20190110-00000053-sasahi-000-3-view

スポンサード リンク




 苦しみながらも3-2で勝利を収めた日本代表。試合後の会見でケガ明けの大迫勇也を90分引っ張った理由について聞かれた森保一監督は「代えないといけない理由はないと思います」と前置きしながら「コンディションの部分で別メニューの調整をしていて、もう少し(試合の)展開に余裕があれば代えていたと思います」と回答した。

 このトルクメニスタン戦は後半に大迫の2得点で逆転したことで、昨年の流行語大賞の候補にもノミネートされた「大迫半端ないって」のフレーズがSNSやそこかしこで飛び交い、地上波のテレビ中継でも解説者の松木安太郎氏が「大迫半端ねえな」とコメントしたそうだが、それ以上に前線の戦術的な大黒柱として欠かせない存在であることが改めて証明された試合だった。

 本題に入る前に2得点を振り返ると、56分の1点目はボランチの冨安健洋から柴崎岳、槙野智章、長友佑都、さらに左サイドの原口元気とワイドに繋いだ展開から、ペナルティエリア内で受けた大迫がリベロのババジャノフを鮮やかなターンで外して右隅に決めた。60分の2点目は吉田麻也が左に大きく展開したロングボールを原口がインサイドに落とし、走り込んだ長友が相手ディフェンスと交錯しながらもマイボールにしてゴール前に入れると、GKもニアに寄っていた背後で大迫がタイミングよく合わせた。

 さらに71分の堂安律による3点目にも大迫は絡んでいる。ワイドに展開した流れで柴崎が中央に入れた縦パスは相手ディフェンスにカットされるが、大迫が素早くフォローして拾い、南野拓実のアシストからの堂安のゴールにつなげた。

 そうしたゴールに直結するプレーももちろん価値が高いが、大迫が日本代表に欠かせない理由は苦しいときの前線の当てどころ、ボールの収めどころとして常に存在感を発揮し、チームのプレーに安定感をもたらせることだ。あれだけバタバタした前半でさえ、大迫にボールが入ったところからは確実にチャンスが生まれたし、カウンターのリスクもほとんど生じなかった。

 そしてリードしてからの終盤。どんどんロングボールを蹴ってくるトルクメニスタンに対し、的確なチェックで起点を限定し、高い位置でボールを収め、あるいは深い位置で相手ディフェンスとデュエルすることでラインを押し下げ、敵の攻勢を削いだ。

 堂安のゴールで3-1とリードした直後の73分に森保監督は「さらに前線でタメを作ってもらったり、前線の攻撃の活性化だったり、あるいは勝っている状況の中、守備の部分で貢献してもらおうということで北川を入れました」という理由でトップ下を南野から、よりFW色の強い北川航也に代えたが、不用意に浅い位置でボールを奪われ、そこからGK権田修一のファウルによるPKで1点差にされてしまった。

「あの失点によって相手がまた盛り返してきた」と北川。アジアカップのような国際舞台の経験不足もあってか、それ以降も北川がゲームに入っていけない状況で、終盤ますますパワープレー気味の攻勢をかけてくるトルクメニスタンに対し、大迫はますます外せない存在になった。

 国内合宿から右臀部の負傷でずっと別メニュー調整が続いていた大迫。5日に行われた地元クラブとの練習試合から非公開(冒頭15分のみの公開)が続いているが、練習後のアイシングが取れたのがトルクメニスタン戦の前日であり、筆者も含めて北川のスタメンを予想するメディアは多かった。蓋を開けたらやはり大迫だったわけだが、逆にこの試合のスタメンが「大迫でなかったら」と考えるとゾッとする。

 それでも決勝まで3週間あまりで7試合をこなすレギュレーションでは大迫を欠く試合はあると想定しておくべきで、そこで北川や初戦の3日前に練習合流した武藤嘉紀の奮起が求められてくる。強豪との対戦が続く決勝トーナメントでそうした状況が出てくる可能性は高い。もちろん彼らが大迫と全く同じ仕事をできるわけではないが、チーム全体でカバーしていきながら、逆に大迫と違う持ち味で相手ディフェンスにプレッシャーをかけていってもらいたい。ただ、とにかく願うのは大迫がケガで離脱するような事態が起きないことだ。そうなると優勝はかなり困難になると言わざるを得ない。

●プロフィール
河治良幸
サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当。セガのサッカーゲーム『WCCF』選手カードデータを担当。著書は『サッカー番狂わせ完全読本 ジャイアントキリングはキセキじゃない』(東邦出版)、『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)など。Jリーグから欧州リーグ、代表戦まで、プレー分析を軸にワールドサッカーの潮流を見守る。NHKスペシャル『ミラクルボディー』の「スペイン代表 世界最強の"天才能"」に監修として参加。8月21日に『解説者のコトバを知れば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)を刊行。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00000053-sasahi-socc&p=1



1 2019/01/10(木)
世界的にトッテナムで得点を重ねてるソンフンミンの方が目立ってるけど大迫の1トップとしての姿はあんまり変わらないくらいのレベルの高さ。
確かにフィニッシュの精度には甘い部分はあるけどポストプレーや納める能力はアジアNO.1のFW。
日本人で大迫に勝るFWがいないのが現実。


2019/01/10(木)
北川は難しいな…。海外組と国内組じゃやっぱり大きな差があると感じてしまう。特にゴールへと向かう気持ちが。
北川が召集されてから何試合か見てるけどまだ「自分が決める」という強い気持ちが感じられない。
大迫はもちろん、堂安とか中島はそういう気持ちが強いのが見ていてわかる。


2019/01/10(木)
勝てたという事実が一番の収穫
大迫不在は想定しておくべきだけど、武藤が入った時、イメージを共有できるか、また遠藤航が不在であれだけ好き放題にカウンターやられるとボランチと最終ラインとの意思疎通は図れているのか疑問に思った
今のところは結果が出ているが、森保さんがどういうサッカーをしたいのか、浸透しきれてない印象がある


2019/01/10(木)
1点目の動きなど違いを見せたのは間違いないけど、個人的には、この記事だけじゃなく原口(コンディションはベストとは見えなかったが)の貢献はデカかったと思うので、メディアには取り上げて欲しい。1点目と2点目だけでなく、その辺りの時間帯は明らかにポジショニングも含めて優位性を彼で確保した。ドリブラーなど好きな人間から見ても、価値を示したのでもう少し彼に高い評価、スポットを当てても良いと思う。


2019/01/10(木)
いや、動きは重かったよ。

チーム全体がコンディション作りに失敗してる感もある。
練習、試合だけじゃなくて、宿、食事、移動などなど。特に中東で質を保つのは難しいから。それでも勝てたのはよかった。次戦まで中3日。体調立て直せるとよいのだが。。


2019/01/10(木)
足元のうまさは更に磨きがかかった。
でも特筆すべきはリーダーシップ。
俺に入れろ!!と言わんばかりの目つき。
ベテランとして存在感も半端なく出てきた。
怪我に気を付けて更に力をつけてほしい!


2019/01/10(木)
大迫は普段揉まれているブンデスリーガのレベルを考えれば、昨日の相手は目じゃないでしょう。

それに、森保ジャパンは今までは日本での対戦で今回から初のアウェーでの闘い。こういったところで、W杯という大舞台も知る大迫の経験が生きてくるわけだ。

まあ、相手チームもランキングが低いとは言え決して弱いわけではないし、これぐらいじゃないと大会は盛り上がらないしね。


10 2019/01/10(木)
親善試合は誤魔化し利くけど、代表の公式戦って考えた場合、
主将だった長谷部とエースだった本田の今までの貢献度ハンパない。

とくに本田に関しては叩く人多かったので言わせてもらうけど、
彼の代表での貢献度は本当に高いし、誰よりも頼りになってた。

南野や堂安にも今は伸び伸びやってもらいたいけど、
いずれは絶対的に頼りになる選手になってもらいたい。


11 2019/01/10(木)
最初から相手を格下扱いしてはいけない。
代表には最初にそれはなかったとしても、報道にそういう空気が流れると無用な油断を招いてしまう。
厳に慎むべき。相手にも失礼だ。


12 2019/01/10(木)
次の試合で余裕があったら武藤は試されそう。

それでも駄目なら大迫と心中するか、奇策を用いるのでしょうかね。大迫不在の時の策としては

シンプルに武藤、北川のどちらかを起用
武藤、北川、南野の中から2名のツートップ
伊東や堂安あたりを無理矢理使う
吉田をあげてパワープレー勝負

正直吉田のパワープレーが状況次第では一番良さそうかな?と思ってしまった、ファンの皆様すみません。。


14 2019/01/10(木)
「欠かせない」というよりも「代えがきかない」状態。
大迫選手の不在時には、全く違うサッカーをしなければならない。
しかし、大迫選手の代わりができる選手を探すよりも、「Bプラン」を成熟させる方が現実的な気がする。


15 2019/01/10(木)
北川が見て、やっぱりJの活躍は国際試合ではあまり参考にならないと思った。個人的には若い選手は頑張って欲しいですが。
早いうちに海外で活躍出来る選手とはやはり足りない部分が多い。


16 2019/01/10(木)
序盤から眠気と戦って見てたから細かいことはさっぱり憶えてないんだが
大迫じゃなく南野と交代で入ったにしても
北川はなんか下がり気味で噛み合ってなかった気がする

裏を狙うならもう少し前だし
周りもフレッシュな交代選手をもっと走らせるよう意識すべきじゃないかね
終盤に疲れてるのに大迫や堂安を走らせようとして
ボールが流れてたけどプレーがムダになる


17 2019/01/10(木)
大迫タイプのCFが他に思い当たらず、替えがきかない状況。 
同タイプの北川では荷が重く、代役は厳しいと思います。

セカンドトップ的役割のアタッカーは比較的人材が揃っている感じがしますが…。


19 2019/01/10(木)
「Jリーグ」なら選手層が薄いので
「一芸に秀でていれば」
他が並レベルや多少問題点はあってもレギュラーになれる

「海外」は選手層が厚く、日本人は助っ人扱いなので
「Jリーグでの一芸程度」ではレギュラーを掴めない
「言語」のコミュニケーション能力や
「指導者に合わせられる」「ポジションをマルチに対応」など
多々を「常に高度」で求められる。

中村俊輔のFKや香川選手選手の得点感覚のように
突出した才能がなければ
山口蛍選手のようになるのがオチである。

ザッケローニ監督は「名将の誉れ」に相応しく
「日本代表は海外組優先」という
素晴らしい選定基礎を創った
これにより多くの選手が悩む事無く海外に飛び出し
名選手を生んできた。

常に日本サッカーの足を引っ張っているのは
選手の能力など無視で特定のJチーム所属の選手を
日本代表という肩書使って宣伝したいという
現協会幹部とスポンサーなのである。


20 2019/01/10(木)
ハッキリ言って大迫は本田がいないチームの方がやりやすそうですね。プレーそのものの前に顔つきが違います。以前、柿谷もそうでしたけど本田に気遣う選手が多すぎました。現在の右は堂安ですが、スピード、キック制度、アイデアすべて本田より上ですね。決して本田が嫌いなわけではないのですが南野はじめ、すべての選手がイキイキしていますね。その中でも特に大迫が凄い気迫ですね。


22 2019/01/10(木)
勝ててとりあえず良かったが、吉田と槙野の距離感が少し修正必要かも。。
もう少しレベルの上のチームと初戦に当たってたらよくない結果だったかも。。
けど次も勝ってほしい


23 2019/01/10(木)
日本はできれば次の試合で勝ち点6にして(4でも可)、3試合目は大迫など重要な戦力を休ませるのが良いのではないか。開幕時点では日本の組の1位の山の方が厳しそうだったが、現時点では2つの山のうちどちらが有利かははっきりしないので、一方を特に選ぶ理由はない。


24 2019/01/10(木)
正直国内組のFW、
CFなんかとくにそうだけど
国際大会になるとほんと役に立てない。
ボール収まらない捌けない
ポジションも大迫が良いから
余計に変な位置にいたりして悪目立ちする。

国内のFW試すぐらいなら
武藤ワントップを試してみたほうが良いと思うね。


26 2019/01/10(木)
航也には厳しい公式戦デビューになっちゃった。
ただ、テストマッチで無双だった南野もいまいち。
アジアでの戦い、アウェイでの試合はそれだけ難しいと思う。

交代のファーストチョイスが航也だったことはありがたいし、
大迫の位置でも南野の位置でもチャンスはまだあるはず。
後悔ないようにクラブでやってるように前に向かって欲しい。


27 2019/01/10(木)
内容云々は別として、こういう大会は結果が全て。圧倒的に支配して圧勝する事に期待しないで泥臭くても優勝をすることを目指して欲しい


28 2019/01/10(木)
今大迫に離脱されると、決勝Tでの勝ち上がりはかなり厳しくなる。病気や怪我には気をつけて欲しい。


31 2019/01/10(木)
前線でボールをおさめて為を作れる選手は今の代表では大迫しか居ないし、こういう国際大会では得点を取れる選手が出てくる事が必要。それがこのアジア杯では大迫になるのか堂安になるのかは分からないけど初戦の雰囲気からだと大迫はキーマンになりそうだね。


32 2019/01/10(木)
大迫の価値が良く理解できる良い記事でした。
しかし記事にもあるように、武藤、北川の奮起は必要ですね。
大迫の代わりは無理でも、自分らしさだけではなくチームにとって必要なプレーをしてほしい。


33 2019/01/10(木)
クラブでのプレーはともかく、代表での活躍を見ると、それほど難しいゴールを決めているようには見えないが、オフ・ザ・ボールの動きも含め、やることをしっかりやっている結果なのだろう。
とにかく「持っている」ことは間違いないし、代表戦となると、そういう部分も大事。


34 2019/01/10(木)
普通に気候の面あるけどさ、CB二人の間合い感覚、相性な気がする あきらかにマキノと吉田はあわない気がずっとしてた


36 2019/01/10(木)
前回W杯では、大迫に向かって放り込んでおけば、ことごとく納めてくれたからね。屈強な長身のディフェンダーを相手に、ポジション取りとトラップのうまさで翻弄していく様は見ていて爽快。
大会中にコンディションをあげて、決勝トーナメントではW杯のような無双状態を見せて欲しい。


38 2019/01/10(木)
難しいよなー!スタメンとサブの力の差を埋めるのは、、、スペイン、フランス、ブラジルとかみたいにサブ組だけで、スタメン作れるくらいの国じゃないから!やっぱり若手にはどんどん海外行ってもらいたい


39 2019/01/10(木)
大迫選手は、昨年のW杯で充分に存在価値を示しました。
 そして、今年初戦の昨日の試合でもそれを示しました。日本代表チームの得点力不足が指摘されて何十年も経ちます。大迫選手の存在が不可欠なのは、至極当然です。


40 2019/01/10(木)
話は違うけど、松木さんの解説はアジア杯と他では、ひと味違う。気合の入り方が違うのか?笑











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ