20181228-13017253-gekisaka-000-3-view

スポンサード リンク




 キック一つですべてが変わった――。今季限りで現役を引退する鹿島アントラーズMF小笠原満男にとって、最も記憶に残るシーンは99年ナビスコ杯(現ルヴァン杯)決勝での一コマだったという。

 対戦相手は柏。自身はベンチスタートとなり、後半からピッチへと送り込まれていた。2-2のまま延長戦を含めた120分間が終了したため、勝敗の行方はPK戦に委ねられた。両チームの選手が1人ずつ失敗したものの、その他の選手はきっちりとネットを揺らし、サドンデスとなる6人目に突入。ここで、ペナルティースポットに向かったのが小笠原だった。しかし、右足から蹴り出したボールはGK吉田宗弘にストップされてしまう。直後のDF萩村滋則が成功したことでPK戦4-5でタイトルを逃すことになり、「一番印象に残っている」と振り返った。

「自分のインサイドキック一つで、タイトルを失い、すべてが変わってしまった。一つのキックで勝てることがあれば、負けることもある。印象に残るシーンと言われれば、ぱっと出てくるのはそれ」

 19年前の場面だが、自分のインサイドキック一つで目前まで迫ったタイトルを逃したことが、すぐさま脳裏に浮かんだ。そして、このミスからインサイドキックの重要性を改めて感じたという。

「ジーコからも、PK戦は運ではない。90分、120分戦い抜いてボロボロの状態でも狙ったところに強いボールを蹴らないといけない。そのためにインサイドキックの練習一つから真剣にやれと言われていた。インサイドキックを狙ったところに蹴る大切さをすごく感じたし、自分のミスで負けたという思いがすごくある」

 キック一つの重要性を痛感したからこそ、「今は子供たちと接する機会がるとき、そういう話をしている。インサイドキック一つがすごく大事なんだって」と自らの経験を“後輩”たちへと伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-13017253-gekisaka-socc



2 2018/12/28(金)
私が高校生の時だったか、ブラジルのチームと対戦したらほとんどのプレーがインサイドキックだったことに衝撃を覚えたことがあった。一方こちらはアウトサイドや時にはヒールでパスしたりして精度の低いプレーばかり。もちろん大敗。基本の大切さを痛感した。
少年時代は特に基本の会得に力を入れた方が良い。私も子供らに指導するときはその時の話を伝え、ビデオを見せながらひたすらインサイドキックの重要性を説いている。基本の大切さ、伝われば良いな。


2018/12/28(金)
風間もインサイドキックが大事だと言ってた。人それぞれ蹴るポイントが違うらしいから、自分自身で掴まなければ精度が良くならないと。


2018/12/28(金)
数多くのタイトル獲得ではなく
自身の失敗で逃したタイトルを一番印象に残る場面として挙げる。

「PKは運ではない」

結果を求めるなら
悔しいと潔く認めた先の謙虚な努力と。


2018/12/28(金)
インサイドキックってパスするときの蹴り方だから、少年サッカーでは最初に教えるよね。
まさに基本の基本をしっかりと、って子供達や親にも教えていってもらいたいよね


2018/12/28(金)
良かった事を言うのではなく、タイトルが掛かった試合での失敗を言う当たり、う~ん!と唸らされる。
昨日、私は小笠原選手の引退とそれを惜しむ後輩達のコメントを見て、小笠原選手はGM 向きだなと思ったが、この記事を見て、更にその思いが強くなった。
そしてジーコがPKについて、言った言葉を引き合いに出した事を考えると、小笠原選手はジーコの跡を継いで、GM として、常勝鹿島のメンタリティとジーコイズムを後世に伝えてチームのグランドデザインを形成していく立場に立つべきと思った!


2018/12/28(金)
誰もが「PK戦は運だ」というがジーコは違うと 
そういう考え等を練習から叩き込まれていたから強いんだろうな鹿島は


10 2018/12/28(金)
ジーコから小笠原に、小笠原から次世代に。
そうやって鹿島イズムは継承されていく。


11 2018/12/28(金)
PKってインサイドで蹴るのか。インフロントかインステップかと思ってた。あれだと、プロでもふかしてしまうのかな。それにしても、このシーンが出てくるのは小笠原選手らしいわ。これだからこそ、ここまで来れたんだね。


12 2018/12/28(金)
PKは運ではない。これ名言!!そして鹿島らしい。
負けた試合をあげるのがなんとも小笠原らしい。


13 2018/12/28(金)
シュートはゴールへのパスだってジーコさん言ってますもんね!


15 2018/12/28(金)
PKは運じゃないよね

右上か左上に強くければ100%なんだから。

上狙うとふかしたり、、、
プロでそれができる人は数パーセントというのが悲しい事実。


16 2018/12/28(金)
17もタイトルを取っているのに、タイトルを逃したシーンをあげるところが「らしい」というか…


18 2018/12/28(金)
ジーコの影響力ごいすー。
インサイドキックといえばジェラードのインサイドのシュートは凄かった


19 2018/12/28(金)
PKは運ではない
俺も昔、オランダのファン・ニステルローイがPKでサイドネットにクソ速いボールをぶち込んだのを見てから、PKは実力だと思うようになった。


20 2018/12/28(金)
たしかに運ではない。でも自分が蹴る時にそれは思わない方がいい。メンタルが保てなくなる
PKはくじ引きみたいなもの。チームには悪いが、外したっていいというテキトーな気持ちで蹴るとリラックスできるし、わたしは真ん中に蹴るのが好きだった。止められたことはわたしが真ん中に蹴ると知っている仲間のキーパーだけだった。試合で止められたことはない。


21 2018/12/28(金)
あれだけタイトルとってるのに一番印象に残ったシーンは
タイトルを逃した瞬間なのか。


23 2018/12/28(金)
インサイドキックといえばバルデラマだね。
これだけでワールドクラスの選手になった。


24 2018/12/28(金)
満男さんありがとうございました。


26 2018/12/28(金)
ジーコは、シュートはゴールへのパスだと言っていたのを覚えています。


27 2018/12/28(金)
PK戦は運!ってずっと思ってたけどジーコに言わせればそうではないんだな…深い。


28 2018/12/28(金)
本当にお疲れ様でした!


30 2018/12/28(金)
普通だったら2001年チャンピオンシップの延長FKか2005年アジア最終予選のバーレーン戦のゴールを言うと思うけど失敗した方を挙げるのは小笠原らしいな。


31 2018/12/28(金)
深い


32 2018/12/28(金)
この話、満男さんは事あるごとに言っている。
ジョルジが退団し、クラブ史上最長の連敗を記録するなど試練の年だった1999年。
リーグは早々に優勝がなくなり、どうにかファイナルまで行ったナビスコカップのPK戦で、外してしまったんだよね。
あの背番号27の涙は忘れられない。

でも、この翌年にチャンピオンシップでMVPを取り、天皇杯決勝ではスーパーボレーを叩き込み、さらに翌年のチャンピオンシップでも決勝FKでまたMVP!
今思えば若い頃の満男さんは、結構派手なプレーヤーだった笑


33 2018/12/28(金)
ジーコの言葉は本当に重く深い。


35 2018/12/28(金)
こういうエピソードがサラっと出る辺りが鹿島の強さなのかな。


36 2018/12/28(金)
日本代表は宇宙にパスが正確に打てますよ


38 2018/12/28(金)
テレビで引退会見を見てて、頭を丸めればクロちゃんに似てると思った。ハイ関係ない話です。小笠原選手お疲れ様でした。


40 2018/12/28(金)
負けた試合リスペクトするとは流石満男


41 2018/12/28(金)
小笠原さん!チャンピオンシップのフリーキックじゃないの!
今でも磐田にとって、ディープインパクトなフリーキックだった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ