20181231-00432728-nksports-000-10-view

スポンサード リンク




今季限りでの現役引退を発表した鹿島の元日本代表MF小笠原満男(39)が28日、ホームのカシマスタジアムで会見を行った。記録にも、記憶にも残る名選手。日刊スポーツの歴代担当記者がその人物像を描いた。

  ◇   ◇

私が鹿島を担当したのは2003年の1シーズンだけだったが、印象に残る場面はいくつもあった。

同年7月5日の磐田戦。セリエAサンプドリアに移籍するFW柳沢のラストマッチだった。試合は柳沢のゴールもあり、前半で4-0。結局5-2で勝った。

試合後、スタジアムは柳沢の送別ムードでいっぱいだったが、小笠原は違う空気を醸し出していた。話を聞くと、こう言った。

「彼にとっては最後かもしれないけど、僕らにとっては最後じゃない。2点取られたことを反省しないといけない」

ムードに流されることなく、勝負へのこだわりを口にした。2歳上の柳沢をあえて「彼」と呼び、これからエース抜きで戦っていかなくては覚悟を示したように聞こえた。

当時の小笠原は24歳。血気盛んでもあった。

同年4月19日の東京V戦では、試合中にチームメートのFWエウレルの胸を小突いた。個人プレーにはしる元ブラジル代表を許せなかった。

その3日後に通訳をまじえて話し合って和解すると、こう明かしてくれた。

「こういう機会でもないと話せないから良かった。エウレルは『努力するから』と言っていた。いい話ができました。手を出すのはよくなかったけど、言い合うのはよくやっているし、けちをつけようと思ったわけではない」

数日間の小笠原の心境をおもんぱかって「つらかったのでは?」と聞くと「周りが思うほどたいしたことじゃない。これからも要求はしていきたいし」と続けた。つくづく、気持ちが強い選手だった。

そんな小笠原の性格は、チーム内でよく理解されていた。当時スカウト部長だった平野勝哉さんは「ブラジル代表を突き飛ばすんだから、時代も変わったよね」と笑い飛ばしていた。

あれから15年。引退にあたって、当社の歴代担当記者の記事を読んだ。その後も、勝負へのこだわりは少しも変わっていなかったことを再確認した。これこそが、プロの姿勢なのだと思う。

【03年鹿島担当=佐々木一郎】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00432728-nksports-socc



1 2018/12/31(月)
歳が上だろうが下だろうが関係なく、小笠原の気持ちの強さはピッチ上の選手のみならずサポーターにとってもかなり心強かった。
試合を勝利で終わるために何をすべきかを体現してチームを導ける存在だった。
今後のチームの歴史の中でも貢献度と影響力は群を抜いた存在でしょうね。


2018/12/31(月)
いつか鹿島の歴代人気選手1位と言えばと聞かれたら小笠原が1位かなと思う、ウッチー、柴崎、大迫、鈴木から慕われ、同期の中田や曽ヶ端からも尊敬され、凄いとき思う


2018/12/31(月)
当時のブラジル人はJリーグを舐めて個人プレーをしたがる節があった。そんな中でチームの中で個人技を生かしたポンテのうまさは異彩を放ってた。ビスマルクやドゥンガもそうだけど、チームファーストで自分を生かせる選手じゃないと優勝はないんだろうなあ。


2018/12/31(月)
中田ヒデが引退を決めたきっかけの一つとして「自分と同じに気持ちでサッカーに向かっている選手が二人しかいなかった。」と語ったと言う記事を読んだ記憶があります。

一人は、もう一人の中田で、もう一人は小笠原だった。

お疲れ様でした。


2018/12/31(月)
我慢強い選手だと思う。ワールドユース前まで小野がいて、控えなのに文句も言わず、本番前にトルシエに変わって同時起用。オリンピックも中田がいて、普通なら不貞腐れて終わるのに、結果引退するのが自分の意志で決められるなんて凄いことだよ。

記事に書いてないし、うやむやで終わったけど、差別発言のときも本人より真っ先に発言する。素晴らしい選手でした。

鹿島じゃなくて、協会にいって悪いところをどんどん発言して直してほしい。


2018/12/31(月)
勝負に対する強い気持ちとチームを思う強い気持ちを持った選手がどのくらいいるだろうか。もし、いないようだったら鹿島はすぐさま降格を争うチームに成り下がってしまうだろう


2018/12/31(月)
相手がブラジル代表だろうが天皇だろうが関係ないでしょう。全く話の通じない相手の場合は、その人の問題ですから個人的にはスルーしたほうがよいと思いますが、そうでないなら相手に関係なく正しいことをするだけの筈ですし、本来そこに条件は必要ないと思います。しがらみとか立場とか緩いほうが平和ですよ。おおむね一人ひとりがもっと自信を持つべきでしょう。


2018/12/31(月)
その前にもフリーキックのキッカーを巡ってビスマルクと揉めたこともあったっけ??本田にしても中村俊輔とキッカーを巡って衝突したこともあったけど、自分のキックに自信がなきゃレジェンドクラスに意見はできないよね。


11 2018/12/31(月)
常勝軍団 鹿島の強さを垣間見ることができるエピソードですね


12 2018/12/31(月)
結果盛んな時は代表で夜遊びした時もあるけどね。誰もが愛する選手であったことは間違いない。


13 2018/12/31(月)
その一方でチームメイト想いでも有るね。
チームメイトが移籍や引退するときには取材記者に涙を浮かべて答えることも有ったり。


14 2018/12/31(月)
柳沢とはただ単に仲が悪かったんじゃない?


15 2018/12/31(月)
40番を永久欠番に!!


16 2018/12/31(月)
中田ヒデに対して態度悪くなかったっけ。


18 2018/12/31(月)
神戸にはポドルスキを小突ける人はいるんだろうか。


19 2018/12/31(月)
ベベットも突き飛ばしてた。


22 2018/12/31(月)
他サポだがこの人の引き方には本当にかっこよさがある


23 2018/12/31(月)
今の若い選手も満男とかにガンガン物言って納得いかなければ話し合ってそーいうところが鹿島の強さなんだろな。


24 2018/12/31(月)
写真の後ろには、黄金期の服部さん。
この試合は悔しかった。


25 2018/12/31(月)
風の子エウレル懐かしい。


26 2018/12/31(月)
いま、こーゆー若い人いないよね。


28 2018/12/31(月)
いいやつだ!ファンサービスも良ければ完璧だった。


30 2018/12/31(月)
なんだろ。
サッカーの職人みたいな人なんだろうな。


31 2018/12/31(月)
味方GKを殴って相手選手にイエローカード与えた件の特集はまだでしょうか?


32 2018/12/31(月)
やっぱりペテン師だったのか?


33 2018/12/31(月)
血気盛んな裏満男w やるね~と思って見てましたがwww  まぁ若気の至りっしょw  されど何だかんだ言いつつ皆に尊敬され、愛されてますな。


34 2018/12/31(月)
腐ったみかん


35 2018/12/31(月)
スンテを殴ってポドルスキにイエローカードださせるペテン師️











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ