20190104-00010006-goal-000-3-view

スポンサード リンク




プレミアリーグ第21節のマンチェスター・シティvsリヴァプールが3日に行われ、2-1でマンチェスター・Cが勝利した。『Goal』では、この試合をフォーカスマッチとして、選手採点を実施した。


15勝2分け3敗で3位に位置するマンチェスター・シティと、17勝3分け無敗で首位を快走するリヴァプールが激突した。試合は40分にセルヒオ・アグエロのゴールでマンチェスター・Cが先制する。後半、64分にロベルト・フィルミーノがネットを揺らしたリヴァプールが同点に追いついたが、72分にはリロイ・サネがゴールを奪ってマンチェスター・Cが勝ち越し。そのまま逃げ切ったマンチェスター・Cがリヴァプールに今季初黒星をつけ、勝ち点差を4ポイントに縮めた。

この試合、『Goal』による選手採点は以下のとおり。※5点満点。平均点は【3.0】。出場20分以上の選手が対象

◆マンチェスター・シティ選手採点

GKエデルソン【3.5】
さすがのキック精度とフィード力でプレス回避において重要な役割をこなす。飛び出しのタイミングを誤る場面もあったが、ビルドアップではセレソンの同僚であるアリソンよりも魅せた。

DFダニーロ【3.5】
リスクを意識しバランス重視のポジショニング。ウォーカーほどの推進力はないが、特に守備面で奮闘した。

DFヴァンサン・コンパニ【4.0】
30分に危険なタックルがあったが、気迫のこもった対応とメッセージ性のあるパス出しを見せた。とりわけ、守備時の前への対応が光った。

DFジョン・ストーンズ【3.5】
序盤にゴールラインぎりぎりでの好対応で失点を阻止した。30分には自陣で軽率なパスミスがあったが、終盤にもゴールライン付近でナイスクリア。

DFアイメリク・ラポルテ【3.0】
本職センターバックながら左サイドバックで出場。プレースタイル上、高い位置はあまり取らなかったが、先制点の場面に関与した。

MFフェルナンジーニョ【4.5】☆Goal選出MOM
読みの利いた鋭い動きで広大なエリアをカバーし、危険なポイントを潰し続ける。鬼神の如く君臨してボールを刈り続け、中盤を制圧した。

MFベルナルド・シウバ【4.5】
いつも以上に攻守の切り替えが早く、特に守備面でタイトな対応を継続。急所を突く鋭い仕掛けからアグエロの先制点をお膳立てした。MOM級のパフォーマンス。

MFダビド・シルバ【2.5】
ワイナルドゥムの厳しいマークに遭ったこともあり、攻撃陣の中では唯一、流れに乗り切れなかった。本来の力を考えれば消化不良。

⇒ギュンドアン【2.5】
試合に入りきれないまま終了。多くの仕事はできなかった。

FWラヒーム・スターリング【3.0】
前半は対面のロバートソンをなかなか攻略できなかったが、後半は盛り返す。サネのゴールを演出した。

FWセルヒオ・アグエロ【4.0】
抜群のポストワークで起点づくりをしながら、圧巻のシュートで先制点を記録した。さすがの決定力で、エティハドでのリヴァプール戦において7試合連続ゴール。

FWレロイ・サネ【4.0】
立ち上がりから左サイドで積極的な仕掛けを続けてチャンスメーク。素晴らしいフィニッシュで勝ち越し弾を挙げた。

監督:グアルディオラ【4.0】
序盤からリヴァプールを恐れることなくアグレッシブな戦いを見せてシックスポインターを制した。終盤のDF2枚替えも冷静に判断。

◆リヴァプール選手採点

GKアリソン【3.5】
2失点の場面は仕方なし。終盤にアグエロとの一対一、ベルナルド・シウバのシュートに対してファインセーブを見せて3点目を許さなかった。

DFトレント・アレクサンダー=アーノルド【3.0】
守備ではサネの裏を取る動き出しとドリブルに苦慮。ただ、素晴らしいクロスで同点弾を演出した。

DFデヤン・ロヴレン【2.0】
アーノルドの裏のスペースをカバーしきれず、先制点を許した場面ではアグエロに対応できなかった。

DFヴィルヒル・ファン・ダイク【4.5】
この大一番でもハイパフォーマンスを披露。冷静さを失うことなく、的確なポジショニングとカバーリングを続けた。相手のクロスをことごとく処理。まさに壁だった。

DFアンドリュー・ロバートソン【4.0】
アタッカーへのクサビのボールの質が非常に高く、ビルドアップで違いを出す。フィルミーノのゴールをアシストした。

MFジョーダン・ヘンダーソン【3.0】
出足の鋭い守備で中盤を締めたが、攻撃面では厳しいプレッシャーを受けたこともあって前向きでプレーすることに苦しんだ。

MFジェームズ・ミルナー【3.0】
さすがの運動量で広いエリアをカバー。決して悪くはなかったが、よりボールに絡む回数を増やしたかった。

⇒ファビーニョ【3.0】
そつなく試合に入り、展開力を活かしてボールをさばいた。

MFジョルジニオ・ワイナルドゥム【3.5】
ダビド・シルバに多くの仕事をさせなかった。前半は攻守においてソリッドだったが、後半は疲れからかやや失速した。

FWモハメド・サラー【2.5】
終盤にようやく際どいシュートを放ったが、総じて見ればアタッキングサードで効果的な仕掛けを繰り出す場面はほとんどなかった。

FWサディオ・マネ【2.5】
ポスト直撃のシュートはあったものの、なかなか高い位置で仕事ができず、消される時間も長かった。

FWロベルト・フィルミーノ【3.5】
ポストプレーではフェルナンジーニョやコンパニの厳しい対応に苦戦するも、さすがの嗅覚で同点弾を奪った。

監督:ユルゲン・クロップ【3.5】
「アウェー」、「7ポイント差」ということもあってシャキリをベンチに置き、バランスを重視。ファビーニョ投入でのシステム変更など交代策も的確だったが及ばず、リーグ初黒星。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010006-goal-socc&p=1



1 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョの重要性を再認識させられる試合になった事は間違いない。逆に彼の代役探しは困難を極めそうだね。何はともあれこれでプレミアが面白くなった。シティーとしては今後も勝ち続けながらリヴァプールが落とすのを待つしかない状況ではあるが、今回の勝利はリヴァプールに相当なプレッシャーがかかった筈だし、まだまだ優勝争いはわからない


2019/01/04(金)
シティは12月に3敗したことで、前節のサウサンプトン戦から選手の闘う姿勢が明らかに変わった。
特にアグエロには驚かされている。
攻守にチームを闘志で鼓舞し、特に守備面では今までならそこまで戻っていなかったDFライン付近まで戻って守備をするようになった。
もちろんベルナルドやフェルナンジーニョは賞賛に値するけど、
稀代のストライカーアグエロは更なる才能を見せつけている。


2019/01/04(金)
両監督がシステムを少しづつかえながら戦う好ゲームだった
しかしシティの終盤の耐え方には驚いた
エティハドであそこまで攻めこまれるの初めてみたし、耐えきれる力もある
リバプール応援していた側としては、ファンダイクがぶちギレてたように、縦からのボールではなく横からのクロスのほうが可能性あったとは思うが…
しかしサネは大一番で仕事するね
アグエロもディフェンスさぼらんし


2019/01/04(金)
正直、シティがホームであんなにガンガン押し込まれる試合は何年もなかったのでは。
フェルナンジーニョ、コンパニが要所を締めてなければ一方的な展開だったかも。
シティは苦しい試合を制した事で再びエンジンかかりそう。


2019/01/04(金)
ロブレンのところがゴメスだったら少なくとも引き分けには出来てただろうな。
疲れもあるんだろうけど裏をとる動きに全く対応できてなかったし、ビルドアップでも足を引っ張っていた。

とはいえ一番の山場を終えてまだ4ポイント差あるわけで、切り替えていってほしい。


2019/01/04(金)
フェルナンジーニョのMONに意義なし。
一人であんなに広いエリアをカバーできるんや、って感動した。まぁその前にいるシウバとアグエロが、きっちりフォアチェックいってるからだろうけど。コンパニも良かったね。冷静に熱くチームを引っ張ってたね。


2019/01/04(金)
いつものロブレンとクロップは慎重な布陣は主導権をシティーに譲ったが、互角な戦いを演じていた。勝負はマネとサネのそれぞれのポストで分けた、数センチの差でした。


2019/01/04(金)
面白い試合だった。中盤の攻防を真っ向から制したね。相変わらずシティの失点シーンは脆かったけど。フェルナンジーニョとアグエロの代わりが出来る人は居ないぐらい2人の出来が凄かったわ。
ベルナルドシルバも最高でファンになったよ


10 2019/01/04(金)
本気のシティやばかった!
あんなに強度の高いプレーをして来るなんて。
みんなファウルスレスレでも躊躇なくて、終盤にはプライド無しのクリアの嵐、ヘロヘロになりながらも走り続ける姿は気概を感じたわ。
特にスターリング。これまでリバプール戦は気圧されてばっかりだったけど今日はドリブルにいつものキレがあった。一皮むけたかな?


11 2019/01/04(金)
ロブレンとTAAの所は毎回狙われる。
TAAは攻撃でまだ貢献できるけど、ロブレンはビルドアップも駄目だからなー。ゴメスもマティプも怪我多いし、夏にやはりもう一枚必要かも。


12 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョのフィルター性能が凄すぎた
代役をこなせる選手はほとんどいないでしょ


13 2019/01/04(金)
フィルターとして十分に機能して複雑なペップの戦術にも対応できるアンカー。フェルナンジーニョの後釜は相当見つけるの難しそう。


14 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョも良かったが個人的にはベルナルドがMOMだった。とにかく必死にボールを追いかけていた印象。だからこそコースが限定されてフェルナンジーニョもやりやすかっただろう


15 2019/01/04(金)
強豪同士のタフな試合での先制点を取ってくれるアグエロは正しくエースだよなー


17 2019/01/04(金)
リヴァプールファンだから
当然試合の結果には満足していない。

リヴァプールは同点に追いついたあとの試合運びに…多少、問題がありました。リスク管理をしっかり行っていれば、アグエロ選手にドリブルでバイタルエリアを使われる状況は防げたと思っています。

Man Cityの2点目にプレミアリーグを制覇したことがあるマンCityと…まだ無冠のクロップ・リヴァプールとの差を感じましたね。

ただ、この試合で痛手を負ったのはリヴァプールよりMan Cityの方だと思います。
Man Cityはフェルナンジーニョとコンパニが抜けるとかなりディフェンス力が低下します。
試合終盤にコンパニ選手が怪我で交代したのは、次戦の相手ウルブスを考えた時にかなりの痛手になると思います。

一方のリヴァプールは、現リーグチャンピオンから有難いレッスンを受けて、さらに進化して隙のない強さを身につけると思います。


18 2019/01/04(金)
リヴァプールは次からまた勝ち続けていけたらな
ズルズル行かないことが大事でそこで成長が見られるかどうか


19 2019/01/04(金)
スターリングはもう少し評価しても良いんじゃないかな?よく走ってたよ。
前々からフェルナンジーニョの代役確保が必須だと思ってたけど、そんな選手存在しないんじゃないかと思えてきた。


20 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョとベルナルドシルバが圧巻すぎた。。


22 2019/01/04(金)
ロヴレンがひどいパフォーマンスだったな。採点1でいいくらい。あと、リバプールはフィニッシャーは申し分ないが、もっと質の高いゲームメイカーが欲しい感じだね。


23 2019/01/04(金)
セレソンでは大したことないんだがな


24 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョがペップと出会って世界最高クラスのチームの換えのきかない選手になっているという事実には、本当に驚かされる。


25 2019/01/04(金)
ベルナウドの貢献度が凄まじかった


27 2019/01/04(金)
ロヴレンいたらCLもかなり不安だわ


28 2019/01/04(金)
なるほどフェルナンジーニョのいなかったパレス戦とレスター戦を落としたのも頷ける


30 2019/01/04(金)
フェルナンジーニョのクローン欲しいな


31 2019/01/04(金)
ジーニョが5歳若返るならシティはいくら払うだろうか?


32 2019/01/04(金)
MOMはサネだとおもうけど?


33 2019/01/04(金)
リヴァプール、もう一枚センターバックのクラッキ欲しいね
デリフトなら100億ぐらい突っ込んじゃえば?って思うけど


35 2019/01/04(金)
スターリングはマイナス目線で評価され、サネはプラス目線で評価される。この不当評価のされかたにはうんざりしてる。
得点、チャンスメイク、守備、運動量、パフォーマンスの波、その他ほとんど全てがスターリングの方が上回っているという事実なのに。


37 2019/01/04(金)
フィルナンジーニョが圧巻だったわ
ブラジル代表ってフィルナンジーニョ以外にカゼミーロ、アランもおるんよな
やっぱ強いわ(笑)











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ