20181224-00000015-jij_afp-000-2-view

スポンサード リンク




【AFP=時事】21日から23日にかけて行われた18-19イングランド・プレミアリーグ第18節では、マンチェスター・シティ(Manchester City)の黒星という一足早いクリスマスプレゼントを受け取ったリバプール(Liverpool FC)が2位との勝ち点差を4に広げ、約30年ぶりのリーグ制覇への期待が膨らんだ。

 マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は、オレ・グンナー・スールシャール(Ole Gunnar Solskjaer)暫定監督への指揮官交代が早速功を奏し、リーグ戦では5年ぶりに5得点を挙げてカーディフ・シティ(Cardiff City)に5-1で勝利した。

 マウリツィオ・サッリ(Maurizio Sarri)監督が就任してから初めてホームで敗れたチェルシー(Chelsea)と、バーンリーFC(Burnley FC)に危なげなく勝利したアーセナル(Arsenal)は勝ち点37で並んでいる。

 ユナイテッドは来季の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)出場権獲得となる4位チェルシーと5位アーセナルを8ポイント差で追う。

 3位トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は、敵地グティソン・パーク(Goodison Park)でエバートン(Everton)を6-2で一蹴し、チェルシーとアーセナルに5ポイント差をつけている。

■シティの要はフェルナンジーニョ

 今季全般ではケビン・デ・ブルイネ(Kevin de Bruyne)、ここ数週間ではダビド・シルバ(David Silva)の不在に対応してきたシティだったが、まさかの敗戦を喫したクリスタルパレス(Crystal Palace)戦では今季初めて中盤でフェルナンジーニョ(Fernandinho)を欠いた。

 フェルナンジーニョがいたとしてもアンドロス・タウンゼンド(Andros Townsend)のスーパーボレーを阻むことはできなかっただろうが、ボールを保持しているときもしていないときもシティの心臓はこのブラジル人だ。

 現在の陣容でフェルナンジーニョの代役を務めることができる本職の選手はおらず、パレス戦ではCBのジョン・ストーンズ(John Stones)が中盤の底に入ったが、相手のカウンターをコントロールすることができなかった。

 シティはレスター・シティ(Leicester City)、サウサンプトン(Southampton FC)とのアウェー戦を経て、1月3日にホームでリバプールとの直接対決を控えており、連覇を成し遂げるためには33歳になったフェルナンジーニョの一刻も早い復帰が不可欠となっている。


■ スールシャールがマンUを再び笑顔に

 ジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)前監督の解任直前の重苦しい雰囲気と勝利に沸いたカーディフ戦後のユナイテッドのムードは対照的で、アウェーに出向いたファンからスールシャール暫定監督と選手に送られた賛辞がそれを物語っていた。

 ユナイテッドのファンは、新指揮官が現役時代に国内を席巻していたチームを思い起こさせる、素早く正確なパス回しのサッカーを久々に楽しんだ。

 スールシャール暫定監督は、勝利はすべて「素晴らしい選手」のおかげだと強調したが、同じ選手を率いたモウリーニョ前監督は気難しい性格が災いしてチームの力を同じように引き出すことができなかった。

 ユナイテッドのキャプテンを務めるアシュリー・ヤング(Ashley Young)は、スールシャール暫定監督がチームに与えたインパクトについて「いつも笑みをたたえていて、それがチームに影響しているのだと思う」と話している。

■ファン・ダイク加入から1年が経過したリバプール

 1年前にリバプールは、5分間で3点を奪われアウェーでアーセナルと3-3で引き分けるスリリングな試合を演じたが、このゲームはユルゲン・クロップ(Juergen Klopp)監督のチームが抱える長所と短所を端的に示していた。

 アーセナル戦の5日後、リバプールはDF史上最高額の移籍金7500万ポンド(当時約114億円)でビルヒル・ファン・ダイク(Virgil Van Dijk)を獲得。これを境にリバプールが守備の崩壊でタイトル争いから脱落する時代は終わりを迎えた。今季リバプールはリーグ戦18試合でわずか7失点しかしていない。

 2-0で勝利した21日のウォルバーハンプトン・ワンダラーズ(Wolverhampton Wanderers)戦でファン・ダイクは移籍後2点目をマークし、さらに守備で圧倒的なパフォーマンスを披露してマンオブザマッチに選出されている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000015-jij_afp-socc



1 2018/12/24(月)
まだ折り返しに過ぎない。リヴァプールはダイクが負傷離脱するだけで、今季の強みになっている守備が崩れそうだし、シーズン後半に失速するイメージがあって、まだまだわからない

シティはフェルナンジーニョもそうだが、アグエロの不在も結構響く印象。スパーズもエリクセンかケインがいないだけで別のチームになるから、CLとの兼ね合いがあるチームの予想はまだつけられない。

チェルシーはCF(得点源)さえどうにかなれば、まだ優勝争いに絡んでくる可能性がある。アーセナルもホールディングらの守備陣の怪我が癒えれば面白い存在。

さすがにユナイテッドまで行くと離れすぎだと思うが、頑張り次第でCL争いも面白くなるから頑張ってほしいね


2018/12/24(月)
ユナイテッドが指揮官交代で息を吹き返してきたら、後半戦の台風の目になる。リバプールは依然として無敗を維持しているが、すぐ下のシティ、第2集団のトッテナム、チェルシー、アーセナルも怖い。毎週気の抜けない競争力の高さがプレミアの魅力。他国にこれほど緊張感の高いリーグはない。


2018/12/24(月)
勝ち点4差だからまだ半分も過ぎてないので、何ら問題ない。問題があるとしたら怪我人の多さぐらいかな。やっぱ昨季みたいに最小の怪我人数だとチームは安定するけど、今季は酷いからなぁ。ベルナルド・シウバも調子が落ちてきたし、デ・ブライネが戻ってきたのは大きいけど…。


2018/12/24(月)
昨シーズンのシティはこの時期で優勝が見えていたが、今シーズン同じ位置にいるリパプールはまだ優勝が見えないのが現状。ここからの過密日程にどこまで今の調子を維持できるかが優勝争いの鍵となる。個人的にはプレミアはCLを早期敗退した方が日程にゆとりができるから、優勝争いを一歩リードできる印象


2018/12/24(月)
いい監督であると思ってたけど、クロップも凄いですね。
ドルトムントでの優勝もまぐれじゃない事を完全に証明しているチーム作りをしてる。


2018/12/24(月)
リヴァプールの勝ちきれないイメージは、今でもあるな〜。
後半戦で、ビック6同士の直接対決でしっかり勝ちきれるか。
マンUも、新監督になってまだ1試合だけど、復活しそうな兆しはあるし、厳しい試合が続きそう。


10 2018/12/24(月)
リヴァプールは応援してるが全然現実味ない。年明けにシティ戦あるしむしろここからが本当の勝負でしょ。
あと、攻撃陣はシャキリのおかげで3トップ負傷してもある程度しのげそうだけど、守備陣はゴメス、マティプ離脱してるしダイクが離脱とかしたらマジでヤバい。


11 2018/12/24(月)
まだまだ時期尚早でしょ
1月4日の21節でのリバプールとシティの直接対決、ここでシティが敗れるような事があればグッと近づくけどね

前回はマフレズのPK失敗で辛うじてドローだったけど、今のチーム状況だとリバプールが勝つことも十分ありえる


12 2018/12/24(月)
ユナイテッドは監督交代とその時期の対戦相手に恵まれたからね。真価が問われるのは1月のスパーズ戦からだろうね。スパーズ戦の内容結果次第では他のBIG6の脅威になりそう。


13 2018/12/24(月)
ここまで無敗でこれたのに4ポイントしか勝ててない異常性。現実味を感じてるリヴァプールファンのほうが少ないだろ。もちろんして欲しいとは思ってるけど。


15 2018/12/24(月)
確かにユナイテッドは圧勝だったけど相手はカーディフだぞ?そりゃ相手がシティやリバプールでその試合をできたのなら復活の兆しって言ってもいいだろうけど。モウリーニョの時だってフラム相手に圧勝してたからな。ユナイテッドの実力であれば下位相手には勝てる。中位、上位としたときに勝てるようになれば復活だろうな


16 2018/12/24(月)
シティはシルバ、デ・ブライネ、フェルナンジーニョがやはり別格で居ないとゲーム展開が詰まりやすい。
この試合も揃っていれば勝てた試合。
ギュンドアン、スターリング、ザネ、マフレズ、ジェズス辺りはいい選手だけどもう1ランクトップとは差があると感じた試合だった。


17 2018/12/24(月)
シティが1敗しただけで、レッズのリーグ制覇が現実味って他のリーグならあり得ないよな。
それくらい今季のプレミアリーグが面白いって言う証拠。


19 2018/12/24(月)
最後までどこの争いも、もつれそう。
それぞれ代えの効かない選手たちがコンディションを保てるためマネジメント出来るか。
カップ戦含め、どこにプライオリティを置くか、観る方は本当に楽しい。


20 2018/12/24(月)
レッズファンだけど、今季は本当に面白いし、何より幸せだ。


21 2018/12/24(月)
シティはデ・ブライネとアグエロが欠場しててこの順位。
主力が抜けた時他がフォローできるかが鍵だね。
スールシャールは実績がないだけにどうかな?


22 2018/12/24(月)
レッズは主力が故障離脱した時や今後の過密日程でのクロップ選手起用がどうなるか
シティはデブライネいなかったの忘れてたわw


24 2018/12/24(月)
現実味はあと2試合を挟んでのシティとの直接対決に勝ってから、かな。


25 2018/12/24(月)
出来ればジェラードが居る間に優勝して欲しかった…


26 2018/12/24(月)
一強リーグより何処が優勝するか分からないリーグは面白いね


27 2018/12/24(月)
リヴァプールの躍進はダイクだけでなくアリソン、ファビーニョの加入も大きいと思います
もちろんシャキリも
ケイタももう少ししたらフィットしてくれるはず


29 2018/12/24(月)
昇格組に1試合勝っただけで復活の兆しとか読むに耐えられない記事ですね


30 2018/12/24(月)
5年前も10年前も首位で年を越したのに結局2位だったんだよなー。
5年来のジンクスは今年もかなー。


31 2018/12/24(月)
現実味とはまだ早い気もするが、リバプールのプレミア制覇は久しぶりに観たい気がする。
マンUは是非後半のリーグを掻き回してほしい!


32 2018/12/24(月)
ファンダイクもだけどアリソン加入も大きい!あとロバートソンもだけど


34 2018/12/24(月)
「これを境にリバプールが守備の崩壊でタイトル争いから脱落する時代は終わりを迎えた。」
さすがにこれは言いすぎだけど、1人の選手がチームの守備をここまで劇的に代えることは、そうそう見ない


35 2018/12/24(月)
まだ時期尚早だけど、リヴァプール優勝はぜひ実現してほしい
年明けのマンCとのアウェイ戦で勝点3を取れたらほぼ決まりだろうから頑張ってくれ


37 2018/12/24(月)
ずいぶん気の早い記事タイトルですね(´・ω・`)
リーグまだ半分あるし、勝ち点4しか離れてない!
まんうに至っては格下に1試合大勝したくらいで復活の兆しとか気が早い


38 2018/12/24(月)
勝ち点4で現実味ってすごい観点だ


39 2018/12/24(月)
プレミアはジェラードも
獲りたかったタイトルよね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ