20190110-00010001-footballc-000-4-view

スポンサード リンク




日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。最終的に3-2と勝利したものの、先制を許す展開を強いられている。特に前半は低調だった。(取材・文:西部謙司【UAE】)


●「こうなってはいけない」典型のような前半

「初戦は難しい試合になると思っていましたし、厳しくなるとチームで共有していました」

 森保一監督が試合後に話していたとおり、アジアカップの初戦で日本がベストパフォーマンスをみせたことは過去にもほとんどない。準備期間が限られているのはいつものことで、今回はそれでもましなほうだが、コンディションが不揃いなのはやむをえない。しかし、「それにしても」という前半だった。

 トルクメニスタンの引いてカウンター狙いが明白だったにしては、どんな準備をしていたのかと思うぐらいの、「こうなってはいけない」という悪い見本のような前半だった。列挙してみる。

・引かれてスペースがない場合の攻撃アイデアが少ない
・攻撃スイッチのはずの縦のクサビが入らない
・ニアゾーンがとれず、チャンスを量産できない
・攻守ともに切り替えが遅い
・球際で劣勢
・リスクマネージメントが不十分でまともにカウンターを受ける

 0-1で折り返したのも、むしろ納得という展開になっていた。30度超の暑さも後半には気温が下がり、トルクメニスタンのスタミナ切れから3点を奪って勝負をつけたが、PKで1点を献上。3-2というスコアから想像される好試合ではなく、日本の自作自演ともいえる内容だった。

●原口を起点に3ゴール

 力関係からすれば、負けるのが難しい試合である。事実、トルクメニスタンは後半にエネルギーがなくなっていた。ドルマン監督によれば、スタミナ切れよりも「集中力の欠如」だそうだが、とくに原口元気の左サイドへの対応が遅れていた。中央右寄りから長いパスを左へ展開し、原口を左の高い位置へ送り込む攻撃から逆転に成功。3点目も追加した。

 引いた相手に対しては、サイドにポイントを作ってインナーラップでもう1つ奥へ侵入するのが常套手段だ。日本は前半から斜めのクロスとライン裏への飛び出しを多用していたが、むしろそればかりになっていた。それなりにチャンスは作れていたが、決定機を量産できる攻め方ではない。原口がポイントを作り、長友のインナーラップから大迫がゴールした2点目のような形が前半からほしかった。

●カウンター対策の不備

 PKを与えた場面も含めて自陣でボールを奪われるケースが何度かあった。トルクメニスタンの先制点は、堂安律から柴崎岳への横パスがずれてカットされ、そのままカウンターを食らったもの。自陣と敵陣の違いはあっても、失い方が良くないのは同じ。

 この最初の失点は、失い方が悪いだけでなくカウンターを潰す準備もできていない。フリーで持ち上がってきた相手に対して、酒井宏樹はやむなく引き込む選択をしたが、酒井の前面へ戻ってくる選手がいない。アマノフのシュート自体はスーパーとはいえ、失い方もカウンターケアも切り替えもすべて良くない。カウンター狙いの相手にやってはいけないことを重ねた結果といえる。

 カウンターの芽を摘むはずの冨安健洋は、何度かは素早い潰しをみせたものの、潰せる位置にいないことも多く、中盤を通過される場面が目についた。これも相手が引く=ハイプレスがメインになるのが明白だったにしては、連係面であまりにも準備不足といわざるをえない。この大会のポイントだった被カウンター守備が機能していないにもかかわらず勝利できたのは幸運だった。

 反省点ばかりの初戦だったが、これからコンディションは上がってくるはず。初戦の出来が悪いのはいつものことでもある。ここから試合ごとに良くなっていくだろうが、意外なほど低いところからのスタートとなった。

(取材・文:西部謙司【UAE】)

フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00010001-footballc-socc



1 2019/01/10(木)
色々言いたいことはあるけど、先制されないとエンジンがかからないのが本当ダメだよな。
このアジア杯は優勝するチャンスもあるし、期待してるけど

根本的に欧州や南米の強豪と渡り合おうとするならさ
常に格下相手を叩き潰すくらいの気持ちを最初から持って欲しいよね。
叩き潰すには当然相手をナメてはいけないし、相手の上手いところは素直に認めなければならない。
それを認めた上でそれを圧倒しようとする気迫。
それが欲しい。
昨日の試合ならシュートなんざ打たせやしないという気迫を前半から持っていただろうか。
ドン引きのディフェンスをこじ開けようという工夫が前半からあっただろうか。
がんばれ日本。


2019/01/10(木)
前半は中をガチガチに閉めたトルクメニスタンに対して中ばかり使っていたから前半終了時はどう成るかと思っていたが、後半は中を閉めた相手に対してサイドから崩しに掛かったのは正解だった。

終始気に成ったのはGK の権田を含めたDF 陣の連係の悪さだから、次のオマーン戦は冨安はCB に戻した方が良いし、GK は東口に代えた方が良い。

いずれにしろ勝ち切った事は大きいし、次のオマーン戦も頑張って貰いたい。


2019/01/10(木)
怪我人がでたという問題が一番だろうが、遠藤も青山も出さずに中盤をぶっつけ本番で安定させろという起用は、相手を舐めすぎかなとも思った。
メンバー選考の段階から不安だった、大迫の代わりがいないという問題も尾を引きそうだ。
CFができる人間が大迫しかいない。FWが不足している。中島の欠場で、サイドアタッカーにも不安がでてきたので、益々、中央で頑張れる人間が一人だけというのは心許ない。
北川が抜擢されているが、プレー内容はかなり見劣りした。
メディアの寵児となった南野だが、ワークホースタイプではなく、好不調の差が激しいタイプの選手だ。
乾と武藤のコンディションも気になるが、次戦は出場するのだろうか。
原口や長友といった頼りになるワークホースタイプがいるのはいいが、攻撃が左サイドに偏りがあるのも気になる。
相手は対策をとってくるだろう。


2019/01/10(木)
他の強豪国は年明け前から早々に中東に移動して1月でも暑い気候になれる為に合宿して強化試合もこなしてる。日本協会が主導した準備の低質ぶりは酷すぎる。真冬の日本や吉田・武藤がいる英国から初戦の6日前にUAE入りして汗腺が開ききるとでも思ってたのだろうか?吉田とか倒れそうな顔をしてた。冨安ボランチもなぜテストマッチで試さない?

中島離脱もJFAの大失態。FIFAは大陸選手権の場合、その大会の開幕2週間前までに選手を強制招集できる権利を加盟協会に与えてるが、JFAはその権利を行使しなかった。早めに招集していれば怪我は防げた(負傷は先週)。JFAのアジア杯に対する舐めた態度が大きな戦力ダウンを招いた。何も起こらなかったから幸いだったものの、過密日程だったプレミアの吉田も野放しにしてて、負傷するんじゃないかヒヤヒヤしてた。

なぜマスコミはこの協会の怠慢ぶりを批判しないのだろうか。


2019/01/10(木)
改めてボランチ大事なんだなと。
ディフェンスとの連携も取れてない。
救いだったのはわりと審判がまともだった。
数年前なら権田はレッド。


2019/01/10(木)
日本はアジアでは強豪になったけど、。一発の怖さという点で、各国内リーグの点取り屋を比較すると大きな差はないのかもしれない。相手は国内リーグの首位チームから7人二位から4人という普段通りのサッカーがしやすいチーム。日本相手には引いて守るのをプラスするだけ。しかも点取り屋が二人。一発を、しかも先に決められても勝てたのは唯一の収穫というか救いだけど、この先も当然侮れない。3-1の後にすぐ2点目を献上したけどこれは最悪。
大迫は普段から結果と言い続けていて別格の集中力だった。この先は徹底的につぶしに来られるけど、他の選手は準備できてるのかな?


10 2019/01/10(木)
単純にこれがアジアでの戦いということ。
アジア強豪国はどうしても世界との戦いを視野に入れてるから、どうしても基本ベースの戦術がそうなってしまう。
ガチガチにゴール前を固めてカウンター狙いの国を想定した戦術なんて頭では分かってもピッチ上ではそう簡単にいくもんでもない。
それにかえてアジア自体のレベルも個人のレベルも上がってる。
それなのにカウンター狙いの戦術はかえてないわけだからそれをこじ開けようと思うと結構至難の業と思う。
こういう戦いは絶対に守ってる側のがメンタル的にも楽だしやりやすい。
攻める側は後半にかけて序盤から揺さぶりかけて相手を走らせて体力的にもメンタル的にも消費させてから一気に攻め込むしかないと思う。
下手に前半から攻め立てても今回みたいな失点を生む可能性は充分にある。
アジアでの戦いを森保さんも早いことすり合わせていかないとオーストラリアやUAEみたいに足元すくわれるぞ


11 2019/01/10(木)
納得できる記事。
後は追記で、特に槙野からのビルドアップの遅さ、を入れてほしい。
DFの前が空いている状況、相手は引いてガチガチに守備を固めている状況で、横パスをしながら相手が飛び出してきたところを縦パス狙いだったんだろうけど、それが攻撃の遅さに繋がった。臨機応変に自分で持ち込んだり、サイドへ速いパスを繋げたり等が全くない。
冨安も柴崎へ横パスが多かったが、慣れないポジションでは仕方ない気もする。でもやはり攻撃でも守備でも「攻める気持ち」をもっと見せて欲しかった。
次戦は冨安と吉田をCBで並べて、サイド・センターを有効に散らして攻撃を組み立ててほしい。


12 2019/01/10(木)
南野と堂安は(特に南野)中島と言う劇薬がいるから良い化学変化を見せていたのだと思う。
ベネズエラ戦かな? 中島が途中交代して代わりに原口が入った後膠着したよね?
あの試合の交代後も、昨日の試合とそう変わらない内容だったと思う。
攻め手が正直すぎると言うか、怖さがないと言うか。
中島が怖いから、中が空くって展開が無かったもんね。
そういう意味では、中島がサイドにいれば、南野じゃなくても活きる選手は他にいるんじゃないかな?

原口が悪いって訳ではなく(後半の原口サイドの崩しは良かった)
あくまで、中島と他2人の関係性の話。


13 2019/01/10(木)
初戦は難しい試合になるだろうと思ってたと監督、選手も口々にコメントしていたが、試合ぶりは、相手の方が守備的で慎重さが感じられ、攻める時は勇猛果敢に来ていた。ミスや隙が見られ相手を舐めてたと言われても仕方がない戦いぶりに感じた。難しい試合になるのなら1点も失点しないような気迫で戦って頂きたい。結果として、3点とって2点取られて初戦は難しいと言われても違うだろと思う。


15 2019/01/10(木)
日本の「高い位置での〜」は、そこにいるだけで何もプレッシャーになっていませんね。だから、無理すると足を出して置いていかれる。そうでないと、自分の前であっても後であっても、スペースを使われてしまう。プレッシャーをチーム全体でかけ続けることができないと、また、DFの目の前で、MFの真後ろのゾーンマークはいつまでたっても緩いまま。
W杯のあの3失点目、ベルギーがスゴイから手も足も出なかったんじゃなくて、自分たちの未熟さからと、トルクメニスタンから再度、学ぶ機会を得ましたね。


16 2019/01/10(木)
位置取りの悪さだったり、雑なパスミスだったり中盤の悪さもあったし、CBの連携の悪さや運動量の低さを見てて感じた。
選手一人の責任ではないのは分かってるが、個人的に槇野選手に対してヒヤヒヤだったり、イライラする場面が多かった。
カウンターを受けた際に最後まで全力で追ってないシーンや、抜かれてもその場で足が止まったままって場面が結構見受けられたし、吉田選手との横の距離が以上に離れていたり、最終ラインでボールを回してる時にフォローにいくのが遅かったりフォローにいってすらいないのには見ていてイライラした。
気温の高い中で体力面でしんどかったのは分かるけど、こういう大きな大会で最後まで全力で走る姿勢が見られない選手っていうのはどうなんだろうと感じた試合だった。


17 2019/01/10(木)
富安がガンガン行くために中央でさばくはずの柴崎が戸惑っていた。全てはバランスの悪さが原因で試合をしながら調整していくのだがそれができない。後半、原口が真ん中に入って来すぎだったのがなくなり、サイドに張り付くようになった事もあり連携がとれた。とにかく様々なポジションでバランスの悪さが露呈されたね。試合を重ねる毎に良くなるのか不安山積である。


18 2019/01/10(木)
詳しいわけではないが相手の先制点はフリーキックのお手本のようなシュートで、日本は全員がひいて相手が蹴るのを待っていた。シュートが素晴らしかったのは確かだがあの状況を作ってあげたのは紛れもなく日本だった。
タイトルに「自作自演」とあるが最初の1点はそう捉えられても仕方ない


20 2019/01/10(木)
トルクメニスタンに先制されたシーンが昨日の試合のハイライトかな。あの位置から狙って決めた選手は勿論すごいけど、守備が3人いて誰もプレスかけないし、権田も反応遅れてるわで、日本が油断してた部分を凝縮してた。結果的に勝ったから良かったけど正に油断大敵とはまさにこのこと。

権田は全体通して内容が酷かった。次戦は替えてほしい。


21 2019/01/10(木)
前半は酷かったな。縦のくさびは狙われてたから外を有効に織り交ぜないといけないのに縦パス一辺倒でミス連発してたな。柴崎は明らかに試合勘が戻ってないし、CBの冨安を大事な初戦にボランチ起用は理解できない。吉田は疲労からなのか、球際で負けてたな。次節は冨安をCBに戻した方がいいと思う。


22 2019/01/10(木)
撃てば入る雰囲気を作らせた時点でダメです。
ゴールに至るまでの要因はあるでしょうが、最後の要のGKに迫力も冷静さもない。
敗因とは言いませんが、このパフォーマンスなら他のGKを試すべきです。


24 2019/01/10(木)
準備機関が少ないって???
あれ?
親善試合で新ビッグ3だとか煽てられ、だいぶ自信持ってたんじゃないの、森保さん!

あれだけW杯後の新代表選考に対して、アジア取りに行くならもっとW杯選手ベテランとの融合させながら、若手に切り替えて行かないと言う声が多かったのに、予想される対策を親善試合でやって来なっかった、挙句の苦戦ですよね!慢心森保監督さん。

それに采配・選手交代に、不安が露呈しましたね。
この監督少ない戦力で、長期的な采配には長けてるが、大会の様な短期戦には向いてなさそう。

広島時代と違って、多くの戦力使える事を、もっと実感してください。


25 2019/01/10(木)
引いた相手に苦労するのはいつもの事。
日本がワールドカップで世界とそれなりに闘えたように、アジアの格下も日本とそれなりに闘えるようになってきている。
それでも勝たないといけない。


26 2019/01/10(木)
南野

【球際でまるで勝てないのにセンターポジションとかあり得ない】

新ビッグスリーとか馬鹿騒ぎしてたけどさ、渡欧何年も経ってるにも関わらずフィジカルが全く成長してないお子様じゃん。
虚弱が通じるリーグや代表相手にゴール数だけでスタメン評価とか、アフリカ、ブラジル以前に戻ってんじゃん。
一体何を学習したんだっての。
個が弱い奴を使うな。いつか強豪DFに負けるのがわかってるのを使っても、代表のシステムとして積み上げが利かない事がわからないのか。
センターポジションが出来るレベルまで代表へは呼ばなくていい。

最低限のフィジカルを欧州で作り上げた
原口-中島-堂安、浅野でいい。


28 2019/01/10(木)
準備期間少なくて、連携取れないのわかってるんだから、富安じゃなくて、遠藤航を起用すべきだったと思う。
失点もこちらのミスからだし、勝ててよかったけど、先が思いやられる。
相手が強豪国だと実力以上の力が出るのに、相手が格下だと実力以下の力しか出せないのは、いつも通りの日本。


29 2019/01/10(木)
まずキーパー、東口だったら0点に抑えたでしょう。
吉田、相変わらず危ないバックパスをするし、パスミスも多かった。
柴崎も要所要所でヌケたプレーをしていた。
南野、最近では珍しくキレがなく、ミスが目立った。変わって入った北川もフィットしていない感じで失点に繋がった。
この中央の選手達がぐずぐずだったので、昨日の腑抜けた試合になるのは当然。


31 2019/01/10(木)
揺さぶった時の相手の右サイドバックと右センターバックのスライドがズレてたのを後半は突けたから良かった。逆に言うとそこの弱点を見つけるまで45分以上かかってるようでは遅い。
ベルギーのように相手の選手一人一人が個性的ならスカウトや分析も大事だが、情報の無い相手は分析する時間も情報も無いんだから、力技で勝つ能力が必要だと思うよ。


32 2019/01/10(木)
格下相手に内容がかなり悪くても負けない事が大事
勝ちながら問題点も修正出来る良い状況ではないかと思う。
前半から後半になり攻撃の対策は変更出来たが、
守備の連係は、相当悪いからどう対策取るかですね…


33 2019/01/10(木)
本来の作戦ならば大迫がSBを引き受けるのだけど、さすがに5バックにされて3人に増えたSBを相手にするのは無理があった。
それで酒井と堂安にボール集める作戦に切り替えたけど、それも効果なし。
結局はガチガチに固められたペナルティエリアにクロスを蹴り込むだけのギャンブルアシスト。
バイタルからのシュートを増やしてDFを前に引っ張る必要を感じた。


35 2019/01/10(木)
カウンター食らうとノーガードなのは何とかしてほしい。

ボランチの一人が柴崎なら、もう一人はかつての戸田和幸のような潰し屋がほしい。
その意味で冨安は物足りなかった。

また、CBもなぜ昌子源を召集しなかったのか?槙野はリザーブでもチームを鼓舞できるし、今のところ、吉田・昌子がベストチョイスだろう。

今回のように柴崎の相方がいない状況なら、ボランチ吉田麻也、CB昌子・槙野がいいと思う。
引いてくる相手に対して、攻撃時はサイドから揺さぶる必要があるから、両方SBは高いポジショニングになる。そうしたら、ボランチ一人+CB二人でカウンターを捌くしかない。
吉田・昌子・槙野ならば潰すことも可能だろう。
4-2-3-1をベースに攻撃時は3-1-3-3になる可変システムにしたらいいと思う。


36 2019/01/10(木)
しっかりと勝てたことは収穫
得点力は上がってるとは思うけど
守備は不安
遠藤航は次戻ってくると思うし
冨安CBに戻ったら多少はよくなると思う


38 2019/01/10(木)
中島が抜けたのが大きい。積極的に仕掛ける場面が少なかった。
それと酒井はボール持ったらすぐ止まるし、必要な場面で動きを止めるよりも流れ自体を止めてたように思えた。パスコースがなかったのならチャレンジしても良かった。


39 2019/01/10(木)
こういう前半のような試合って度々見ますが、過去のことを考えると結果的には良かったほうではないかと思いますよ。

いつも思うのですが、前半のような展開でしかも負けてる時にずっとボールまわしてるのは時間の無駄だと思うんですよね。
いっそのこと、あまり全員上がらずに、前線にロングボールどんどん入れて相手に攻めさせるほうがいいと思います。
勝ってる状況ならまだしも、負けてるんですから、、、。


40 2019/01/10(木)
ザックの時もそうだけど、一つの戦術やスタイルにこだわり過ぎると、相手に研究されてしまった時に手が打てなくなると思う。ワールドクラスの国やチームと違い個の力でゴリゴリ切り開けるわけでもないし、戦術の幅が必要だと思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ