れ大迫がはたき南野・堂安が相手の嫌がるスペースに走りこむスタイルが観られないのは残念だが、引き出しは多い方が良いので是非新しいスタイルを見せて欲しい。武藤・南野を縦に並べボランチは青山・遠藤でスタート。富安はCBで槙野OUT。乾・岳は相手のへばる後半に投入すると活きるのでは?


22 2019/01/13(日)
日本は失点率が高いから複数点が必要不可欠、連携より得点力を重視した方が良いのではないでしょうか?


23 2019/01/13(日)
南野と武藤の関係は特に重要だね
武藤は裏に抜けるのが上手くて、持ち味の選手だから、ボールを自分で運びがちな南野や堂安と合うかは心配
そこら辺で言うと香川は武藤とは相性がいいから香川のようなタイプいないのならば武藤を呼ばない方がいいのかもしれない


24 2019/01/13(日)
まぁ、武藤を使ってみて、今回ダメだったら、もう代表には呼ばなくていいと思う。
代表で結果を残してないから、「俺が俺が」感が強くなるのもダメだし、かといってポストプレーに徹し過ぎてもダメだから、難しいとは思うけど、是非殻を破って欲しい。


25 2019/01/13(日)
とりあえず南野はあまり期待できないと思う。
彼の良さが今一つ理解できない。
普段は強気ではあるけど
前の試合とかは全然仕掛けて無かったし。
大舞台で何ができるのか、見てみたい。


27 2019/01/13(日)
香川等を見てわかるように
欧州リーグでいいプレーを見せているから日本代表でもいいプレーができると思ったら大間違いと思う。オナ
欧州のクラブチームで周囲のいい選手がいるからうまれるいいプレーなわけで
だからといって日本代表で優れたプレーがうまれるわけではない。ニー
でもまぁそれなりに他とは違う試合勘を持っていると期待して
武藤南野には頑張ってもらいたいと思う。


28 2019/01/13(日)
大迫がいないのは痛いが、チームで戦う事に違いはない。重要なのは一致団結する事。
ベンチも含めて、ディフェンスもオフェンスも全員で戦う事だ。今までのやり方に違いはない。
誰が出ても問題はない。勝利あるのみ。


29 2019/01/13(日)
武藤は身長もあって、スピードもある。
このチャンスを見逃さず結果を出して欲しい。
大迫1人ではこの先難しいと思う。

頑張れ武藤!!


30 2019/01/13(日)
武藤の活躍を期待したい。大迫だけじゃないって所を見せてほしい。チャンスをものにしてほしいね。


32 2019/01/13(日)
相手をなめずに守備さえ強豪国とやる時のようにちゃんと集中して守れば大迫抜きでも普通に勝てる相手です!
あとは変化のある攻撃力で仕掛けていけば先制して有利な試合運びができるはずです!
前回の前半の守備 単調な攻撃力はひどすぎました!


33 2019/01/13(日)
前回の試合をみるとやはり中盤が薄くなったと思った。ここいらでしっかりとしないとトーナメントを勝ち上がれないと思う。


34 2019/01/13(日)
根拠はないが、武藤は、何かやってくれそうな雰囲気のある数少ないFWだと思う。
今回 結果を出して、日本代表において、大迫を追いやるくらいの活躍を期待します。


35 2019/01/13(日)
特定の選手が抜けてチーム力が大幅にダウンするようでは、本当に強いチームとは言えない。前の試合も中島不在で南野が消えてしまっていた。
今夜の試合ではどう立て直せるかだな。


37 2019/01/13(日)
冨安をCBに戻そう。
あの高さと積極性は槙野より使って欲しい。
1戦目はDFがザル過ぎたからなぁ。
気をつけて欲しい。
そして得点力。今日は先制して欲しいね!


38 2019/01/13(日)
そもそも歴史的に見ても日本代表ってボールがおさまるワントップがいない時期のほうが多かったと思う。アジアカップで見ても2004の鈴木、2007の巻/高原、2011の前田、2015の岡崎とか色々なタイプの選手がいて活躍していたけど、今の大迫ほどポストがうまくはなかった。

だからなんとかなると思う。


39 2019/01/13(日)
F牧野使いますか?トルクメニスタン戦で病み上がりの長友の半分も走っていなかった。吉田も集中力がやや散漫にみえ、2失点はDFが原因とみた。柴崎もひらめきと動きが足りなかった。武藤先発後乾が必要な場面があるだろう。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ